転職の妥協点を見極めるには?後悔せずにより良い職場を見つけるコツを解説

転職の妥協点を見極めるには?後悔せずにより良い職場を見つけるコツを解説の画像

この記事のまとめ

  • 転職時に妥協が必要かどうかは、個々の状況により異なる
  • 転職で妥協する際は、「優先順位をつける」「転職理由の明確にする」ことが重要
  • 転職時の妥協で後悔しないためには、「在職中の転職活動」「求人の比較」を意識しよう
  • 妥協点の理解と効率的な転職をするなら、エージェントを利用しよう

「転職時に妥協したほうが良いのか分からない…」と悩んでいる方もいるでしょう。結論としては、転職時に妥協が必要かどうかは、個々の状況により異なります。このコラムでは、妥協していい条件といけない条件を見極めるポイントを解説します。また、転職活動が長引く原因や妥協を後悔しないコツについても触れているので、ぜひ参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

転職で妥協は必要?

転職で妥協は必要?の画像

転職時に妥協が必要かどうかは、個々の状況により異なります。一般的には、完璧な条件を満たすのは難しい場合もあるため、妥協が必要なこともあるでしょう。
もしも転職で妥協する際は、自分のキャリア目標やライフスタイルに合致するかどうかを考えることが重要です。完全に自分の価値観や目標に反する妥協は、将来的に後悔する可能性がありますので、慎重に判断することが大切です。

前向きな理由なら妥協した方が効率的に転職できる

ある程度の妥協であれば、より早く新しい職場でのキャリアをスタートさせられる可能性があります。完璧な条件を待ち続けていると、自信やモチベーションが低下するリスクも考えられるでしょう。一方で、妥協してでも新しい挑戦をした場合、自己成長や新たな経験を積める場合があります。

転職の目的を見失う場合は妥協しない方が良い

条件を妥協することで転職の目的を見失ってしまう場合は、妥協せずに仕事探しを続けたほうが良いでしょう。一時的な解決にはなるかもしれませんが、長期的に見ると仕事の満足度や充実感を得るのが難しくなる可能性があります。自分のキャリアや目標、ライフスタイルなどに合わない妥協をすると、将来的な不満や後悔を招く可能性があるでしょう。

転職するべきかどうか、いまいち踏ん切りがつかない人は、「転職するべきかどうか分からない…職場を変えるメリットとデメリットとは」のコラムもチェックしてみてください。

妥協する条件と妥協しない条件の見極め方

妥協する条件と妥協しない条件の見極め方の画像

妥協する条件と妥協しない条件の見極めるポイントには、「優先順位をつける」「本当の転職理由を明確にする」「転職のために諦められる条件を考える」ことが挙げられます。
以下で詳しく解説するので、ぜひチェックしてみてください。

1.希望条件に優先順位をつける

転職の希望条件に優先順位をつけることは、妥協する条件と妥協しない条件を見極める重要な要素です。キャリア目標や生活の基盤となる条件、長期的な満足度を考慮し、自分にとって譲れない条件を見つけましょう。優先順位に合わせて求人を探せば、申し込む際に妥協できるかどうかを判断しやすくなります。

2.本当の転職理由を明確にする

転職の妥協する条件と妥協しない条件を見極めるには、「自分がなぜ転職を考えているのか」「どのような変化を望んでいるのか」を理解することが大切です。
たとえば、ワークライフバランスの改善を望んでいる場合、フレックスタイム制やテレワークの導入などの条件が必要になるでしょう。反対に、キャリアの形成や挑戦を求める場合は、専門性の高い仕事内容ややりがいが求められます。
本当の転職理由を明確にし、それに基づいて妥協する条件と妥協しない条件を見極めることで、より自分に合った転職先を見つけられるでしょう。

3.転職のために諦められる条件を考える

優先順位をつけた希望条件と本当の転職理由を見比べ、結びつきを確認しましょう。転職活動においては、必要に応じて別の条件を加えたり、順位を並べ替えたりして整理することが大事です。
たとえば、「ワークライフバランスのために残業は月20時間以内にしたい」と考えていても、応募先にテレワークやフレックスタイム制が導入されていれば、条件を緩和できることも考えられるでしょう。細かな条件にとらわれず、本質的な部分に着目すれば、自分にとって譲れない条件と諦められる条件の違いが明確になるはずです。

転職したいけど、何から始めればよいのか分からない人は、「転職するには何が必要か?就活のための基本ポイント」のコラムもご一読ください。転職成功のために必要なステップを解説します。

転職で妥協点を判断するときの注意点

ここでは、転職における妥協点を決める際に注意したほうが良いことを3つご紹介します。自分に合った求人を見つけるためにも、以下の内容を踏まえて転職活動に取り組みましょう。

会社名だけに惹かれて応募しない

会社名だけに惹かれて応募すると、ミスマッチを引き起こす可能性があります。「知っている名前だから」という理由だけでは、自分に向いているかまでは判断できません。転職の妥協点を考えるときは、企業の文化や価値観、仕事内容、キャリアの成長機会など、より重要な要素を考慮することが大切です。

会社の方針や雰囲気がマッチするかをよく調べる

転職先を選ぶうえでは、会社の方針や雰囲気が自分にマッチするかどうかを調べておくことも重要です。企業説明会や会社のWebサイト、口コミなどを活用して、会社の方針や雰囲気を事前に調べておくと、自分に合った転職先を見つけやすくなるでしょう。

内定をくれた喜びで即決しない

応募先から内定を受けたときは、喜びや興奮から即決せず冷静に考えることが重要です。内定を受けた会社が本当に自分に合っているかどうかを慎重に検討しましょう。そのためには、給与や福利厚生、勤務条件などが自分の期待に合っているかを確認します。ほかの応募先企業と比較して、将来の見通しや満足度を総合的に評価することも大切です。感情と理性のバランスを保ちながら、将来に対する長期的な視野で判断しましょう。

転職する際に何に気をつけなければならないのか分からない方は、「転職するときの注意点」のコラムも参考にしてみてください。転職活動における注意点をご紹介していきます。

転職活動での妥協を後悔しないコツ

転職活動で妥協する際に後悔しないコツは、「在職中に転職活動をする」「複数の求人を比較する」「スケジュール調整をする」ことです。以下で詳しく解説するので、参考にしてみてください。

現在の職場を辞める前に転職活動へ取り組む

在職中に転職活動を行うことで、余裕をもって検討する時間を確保できます。急いで決める必要がなくなり、自分にとって最適な選択肢をより慎重に考えられるでしょう。
また、経済的な安定や精神的な安定を保ちながら転職活動を進められるため、焦りや不安を感じずに冷静な選択ができます。

複数の求人を比較して希望条件に合うものを見つける

企業選びの段階では、条件を絞り込み過ぎず、幅広い選択肢を比較検討することが重要です。過度に条件を絞り込むと、可能性のある良い機会を見逃す恐れも。複数の選択肢を比較することで、異なる企業の文化や価値観、仕事環境を理解でき、自分にとって最適な選択肢を見つけられるでしょう。

転職が長引かないようスケジュール調整する

転職をスムーズに進めるためには、ある程度のスケジュールを設定するのがおすすめです。次に、履歴書や職務経歴書の更新、求人情報の収集、面接の準備など、具体的なタスクをリストアップします。優先的に取り組むタスクを考えながら、余裕をもったスケジュールを確保しましょう。定期的に進捗状況を確認し、計画通りに進んでいるかどうかを確認することも大切です。

転職活動に必要な期間

厚生労働省の「令和2年転職者実態調査の概況」によると、転職活動を始めて直前の会社を退職するまでの期間は、1ヶ月以上3ヶ月未満の方が28.8%で、転職活動期間なしの方が23.6%、1ヶ月未満が18.3%となっています。そのため、転職するまでに3ヶ月は見ておくと安心でしょう。

参照元
厚生労働省
令和2年転職者実態調査の概況

転職そのものを目的にしない

転職を目的化することは、転職活動中に焦りやストレスを引き起こす可能性があります。転職そのものが目的になると、目的の達成に執着し過ぎてしまい、自分の本当のニーズや価値観を見失うことも。転職活動においては、自己成長やキャリアの発展、新たなチャレンジへの興味や希望など、ポジティブな要因に焦点を当てることが重要です。

転職で失敗しないための方法を知りたい方は、「こんな転職は後悔する!失敗しないための対策とは?」のコラムもチェックしてみてください。転職に伴う後悔にはどのようなものが多いのか、後悔しないためには何ができるのかなどを解説しています。

エージェントの利用で妥協点の理解と効率的な転職をしよう

転職エージェントの利用は、妥協点を理解し、効率的な転職を実現するための有力な手段となります。転職エージェントは業界や市場動向に精通しているため、求職者のニーズに合わせて最適な転職先を見つけるアドバイスをしてくれるでしょう。エージェントの専門知識を活用することで、自分の妥協点や有れない条件を理解しやすくなります。

「転職したいけど妥協したほうが良い条件が分からない…」とお悩みの方は、若年層向け就職・転職エージェントのハタラクティブがおすすめです。
ハタラクティブでは、あなたのお悩みに寄り添いながら就活を全力でサポートいたします。専任のキャリアアドバイザーによる丁寧なカウンセリングで、一人ひとりの希望や適性に合った求人情報をご紹介。未経験者歓迎や学歴不問の求人も多数取り扱っています。
また、自信をもって選考に挑戦できるよう、履歴書の書き方や面接対策のアドバイスも行っているので、転職に関するお悩みがある方も安心です。1分間で行える適職診断も含め、サービスの登録・利用はすべて無料なので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

転職で妥協すべきか悩む方によくあるQ&A

「転職したいけど、妥協したほうが良いのか分からない…」という方もいるでしょう。ここでは、転職における妥協に関するお悩みにQ&A方式でお答えします。

先に内定が出た会社に行くか迷います…

内定を受けた会社が自分に適しているかどうかを慎重に考えましょう。ほかの選択肢と比較し、将来の展望や満足度を総合的に評価し、感情と理性をバランス良く保ちながら将来の長期的な視点で判断することが大切です。

「何を決め手に転職先を選んだら良いか分からない」と悩んでいる方は、「転職における会社選びの決め手は?複数内定で迷ったときの転職先の決め方」のコラムも参考にしてみてください。決め手が分からない状態で企業選びをするコツや、できるだけ希望条件を満たす会社から内定をもらう方法について解説しています。

転職の希望条件が多い場合はどれを妥協したら良い?

希望条件の多さに悩む場合は、転職で叶えたい内容に優先順位をつけましょう。たとえば、給与や勤務時間、業界・職種、キャリアの成長など、自分のなかで重要度の高い条件から考えます。優先順位をつけることで、求人情報を選別しやすくなり、妥協できる点も見つけやすくなるでしょう。

転職で理想を叶えるための方法を知りたい方は、「転職の理想は叶えられる?後悔しないための対策も知っておこう!」のコラムもチェックしてみてください。転職での理想を叶えるためにできることや後悔しないための対策をご紹介しています。

転職理由と希望条件が合っていない場合はどうしたら良いですか?

転職理由から企業選びの条件を考え直す必要があります。たとえば、転職理由が「社風が合わない」「やりがいを感じられない」と感じている場合、求める社風ややりがいの要素を明確にして希望条件を調整することが重要です。

理想の条件に合った仕事が見つからず、転職先の探し方に迷っている方は、「転職先の効率的な探し方5選!自分に合う仕事を見つけるコツを解説」のコラムもご一読ください。効率的な転職先の探し方や転職先を探す前にやるべきことを紹介しています。

転職活動が長引く原因は何ですか?

企業が求めるスキルや実績を応募書類でアピールできていないことや、面接対策が不十分であることが考えられます。企業に求められているスキルを確認し、応募書類を見直してみましょう。応募書類の作成や面接対策に一人で取り組むことに不安がある場合は、若年層向け就職支援エージェントのハタラクティブにご相談ください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ

目次