27歳は異業種に転職できる?キャリアチェンジを叶える5つのポイントを解説!

27歳は異業種に転職できる?キャリアチェンジを叶える5つのポイントを解説!の画像

この記事のまとめ

  • 27歳は若い人材として評価されるため、異業種の転職でも有利になりやすい
  • 異業種への転職でも、前職で培った社会人の基礎スキルや経験は評価対象になる
  • 27歳が異業種に挑戦するなら、30代になる前に転職活動を始めたほうが良い
  • 27歳で異業種に転職する際は、将来のキャリアプランやライフプランも考慮すべき

数年の社会人経験を持つ27歳。これまでの経験やスキルを活かして異業種に挑戦したいと考える方もいるでしょう。27歳は若さと経験を併せ持っているため転職をしやすい年齢といわれており、異業種にも比較的採用されやすいといえます。このコラムでは、27歳が異業種への転職に向いている理由をご紹介。大きなキャリアチェンジを検討しているのであれば、20代のうちに行動を起こしたほうが良いでしょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

27歳で異業種に転職できる?

27歳で異業種に転職できる?の画像

27歳で異業種に転職することは可能です。27歳は年齢と実力のバランスがとれた年齢と考える会社も多く、異業種への転職であっても歓迎されるでしょう。30歳を過ぎると新しいことに取り組むには伸びしろが少ないと判断されたり、継続力に不安をもたれたりするため、異業種への転職は難しくなるようです。転職市場では、30歳を過ぎた人材はポテンシャルよりも経験やスキルが評価されます。20代のように「スキル不足でもポテンシャルで採用」というケースは少ないため、異業種に転職したい27歳の方は20代である今がチャンスといえるでしょう。
転職と年齢の関係性については、「業界未経験からの転職は何歳が壁?企業がそれぞれの年齢に求めているものは」のコラムでも確認できます。こちらも参考にご覧ください。

異業種への転職に27歳が向いている3つの理由

ここでは、異業種への転職に27歳が向いている3つの理由をご紹介します。新卒入社していれば5年ほどの社会人経験を持つ27歳は、「20代の若さとポテンシャル」「これまでの経験やスキル」を評価される年齢です。異業種への転職を検討している方は、参考にしてみてください。

1.30歳未満という年齢

転職市場では、「30歳未満=若い」と評価されます。若い人材は長期雇用が見込めるうえ仕事の吸収力の高さもあり、たとえ異業種の転職であっても会社にとっては雇用するメリットの一つです。
また、27歳は勤続年数が5年程度であるため仕事に対しての考えが凝り固まっておらず、柔軟に物事を捉えられるという点も評価対象に。異業種への転職は、若い年齢であるほど有利になりやすいでしょう。

2.ポテンシャルを評価されやすい

冒頭の「27歳で異業種に転職できる?」でも述べたように、27歳はまだポテンシャル採用が見込まれる年齢です。ただし、若さだけを評価されるわけではありません。「ポテンシャル採用は若手のチャンス!求職者側のメリットとは」のコラムでも解説しているように、社会人としての基礎力や成長意欲も重視されます。

3.社会人経験やスキルをアピールできる

多くの27歳は社会人経験を持つため、異業種への転職であっても社会人として基本となるスキルは転職活動でアピールできます。新卒と違って社会人としての基本的な教育が必要ないため、教育コストがかからないことを評価する会社は多いようです。

異業種への転職が成功しやすい27歳の特徴

異業種への転職が成功しやすい27歳の特徴の画像

ここでは、異業種への転職が成功しやすい27歳の特徴をご紹介します。異業種への転職を成功させやすいのは、これまでの経歴である程度の実績を持っていたり、仕事やキャリアに対して意欲を持っていたりする人です。下記で詳しく確認しましょう。

すでに実績がある

前職ですでに実績があったりスキルを身に着けたりしている27歳の方は、異業種への転職も成功しやすいでしょう。若い人材に対して採用担当者はスキルより伸びしろ重視の採用を行いますが、ポテンシャルに加え実績やスキルが伴っている若手はさらに魅力的です。営業職で好成績を残した、売り上げを大幅に伸ばした、難関資格を取得しているといった実績があれば、転職活動を有利に進められるでしょう。
加えて、どこでも通用するスキルを身に着けている人も重宝されます。たとえば、表計算ソフトが使いこなせる、プログラミングができるなどのスキルは、どの会社でも必要とされるでしょう。
今後異業種への転職を考えている方がいれば、少しでも転職を有利に進めるために実績を残せるよう努力することが重要です。

さらなるキャリアアップを目指している

キャリアアップを目指しているもののやりたい仕事が別にある場合は、27歳のうちに異業種への転職をおすすめします。今の業界でのキャリアを優先しようか迷っている場合でも、現在の会社で年功序列制度が厳しかったり、若手と中堅が同じ仕事を行っていたりする企業は、キャリアアップがしにくいと判断できるでしょう。自分のやりたいことと目指すキャリアを明確にし、挑戦したい異業種への転職で新たなキャリアを築けるかどうか確認してみてください。「キャリアアップとは?成功させるためのポイントなどを詳しく解説!」のコラムもおすすめです。

異業種への転職を待つべき27歳の特徴

ここでは、異業種への転職を待つべき27歳の特徴をご紹介します。27歳は転職に適した年齢ではありますが、目的なく転職するのは失敗のもとになります。また、目的が「今の仕事が嫌になった」などネガティブな場合、転職に成功しても満足度が低く短期離職の恐れがあるため、事前によく考えたほうが良いでしょう。

やりたい仕事がない

転職で叶えたいことや、やりたい仕事が明確になっていない27歳の方は、転職を控えたほうが良いでしょう。「今の業界や職種が嫌だから異業種に転職したい」という理由では、転職に対するモチベーションを保てずに成功するのは難しいからです。
転職のモチベーションが低くなれば、その気持ちはおのずと面接での態度や声の調子に表れるもの。結果として転職がうまくいかない、転職できたとしても新しい仕事に集中できない、評価につながらないといった事態が予測できるでしょう。

社会人としての自覚がない

27歳まで仕事をしていても、社会人としての自覚や常識に欠けていたり自信がなかったりする方は、一度立ち止まって転職するのは待つのがおすすめ。
社会人としての基本的なマナーとは、それほど難しいことではなく、敬語や電話の応対などです。
たとえば、面接の時に挨拶をしたり、敬語をきちんと使ったりすることができれば、社会人として基本的なマナーが身についているといえるでしょう。
マナーが必要なのは面接時だけでなく、応募時の電話やメールのやり取りなどでもマナーが見られています。社会人としての基本的なマナーが身についていないと、転職活動で企業から評価されません。もし、今の職場でマナーがなっていないとよく注意されるのであれば、転職前に直しておきましょう。

転職理由が「今の仕事から逃げたい」

異業種に転職したい27歳の中には、「今の仕事から逃げたい」という理由の方も一定数います。こうしたネガティブな理由だけで転職を始めてしまうと、明確なビジョンを描いた転職活動ができません。
ネガティブな転職理由は、面接で聞かれたときもマイナスイメージになりやすいもの。また、「ノルマが多い」「人間関係が嫌」といった理由は会社を問わず発生しうるため、転職が根本的な解決になるとは限りません。年収アップやキャリア形成、新たなことへのチャレンジなど、よりポジティブな理由を見つけて転職するのがおすすめです。
転職すべきでない理由についてさらに知りたい方は、詳しく書かれたコラム「その転職、後悔しない?仕事を辞めたい理由を考えよう」もご覧ください。

27歳で異業種に転職するメリット

27歳で異業種に転職するメリットの画像

27歳での異業種への転職は、やりたい仕事に挑戦できることのほか、将来的に年収やキャリアアップも期待できるのがメリットです。下記で詳しく確認しましょう。

年収アップ・キャリアアップが期待できる

異業種であっても職種が同じ転職の場合は、年収アップやキャリアアップが期待できます。たとえば、販売職の人事からIT系の人事への転職といったケースです。
すでに実績がある」でも触れたように、前職でスキルを身に着けていたり実績を残していたりする人材は、企業にとって採用メリットが大きく年収交渉もしやすいでしょう。
さらに、キャリアアップも見込めるのが27歳の転職。営業職からマーケティングへ、プログラマーから高度なスキルを持ったエンジニアへキャリアアップすることも可能です。

自身の市場価値を高めるチャンスになる

異業種への転職は、自身の市場価値を高めるチャンスでもあります。前職とは異なるスキルを身に付けることで市場価値が向上し、新たなスキルは将来的なキャリアを見据えた転職でも役に立つでしょう。

27歳で異業種に転職するデメリット

27歳の異業種への転職で考えられるデメリットは、転職する職種によって年収ダウンのリスクがあることです。前項のように同じ職種ではなく完全に未経験の仕事に転職した場合、最初は業績にそれほど貢献できない人材と判断されます。会社は教育コストをかけて仕事を教え、一人前になるまでの間は多くのサポートが必要となるでしょう。そのため、転職した直後は前職よりも年収が少なくなる可能性があります。
しかし、重要なのは転職直後の年収よりも年収の伸び率。転職直後は高収入でなくても、会社の業績や自分のスキルを考えて年収が増えていくと予想できれば、転職する価値は十分あるでしょう。異業種への転職は転職直後だけでなく、将来を含めてトータルで見た年収を考慮すべきです。

男女別に見る主な転職理由の違い

異業種に転職する主な理由は、男女によっても異なります。男女問わずやりたい仕事があって異業種へ転職する方がいる一方、男性の場合は家族のため、女性の場合は結婚や出産のためという理由で転職を行うこともあります。すでに家庭を持っている方や、将来的に結婚や出産の計画がある方が異業種に転職するときは、長期的なキャリアやライフプランを考えることも大切といえるでしょう。

27歳で異業種への転職を叶える5つのポイント

27歳で異業種への転職を叶える5つのポイントの画像

ここでは、27歳で異業種への転職を叶える5つのポイントをご紹介します。転職を成功させるためには、以下の5つのポイントに注目してみてください。

1.焦って退職をしない

転職先が決まらない状態で、焦って現在の仕事を退職しないようにしましょう。転職したいのであれば早めの行動が必要ですが、無計画に退職してしまうのは控えるべきです。次の職場が決まっていないうちに退職をしても、転職先がすぐに決まらなければ金銭的な余裕がなくなってしまいます。その結果、焦って転職先を決めてしまい、ミスマッチにつながる恐れも。金銭的・精神的に余裕を持つためにも、転職先が決まってからの退職をおすすめします。

2.計画性を大切にする

仕事を続けながらの転職活動では、計画性を大切に期限を決めることも重要。「いつまでに転職先を決めて、いつ退職する」といった、ある程度具体的な日程を想定しておくことで、転職活動を計画的に進められるでしょう。

3.譲れない条件・妥協できる条件を決めておく

自分の中で譲れない条件と妥協できる条件を明確にしておくと、企業選びの軸となる基準ができるためおすすめです。
転職活動が難航した場合、焦りから条件を妥協し過ぎてしまい、それが結果的に後悔につながることもあるでしょう。異業種への転職を後悔することがないよう、自分の生活水準やキャリアプラン、ワークライフバランスを考えた条件を決めるのがポイントです。

4.転職する理由を明確にする

異業種への転職が失敗にならないよう、「転職で何を叶えたいのか」「自分は何を成し遂げたいのか」を明確化するのが大切です。加えて、「前職を選んだ/辞めた理由」「転職先を選んだ理由」も明らかにしておきましょう。理由にもよりますが、一般的には短期間での転職回数が多いほど次の転職が不利になる傾向があり、転職回数が2回目、3回目と増えないようにするためにも転職理由の明確化は重要です。

5.企業や志望業界の情報収集を行う

異業種に関わらず転職全般にいえることですが、企業や志望業界の情報収集は丁寧に行いましょう。企業や業界へのイメージだけで転職を行うと、「想像していた仕事と違う…」と短期離職のリスクが高まります。情報収集をしっかり行っておくことで、ミスマッチの防止だけでなく面接対策にもなるでしょう。

6.現職でやり残したことがないか考える

異業種に転職すれば現在の会社でのキャリアは終了するため、やり残したことがあっても再び挑戦するのは難しくなります。退職してから後悔しないためにも、すべてをやり切ってから転職しても遅くはないでしょう。入社時に抱いていたビジョンや目標は実現できたか、面接で語れるエピソードはあるか、再確認してみてください。

異業種に転職したい27歳におすすめの転職方法

異業種に転職したい27歳におすすめの転職方法の画像

ここでは、異業種に転職したい27歳におすすめの転職方法をご紹介。現職を続けながら転職活動をするにあたって、各転職方法について解説します。

1.転職サイトに登録する

転職活動において一般的なのが、転職サイトに登録する方法です。サイトにもよりますが、膨大な数の求人から希望条件を絞って仕事を検索でき、空いた時間に気軽に求人を探せるのもメリットでしょう。
しかし、転職サイトはあくまでも転職先を掲載しているだけ。書類作成のサポートツールはあっても、企業探しから応募、面接対策までは1人で行う必要があります。

2.ハローワークを利用する

「仕事探し」と聞いてハローワークをイメージする方もいるでしょう。実際に、ハローワークには多くの求人が集まっているだけでなく、就職に関する相談やセミナーも開催されています。
ただし、ハローワークが開庁しているのは平日の日中というケースが多数(一部土曜や平日夜間開庁もあり)のため、平日に仕事をしていると利用しにくいのが難点です。

3.転職イベントに参加する

新卒時の合同説明会のように、複数の企業が参加する転職イベントに参加する方法もあります。イベントの多くは土日に開催されているので、在職中でも参加しやすいのがメリット。エンジニアや医療系など、一定の分野に特化したイベントも多く開催されています。人気企業は待ち時間が長くなる、参加しても転職したい企業を見つけられないといったケースもあるので、参加の際は時間に余裕を持ったり事前にイベントの下調べを行ったりしましょう。

4.転職エージェントを活用する

転職エージェントは、求職者の希望をヒアリングしたうえで条件にマッチする企業を紹介してくれるサービス。非公開求人を持っていることも多く、実際の勤務環境や社内の雰囲気といった内部情報に詳しいのも特徴です。書類作成に関するアドバイスや面接練習といったサポートも充実しているため、在職中の方でも活用しやすいといえます。エージェントを利用してより自分の希望に合う求人を探すなら、担当者とのコミュニケーションや就職に対する考え方をしっかり共有することがポイントになるでしょう。

数ある転職エージェントのなかでも、若年層に強いのがハタラクティブ。未経験歓迎の求人を多く扱っているのも魅力の1つです。専任担当者制のため転職活動がスムーズに進むのもポイント。書類提出や面接などの日程、入社後の条件交渉も担当スタッフが代行するため、仕事が忙しくて転職活動に時間を割けないという方は一度ご相談ください。

27歳で異業種に転職したい…不安に答えるQ&A

ここでは27歳で異業種に転職したい方に向けて、想定されるお悩みをQ&A方式でお答えします。ぜひ参考にしてみてください。

27歳でも未経験の仕事を始められる?

未経験の仕事をするなら、20代のうちに始めましょう。
30代になると未経験歓迎の求人は減っていく傾向にあります。
30代になると、未経験歓迎の求人は減っていく傾向にあります。「業界未経験からの転職は何歳が壁?企業がそれぞれの年齢に求めているものは」で詳しく説明していますので、参考にしてみてください。

27歳で転職は遅いの?早いの?

27歳で転職を考える人は多いようです。
その理由は就職してからの年数が5年以上経ち、会社のことが分かり、業務に余裕ができたことなどが挙げられます。詳しくは「27歳は転職するのに遅い年齢ではない?異業種へも挑戦可能な理由とは」を読んでみましょう。

27歳だと、平均給与はどのくらいになりますか?

業種や職種などにもよりますが、国税庁による「令和2年分民間給与実態統計調査」のデータによると、25歳から29歳の平均年収は362万円でした。男女別にみた場合、男性が393万円、女性が312万円となっています。「27歳の平均年収はいくら?中央値や手取り額は?年収アップの方法も解説」のコラムではさらに詳しく掲載されているので、こちらもあわせてご覧ください。

参照元
国税庁
令和2年分 民間給与実態統計調査

27歳フリーターだと就職は難しい?

未経験歓迎の正社員求人のなかには、フリーターやニートOKの種類もあります。20代での就職は不可能ではありませんが、27歳は30代に近い年齢のため、ある程度急いだほうが良いでしょう。一人で就職活動するのが不安な方は、ハタラクティブにご相談ください。書類作成や面接対策などを就活アドバイザーがしっかり指導するので、自信をつけて面接に進めます。

この記事に関連するタグ