本日面談できます!

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 27歳は転職に適している?キャリアチェンジを叶えるための5つのポイント

27歳は転職に適している?キャリアチェンジを叶えるための5つのポイント

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・27歳は若い人材なので転職で有利になりやすい
    ・社会人の基礎スキルや経験も評価対象になる
    ・未経験の仕事や業界に挑戦するなら27歳がラストチャンス
    ・27歳の転職では計画性と条件がポイントになる
    ・転職を検討するならキャリアプランやライフプランを考えよう

27歳は転職に適している?キャリアチェンジを叶えるための5つのポイントの画像

数年の社会人経験を持つ27歳。これまでの経験やスキルを活かして新しいことに挑戦したいと考える方もいるでしょう。27歳は経験の有無に関わらず転職をしやすい年齢といわれていますが、なにが評価対象になるのでしょうか。
当コラムでは、27歳がアピールすべきことや転職のポイントを紹介。大きなキャリアチェンジを検討しているなら、コラム内容を参考に早めに行動を起こしましょう。


監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

27歳が転職の好機といわれる3つの理由

新卒入社していれば5年ほどの社会人経験を持つ27歳は、以下の理由から転職に適したタイミングといわれています。

30歳未満という年齢

転職市場では、「20代=若い」と評価されます。

若いと長期雇用が見込めますし、仕事の吸収力の高さが評価対象になることが多くあります。

仕事に対して凝り固まった考え方を持っておらず、柔軟に物事を捉えられるという観点で見られるため、若い人材は転職で有利になりやすいでしょう。

若いのでポテンシャルを評価されやすい

上記で述べたように、27歳は転職市場では若い人材。若ければスキルなどが不足していても「将来の可能性(ポテンシャル)」という点が評価対象になります。

社会人経験やスキルをアピールできる

多くの27歳は数年の社会人経験を持つため、社会人として基本となるスキルは有しているケースがほとんど。

基本的な教育が必要ないため教育コストがかからないことを評価する企業は多いようです。

27歳で未経験の仕事に挑戦できる?

結論から述べると、27歳で未経験の仕事に挑戦するなら、できるだけ早く行動した方が良いでしょう。30歳を過ぎると新しいことに取り組むには伸びしろが少ないと判断されたり、継続力に不安をもたれたりするため、未経験職種への挑戦は難しくなるようです。

27歳は年齢と実力のバランスがとれた年齢と考える企業も多く、未経験の仕事に挑戦することができるでしょう。

30歳を超えると大きなキャリアチェンジは難しくなる

転職市場では、30歳を過ぎた人材はそれまでの経験やスキルが評価されます。20代のように「スキル不足でもポテンシャルで採用」されるケースはあまりないのが実情です。

特に未経験や異業種への転職は難しいでしょう。

27歳で転職を叶える5つのポイント

転職市場で有利とはいえ、27歳だから必ず転職が叶うとは限りません。転職を成功させるためには、以下の5つのポイントに注目してみてください。


1.焦って退職をしない

まず、焦って現在の仕事を辞めないこと。
本気で転職したいのであれば早めの行動が必要ですが、だからといって無計画に退職・転職をするのは止めましょう。次の職場が決まっていないうちに退職をしても、転職先がすぐに決まらなければ金銭的な余裕がなくなってしまいます。その結果、焦って転職先を決めてしまい、自分の理想の転職ができなくなる恐れも。
金銭的・精神的に余裕を持つためにも、転職先が決まってからの退職をおすすめします。


2.計画性を大切にする

仕事を続けながらの転職活動では、期限を決めることも重要。「いつまでに転職先を決めて、いつ退職する」といった、ある程度具体的な日程を想定しておくことで、転職活動を計画的に進められるでしょう。


3.譲れない条件・妥協できる条件を決めておく

自分の中で譲れない条件と妥協できる条件を明確にしておくと、企業選びの軸となる基準ができるため、おすすめします。
内定をもらうまでに時間がかかった場合、焦りから条件を妥協しすぎてしまう場合がありますが、それが結果的に後悔につながるケースもあるでしょう。転職を後悔することがないよう、自分の生活水準やキャリアプラン、ワークライフバランスを考えた条件を作成するのがポイントです。


4.転職する理由を明確にする

理由にもよりますが、一般的には短期間での転職回数が多ければ多いほど次の転職が不利になる傾向があります。不要な転職を防ぐためにも、「転職で何を叶えたいのか」「自分は何を成し遂げたいのか」を明確化するのが大切。加えて、「前職を選んだ/辞めた理由」「転職先を選んだ理由」も明らかにしておきましょう。
満足のいく転職を叶えるには、徹底した自己分析が重要。「前職の経験が活かせるから」「前職より収入や休みが増えるから」など、深堀りの浅い理由による転職は失敗のもとになりかねません。


5.現職でやり残したことがないか考える

転職をすれば現在の会社でのキャリアは終了するため、やり残したことがあっても再び挑戦するのは難しくなります。退職してから後悔するなら、すべてをやり切ってから転職しても遅くはないでしょう。
入社時に抱いていたビジョンや目標は実現できたか、面接で語れるエピソードはあるか、再確認してみてください。

男女別の違いについて

この項では、男女別に異なる「27歳の転職理由」についてご紹介します。


男性は「家族のため」

男性の多くは、家族のために転職を検討する傾向が見受けられます。既婚者であれば家族を養える収入や家族と過ごせる時間を求めて、収入アップや勤務環境改善を目的にするケースが多く見られます。
未婚者も、将来に備えた貯蓄や趣味に投じる資金・時間を求めて転職する方は多いでしょう。


女性は「結婚や出産のため」

女性の場合は結婚・出産を経ても長く働ける環境を重視し、出産や育児に関する制度が整っていたり、残業時間が少なかったりする環境を求める方が多いようです。


両者とも、キャリアプランやライフプランを考えよう

そのほか、男女問わず、これまでの経験やスキルを活かしたキャリアアップを目的に転職をする方も多くいます。転職をするなら、目先の条件で決めずに長期的なキャリアやライフプランを考えてみてください。

在職中から転職活動をする4つの方法

空白期間を作りたくない、収入面で不安があるといった理由から、在職中に転職活動を始める方は多くいます。仕事をしながら転職するにあたって、各転職方法のメリット・デメリットをご紹介します。


1.転職サイトに登録する

最も一般的なのが、転職サイトに登録する方法。サイトにもよりますが、膨大な数の求人から希望条件で検索できますし、空いた時間に転職先を探せるのもメリットでしょう。
一方で、転職サイトはあくまでも転職先を掲載しているだけ。書類作成のサポートツールはあっても、企業探しから応募、面接対策までは1人で行う必要があります。


2.ハローワークを利用する

「仕事探し」と聞いてハローワークをイメージする方もいるでしょう。実際に、ハローワークには多くの求人が集まっているだけでなく、就職に関する相談やセミナーも開催されています。
しかし、ハローワークを利用するには利用者登録が必要ですし、開庁しているのは平日の日中というケースが多数(一部土曜や平日夜間開庁もあり)。仕事をしていると利用しにくいのが現状です。


3.転職イベントに参加する

新卒時の合同説明会のように、複数の企業が参加する転職イベントに参加する方法もあります。イベントのほとんどは土日に開催されているので、在職中でも参加しやすいのがメリット。エンジニアや医療系、女性など一定の分野に特化したイベントも多く開催されています。
ただし、人気企業は待ち時間が長くなる、参加しても就職したい企業を見つけられないといったケースも考えられます。


4.転職エージェントを活用する

転職エージェントは、求職者の希望をヒアリングしたうえで条件にマッチする企業を紹介してくれるサービス。非公開求人を持っていることも多く、実際の勤務環境や社内の雰囲気といった内部情報に詳しいのも特徴です。
書類作成に関するアドバイスや面接練習といったサポートも充実しているため、在職中の方でも活用しやすいでしょう。
しかし、デメリットとして担当者によって紹介してくれる求人が変わることがあります。エージェントを利用してより自分の希望に合う求人を探すなら、担当者とのコミュニケーションや就職に対する考え方をしっかり共有することがポイントになるでしょう。


仕事が忙しいならエージェントがおすすめ

在職中から転職活動を行うなら、転職エージェントの活用がおすすめ。エージェントを利用すれば希望条件に合う求人を紹介してくれるので仕事探しの手間が省けます。


数ある転職エージェントのなかでも、若年層に強いのがハタラクティブ。未経験歓迎の求人を多く扱っているのも魅力の1つです。
専任担当者制のため転職活動がスムーズに進むのもポイント。書類提出や面接などの日程、入社後の条件交渉も担当スタッフが代行するため、仕事が忙しくて転職活動に時間を割けないという方は一度ご相談ください。


27歳で転職したい…不安に答えるQ&A

転職の転機といわれる27歳に起こすべき行動がこのコラムで理解できたでしょう。それ以外にも想定されるお悩みをQ&A方式でお答えします。


27歳でも未経験の仕事を始められる?

未経験の仕事をするなら、20代のうちに始めましょう。
30代になると未経験歓迎の求人は減っていく傾向にあります。「未経験業種への転職と年齢の壁」で詳しく説明していますので、参考にしてみてください。

27歳で転職は遅いの?早いの?

27歳で転職を考える人は 多いようです。
その理由は就職してからの年数が5年以上経ち、会社のことが分かり、業務に余裕ができたことなどが挙げられます。詳しくは「もう27歳?まだ27歳?転職のタイミングとは?」を読んでみましょう。

 27歳だと、平均給与はどのくらいになりますか?

業種や職種などによりますが、平成30年の国税庁のデータでは、25歳から29歳の平均は男性で404万円、女性が326万円で平均すると370万円。平成28年のデータより上回る数値です。「27歳の平均年収ってどのくらい?」のコラムでは、転職事情も記載されています。

参考元
国税庁Webサイト
平成30年分民間給与実態統計調査

27歳フリーターだと就職は難しい?

未経験や無資格OKの求人のなかには“フリーターOK”の求人もあります。
まだ間に合いますが、あまりゆっくりもしていられません。「27歳のフリーターでも就職のチャンスはある?」を参考に、就活を進めましょう。学校からの支援もなく、一人で就職活動するのが不安なら、ハタラクティブにご相談ください。書類作成や面接対策、自己分析など、就活アドバイザーがしっかり指導するので安心です。

ご利用者の口コミ

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

  • Kosuke Karasawa

    カウンセラーの人が親身になって下さり、コロナ禍でもありながら、内定…

    2020/09/29

  • Jun

    担当して頂いた方の丁寧かつ迅速な対応でスムーズに転職活動がすすみ、…

    2020/09/18

  • 羽場健二

    カウンセラーの方が親身に最後までサポートしてくれたおかげもあり無事…

    2020/09/18

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

まずは情報収集から始めませんか

今のお気持ちはどちらに近いですか?

 

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?