無職期間が長いと転職では不利?与える影響や効果的な過ごし方を解説

無職期間が長いと転職では不利?与える影響や効果的な過ごし方を解説の画像

この記事のまとめ

  • 半年を超える無職期間がある場合、転職活動で不利になる可能性がある
  • 無職期間が長いと仕事への意欲低下や計画性の不足、スキルの鈍化を懸念される
  • 無職期間が長い理由が資格取得や介護、語学留学などの場合は不利にならないこともある
  • 無職期間はメリハリのある生活をして前向きな気持ちで過ごすことが大切
  • 自己分析で転職の軸を明確にし、積極的に応募することが転職成功につながる

転職活動中に無職期間があると「転職で不利になるかも…」と不安に感じる方も多いのではないでしょうか。無職期間が長くなることで焦り、転職活動がうまくいかない悪循環に陥ってしまうことがあります。このコラムでは、転職活動における無職期間が与える影響や、無職期間にやるべきことを紹介。無職期間があっても転職を成功させたい方はぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

無職期間が何ヶ月続くと転職活動に影響が出る?

転職活動に要する期間は人によって異なりますが、平均的な3ヶ月~半年程度であれば、不利にはならないでしょう。
しかし、無職期間がそれ以上長引いた場合は注意が必要です。「無職期間が何ヶ月以上だとNG」という明確なルールはありませんが、半年を超える無職期間がある場合、その理由を面接で聞かれることがあります。無職期間は長ければ長いほど転職活動で不利になってしまうのが現状です。
転職に必要な期間については「転職にかかる期間はどのくらい?転職期間と準備方法」でも詳しく解説しているので、参考にしてください。

一般的な転職期間

転職するまでの期間は、一般的に2~3か月といわれています。
在職中に順調に次の仕事が決まらなかった場合、3ヶ月~半年程度のブランクであれば転職活動でマイナス評価に繋がることはないでしょう。

無職期間が長いことで不安になる理由

転職期間が長くなることで、ストレスを感じたり精神的に余裕がなくなったりするケースも多いようです。それには、以下の理由があるといわれています。

収入がない

無職期間は、働いていないので収入が無いことが一般的。そのため、携帯料金や食費といった生活する上で発生する支出は、貯金を削って生活している人も多く金銭面の不安があります。

世間の目が気になる

無職期間は、毎日の生活に自由度はあるものの家族や近所、友人からの「目」が気になる人も多いようです。必要以上に気にしてしまい、「転職活動がうまくいっていないと思われるのでは?」や「働いていないことに対して肩身が狭い」とストレスを感じることもあります。

無職期間が長引く理由

無職期間が長引く理由には、「やりたい仕事が見つかっていない」「アピールにつながるスキルが足りていない」などがあります。転職先が見つからない、内定が出ないのは主に以下の理由が考えられるので、チェックしてみましょう。

希望する業界や職種が定まっていなかった

転職を希望する業界や職種が定まっていないと、無職期間が長くなります。なぜなら、業界・職種の研究や自己分析から始めると、応募するまでに時間がかかるからです。前職を退職する前に、転職先に希望する業界や職種を定めていれば、退職後すぐに応募できるでしょう。その意味で、退職前からの転職スケジュールは重要となります。

アピールになるスキルや実績が足りていなかった

応募書類や面接時にアピールできる内容がないと、内定をもらえず無職期間が長引きます。
前職の社内独自の勤務や業務により、現在持っている資格やスキルが前職でしか使えない場合、ほかの企業では役立たない知識や技術はアピール材料にならないことも。
また、フリーター歴が長く正社員経験が短い人は、責任がある仕事を任されることが少なく、転職でアピールにつながる経験があまりないケースが多くあります。
フリーターの場合でも、どの程度の仕事を任されていたかや取得した資格といった、具体的な内容を伝えましょう。

転職活動において無職期間がマイナス評価になる3つの理由

無職期間が長いのは良くないことだと漠然的にイメージできても、具体的に何が問題なのかが分からないという方も多いでしょう。ここでは、無職期間が長い人に対して採用担当者がどう感じ、何を懸念しているのかを解説します。

1.働くことへの意欲が低下していると思われる

無職であることは、その期間は仕事から離れているということを意味します。無職期間が長くなるほど「働いていないことに慣れてしまっているのではないか」「楽な方へ流されやすいのではないか」という印象を採用担当者に与えてしまい、結果的に「採用してもすぐに辞めてしまうかもしれない」と敬遠されてしまうでしょう。

2.転職に対する計画性がないと捉えられる

無職期間が長引いた場合、採用担当者に「計画的に転職活動ができなかった人」という印象を与えてしまいます。その結果「仕事でも優先順位やスケジュールを意識した行動ができないかもしれない」と判断されてしまう可能性があります。転職活動をする際は、できるだけ無職期間ができないように配慮しながら行動するのが理想です。

3.これまで身につけたスキルが鈍っている可能性がある

在職中に高いスキルを活かして働いていた人であっても、業務から離れている期間があると技術や知識は徐々に衰えていきます。無職期間が長くなるほど、以前の勘を取り戻すのに時間がかかることは避けられず、採用担当者に「即戦力として活躍してもらうのは難しい」と思われてしまう恐れがあります。

デメリットをメリットに変えるために
無職期間が長引くことによる具体的なデメリットが理解できれば、今後の目標や改善点を考えやすくなります。このコラムの後半で、転職活動を成功させるためのポイントや無職期間の有効的な過ごし方を確認してみましょう。

無職期間の理由によっては転職に不利にならない場合も

無職期間が長くなる理由は人それぞれで、事情によっては必ずしもマイナスにならない場合もあります。以下のように、採用担当者が納得できるような理由がある場合ははっきりと伝えましょう。

資格取得のため勉強をしていた場合

新しい仕事に就くために資格の勉強をしていたことは、スキルアップの一環として前向きにアピールできます。転職活動をしながら、次の仕事に向けての明確な目標を持って勉強に取り組んだことをしっかりと伝えましょう。前職と異なる業界や職種にチャレンジする場合は、目指すきっかけとなった背景についても説明できるようにしておくとより志望度の高さをアピールできます。
転職で役立つ資格については「取りやすい国家資格9選!取得のメリットや選ぶときのポイントを解説」のコラムも参考にしてください。

家族の介護をしていた場合

家族の介護を理由に退職した場合、無職期間が長期にわたることは十分に考えられることです。しかし、採用担当者は入社した後、介護が仕事に影響しないかどうかを心配しています。「家族の介護は解決し、現在は問題なく働ける」という点を必ず伝えましょう。
また、差し支えのない範囲で介護施設の利用状況やサポート体制などについても説明しておくと、採用担当者の安心につながります。

語学留学をしていた場合

無職期間を利用して短期の語学留学をしていた場合は、TOEICスコアといった具体的な成果とともに語学力をアピールしましょう。無職期間内に語学スキルを向上させ、仕事に活かせるようになっていると、採用担当者に向上心を認められます。目指す仕事のポジションで語学力が求められていること、ほかの応募者と比較しても高い語学力が身についていることが評価のポイントになるようです。

アルバイトや派遣の仕事をしていた場合は?
転職活動と並行してアルバイトや派遣の仕事をしていたことを、職歴としてアピールすることは可能です。その場合、アルバイトや派遣での仕事内容が応募先の企業での業務と関連していることが重要。生活維持のためだけではなく、スキルアップや将来を見据えた目的を持って働いていたことを伝えましょう。

転職に備えた無職期間の過ごし方のポイント

無職期間は、規則正しい生活を送ったりスキルアップの時間を作ったりすることが大切です。転職活動中は思うように選考が進まないと気持ちが落ち込み、ネガティブなことばかり考えてしまいがちに。不安にとらわれず、前向きに転職活動を続けるにはいくつかのポイントがあります。以下を参考にしながら、無職期間を有意義な時間にしていきましょう。

メリハリのある生活を心掛ける

毎日決まった時間に仕事に行く生活から無職になると、生活リズムが乱れてしまうのはよくあることです。やるべきことが分からず、なんとなく一日を終えてしまう方もいるはず。
転職先が決まった際にスムーズに復帰するためにも、無職期間中は生活にメリハリをつけて規則的に過ごすようにしましょう。具体的には「決まった時間に寝起きする」「1日に1回は外出する」「1日や1週間のスケジュールを立てて実行し振り返る」などがおすすめです。

前職でのスキルが鈍らないように意識する

現在は無職期間であっても、前職で身につけてきた技術や知識は自分の強みといえます。自宅でできる作業であれば毎日継続してみたり、最新の情報をチェックする習慣をつけてみたりするなど、身についたものをキープできるような方法を考えましょう。会社という組織から離れている無職期間でも、仕事の勘を忘れないように意識することで、転職活動へのモチベーションを保つことにもつながります。

勉強やスキルアップのための時間を作る

無職期間中は、仕事に追われることなくまとまった時間が作りやすいので、今まで実行できなかったことに挑戦する絶好のチャンスです。在職中は忙しくて諦めていたことや、興味があって詳しく知りたいと思っていたことを始めてみましょう。転職に有利になるスキルや知識を身につけることで、前職とは違った未経験の業界にチャレンジする可能性も見えてきます。

うまくいかず辛い時はリフレッシュも大切にする

選考が思うように進まないときには、思い切って転職活動から少し離れリフレッシュする時間を作りましょう。無職期間中は、不安や焦りに押しつぶされそうになってしまうこともあるかもしれません。
そのような場合は、少し身体を動かしたり意識的に深呼吸をしたりするだけでも、気持ちを切り替えるのに効果的です。また、「友人と話をする」「好きな場所に出かける」「お気に入りの映画を見る」など、不安な気持ちから離れられる自分なりの手段をいくつか用意しておくと良いでしょう。

公共職業訓練でスキルアップ
新しい職種に就きたい人や学びたい分野がある人には、ハローワークが実施している職業訓練コースを受講してみるのもおすすめです。学びながら転職活動を続けることができ、科目によっては専門分野の資格を取得するチャンスも。
受講するには条件を満たしている必要があり、詳しくは「公共職業訓練とは?コースの種類や受講するメリットを解説!」をご一読ください。

無職期間がある人が転職を成功させるためのコツ

転職活動では無職期間のマイナス要素を払拭し、前向きな姿勢をアピールすることが大切です。無職期間があっても、転職を成功させるために押さえておくべきポイントをご紹介します。

自己分析をやり直して自分と向き合う

転職活動において自己分析は欠かせない重要なものです。特に無職期間が長引いている場合、不安のあまり「自分が何をしたいのか分からなくなってきた」と感じる方もいるでしょう。自己分析で過去の自分を振り返り客観的に整理することで、あやふやになっていた転職活動の軸を明確にしてみてください。
自己分析の詳しい方法は「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」でも解説しています。

無職期間がある理由を説明できるようにする

採用担当者にとって「なんとなくダラダラと長引いてしまった無職期間」は良い印象がありません。しかし、「無職期間にこれだけのことをやり、こんなことを身につけた」とはっきり言えるだけの成果があれば、伝え方次第でプラスの印象を与えられます。転職活動では無職期間を前向きにとらえ、それを明確に伝えることが重要です。

応募先を絞り過ぎない

転職活動では、応募した企業の選考結果を待っている時間が多く発生します。無職期間をできるだけ短くするためにも、応募先を絞り過ぎず複数の企業に同時に応募するのがおすすめ。
転職活動をする人の中には、転職先が決まるまでに20社以上の企業に応募している人も多いでしょう複数の企業に同時に応募することで書類選考や面接に慣れ、余裕を持って転職活動に臨めます。また、複数の企業を比較・検討しながら転職活動を進められるメリットも。自分のペースを保てる範囲で、興味を持った企業には積極的に応募してみましょう。

転職アドバイザーに相談する

転職活動を進める中で、「自分なりにやってみたけどこれで合っているのか不安」「成果が出ず、何を改善したら良いのか分からない」と戸惑う方も多いのではないでしょうか。そんなときは転職アドバイザーを活用するのも一つの手。転職のプロに相談することで、自分では気づけない角度からのアドバイスをもらえるでしょう。
転職エージェントのハタラクティブでは、専任のアドバイザーがマンツーマンで転職活動を支援します。転職・就職経験が少ない方に向けて、未経験歓迎の求人が多いのがハタラクティブの魅力です。また、履歴書の添削や面接対策、カウンセリングなど幅広いサポートを行っています。無職期間を不安に感じている方は、ぜひお気軽にご相談ください。

転職活動中の無職期間に関するお悩みQ&A

転職活動が長引き無職期間が延びていくことに不安を抱えている方に向け、よくあるお悩みをQ&A方式で解決していきます。

履歴書には無職期間をどう書けば良い?

無職期間が長い理由が単に転職先が見つからない、転職活動をしていないといったものであれば、「一身上の都合により退職」と記入します。病気療養や親族の介護など特別な事情がある場合は、「親族の介護のため退職」と書き、一行あけて「現在は回復し、働くうえでの支障はありません」と記入しましょう。「転職先が見つからない!空白期間が長引いた理由はなに?」では、記入する際のポイントもあわせてご紹介しています。

無職期間にやらなければならないことは?

退職する時点で転職先が決まっていない人は、年金や健康保険の手続きが必要です。退職日から14日以内に市区町村役場へ赴き、手続きをしてください。雇用保険の加入状況によっては失業保険も受給できるので、ハローワークで失業保険の手続きも行っておきましょう。「退職後に失業保険をもらうには?アルバイトは可能?手続き方法を確認しよう」では年金や健康保険、失業保険の詳細にも触れています。

転職活動に疲れたらどうすべき?

一度、転職活動から離れてリフレッシュするのがおすすめです。趣味に没頭したり興味があることにチャレンジしたりしましょう。アロマや温泉、マッサージなどリラックス効果の高いものも有効です。十分疲労がとれたら、これまでの転職活動を見直してから再出発しましょう。ほかにもたくさんのリフレッシュ方法を「転職活動に疲れたときにやること3選!原因と前進するための方法も紹介」にまとめていますので、参考にしてください。

転職を成功させるコツは?

転職の軸を定めるとともに、働くうえで譲れない条件を絞っておくことが大切です。「どんなところでどう働きたいのか」が定まっていないとミスマッチが起こりますし、すべての希望を満たす求人は少ないからです。「転職のありがち失敗例と成功する人のポイントとは」やハタラクティブでは、転職成功の秘訣をお伝えしています。「無職期間がどんどん長くなっていく…」と不安な方はぜひハタラクティブをご利用ください。

関連タグ