新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職活動をするにあたって無職期間があるのは不利?

転職活動をするにあたって無職期間があるのは不利?

公開日:

最終更新日:

転職活動をするにあたって無職期間があるのは不利?の画像

【このページのまとめ】

  • ・転職活動には2~3ヶ月ほどかかると言われているので、数ヶ月程度なら無職期間があってもマイナス評価にはならない
    ・無職期間が半年以上になってしまうと、面接で理由を聞かれる
    ・仕事への意欲がないと思われたり、どこにも採用されない人物だと思われたりと、マイナス評価がつく理由はさまざま
    ・怪我や病気が理由の人は、現在は仕事に支障がないことを強調する
    ・転職活動が長引いている人は、自分なりの方向性をもって転職活動していることをアピールしよう
    ・ブランク中に成長したことやプラスになったことを伝えて好印象を与えよう

退職後になかなか転職先が決まらず求職活動が長引いていたり、病気や怪我のため身体を休めることに専念していたりと、無職期間の理由は人によってさまざまです。
無職期間があると転職活動で不利になってしまうのでは…?と不安に感じている人も多いのではないでしょうか。
このコラムでは、無職期間のある人へ向けて面接の必勝法を紹介します。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

転職で無職期間は不利になる?

転職活動には、平均2~3ヶ月ほどかかると言われています。
よって、数ヶ月程度なら無職期間があってもマイナス評価にされることはありません。
しかし、半年を超える無職期間がある場合は、その理由を面接で聞かれると考えた方が良いでしょう。
無職期間は、長ければ長いほど転職活動で不利になってしまうのが現状です。

無職期間がマイナス評価になる理由

それでは、何故無職期間があるとマイナスに見られてしまうのでしょうか。
主な理由は以下の通りです。


・仕事への意欲がないと思われる
・どこにも採用されない人物だと思われる
・無計画に転職活動する要領の悪い人物だと思われる


マイナス評価にならないためにも、空白期間に何をしていたかををきちんと説明できるようにしましょう。

無職期間がある人の面接必勝法

無職期間のある人は、無職期間中に行なっていたことについて答えられるよう必ず対策が必要です。
面接官は求職者の無職期間の過ごし方を通して、人柄や仕事に対する意欲を見ています。
資格勉強や留学をしていたことなど、ブランクの間の行動を前向きに説明できるとベストです。


家庭の事情・怪我・病気が理由の人は、事実を説明した上で現在は仕事に支障がないことを強調します。
その際、顔色や態度についてもチェックされるので明るくハキハキとした受け答えをしましょう。
転職活動が長引いている人は、「時間はかかっても、今度こそ納得できる企業を見つけたかったから」と転職への意欲をアピールします。
無計画・効率が悪いと思われないよう、自分なりの方向性をもって転職活動している点を説明しましょう。


企業の顔色を伺ってしまうと、自分なりのアピールができなくなってしまいます。
空白期間を通してあなたがどんな風に成長したのか、ブランク中の取り組みにどのようなプラス要素があったのかを伝えると良いでしょう。
伝え方次第で、マイナスに傾いていた評価を良い印象に導くことができます。
無職期間を後ろ向きに捉えず、目的をもって生活をしていたことを伝えられるよう落ち着いて面接に挑みましょう。


転職活動中の無職期間に関するお悩みQ&A

転職活動が長引き無職期間が延びていくことに不安を抱えている方に向け、よくあるお悩みをQ&A方式で解決していきます。


履歴書には無職期間をどう書けば良い?

無職期間が長い理由が単に転職先が見つからない、転職活動をしていないといったものであれば、「一身上の都合により退職」と記入します。病気療養や親族の介護など特別な事情がある場合は、「親族の介護のため退職」と書き、一行あけて「現在は回復し、働くうえでの支障はありません」と記入しましょう。「転職先が見つからない!空白期間が長引いた理由はなに?」では、記入する際のポイントもあわせてご紹介しています。

無職期間にやらなければならないことは?

退職する時点で転職先が決まっていない人は、年金や健康保険の手続きが必要です。退職日から14日以内に市区町村役場へ赴き、手続きをしてください。雇用保険の加入状況によっては失業保険も受給できるので、ハローワークで失業保険の手続きも行っておきましょう。「退職したら即確認!退職後の手続き案内」では年金や健康保険、失業保険の詳細にも触れています。

転職活動に疲れたらどうすべき?

一度、転職活動から離れてリフレッシュするのがおすすめです。趣味に没頭したり興味があることにチャレンジしたりしましょう。アロマや温泉、マッサージなどリラックス効果の高いものも有効です。十分疲労がとれたら、これまでの転職活動を見直してから再出発しましょう。ほかにもたくさんのリフレッシュ方法を「転職活動に疲れた…うまくいかないときの対応策まとめ」にまとめていますので、参考にしてください。

転職を成功させるコツは?

転職の軸を定めるとともに、働くうえで譲れない条件を絞っておくことが大切です。「どんなところでどう働きたいのか」が定まっていないとミスマッチが起こりますし、すべての希望を満たす求人は少ないからです。「転職のありがち失敗例と成功する人のポイントとは」やハタラクティブでは、転職成功の秘訣をお伝えしています。「無職期間がどんどん長くなっていく…」と不安な方はぜひハタラクティブをご利用ください。

転職のお悩みはハタラクティブへ!

回答が思いつかない方や転職でお困りの方は、就活・転職支援サービスの利用がおすすめです。
若年層に特化したハタラクティブでは、ここにしかない非公開求人や企業情報を取り揃えており、オーダメイドのサービスであなたの転職活動を支援します。
専任のアドバイザーが求職者の希望条件を踏まえながらカウンセリングを担当し、キャリアの方向性を定めながら一人ひとりにマッチした求人を提案。
また、好印象を与える応募書類の書き方をアドバイスし、事前に行う模擬面接で本番に向けてしっかりと対策を行います。
転職に関する悩みや相談、就職後のアフターフォローなども対応し、一人では大変な転職活動を効率的にサポート。
ハタラクティブの内定率は80.4%(2015年7月)を誇っており、充実したサポート体制を整えながらあなたの魅力を最大限に引き出します。


無職期間があるからと諦めず、前向きな気持ちで転職活動に取り組む姿勢が大切です。
あなたの経験やスキルを活かせる職場がきっと見つかります。
ハタラクティブを活用して一緒に内定を掴み取りましょう。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ