大卒無職者の就職は難しい?就活成功の鍵とは

2018/06/22

【このページのまとめ】

  • ・大卒無職者は就職に不利な部分もあるが、無職期間が短ければ問題視されないケースもある
    ・無職期間をマイナスにとられないよう、就職するために努力していたという点をアピールしよう
    ・無職期間が長引いてしまったら、将来のビジョンを明確に描きモチベーションを高く維持することが大切
    ・一人で頑張らずに、ハローワークや就職エージェントといった第三者の助けを借りるのも1つの手

新卒時に就職先が決まらず大卒無職になってしまった場合、内定を獲得するのは難しいのでしょうか。新卒に比べると不利になる可能性はあるものの、無職期間が短ければ就活を成功させることも夢ではないと言えます。そのためには、就活成功のポイントを知ることが大切です。どのような行動を起こすべきか、考えてみましょう。

◆大卒の無職者は就活で不利?

大学卒業後の無職期間が長くなると、新卒に比べ内定を獲得しづらくなると考えられます。しかし無職期間が短ければ、特に問題視しないという企業も多くあるようです。働いていない期間が長引いてしまうと採用担当者にマイナスの印象を与えかねないため、早めに行動を起こすようにしましょう。
まったく働いていないという状態もあまり良いとは言えず、アルバイトをして「仕事をするのに問題はない」という点をアピールできるようにしておくと良いと考えられます。

また、働いていなくても就職するための努力は続けていたということを示すのも1つの手です。資格を取得したりセミナーに参加したりすることで、仕事への意欲が採用担当者に伝わるかもしれません。
そのほか、業界や企業について深く研究することや、ビジネスマナーを身につけておくことも重要です。

◆無職期間が長くても就活を成功させるポイント

無職期間が長引いてしまった場合は、以下のようなポイントを踏まえて就活に取り組むようにしましょう。

【将来のビジョンを明確に描く】

なかなか内定をもらえなかったり無職の生活に慣れてしまったりすると、自分のやりたいことがわからなくなってくることもあるかもしれません。
就職へのモチベーションを高く維持し続けるためには、将来どうなっていたいかということを明確に描いておくことが大切です。

【自己分析を行い、自分と向き合う】

自己分析をしっかり行い、どのような企業や仕事が自分に合うかを知っておきましょう。自己分析を行う際は「なぜなかなか内定を獲得できなかったのか」「なぜ無職の期間が長くなってしまったのか」といったことにもしっかり向き合い、面接で尋ねられたときにきちんと答えられるよう準備しておく必要があると言えます。
自己分析を踏まえてどのような点を反省し、どのように改善の努力を行っているかを併せて伝えると高評価につながるかもしれません。

【業界・企業研究を徹底する】

新卒のときにも業界や企業についての研究は十分行ってきているものと考えられますが、新卒者に差をつけるためにもさらに奥深く知っておく必要があります。
企業が求める人材を把握し、その人物像に近づけるよう努力したり自己アピールしたりすることで、採用担当者に良い印象を与えられるかもしれません。学生よりも時間の融通がきく分、より時間をかけてじっくりと研究しておきましょう。

◆不安なら助けを借りよう!

大学卒業後に就活を一人で行うのは、簡単ではないでしょう。あまりの辛さに、途中でめげそうになることもあるかもしれません。無職の状態から脱出するには、強い意思を持って諦めずに活動を続けることが必要となります。
ハローワークや就職支援サービスの助けを借りて、一人で頑張らないことも大切です。ハローワークや就職支援サービスを利用すると、自分では知ることのできない情報を得ることが期待できるでしょう。第三者の助けを借りることで、効率良く活動を進められるかもしれません。

どの就職支援サービスを利用すべきか迷ったら、ぜひハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは若年層に特化し企業研究の仕方や面接対策など、就職・転職に関わるさまざまな悩みにプロの目線でアドバイスを実施。綿密なカウンセリングを行いながら、就職・転職活動をサポートいたします。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ