30歳無職・職歴なしから脱却しよう!就職におすすめの仕事や資格を解説

30歳無職・職歴なしから脱却しよう!就職におすすめの仕事や資格を解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・30歳で無職の方は主に3つの理由があるが、いずれにしても早期就職を目指すべき
  • ・無職になったばかりの方は、雇用保険や健康保険の手続きを早急に行う
  • ・30歳無職のままでいると、引きこもりや生活保護に頼った生き方になる恐れがある
  • ・30歳無職の方はすぐに就活を始めたり資格を取ったりする行動を起こすべき
  • ・30歳無職で職歴なしからでも挑戦できる資格や仕事はあるため、前向きに行動する

30歳で無職であることに不安を感じている方も多いのではないでしょうか。一般的に30歳といえば、責任のある仕事を任されることが多く、会社での立場が変わってくる方もいる年齢です。無職の場合、焦りや不安を感じるのは当然ですが、ネガティブになり過ないことが大切。このコラムでは就職におすすめの仕事や資格をご紹介します。参考にしていただき、今できることやすべきことを冷静に整理し、行動を起こしてみましょう。

30歳無職になりやすい3つの理由

「30歳で無職」といっても、背景や状況は人それぞれ。ここでは、30歳で無職になる主な3つの理由を紹介します。状況によって起こすべき行動が異なるので、自分はどれに当てはまるか考えてみましょう。

1.一度も正社員として働いた経験がない

1つ目は就職活動に失敗し、そのまま無職になったという流れです。フリーターとしてパートやアルバイトの経験があっても、「正社員になれる自信がない」と感じている方も多いのではないでしょうか。しかし、正社員として働いた職歴がないからといって無職の状態を続けると、ますます就職の難易度は上がっていきます。ネガティブになりすぎず、すぐに就職活動をはじめましょう。

2.職歴はあるが離職期間が長引いてしまった

2つ目は正社員として働いていたものの、何らかの理由で退職し、離職期間が長引いてしまったというものです。ブラック企業で辛い思いをしたり、人間関係のトラブルに悩んだりして退職した場合は、再就職に踏み切りにくい傾向にあります。可能であれば、なるべく離職期間を長引かせないよう再就職を目指しましょう。

3.無職になったばかり

3つ目は何らかの理由で無職になったばかりという状況です。理由によってはすぐに就職できない場合もありますが、可能であればなるべく早く就職活動を開始しましょう。離職期間は短ければ短いほど再就職しやすい傾向があります。最近までキャリアを積んでいたため、30歳という年齢はさほどハードルにならないでしょう。

無職の方の転職についてより詳しく知りたいのなら「無職期間が長いと転職では不利?何ヶ月までならOK?」もご覧ください。

30歳無職の割合

内閣府の「令和元年版子供・若者白書」によると、30歳から34歳の無職者は約17万人。35歳から39歳の無職者は約18万人いるようです。総務省統計局の「人口推計」によると、30歳の総人口は約127万人なので、30歳で無職の方の割合は全体の約1~2%程度といえるでしょう。

30歳無職の割合の画像

30歳無職の方が就職活動をしていない理由

内閣府「令和元年版子供・若者白書(全体版)第3章第2節困難な状況ごとの取組」によると、無職の方が仕事を探していない理由として、もっとも多いのは「病気や怪我のため」です。次いで多い理由として「学校以外で進学や資格取得などの勉強をしているため」が挙げられます。そのほか、「知識・能力に自信がない」「探したが見つからなかった」「希望する仕事がありそうにない」といった理由があるようです。

30歳無職の方が就職活動をしていない理由の画像

参照元
内閣府
令和元年版 子供・若者白書(全体版)第3章第2節困難な状況ごとの取組
総務省統計局
人口推計

30歳無職のままでいるとどうなるか

30歳無職のまま過ごし続けるとどうなるのか、気になっている方も多いはずです。こちらで、詳しく解説します。

同世代との差が気になってくる

30代を無職で過ごすと、同世代との差が気になりはじめる可能性が高いでしょう。30歳という年齢は、会社員であれば仕事で役職についたり、プライベートで結婚したりしている方もいるでしょう。充実した社会人生活を送っている同世代と、無職の自分を比較してしまい、劣等感に苛まれる恐れがあります。

引きこもりがちになる

無職のままでいると、いきいきと働いている人に引け目を感じ、次第に外出が億劫になってしまったり、外に出て働く自信がなくなったりする可能性があります。引きこもり生活が定着していくと、就職に必要なモチベーションや体力がなくなり、精神的に疲弊してしまう恐れもあるでしょう。

独身の場合は結婚が遠のく

30歳で無職の方は結婚が遠のく可能性も。たとえ結婚する本人たちが同意していても、家族に反対されてしまうことも十分に考えられます。まずは正社員として就職し、収入を安定させることを優先させましょう。

親が高齢になり生活が苦しくなる

無職で実家暮らしの場合、親の収入で生活できます。しかし、30歳になると親も高齢になり、定年退職を迎えるときも近いでしょう。定年退職後も年金で生活できるかもしれませんが、将来的に親が亡くなると、自分で生計を立てる必要が出てきます。「収入源がなくても生活保護がある」と考えていたとしても、生活保護に頼るのは最終手段としておいたほうが良いでしょう。

生活保護に頼る生き方になる

無職の状態が続いて収入が得られない場合、最終的には生活保護に頼ることになる可能性もあります。「今は実家に住んでいるから安心」と思っている方も、前述したように家族がずっと働ける状態でいるとは限らないことを自覚しましょう。なお、生活保護を受給するためには審査に通過する必要があります。生活保護を受けるための要件は大変厳しいので、必ずしも受けられるとは限りません。自分の力で収入を得る道を選択するのが望ましいでしょう。

家族や親族から厳しい目を向けられる

30歳で無職のままという状況は、あまり良く思われません。一般的に働き盛りで、家庭を築いていくことが多い年代にも関わらず、親に養ってもらうままでは家族や親族から厳しい目を向けられ、不安に思われてしまうのは当然のことです。特に健康に問題があるわけでもなく、日がな引きこもってゲームやインターネットをしたり、寝てばかりいたりすると、周りから厳しい目で見られても仕方ないでしょう。

30歳無職・職歴なしだと就職は厳しい?

30歳で無職・職歴なしだと、就職が厳しくなるのは事実です。就職活動をしたとしても、社会人として働いた経験のある方と比べると、アピールできる経歴やスキルがないため、採用が不利になることが多いでしょう。20代なら職歴がなくてもやる気や将来性をアピールすれば採用される可能性があります。しかし、30代になると即戦力となる人材が求められるため、30歳無職で職歴なしだと就活は厳しいものとなるでしょう。できるだけ若い年齢のうちに就職して、経験やスキルを培うことが重要です。

無職でいる期間が長いほど就職が不利になる

30歳無職の方の就職は、無職でいる期間が長ければ長いほど難しくなります。特に正社員としての就職は厳しいものとなるでしょう。完全に無職ではなく、アルバイトなどで生計を立てていたフリーターの方も変わりません。

30歳無職・職歴なしの状況から逆転を目指す方は「30歳職歴なしでも正社員になれる?就職成功のコツをご紹介!」もあわせてご覧ください。

無職になったらすぐに行うべき手続き

正社員から無職になったばかりの方は、退職後にすぐにやっておくべき手続きがあります。以下の3つは再就職に役立ったり、生活を安定させたりするものなので、忘れずに対応しましょう。

1.雇用保険の手続き

退職した会社から離職票を受け取ったら、ハローワークで雇用保険の手続きをしましょう。失業者の再就職を支援する基本手当(いわゆる失業給付)の受給が可能になります。失業給付を受給するまでには一定の期間を要するので、離職票を手に入れたらできるだけ早く手続きを行うのがおすすめです。なお、これまで雇用保険に加入していなかったり、ハローワークが定める条件を満たしていなかったりすると給付は受けられないので注意しましょう。

2.健康保険の切り替え

退職後は、これまで加入していた健康保険の切り替えを行う必要があります。主な方法は以下の3つです。それぞれ加入条件や支払う金額が異なるので、比較したうえで選びましょう。

任意継続被保険者制度を利用する

在職中に入っていた社会保険を継続する制度です。退職日翌日から20日以内に手続きを行う決まりがあり、これを過ぎてしまうと余程の理由がない限り受け付けてもらえません。申請期間の短い制度なので、申請は早めに行いましょう。

家族の扶養に入る

家族が加入している健康保険の被扶養者になる方法です。被扶養者になるには、扶養者との同居や年収など一定の条件を満たす必要があるため、家族が加入している健康保険組合や全国健康保険協会に問い合わせてみましょう。

国民健康保険に加入する

もし会社の健康保険を継続できず、扶養にも入らない場合は、国民健康保険に切り替える必要があります。居住地の国民健康保険窓口に問い合わせましょう。

3.税金や年金保険料、健康保険料の免除申請

失業中は税金や保険料などの支払いが困難になる場合もあるので、必要に応じて免除や納付猶予の手続きを行いましょう。ただし、年金保険料の免除や納付猶予を受けると、将来受給できる年金の額が減ります。さらに、必要な手続きを行わず未納だった場合は何も受け取れないので、年金保険料が支払えない場合は忘れずに対応しましょう。将来受け取る年金を増やしたい場合は、後から追納することも可能です。申請手続きは、住民登録をしている市町村の「国民年金担当窓口」で行います。

退職後にすべきことを知りたい方は「仕事を辞めたらすることは?保険や税金など退職後の手続き方法」もご一読ください。

30歳無職からやり直すために起こすべき行動

30歳で無職の方は早急に行動を起こし、就職を目指すことをおすすめします。こちらで、具体的にどのような行動を取れば良いかご紹介しましょう。

生活リズムを整える

まずは生活リズムを整えることが大切です。特に夜型の方は就職活動のため、夜はしっかり睡眠を取り、日中に活動する生活に慣れましょう。起床時に朝日を浴びたり、散歩をしたりするだけでも気分がすっきりし、活力がわいてくる可能性があります。些細なことからでも良いので、生活習慣を変えてみましょう。

すぐに就職活動を始める

可能ならば、すぐにでも就職活動を始めましょう。特に、これまで正社員として働いた経験がない方は早急に動くことをおすすめします。職歴の少なさから正社員として就職する自信を失っている方もいるはず。しかし、年齢が上がるにつれ、さらに未経験の業種や職種に挑戦しづらくなります。30歳であればまだ十分間に合う年齢といえるので、負のスパイラルに陥ってしまう前に就職準備を行ってみましょう。

自己分析を行う

まずは自己分析を行い、自分の長所や短所を洗い出しましょう。自分を知ることで仕事選びがしやすくなったり、アピールポイントが明確になったりします。好きなことと嫌いなことを紙に書き出すだけでも自分の人間性を整理できますし、自己分析ができるアプリやWebサイトなどを利用するのも良いでしょう。また、自己分析が難しい場合は家族や友人に「他己分析」してもらうのも手。客観的な意見を聞くことで、今まで気づけなかった新たな長所・短所が見えてくる可能性もあります。

コミュニケーション力を磨く

コミュニケーション力は、どの仕事に就職したとしても必ず求められます。人と会話することが苦手な方も、必要最低限のコミュニケーションは取れるようにしておくべきでしょう。家族や友人と積極的に会話をしたり、買い物に行った店のスタッフに話しかけてみたり、できることから始めることをおすすめします。特に、初めて合う人と会話できれば自信がつくはずです。

やりたい仕事より今できる仕事を探す

就職する自信がない方は、やりたい仕事が思い浮かばない傾向があります。そのような場合はやりたい仕事から視点を変え、「今できる仕事」を探してみましょう。キャリアや成功体験を積むことで、自然とやりたい仕事が見つかることもあります。

資格習得や自分のスキルを磨く

仕事を辞めたばかりで就活する気力がない方や、どうしても働く自信が持てず就活に踏み切れない方もいるでしょう。その場合は、応募できる求人の幅を広げるため、資格の勉強やスキルの習得に時間を充てるのがおすすめです。できることが増えれば、自信にもつながり、前向きな気持ちで就職活動を進められるでしょう。ハローワークを通して職業訓練校に入学するのも一つの方法です。求職者支援制度により無料で受講できるうえ、条件を満たせば給付金を受給することもできます。学校に通うことで生活リズムが整えられ、同じ目標を持つ仲間とコミュニケーションを取る機会も増えるため、社会生活に慣れながら資格を取りたい方におすすめです。

30歳無職・職歴なしの方におすすめの資格5選

30歳無職・職歴なしの場合、少しでも就活を有利にするには、資格の取得をおすすめします。こちらでは、30歳から就職を目指す方におすすめの資格を5つ挙げるので、参考にしてみてください。

1.普通自動車運転免許

数ある求人の応募条件で、必要とされる頻度が最も多い資格が「普通自動車運転免許」です。ドライバー業だけでなく、外回り営業や、お客さまの送迎が必要な不動産会社など、幅広い職種で活かせます。運転免許証を持っているだけで挑戦できる仕事の幅が大きく広がるでしょう。

2.介護職員初任者研修

介護職の需要が伸び続ける昨今、「介護職員初任者研修」は取得しておいて損はない資格です。
介護職員として働くうえで基本となる知識や技術を研修で学び、受講後の試験に合格すれば資格保有者となります。資格を保有していれば仕事の幅も増え、給料が上がる可能性もあるでしょう。学歴や年齢、経験を問わず取得できるので、30歳無職の方も気軽にチャレンジできます。

3.MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

MOSは、「マイクロソフト」のアプリケーションであるワードやエクセル、パワーポイントなどのスキルが十分に身に付いていることを証明する資格です。コンピュータ全般の知識は、データグラフやビジネス文書の作成などに活用できるため、多彩な職種で重宝されるでしょう。MOSには、「一般レベル(スペシャリスト)」と「上級レベル(エキスパート)」があります。基礎的な機能を理解するには一般レベルの受験がおすすめですが、即戦力として働けることをアピールしたいのであれば、上級レベルの取得を目指してみましょう。

4.ITパスポート

この後詳しくご紹介しますが、30歳無職の方におすすめする職種の一つにIT業界があります。IT業界の就職に役立つのがこのITパスポート。ITに関する基礎知識を証明できる国家資格で、急速にIT化の進む社会では大いに活用できるはずです。国家資格と聞くと難易度が高いように感じますが、近年の合格率は平均50%程度。挑戦して損はない資格といえるでしょう。

5.日商簿記3級

日商簿記3級は、ビジネスに必要な基礎知識を取得していることを証明する資格です。コスト感覚や経営状況の分析力などが身に付くため、経理・会計をはじめとする多くの業種・職種で役立つでしょう。試験は1年に3回実施されます。取得するチャンスが多く、ニーズも高い資格なので、時間がある方は勉強しておくのがおすすめです。

30歳無職からでも就職しやすいおすすめの仕事5選

ここでは、30歳無職の方が就職するのにおすすめな職種を5つご紹介します。

1.営業職

営業職は、あらゆる業界で安定した求人がある職種です。多くの場合、スキルや知識は入社後に身につければよく、未経験からでも挑戦しやすい仕事といえます。また、営業経験は多彩な仕事で重宝されるため、将来転職する場合も役立つでしょう。扱う商品やサービスは企業によってバリエーションが異なり、個人営業か法人営業、新規営業かルート営業かなど、営業スタイルも多岐に渡るので自分に合ったものを見つけましょう。

2.IT系職種

IT業界では、今後さらに発展が見込まれる需要の高い分野です。エンジニアやプログラマーなどは「高学歴が求められる」「理系でなければ就職できない」というイメージを持つ方もいますが、実際は学歴よりも知識やスキルが重視され、学歴や職歴に関わらず大勢の方が活躍しています。未経験者を歓迎し、手厚い研修を行っている企業も多いため、これから手に職をつけたい方におすすめの仕事です。キャリアを積めば積むほど活躍の場が広がっていき、やりがいも増すでしょう。

3.ドライバー

ドライバーも年齢や職歴、経験を問わずに始めやすい仕事です。運転する車によっては、普通免許に加え二種免許や中型免許が必要になる場合もあります。また、資格取得支援制度を設けている会社も多く見られるので、入社後に働きながら免許を取りたい方は、あらかじめ求人内容をよく確認しておきましょう。一口にドライバーといっても、トラック運転手やタクシー運転手など仕事内容は幅広くあります。コミュニケーションの機会や必要な体力に差はありますが、いずれにしても自分のペースで仕事を進められることが多いので、一人でコツコツ業務に集中したい方に向いているでしょう。

4.介護職

高齢化社会において、急激にニーズが高まっているのが介護職です。そのため、無資格・未経験からでも就職しやすく、社会的にも大変意義のある職業であるといえます。また、幅広い年齢の方が活躍しており、施設によっては60代以上の方が働いていることも。30歳という年齢はさほどハードルにならず、むしろ若い戦力として歓迎されるでしょう。年収が低い、体力的に厳しいというイメージを持たれがちですが、資格手当やボーナスが充実していたり、休みを多く取れたりする施設も数多く見受けられます。介護職として就職する場合は、施設の選択も重要なポイントとなるでしょう。

5.接客業

接客業も、未経験者を歓迎する求人が数多く出ています。一口に接客業といっても、販売スタッフや飲食店スタッフなどがあり、扱うものやサービスは就職先によってさまざま。自分の好きなものや興味のある分野に触れられる仕事を探してみるのも良いでしょう。注意しなければいけないのが休日制度。接客業では土日・祝日の出勤を求められる傾向があります。週末はしっかり休みたいという方は、就業条件をよく確認しながら求人を探しましょう。

無職の方が就職しやすい仕事についてより詳しく知りたいのなら「ニートが就職しやすい仕事6選!支援機関でプロの力を借りよう」もあわせてお読みください。

30歳無職の方が就活を成功させる3つのポイント

最後に、30歳無職の方が就活を成功させるポイントをまとめました。「30歳で就職するのは難しいのでは…」と後ろ向きに考えてしまう方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.常に前向きでいることに努める

30歳無職の方の就職を妨げているのは、「30歳で無職」という事実ではなく「30歳で無職のため、自分に自信が持てない」という点ではないでしょうか。自分に自信がなければ、それが態度にも表れ、面接で悪印象を抱かれてしまうことも。「30歳無職」だという現状にとらわれず、まずは自分自身の魅力を探すことから始めましょう。前向きでいるように努めていれば、おのずと状況も好転していく可能性があります。

2.面接では明るく、熱意や人柄をアピール

面接では明るくハキハキと話し、志望企業への熱意や自身の人柄をアピールしましょう。面接で大切なのは第一印象です。明るい話し方や堂々とした立ちふるまいは、面接官を安心させ「この人と仕事をしてみたい」と思わせる効果があります。自信を感じさせる言動により好印象を与え、内定を勝ち取りましょう。

3.求人内容をしっかりチェックする

早く就職しようと焦る気持ちが生じることもありますが、求人の内容は落ち着いてしっかりチェックすることが大切です。求人内容の確認が甘いと、自分に合わない企業やブラック企業に就職してしまい、再び退職・求職活動を繰り返してしまう恐れもあります。給与は仕事内容に見合っているか、ワークライフバランスが保てるか、未経験者の研修が充実しているかなど、慎重に確認しましょう。

せっかく就職に向けて行動を起こしたものの、「自己PRに自信がない」「自分に合った求人が見つからない」など、悩みや不安を抱える方もいるでしょう。無職から脱却したくても前進できずに困っている方には、就職エージェントのハタラクティブのご利用をおすすめします。ハタラクティブは、既卒や第二新卒、フリーター向けの就職エージェントです。専任のアドバイザーが丁寧にカウンセリングを行い、あなたに合った企業や求人をご紹介します。ご紹介する求人は、ハタラクティブが実際に取材した企業のみ。そのため、職場の雰囲気や詳しい情報もお伝えすることが可能です。さらに、応募書類の添削や面接対策のアドバイス、選考のスケジュール調整なども徹底サポート。サービスはすべて無料なので、無職で収入に不安がある方にも安心してご利用いただけます。「30歳無職から脱却したい」…その想いを実現するためにも、1人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

30歳無職・職歴なしの就職に関するQ&A

ここでは30歳無職で職歴のない方の就職に関する疑問をQ&A方式で解決していきます。

30歳で職歴がなくても就職できる?

30代で職歴がないことに後ろめたさを感じたり、自信を失ってしまったりせず、過去のアルバイト経験などからアピールできるポイントを考えてみましょう。 入社後に活かせる強みを探し、履歴書や職務経歴書の内容を充実させてください。 履歴書の基本は「フリーター必見!書類選考を通過する履歴書の書き方」を参考にしてください。

職歴がない人でも就職しやすい仕事はある?

介護業界や飲食業界、営業職など、人手不足の業界や未経験者を歓迎する仕事は就職しやすい傾向があります。 未経験者を歓迎している企業であれば、一からスキルと知識を修得することができる点も魅力です。 人手不足の業界については「人手不足の業界は就職成功率が高いってホント?」に掲載しています。

職歴がない場合、まず何をしたら良い?

経歴や経験を重視しない「ポテンシャル採用」「人柄採用」を期待できるうちに就活することをおすすめします。 また、就活を始めると「なぜ正社員になりたいのか」「空白期間は何をしていたか」などの質問をされることが予想されます。これらを答えられるように回答の準備をしておきましょう。 詳しくは「職歴なしでも正社員就職できる?履歴書の書き方や仕事の選び方もご紹介」のコラムをご覧ください。

どうやって就職活動すれば良い?

職サイトやハローワーク、就職エージェントなどを利用して未経験歓迎求人を中心に多くの仕事を探し、応募しましょう。 たくさんの求人を比較するなら求人サイト、地元企業を知りたいならハローワークがおすすめです。 就活のやり方に不安がある方は、エージェントで指導を受けるのもおすすめです。

ハタラクティブは若年層に特化した就活・転職エージェント。応募書類の添削や面接対策のアドバイス、選考のスケジュール調整なども徹底サポートします。サービスはすべて無料なので、無職で収入に不安がある方にも安心してご利用いただけます。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION