東京なら就職できる?ニートが上京するときの注意点とは

東京なら就職できる?ニートが上京するときの注意点とはの画像

この記事のまとめ

  • 東京は地方に比べて求人数や職種が豊富なため、ニートから正社員就職に挑戦しやすい
  • 上京して就職する際は「家賃が高い」「常に混雑している」などのデメリットもある
  • ニートの方が上京するのに必要な資金は、就職のタイミングによって異なる
  • ニートの方が上京して1人暮らしをする際、毎月の生活費は約16万円が目安
  • 就職できても最初の給与が入るまで1ヶ月あるので、上京資金は余裕をもって用意しよう

「ニートから上京して就職したい」「地元に良い求人がない」と考えている方もいるでしょう。東京は企業数が多いため就職のチャンスが豊富なものの、物価や家賃が高いためしっかり準備をしておく必要があります。このコラムでは、ニートが上京するメリットやデメリット、注意点を紹介します。そのほか、上京に必要となる費用や生活費、仕事探しのポイントも紹介しているので、東京で仕事がしたい方は参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

ニートの現状が上京すれば変わると考えられる理由

ニートの現状が上京すれば変わると考えられる理由の画像

ニート生活を送る方のなかには、働いていない現状に対して焦りを感じ、就職したいと考えている方もいるでしょう。しかし、住んでいる地域によってはニートから挑戦できる求人や自分に合った企業が少なく、「なかなか脱ニートできない…」と悩んでしまう可能性も。

地元で就職が叶わない場合、ニートから卒業するために上京して就職先を探すという方法もあります。多くの方が「上京すれば今の状態を変えられる」と考える理由には、以下のようなものが挙げられます。

給与水準が高い

ニートの方が「上京して就職しよう」と考える理由のひとつに、東京は賃金が高い傾向にあることが挙げられるでしょう。厚生労働省の「令和4年賃金構造基本統計調査 結果の概況(10) 都道府県別にみた賃金」によると、全国計の賃金が30万7,400円であるのに対し、東京は36万4,200円。日本で一番給与水準が高いことが分かります。
地方と同じ職種や業種でも、就業地域が違うだけで給与に大きく差が出ることも。「せっかく働くなら高収入が得たい」と考える方は、東京で就職することを視野に入れても良いでしょう。

求人数が多い

多くの企業が本社を構える東京は、地方に比べて企業数が圧倒的に多いのが特徴です。厚生労働省の「一般職業紹介状況(職業安定業務統計):雇用関係指標(年度)有効求人数、新規求人数、就職件数」によると、東京都の有効求人数は174万5,579件で全国トップでした。また、全国の求人数は1,413万417件のため、およそ12%を東京都の求人が占めていることがわかります。

上記から東京には求人数も多く、多様な企業や職種へ就職のチャンスがあると推察可能です。「地元では求人が少ないから上京して就職したい」と感じる求職者が多いのは、こういった事情も理由のひとつと考えられるでしょう。

仕事の種類が豊富

IT系やメディア、広告といった業種は東京に集中していることが多く、地方にはない仕事があることもあります。また、上記で説明したように多くの企業が集まっているため、自分に合った仕事を探しやすいでしょう。
上記以外にも、多くの人が集まるので、有名人や実業家などさまざまな人と出会うチャンスも。多くの人に会うことで、自分の価値観を一新できる可能性もあります。

地方に比べて企業数が多く、人やモノ、情報が集まる東京。「企業や人が集まれば自然と仕事も増えるので、経験やスキルが少ない方も就職するチャンスが豊富にある」というのが「現状を変えられる」と考える理由でしょう。
東京で就職はやめとけって本当?後悔しない上京のためのポイントを紹介」のコラムでも、上京して就職する際のメリットを解説しています。「地方から東京に就職するのが難しそう」と上京をためらっている方は参考にしてみてください。

参照元
厚生労働省
令和4年賃金構造基本統計調査 結果の概況
一般職業紹介状況(職業安定業務統計)

ハタラビット

自分に合う仕事とは?
適職相談しませんか?

こんなお悩みありませんか?

  • 自分の経験で就職・転職できるのかな…
  • 自分に合う仕事ってなんだろう?
  • 求人の選び方がわからない

仕事探しや就活の悩みにも、1人1人の状況に向き合ってサポートします。

就活のプロがあなたの強みや希望を引き出し、ぴったりの求人をご紹介!
ハタラクティブでは、面談から求人の選び方・面接対策・内定に至るにまで、一貫して丁寧なサポートを強みとしています。
内定まで最短で2週間。まずは気軽に相談してみませんか。

未経験OK多数!求人を見てみる

東京で働く3つのデメリット

給与水準が高く、求人が多いために就職のチャンスが豊富な東京ですが、メリットだけではありません。この項では、東京で働くことのデメリットについて紹介します。

1.家賃や物価が高い

給与水準が高い東京ですが、そのぶん家賃などの物価も地方に比べて高く設定されています。特に家賃は高く、同じ広さの間取りでも地方に比べて2倍〜3倍になることも。住む地域や築年数によって差はありますが、地方よりも居住費は高いと考えて間違いないでしょう。

2.公共交通機関が混雑している

地方では通勤にマイカーを使用するケースもありますが、東京では電車やバスといった公共交通機関で通勤するのが一般的です。また、多くの企業が都心部に集中していることから、朝の通勤ラッシュ時は非常に混雑します

3.人混みが多い

渋谷や新宿といった中心部は、平日・休日を問わず人混みができるのが通常です。また、話題の店舗やスポットなども多くありますが、いずれも休日は混み合っていると考えて良いでしょう。

メリットがある一方で、上記のようなデメリットもある東京。地方から上京してきた方のなかには、「東京の通勤ラッシュや人混みに耐えられず地元に帰る」という決断をする人もいるようです。ニートから就職して上京することを考えている方は、自分が東京で生活し続けていけるかをよく考えておくことが大切です。

東京で働くメリットとデメリットについてさらに詳しく知りたい方は「東京で就職するメリットは?高卒向けの求人はある?デメリットも確認しよう」もチェックしてみてください。

上京前には資金繰りについても考えよう

東京での就職を後悔しないためにも、就職を決意したら、上京にかかる資金について考える必要があります。特に、東京に行ってから就活をするのか、東京に通って就職先を見つけてから引っ越しをするのかでは、必要となる資金が変わるので注意しましょう。

就職までの交通費や引越し費用を確認するのが大切

ニートの方が上京して就職を成功させるには、必要なお金についてシミュレーションしておくことが重要です。地元から東京に通って就職先を探す場合、就活が長引けば長引くほど交通費の負担が大きくなるため、賃貸物件を借りたほうが安くつく可能性があります。就職が決まるまでは、東京で家具付きのマンスリーマンションを借りるのもひとつの方法です。

また、交通費だけだなく、引越し費用や家具家電の購入費、生活費といった上京にかかる最初の費用と継続的な費用も割り出しておくと安心でしょう。引越し後すぐに就職できたとしても、最初の給与が入るのは1ヶ月後。さらに、就活が長引けば無収入の時期も長引くため、最低でも2〜3ヶ月程度の生活費は用意することをおすすめします。

物件を借りるにはいくら必要か、1ヶ月あたりの生活費や就活に必要な交通費などを考慮して、上京するために必要な資金を算出しておきましょう。「ニートの生活費はどのくらい?一人暮らしで必要なお金や就職する方法を紹介」のコラムでは、上京した際の生活コストについて詳しく説明しています。

ニートから上京して就職する理由を明確にしましょう

「上京」「就職」は人生の大きなターニングポイントとなり得ます。漠然とした理由で上京するのではなく、「なぜニートから上京して東京で就職したいか」をはっきりさせることが重要です。「東京本社にしかない業務に挑戦したい」「東京に多い業界のなかで特化した企業に勤めたい」など、東京で実現したいことを明確にすると、志望動機に厚みが増し入社意欲を応募企業にアピールできるでしょう。また、上京して生活を続けるためには、仕事のみではなく東京での息抜きの方法や住みやすさにも目を向けることをおすすめします。

一般的な引越し費用と生活費

一般的な引越し費用と生活費の画像

ここでは、引越しに必要な費用と1ヶ月あたりの生活費を紹介します。一般的に必要とされる金額をもとにしているので、上京資金の参考にしてみてください。

一般的な引越し費用

東京に上京し一人暮らしをする場合、実家から家財を運ぶ引越し費用と上京後に住む住居にかかる費用がかかります。引越し費用は東京までの距離や荷物の量によって変動するので、引越し業者に見積もりを依頼すると良いでしょう。

賃貸契約に関する費用は初期費用と呼ばれ、基本的に「敷金・礼金・仲介手数料・前払い家賃」が必要です。一般的に、すべて1ヶ月分の家賃が目安で、なかには「敷金2ヶ月分」「仲介手数料半額」といった物件も。また、保証会社を利用する場合は保証料、火災保険に加入する場合は保険料も必要です。1ヶ月の家賃が7万円で敷金、礼金、仲介手数料は1ヶ月分、保証会社を利用しないで2万円の火災保険に加入する場合、初期費用は約30万円と算出できます。

一般的な生活費

生活するためには、住居費・光熱費・食費・通信費・日用品・医療費・交通費などが必要です。それぞれにいくら必要なのか、総務省の「家計調査年報(家計収支編)2022年(令和4年) 家計の概要」を参考に、一人暮らしにかかる1ヶ月の生活費の平均を算出してみました。

項目金額
食料43,276円
住居23,322円
光熱・水道代13,098円
家具・家事用品5,613円
被服及び履物5,280円
保健医療7,441円
交通・通信19,344円
教育2円
教養・娯楽18,700円
その他消費支出25,678円
合計161,753円

引用:総務省統計局「家計調査年報(家計収支編)2022年(令和4年)2022年(令和4年) 家計の概要 表Ⅱ-1-1 消費支出の対前年増減率の推移

地域や生活習慣などによる変化はあるものの、生活するのに毎月およそ16万円ほどが必要になります。上記に加えて、貯金や急な出費を考慮し、約20万円あると良いでしょう。引越し費用と賃貸契約に必要な費用、毎月の生活費を考えると、上京するためには初期費用として60万円〜80万円ほどかかることも。就職活動が長引く可能性や不測の事態に備えるなら、100万円程度を用意しておくと安心です。
手取り16万の生活費は?一人暮らしの家賃目安や貯金のための節約術を解説」のコラムでは、手取り16万円で一人暮らしする場合と実家暮らしする場合を比較して生活費のシミュレーションをしています。東京に上京する場合に限らず、ニートから就職して一人暮らしを始める際の参考にしてみてください。

参照元
総務省統計局
家計調査年報(家計収支編)2022年(令和4年)

ニートが上京して就職活動をするなら

地方に比べて求人が多い東京とはいえ、就活の方法や仕事探しのコツを知らないと、せっかく上京しても思うような就職ができないことも。就活が長引けば費用がかさむだけでなく、仕事に対するモチベーションの低下なども懸念されます。

「自分に合った仕事を知りたい」「就活をスムーズに進めたい」という方は、就職エージェントを活用するのがおすすめです
就職エージェントとは、民間企業が運営する就職支援機関の1つで、就職を希望する方に対してカウンセリングや求人紹介などを実施しています。未経験から挑戦しやすい仕事などの就職事情に詳しい専任のキャリアアドバイザーが対応。1人で就活をするよりも、効率的に内定に近づけるでしょう。

ハタラクティブは、ニートやフリーター、第二新卒など若年層に特化した就職エージェントです。未経験歓迎の求人も多く扱っているため、経歴やスキルが少ない方も安心して利用できます。専任のキャリアアドバイザーが、丁寧なヒアリングを行い一人ひとりにぴったりの求人をご紹介。1分程度でできる適職診断も活用しながら、自分に合った仕事を見つけられるでしょう。
また、選考対策や就活に関する悩み相談といったサポートも実施。仕事に関する小さなお悩みにも対応するので、納得できる就職が叶います。上京時の面接日程の調整などはアドバイザーが代行します。サービスの利用は無料なので、まずはお気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ