ニートにおすすめ!働きやすい仕事をご紹介

ニートにおすすめ!働きやすい仕事をご紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・ニートからでも始めやすい仕事は、特別な能力やスキルを必要としない
    ・介護職や工場勤務、接客業などは経験やスキルを問わないことが多いのでオススメ
    ・仕事を選ぶ時は未経験者歓迎や学歴不問、過去に経験のある仕事を選ぶのがポイント
    ・多くのニートは生活リズムが崩れがちなので、就活を始める前に生活リズムを整えておくと良い
    ・再就職や転職は若い内が有利なので、ニート生活を続けることに危機感を覚えたら迅速に行動する

長い間働くことなく、ニートとして過ごしてきた方は、いざ働こうと思ってもどんな業種なら就職できるのか分からず、頭を悩ませることが多いようです。
ニートから就職するためには、どんな仕事を選んだら良いのか?ニートの期間があっても比較的採用されやすい仕事とはどんな業種なのか?
本気で脱ニートを目指す方のために、当コラムでご紹介します!
 

◆ニートから始めやすい仕事の特徴

ニートからでも始めやすい仕事は、特別な能力やスキルを必要としない、という特徴があります。
工場での単純作業系や力仕事の土木作業系、飲食店の接客業系などは特にその傾向が強いため未経験でも比較的採用されやすく、ニートの方でも応募しやすいでしょう。
他にも介護業界といった慢性的な人材不足に悩まされている業界は、応募者の若さやポテンシャルを評価すると共に、入社後の教育制度を充実させることで人材を確保しようとしています。
また、就職という壁が高く感じるのであれば、まずはアルバイトから始めてみるのも良いでしょう。
明確なキャリアパス制度や正社員登用制度がある職場なら、ゆくゆくは正社員になりたいという意志を伝えておけば経験を積みながら社員を目指せます。

 

◆どんな業種・職種がある?

就職活動を成功させるには、ニートでも働きやすい業種を選ぶことが大切です。
そこで、ニートにオススメの業種、職種をご紹介します。
 

【介護職】

上記でも述べたように、介護業界は慢性的に人材不足です。
将来的な要介護者の増加による人材不足の深刻化が見込まれているので、年々介護職の需要が高まり続けており、経験を問わずに人材を募集・採用している施設や事業所は多くあります。
即戦力になるスキルや資格を持っていなくても、人柄や熱意を評価してもらえば採用される可能性は高いでしょう。
また、介護業界では働きながらスキルを身につけることができる研修制度や、資格取得をサポートしてくれる支援制度、ステップアップを明確にしたキャリアパス制度などを充実させている施設が多いので、仕事としての将来性も明るいのではないでしょうか。
 

【工場勤務】

工場勤務は、介護業界と同じように経験を問わず人材を募集・採用しています。
ただし、多くの工場では正社員ではなく期間工や派遣社員としての採用になるので、まずは短期の仕事で働くことに慣れたい方にオススメです。
工場での仕事は一度覚えてしまえば後は同じことの繰り返しなので、黙々と作業することができます。コミュニケーションが苦手な方でも問題なく働けるでしょう。
作業時間も決まっているので残業や休日出勤はほとんどありません。
その上、工場の人材募集は繁忙期か人材が足りていない時に行われているので、給与が高めに設定されています。
 

【接客業】

コンビニやスーパー、飲食店などでの接客業も、比較的採用されやすい仕事です。
特に必要とされるスキルや資格はなく、人柄や可能性、仕事への熱意をアピールできれば採用してもらえる可能性は十分あります。人と接することが苦手ではないのなら挑戦してみてはいかがでしょうか?
仕事内容はレジ打ちや発注、商品の提供など様々ですが、基本的な仕事を覚えてしまえばあとは同じことの繰り返し。学生時代に接客業の経験があれば、すぐに慣れることができるでしょう。
 

【営業職】

ニートに営業職は向いていない、と思う方は多いかもしれませんが、営業職はニートからでも就職しやすい仕事の一つです。
何故なら営業職は、結果が全てなので、学歴が重要視されることがあまりありません。
また、電話や訪問での顧客獲得、クレームやトラブルなどの対応、ノルマ達成へのプレッシャーといったキツい仕事のイメージがあるからか、人材不足になることが多く、未経験でも応募可能な求人が数多く出ています。
コミュニケーションや人と話すことが苦手でも、相手と対話しようとする姿勢さえあれば、営業職として活躍することができるでしょう。
 

【IT業界】

スキルがなければ、IT業界に就職するのは難しいのではないかと思う方も多いかもしれません。
しかし、近年ではプログラミングに関する書籍やITの学習サービスを提供するWEBサイトなどが充実しているので、独学で学ぶことが可能です。知識やスキルを身につけてから就職活動を行えば、IT業界でも採用されやすいでしょう。
また、こちらの業界も人材不足が深刻化しているため、ニートの方でも就職しやすいと言えます。
これまでの経歴や学歴が重視されることもなく、仕事への熱意や仕事について学ぶ意欲さえあれば採用される可能性は高まるでしょう。

 

◆仕事の選び方

ニートの方が、自分に適した仕事を選ぶ際のポイントをご紹介します。
まず、社会人経験がまったくないのなら、未経験者歓迎や学歴不問の求人をチェックしましょう。
未経験歓迎や学歴不問の求人を出している企業の多くは、社内の教育体制が充実しており、人材を一から育てる環境が整っているため、社会人経験がなくても働きやくなっています。
ただし、採用条件が厳しくない企業はブラック企業の可能性があるので、中々就職先が決まらなくても焦ることなくしっかり見極めましょう。
また、過去に正社員経験やアルバイト経験があるのなら、業務経験やスキルを活かせる仕事を探してみるのもありです。
同業種、または業務内容が似ている仕事なら、面接での受け答えもスムーズにでき、採用もされやすくなるでしょう。

 

◆就活を始める前にやっておこう

ニートは時間に縛られることがないので、遅い時間まで起きていて、昼頃に起き出すといった夜型の生活を送っていることが多いです。
言うまでもありませんが、就職活動も就職後の社会人生活も日中が主な活動時間。
夜型の生活を送っていると、日中はだらけがちになってしまうので、いざ就職活動を始めようとしても、ニート生活に慣れきってしまっていると厳しいものがあるかもしれません。
そのため、まずは生活リズムを整え、体調を万全にしておきましょう。
また、自己分析をして自分の性格や価値観、やりたいこと、やりたくないこと、長所、短所などを洗い出しておくと履歴書の作成や面接をスムーズに進められるでしょう。
業界、業種、職種にはどのようなものがあるかも調べておくと、自分に最適な仕事を見つけることができます。

 

◆効果的な就職活動をするなら

ニート生活から抜け出したいと思うのなら、年齢が若いうちに行動しましょう!
転職や再就職は年齢が若いほうが圧倒的に有利とされているので、年を取れば取るほど希望通りの就職ができなくなってしまいます。
次に、企業研究をしっかり行い、自分と合った求人を選びましょう。
せっかく採用されても、雇用条件などに不満があると早期の退職につながってしまいます。入社後のミスマッチや早期離職を防ぐためにも、しっかり調べておきましょう。
また、就活の軸をはっきりさせておくことが大切です。選り好みばかりしていては就職は難しくなってしまいますが、働く場所に何を求めるかをはっきり決めておけば、志望動機や自己PRを考える時にも役立つでしょう。

以上、ニートからでも就職しやすい職種や業界、就職活動前にすべきことなどをご紹介しました。
しかし、まだわからないことがあったり、迷ったりした時は一人で悩まず、就活サポートサービスなどの第三者に相談してみましょう。
特に、就職してニートを卒業しようと考えている方にはハタラクティブがオススメ!
ハタラクティブでは、社会人経験の浅い方や一度も働いたことのない方でも応募可能な求人を豊富に取り揃えています。
社会人経験なしの状態から就職を目指しているニートの方は、ぜひハタラクティブを活用して就職活動を有利に進めてください!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A