ニートが働きやすい職種とは?おすすめの仕事をご紹介!

ニートが働きやすい職種とは?おすすめの仕事をご紹介!の画像

この記事のまとめ

  • ニートから始めやすく、働きやすい職種は特別な能力やスキルを必要としない仕事
  • 介護職や工場勤務、接客業などは経験やスキルを問われないことが多い
  • ニートから就職を目指す場合、経験不問や過去の経歴を活かせる求人を選ぶのがポイント
  • ニートから就職活動を始める前に、生活リズムを整えておくと良い
  • 再就職や転職は若いうちが有利なので、思い立ったらすぐ行動する

「ニートが働きやすい仕事はある?」と考える方もいるでしょう。長い間ニートとして過ごしていると、いざ働きたいと思っても、どのような業種なら就職できるのか分からず、頭を悩ませることが多いようです。ニートが就職する際は、どのような仕事を働きやすいと感じるのでしょうか。このコラムでは、ニートが働きやすい仕事の特徴やおすすめの職種・業界を紹介しています。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

ニートから始めやすい仕事の特徴

まず、ニートが働きやすい仕事には、どのような特徴があるのでしょうか。以下で解説していきます。

特別な能力やスキルを必要としない仕事

ニートから始めやすい仕事は、特別な能力やスキルを必要としない、という特徴があります。特に工場での単純作業系や力仕事の土木作業系、飲食店の接客業系などはその傾向が強く、未経験歓迎の求人が多い傾向にあります。そのため、比較的採用されやすく、ニートから挑戦しやすい仕事といえるでしょう。

人手不足の業界の仕事

介護業界をはじめとする慢性的な人材不足に悩まされている業界の仕事も、未経験歓迎の求人が多く、ニートから挑戦しやすい仕事の1つといえるでしょう。人手不足の業界では、学歴や経験よりも応募者の若さやポテンシャルを評価する傾向にあります。また、入社後の教育制度を充実させることで人材を確保しようとしている企業も多く、しっかり知識やスキルを習得できる点も魅力です。

アルバイトの仕事

就職という壁が高く感じるのであれば、まずはアルバイトの仕事から始めてみるのも良いでしょう。また、アルバイトの仕事を探す場合、明確なキャリアパス制度や正社員登用制度がある職場を探してみるのもおすすめ。ゆくゆくは正社員になりたいという意志を伝えておけば、経験を積みながら社員を目指せます。

未経験OK多数!求人を見てみる

ニートが働きやすい業種・職種とは?

就職活動を成功させるには、ニートから働きやすい業種を選ぶことが大切です。以下では、ニートから始めやすく働きやすいおすすめの業種、職種を紹介します。

介護職

上述したように、介護業界は慢性的に人材不足です。要介護者の増加によって、年々介護職の需要が高まり続けており、経験を問わずに人材を募集・採用している施設や事業所は多くあります。そのため、即戦力になるスキルや資格を持っていなくても、人柄や熱意を評価してもらえれば採用される可能性は高いでしょう。また、介護業界では、働きながらスキルを身につけることができる研修制度や、資格取得のサポート制度、ステップアップを明確にしたキャリアパス制度などを充実させている施設が多いことも特徴。仕事としての将来性も明るいといえるでしょう。

工場勤務

工場勤務は、介護業界と同じように経験を問わず人材を募集・採用しています。ただし、多くの工場では正社員ではなく期間工や派遣社員としての採用になるので、まずは短期の仕事で働くことに慣れたい方におすすめです。工場での仕事は一度覚えてしまえば、同じことの繰り返しが多く、黙々と作業することができます。コミュニケーションが苦手という場合も問題なく働けるでしょう。作業時間も決まっているので、残業や休日出勤はほとんどありません。また、工場の人材募集は繁忙期か人材が足りていないときに行われているので、給与が高めに設定されている点も魅力です。

接客業

コンビニやスーパー、飲食店などでの接客業も未経験歓迎の求人が多く、比較的採用されやすい仕事です。特に必要とされるスキルや資格はなく、人柄や可能性、仕事への熱意をアピールできれば採用してもらえる可能性があります。仕事内容はレジ打ちや発注、商品の提供などさまざま。基本的な仕事を覚えてしまえば同じことの繰り返しが多いので、学生時代に接客業の経験があれば、すぐに慣れることができるでしょう。

営業職

営業職もニートから就職しやすい仕事の一つです。ニートに営業職は向いていない、と思われがちですが、実力や結果が重視されるため、学歴や経験がなくても採用されやすいといえるでしょう。また、電話や訪問での顧客獲得、クレーム・トラブルなどの対応、ノルマ達成へのプレッシャーといったキツい仕事のイメージがあるからか、人材不足になることが多く、未経験から応募可能な求人が豊富な点も特徴。人と話すことが苦手な場合も、相手と対話しようとする姿勢さえあれば、営業職として活躍することができるでしょう。

IT業界

IT業界もニートから就職しやすい業界の1つに挙げられます。IT業界は、スキルがないと就職するのは難しいと思われがち。しかし、近年ではプログラミングに関する書籍やITの学習サービスを提供するWebサイトなどが充実しているので、独学で学ぶことが可能です。知識やスキルを身につけてから就職活動を行えば、IT業界でも採用されやすいでしょう。また、IT業界も人材不足が深刻化しているため、これまでの経歴や学歴が重視されることが少ない傾向にあります。仕事への熱意や学ぶ意欲があれば、採用される可能性は高まるでしょう。

上記のほか、事務職や警備員、運送業界、清掃の仕事なども、未経験歓迎の求人が多く、ニートから挑戦しやすく、働きやすい職種・業種といえるでしょう。ニートが働きやすい仕事については「ニートにおすすめの職業11選!就職するための方法も紹介」でも紹介しているので、あわせて参考にしてみてください。

ニートが仕事探しの際に気をつけるポイント

ニートが仕事を選ぶ際、どのような点に気をつければ良いのでしょうか。以下では、自分に適した仕事を選ぶ際のポイントをご紹介します。

未経験歓迎や学歴不問の求人をチェックする

まず、社会人経験が全くない場合、未経験者歓迎や学歴不問の求人を意識してチェックしましょう。未経験歓迎や学歴不問の求人を出している企業の多くは、社内の教育体制が充実しており、人材を一から育てる環境が整っている傾向にあります。社会人経験がなくても一からスキルを身につけられるため、働きやすいといえるでしょう。ただし、採用条件が厳しくない企業は、ブラック企業の可能性もあります。なかなか就職先が決まらなくても焦ることなくしっかり見極めましょう。

過去の経験やスキルを活かせる仕事を探す

過去に正社員経験やアルバイト経験がある場合、業務経験やスキルを活かせる仕事を探してみるのもおすすめです。同業種、または業務内容が似ている仕事なら、面接での受け答えもスムーズにでき、採用されやすくなるでしょう。

ニートが就活を始める前にやっておくこと

ニートが就職活動を始める前に、どのようなことをやっておくべきなのでしょうか。以下で解説していきます。

生活リズムを整える

ニートは時間に縛られることがないので、遅い時間まで起きていて、昼頃に起き出すといった夜型の生活を送っていることが多い傾向にあります。しかし、就職活動や就職後の社会人生活は、日中が主な活動時間。ニート生活に慣れ夜型の生活を送っていると、いざ就職活動を始めようとしたときに朝型の生活への切り替えが厳しいこともあるようです。まずは生活リズムを整え、体調を万全にしておきましょう

自己分析をする

就職活動を行う前に、自己分析をして自分の性格や価値観、やりたいこと、やりたくないこと、長所・短所などを洗い出しておくと履歴書の作成や面接をスムーズに進められるでしょう。また、どのような業界、業種、職種があるのかも調べておくと、自分に最適な仕事を見つけやすくなります。

ニートが働きやすい仕事を探すための効果的な方法とは

ニートから働きやすい仕事に就くためには、いくつか抑えておきたいポイントがあります。ニートが仕事を探す際に効果的な方法は、以下のとおりです。

若いうちに行動する

ニート生活から抜け出したいと思うのなら、年齢が若いうちに行動しましょう。転職や再就職は年齢が若いほうが有利とされており、年を重ねるごとに未経験歓迎の求人も少なくなる傾向にあります。挑戦したい職種や業種が決まっている場合はもちろん、ニートを卒業して就職したい気持ちがあるなら、早めに行動を起こすことが大切です。

企業研究を行い自分に合った求人を選ぶ

企業研究をしっかり行い、自分と合った求人を選びましょう。せっかく採用されても、雇用条件などに不満があると早期の退職につながる恐れがあります。入社後のミスマッチや早期離職を防ぐためにも、事前にしっかり調べておきましょう。企業研究については「企業研究ってどうやるの?基本的なやり方と目的を解説」でも、効果的なやり方や目的などを解説しているので、チェックしてみてください。

就活の軸を決めておく

就活の軸をはっきりさせておくことも、ニートが仕事を探す上で効果的な方法の1つです。選り好みばかりしていては就職は難しくなってしまいますが、働く場所に何を求めるかをはっきり決めておけば、志望動機や自己PRを考える時にも役立つでしょう。就活の軸の決め方については「就活の軸の決め方を解説!考え方や答え方の例文を確認しよう」にて詳しく紹介しているので、参考にしてみてください。

「ニートから就職したいけど、どの職種や業界に挑戦すれば良いか分からない」「働きやすい職場を見つけたい」「自分に合った仕事をしたい」などとお悩みの場合は、就活サポートサービスなどの第三者に相談するのがおすすめです。
若年層の就職支援に特化したハタラクティブでは、社会人経験の浅い方や一度も働いたことのない方でも応募可能な求人を豊富に取り揃えています。また、専任のアドバイザーがマンツーマンで就職活動をサポート。社会人経験なしの状態から就職を目指している方は、ぜひお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ