新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ニートから介護の仕事に挑戦できる?就職方法と業務内容

ニートから介護の仕事に挑戦できる?就職方法と業務内容

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・人手不足、経験や年齢を問われない、将来性があるといった理由から、ニート脱出には介護業界がおすすめ
    ・介護の仕事は、他者とのコミュニケーションに慣れることができる、やりがいを実感しやすい、需要が高いといったメリットが期待できる
    ・主な仕事内容は利用者のサポートで、入浴や食事、移動などの介助を担当する
    ・キャリアアップを希望するなら、介護福祉士やケアマネージャーといった上位資格の取得を目指そう

ニートからの卒業を目指して就職先を探すときに、就職しやすい業界を狙う方もいると思います。
また、未経験から挑戦できるというのを条件に挙げる人もいるでしょう。
上記の条件に当てはまる業界として介護の仕事が挙がりますが、ニートでも介護の仕事に就職することは可能なのでしょうか。
当コラムでは、仕事内容や働くメリットなど、介護職について包括的にまとめています。
将来的にどのようなキャリアがあるのか、学歴は関係あるのかなどを知りたい方は参考にしてください。

◆介護の仕事はニートからチャレンジできる?

ニートの方が就職先を探すときに、「採用されやすい(人手不足)」「未経験から挑戦できる」「学歴が問われない」といった点を重視するケースは多いと思います。
上記に当てはまる仕事として、工場や介護、営業などが挙がりますが、特におすすめなのが介護の仕事。
では、なぜニートに介護職がおすすめなのでしょうか。

まず、高齢化が進んでいることから介護サービスを利用する人が増えているにも関わらず、人手不足が顕著であることが挙げられます。
介護の仕事に対して「きつい」「厳しい」といったイメージを抱く人が多いため、就職希望者が少ないのが実情。
慢性的に人手不足となっているため、採用ハードルが下がっていてニートでも就職しやすいと言われています。

さらに、人手不足なので「働きたい」という意志があれば未経験でも採用する施設が多いのもポイント。
学歴を問われることがなく、無資格から応募できる求人が多いのも、ニートが挑戦しやすい理由です。

入社後の教育や研修が充実していたり、資格取得を支援したりする企業もあることから、無資格や未経験からのスタートでも安心できる環境が整っていると言えるでしょう。

◆介護職のメリット

学歴やスキルを問われないため、経歴に不安を抱えがちなニートから挑戦しやすい介護職。
働くうえでのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

【コミュニケーションスキルが身につく】

ニート生活を送る方の中にはコミュニケーションが苦手…という方もいると思います。
しかし、介護職は利用者を相手にするため、最低限のコミュニケーションを取る必要が発生。
毎日会話をするうちに、コミュニケーションを取ることに慣れて性格が明るくなった、という方もいるようです。

【毎日変化がある】

毎日同じ作業を繰り返す工場やライン作業と違って人を相手にする仕事なので、起こることや行う業務に変化が出ます。
予測できない事態が発生することもありますが、対応力が身につく、変化に富んだ日々を過ごせるといったメリットが期待できます。
また、あっという間に時間が過ぎるのも利点になるでしょう。

【やりがいを実感しやすい】

利用者に直接お礼を言われる機会が非常に多いため、仕事に対するやりがいを実感しやすいと言えます。
「ありがとう」を言われるのが嬉しい、仕事に対するモチベーションになる、という方は多いようです。

【需要が高い】

日本は高齢化が進んでおり、今後も介護を必要とする人は増え続ける可能性があります。
そのため、この先数十年は介護職の需要は高く、長期に渡って働くことができる仕事と言えるでしょう。

【職場を選べる】

スキルや資格は全国で統一されている介護職。
また、どの地域でも人手不足のため、経験やスキルを身につければ好条件やキャリアアップを求めて転職することも容易と言われているようです。

ほかに、年齢に関係なく活躍できる、介護施設の種類が多いので夜勤なしや短時間といったライフスタイルに合わせて働ける点もメリットと言えるでしょう。

◆介護職の仕事内容

採用されやすくメリットも大きい介護職ですが、具体的な仕事内容は知っていますか?
どのような仕事をしているかを以下にまとめたので、参考にしてください。

【入浴介助】

入居型施設の場合は対応人数が多いので午前と午後に、通所型の場合は午前に行うことが多いようです。
利用者によってサポート内容は異なるものの、着替えから入浴後のケアまでを行うのが基本。
介護の仕事の中でも体力が必要になる業務ですが、入浴を楽しみにする利用者も多いため、やりがいを感じやすいでしょう。

【排泄介助】

利用者一人ひとりのタイミングで排泄を介助するのも大切な業務。
デリケートな業務のため、利用者の心身の負担にならないようサポートする必要があります。

【食事介助】

一人で食事をすることが難しい利用者に対して食事のサポートを行います。
誤嚥に注意しながら、利用者に合った調理法でおいしく食事ができるよう心がけましょう。

【移動介助】

起きる、立ち上がる、歩く、座るといった移動行為の介助。
階段などの段差では転倒しないようサポートすることも業務の1つです。

【レクリエーション】

利用者が日々を楽しく過ごせるよう、適度な運動や簡単なゲームを企画することも介護職の仕事。
体を動かすことでリハビリになったり、細かい作業をすることが認知症の防止になったりするほか、他利用者や職員とのコミュニケーションのきっかけにもなるようです。

高齢者の身の回りのサポートを行うのが介護職の主な仕事。
また、働く施設によって実施される業務は異なり、送迎や外出サポートを行うこともあるようです。

◆介護職としてキャリアアップするには?

介護業界は需要が高い状態が続くと予想されているため、未経験のスタートでもキャリアアップすることは可能です。
将来的に管理者などを目指すなら、国家資格である介護福祉士の資格を取得しておくと良いでしょう。

介護福祉士は、介護職の資格の中でも最上位に当たる資格。
取得するには国家試験を受ける必要があり、受験には介護施設で3年以上の実務があることと「介護福祉士実務者研修」という資格を取得していることが条件となります(専門学校などで学ぶケースもある)。
経験と知識が必要ですが、介護福祉士の資格を持っていれば主任や副主任といった役職に就くことも可能です。

介護関連の資格はほかにもあり、介護保険制度に基づいて利用者が適切な介護サービスを受けられるよう「ケアプラン」を作成するケアマネージャー、運動療法や物理療法を行ってリハビリを提供する理学療法士(国家資格)など多岐に渡ります。

資格を取得することで手当がつくケースも多数。迷ったら介護福祉士を取得しておくと、現場でも裏方でも活用できるでしょう。
また、運転免許は送迎や外出サポートといった場面で活用する機会が多いため、あらかじめ取得しておくのが基本です。

「キャリアも資格もないけど就職できる?」「どんな仕事があるか知りたい…」という方は、就職エージェントに相談してみてはいかがですか?
ハタラクティブでは、未経験歓迎の求人を多数取り扱っています!
カウンセリングを行って、多岐に渡る業界や職種からあなたにぴったりの企業をご紹介。
エージェントならではの情報量で、あなたの就職を最後までお手伝いいたします。
さらに、応募書類の添削や面接練習なども実施。志望動機がまとまらない…という相談にも対応可能です。
専任のアドバイザーによる充実のサポートを提供。就職でお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

やりたいことがわからなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたがやりたいことを見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ