在宅ワークでニート卒業を目指す!おすすめの仕事や失敗しないコツを解説

在宅ワークでニート卒業を目指す!おすすめの仕事や失敗しないコツを解説の画像

この記事のまとめ

  • 在宅ワークとは、自宅にてデータ入力や翻訳などの仕事を請け負うこと
  • 内職は雇用関係があるのに対し、在宅ワークは個人事業主になる
  • 在宅ワークにはニートでもできることが多く、職歴にもなる
  • 在宅ワークをすることで社会復帰へのきっかけになり、ニートにおすすめ
  • ニートから在宅ワークを経験したあとは、正社員の働き方も視野に入れてみよう

ニートのなかには、「就職してもきちんと仕事がこなせるだろうか…」と働くことに自信がもてない方も多いようです。そんなあなたには在宅ワークがおすすめ。自宅でできて働く達成感も得られるので、ニートを卒業するきっかけに最適です。
このコラムでは、ニートが在宅ワークを始めるメリットや失敗しないコツなどを解説。また、ニートからでも挑戦しやすいアルバイトも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

ニートにおすすめの「在宅ワーク」とは?

在宅ワークとは、在宅にて仕事を請け負い働くことを指します。住み慣れた環境で、人の目を気にせず気軽に働けることから、専業または副業として在宅ワークを行っている人は少なくありません。
厚生労働省では、「注文者から委託を受け、情報通信機器を活用して主として自宅または自宅に準じた自ら選択した場所において、成果物の作成又は役務の提供を行う就労」として、在宅ワークの定義を定めています。主な業務の例は、データ入力やテープ起こし、ホームページ作成、翻訳、設計・製図などです。
在宅ワークは未経験やスキルがなくても始められるものが多いので、ニートから抜け出すための第一歩として始めてみるのも良いでしょう。

在宅ワークと内職の違い

在宅ワークの呼称はテレワークのほか、リモートワークとも呼ばれることがあり、同義として考えられています。ただし、よく混同されがちな「内職」と在宅ワークは別物です。
内職とは、家内労働」という働き方を指し、内職を斡旋する会社へ登録して仕事をします。家内労働法にて「委託を受けて、物品の製造又は加工等に従事する者」と定義づけられており、シール貼りや袋詰め、値札付けなどの手で行う作業が中心です。
内職は会社に雇用されているため、アルバイトやパートとしての感覚に近いものの、在宅ワークは雇用されていないため、個人事業主として扱われます
また、家内労働法により守られている内職に比べ、在宅ワークには法律はありません。厚生労働省が在宅ワークに関するガイドラインを設けていますが、最終的に自分の身は自分で守ることが必要であるということをしっかり頭に入れておくことが大切です。

参照元
厚生労働省
自営型テレワーク(在宅ワーク)について
家内労働について

ニートが在宅ワークをするメリット

在宅ワークは立派な職歴になるため、正社員として働きたいときにも活きる経験です。ここでは、ニートが在宅ワークをするメリットについて具体的に解説します。

働いたという達成感を得られる

まず、在宅ワークをすることで働いたという実感や達成感が得られます。ニートをしている人のなかには「働く楽しさが分からない」「自分で働いたことがないので、働く感覚が分からない」といった方も多くいるようです。しかし、在宅ワークによって自分で仕事を取り、自分の力でお金を稼げばきっと働くことの達成感や実感が湧きます。その感覚が分かれば、社会に出て正社員として働く意志が芽生える可能性もあるでしょう。

生産性のある1日が送れる

続いて、在宅ワークをすることで生産性のある1日を送れます。ニートをしていると、生活リズムが不規則になりがちです。1日の長い時間をダラダラと過ごしてしまい、自己嫌悪に苛まれる人もいます。しかし、在宅ワークでお金を稼いでいれば自分の生活に意義が生まれ、メリハリのある日々が送れるでしょう。1日を有意義に過ごすことができれば、長期的に見ても人生が好転するはずです。

スキルや知識が得られる

在宅ワークから得られるスキルや知識を身につけられます。特別な知識や資格などが必要な在宅ワークは少ないものの、スキルがあれば大きな成果を得られたり、高収入につながる可能性もあるでしょう。最初は誰でもできる在宅ワークから始めてスキルを磨いていけば、在宅ワークだけで暮らしていけたり、正社員として就職する際に役立ったりすることも期待できます。たとえば、在宅ワークとして人気なWebライティングの場合、最初は誰でも書けるような案件から始めてスキルをつければ、ディレクターやマーケターとしてのキャリアップも目指せるでしょう。

自分の好きな時間に働ける

在宅ワークなら、時間や場所に縛られることなく、自分の好きな時間で働けます。ニートのなかには、「毎日決まった時間に起きて、長時間仕事をするのがきつい」といった方もいるようです。在宅ワークは、納期を守っていれば作業時間の指定をされることはほとんどありません。時間に縛られず、自分のペースで仕事ができるのも在宅ワークを行うメリットといえるでしょう

在宅ワークが「職歴」となり空白期間を埋められる

在宅ワークは立派な「職歴」です。そのため、履歴書の空白期間を埋められる大きなメリットがあります。で、空白期間がなくなれば、いずれ正社員として社会復帰をする際にも役立つでしょう。就職時に大切なのは、「在宅ワークを通じてどんなことを経験し、スキルを身につけたか」ということ。職歴がなくて正社員として雇ってもらえない…と悩んでいる方も、まずは在宅ワークで職歴を付けてみると良いでしょう。

人付き合いが苦手な人でも気軽にできる

在宅ワークは、人付き合いが苦手な人でも気軽に働けます。なぜなら、在宅ワークは基本的にインターネットを通じた仕事が多く、連絡もメールやチャットを通じて行うことがほとんどだからです。そのため、一般企業のように面と面を合わせて打ち合わせをしたり、フィードバックを受けたりする機会は少なくなります。仕事内容によってはビデオ会議で案件の打ち合わせを行うこともありますが、苦手であればビデオ会議がない仕事を選ぶようにすると良いでしょう。
人付き合いが苦手で、職場に上手く馴染めずニートをしている方は、気負わず挑戦しやすい在宅ワークがおすすめです。

健康面に不安があっても働ける

健康上の理由からニートをしている場合でも、在宅ワークなら少しづつ働けます。在宅ワークは自分で仕事量を決められるので、自分ができる範囲で働けるのがポイント。また、在宅なので出勤するよりも身体の負担は大幅に軽減されるでしょう。
ニートでもできる住み込みの仕事やアルバイトが知りたい方は、住み込みの仕事に関するメリット・デメリット、種類をまとめたコラム「ニートにとってメリットたくさん?住み込みのお仕事」もあわせて参考にしてみてください。

ニートが在宅ワークをするデメリット

在宅ワークはメリットが多い一方で、デメリットも存在します。在宅ワークを始める前に下記で紹介するデメリットについても頭に入れておきましょう。

・単価の設定が安めのため、多くは稼げないことがある
・対面でのレクチャーではなく、電話やメールがほとんどなので仕事への理解が深められないことがある
・人とのコミュニケーションがますます苦手になる可能性がある

先述したように、在宅ワークはメリットのほうが多いものの、実際に仕事を始める際にはデメリットも考慮し、本当に自分に合っているのかを見極めることが大切です。在宅ワークが向いていないと感じる人、次のステップに進みたい人は、まずは外でのアルバイトやパートを検討してみるのも良いでしょう。
在宅ワークのデメリットについてもっと詳しく知りたい人は、在宅ワークのメリット・デメリットや、在宅ワークを始める方法を解説したコラム「在宅で仕事をする3つの方法とは?メリット・デメリットや注意点も解説」を参考にしてください。

ニートが在宅ワークで失敗しないポイント

在宅ワークは手軽に始められる反面、思ったより稼げなかったり、仕事内容が難しかったりと挫折してしまう人も少なくありません。
ここからは、ニートが在宅ワークを始めるうえで失敗せず稼ぐポイントを解説します。

実際に取り組みやすそうなものから始めてみる

まず、自分が簡単にできそうな仕事から始めてみましょう。これは、Webライティングや動画編集、ハンドメイドなどすべての在宅ワークにいえることです。最初から大きく稼ごうとして身の丈以上の仕事を受注したり、できないことをやろうとしたりすると、高確率で挫折してしまいます。そのため、まずは小さくコツコツと続けることを意識してください。
どんな仕事も、スキルや経験がない間は全然稼げないことが多いでしょう。しかし、諦めずゆっくりと継続していけば、スキルや経験が評価されて大きな仕事につながります。

任された仕事は責任を持って取り組む

クライアントから任された仕事は、最後まで責任を持って取り組みましょう。在宅ワークといえども、報酬が発生する立派な仕事です。そのため、プロ意識を持って取り組むことが重要です。中途半端な仕事をしてしまうと、クライアントからの信用がなくなり、契約が打ち切りになってしまうことも。「決められた納期は守る」「任せられた仕事には誠意を持って対応する」など、社会人として当たり前のことはできるよう意識しましょう。

クラウドソーシングを活用する

ニートが在宅ワークを行う際、ハンドメイドなど自分の商品を売る以外の仕事は他人から受注する必要があります。そこで、活用できるのがクラウドソーシングです。
クラウドソーシングとは、ネット上でWebライティングや動画編集などの案件を募集し、個人事業主や副業ワーカーが応募する仕事のマッチングサイト。このクラウドソーシングを使うことで、ニートでも在宅ワークの仕事を簡単に受注できます。特にまだスキルや実績のない初心者なら、クラウドソーシングがおすすめです。

クラウドソーシングの悪質な案件に注意!
クラウドソーシングで仕事を受注する際には、相場よりも単価が低すぎる案件や、詐欺のような案件も存在しています。そのため、クラウドソーシングを使って仕事を取る際には十分に気をつけましょう。特に、無知な初心者を狙った悪質案件も多いので注意が必要です。相場よりも単価が低すぎる案件や発注者のプロフィールが不十分など、怪しい案件には安易に応募しないようにしてください。

ニートにおすすめの在宅ワーク5選

ここからは、ニートや引きこもりでもできる在宅ワークの具体例を挙げていきます。未経験からでも気軽に始められるものや、大きく稼げるもののスキルが必要なものまで紹介するので、自分に合った在宅ワークを選びましょう。

1.Webライティング

ニートや引きこもりの在宅ワークとして最初におすすめするのは、Webライティングです。Webライティングとは、Web上にある記事やSNSの投稿などを執筆する仕事。在宅ワーク初心者にも人気です。
パソコンとインターネット環境さえあれば簡単に始められるので、在宅ワーク未経験でも挑戦しやすいのが魅力。とはいえ、初心者のころは1,000文字300円などあまり稼げないことも多いでしょう。Webライティングのスキルを身につけていけば単価はどんどん上がっていくので、地道に継続することが大切です。

2.データ入力

続いて、データ入力の在宅ワークです。データ入力は企業から依頼されることが多い仕事で、こちらもパソコンとインターネット環境さえあれば基本的に着手できます。特別なスキルが求められない仕事なので、在宅ワーク初心者でも気軽に応募できるでしょう。
しかしながら、誰でもできる仕事なので、案件の単価は上がりにくいことがデメリットとして挙げられます。「在宅で稼ぐ方法を見つけてみたい」「在宅ワークで1円でもいいからまず稼ぎたい」人は、データ入力の仕事を検討してみましょう。

3.ハンドメイドなどのクリエイティブ活動

ハンドメイド雑貨やイラストなど、自分でクリエイティブな活動を行う在宅ワークです。ハンドメイドの才能やイラストの実力など、稼ぐには一定以上のスキルが求められます。「絵を描くのが好き」という人であれば、作品を作りながらスキルアップすることで単価を上げていくなど、「好きなことで稼げる」という大きなメリットも見逃せません。「好きを仕事にしたい」と考えている人におすすめです。

4.動画編集

動画編集も、在宅ワークで稼げる仕事の一つです。YouTubeなどの動画コンテンツの拡大により、動画編集の需要も増えているため、今後もチャンスのある業界だといえるでしょう。
仕事内容は、YouTube動画の編集から企業のPR動画、結婚式の余興で流す動画などさまざま。動画編集のスキルが必要だったり、動画編集の有料ソフトが必要だったりとハードルはやや高めですが、スキルをつけてクオリティの高い作品を作れば、しっかり稼げる業界でもあります。

5.エンジニア

エンジニアも、在宅ワークで収入が得られる代表的な仕事です。Webライティングとは異なり、初心者や未経験でもすぐに稼げるわけではなく、プログラミングスキルが求められます。とはいえ、しっかりとしたスキルがあれば一般企業のサラリーマンより稼ぐこともできますし、夢のある在宅ワークだといえるでしょう。
プログラミングを学ぶには、独学やプログラミングスクールなどが代表的ですが、無料で通える職業訓練校がおすすめです。ハローワークに行けば職業訓練校を紹介してもらえるので、エンジニアとして在宅ワークがしたい人は、ぜひ検討してみてください。
ITエンジニアについて詳しい仕事内容や求められるスキルが知りたい人は、ITエンジニアの種類や仕事内容、必要なスキルを解説したコラム「ITエンジニアとはどんな仕事?12の職種と仕事内容について解説」もあわせてチェックしてみてください。

ニートが在宅ワーク以外で挑戦しやすいアルバイト

「いずれは正社員として活躍したいけど、まだ自信がない…」そんな方におすすめなのが、アルバイトやパートといった働き方です。フリーターになるため、ニートを卒業できるほか、立派な職歴になります。自分のライフスタイルに合わせて好きな時間帯や曜日に活躍できるのもうれしいポイント。ここからは、ニートがチャレンジしやすいアルバイトについてご紹介します。

警備員

施設や人などを対象に守るお仕事です。一口に警備員といっても、施設警備や雑踏警備、輸送警備などその種類はさまざまです。
警備員の仕事を始めるために必要な資格はなく、入社後の研修で業務に必要なことは十分に習得できます。また、警備の種類にもよりますが、年齢を重ねても活躍し続けることができ、ニート歴が長いミドル層の人でも採用される可能性はあるでしょう

介護職

高齢化社会の昨今において人手不足といわれている介護職は、未経験、無資格からでも始めることが可能人の役に立つことが好きな人に最適です。高齢者のお世話をしながらコミュニケーションをとれるため、対人スキルも自然にアップできるでしょう。
また、身体を動かす業務が多いので、ニートにとっては運動不足を解消しながら健康的に活躍できるでしょう。

清掃業

病院やオフィス、ショッピングモール、個人宅などの清掃を行います。決められた箇所を決められた方法でお掃除する仕事で、特別必要な資格や経験などがなくても活躍可能。一人で黙々と作業することが多いため、コミュニケーションに不安がある人でも安心といえるでしょう
ニートにおすすめのアルバイトを知りたい人は、ニートにおすすめのアルバイト20種類を解説したコラム「ニートにおすすめのアルバイトとは?探すときのコツや面接のポイントも解説!」を参考にしてください。

ニートからでも正社員は目指せる!

ニートから在宅ワークやアルバイトを経て、「働く」ことについて慣れ自信がついてきたら、正社員として活躍することをおすすめします。
正社員なら、フリーターと比較して賞与や退職金などが支払われる可能性が高く、生涯年収に大きな差が発生。福利厚生などの待遇面も良いことが多く、正社員にはメリットが多いものです。
また、正社員は社会的地位が安定しており、信用度も高めです。フリーターのままではクレジットカードの作成や部屋を借りる際の審査が通らないことは珍しくありません。将来のことを考え、正規雇用を目指してみましょう。

就職活動に不安がある人は、プロの手を借りてみるのも一つの手です。
就職・転職エージェントのハタラクティブは、「働きたい」と考える20代の若者を中心に就職支援を行っています。経験豊富なプロのアドバイザーが、マンツーマンで丁寧にヒアリング。一人ひとりのお悩みに合わせて、求人の紹介や、応募書類の書き方のアドバイス・添削、面接対策などさまざまなサポートを行います。1人で就活を進めるのが不安な方でも、効率良く進められるので安心です。サービスの登録・利用料はすべて無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ニートが始める在宅ワークに関するお悩みQ&A

ニートから初めて在宅ワークを始める際は、何をすれば良いか分からず不安抱く方も多いでしょう。ここでは、ニートが始める在宅ワークに関するお悩みを、Q&A方式で解決していきます。

在宅ワークの仕事はどのように探せば良いですか?

Webライティングや動画編集などであれば、クラウドソーシングを使った仕事探しがおすすめです。そのほかにも、SNSで募集したり企業に直接相談したりと、仕事探しの方法は幅広くあります。クラウドソーシングの詳細は、「人と接しない仕事はある?女性におすすめの職業や正社員求人の見つけ方」で詳しく解説していますので、そちらもあわせてご覧ください。

在宅ワークだけで生活することはできますか?

職種などによりますが、不可能ではありません。在宅ワークで月20、30万円稼いでいる人は多くいますし、スキル次第ではさらに稼ぐこともできるでしょう。とはいえ、最初から目標を大きく設定しすぎると、モチベーションが保てないこともあります。小さなところから始めて、コツコツ継続することが大切です。

自宅で開業できますか?

スキルがあれば、ニートから個人事業主として自宅で開業するという選択肢もあります。
職種によっては初期費用や設備投資がかかる場合があるものの、自分がもつスキルを活かして長く働けるところがポイントです。開業できる仕事の種類や詳しい方法については、「在宅で仕事をする3つの方法とは?メリット・デメリットや注意点も解説」で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

アルバイトにも挑戦してみたいのですが…

ニートから在宅ワークで経験を積んだら、外に働きに出てみるのもおすすめです。最初から正社員を目指すのは難しそう…と心配な方は、未経験からでも挑戦できる仕事が豊富なアルバイトから始めてみましょう。ハタラクティブでもあなたの就活を全力でサポートしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ