警備員の仕事職種図鑑

警備員の仕事内容

ショッピングセンターや道路工事現場、イベント会場など日常的に様々な場所で見かける警備員。以下のように、警備員の仕事は4つの警備業務に分けられます。

【業務内容】

・1号業務(施設警備業務)

商業施設や駐車場、遊園地、空港などで窃盗や火災、不法侵入などを防止する業務

一般的にガードマンとして認識される業務

・2号警備(雑踏警備業務)

工事現場やイベント会場などにおける人や車両の整理や誘導を行う業務

・3号業務(運搬警備業務)

現金輸送車を中心に、美術品や核燃料などの輸送を警備する業務

・4号業務(身辺警護業務)

依頼人の身辺を警護し危害の発生を防止する業務

所謂ボディーガードと呼ばれる業務

一概に警備員と言っても複数の業務があり、業務内容も異なります。

また、業務を行う際には必要な知識や技能を習得するための法定研修を受講しますが、あくまで警備員は民間の従業員なので、警察官のような権限は有していません。

職務の性質上、事件や事故など緊急事態に遭遇する可能性が高く、冷静な判断力や護身術、臨機応変な対応が求められます。また、長時間屋外で立ち続けなければいけない勤務も多く、体力的に自信のない方には向かない職業かもしれません。

しかし、現場でお客様やドライバーなどに直接感謝を示された時や、1日の業務を無事何事もなく終えられた時などには、やりがいや達成感を感じられるのではないでしょうか。

警備員の給与年収待遇

一般的に警備員の平均年収は200~300万円ほどのようです。正社員や契約社員、アルバイトや派遣など雇用形態にもよりますが、平均して給与の高くないイメージのある業界です。

しかし、警備に関する資格を取得することによって手当や役職がつくなど、自分次第でキャリアアップも見込めます。

警備員になるには

【就業するまでの流れ】

警備員になるには特別な資格やスキル、学歴は必要とされません。新卒採用の場合、警備会社に就職し必要な法定研修を受ければ、現場で警備員として就業が可能です。

中途採用の場合も、求人サイトや求人雑誌の求人に応募し、合格することができれば研修を受け、その後警備員として勤務が開始できます。

【プラスになるスキルや素養】

警備の仕事は体力勝負なので、体力に自信のある方には向いている職業だと考えられます。また、長時間立ちっぱなしの勤務や人の少ない深夜帯の勤務などもあるので、忍耐力も必要なようです。

更に施設警備などはお客様と直接接する接客業でもあるので、コミュニケーション能力や臨機応変な対応が求められる場合もあります。

警備員の将来性

【業界や職種のニーズ】

道路工事やイベントなどは時期により増減が予想されます。しかし世の中には多くの商業施設や工事現場、駐車場などがあり、それらに対する需要は多く、今後大きくニーズが減るということは考えにくいでしょう。

【活躍できる場所】

商業施設や駐車場、空港などの警備から工事現場やイベント会場などの誘導、身辺警護など警備員の活躍の場は幅広いです。

また、警備員というと男性が多いイメージですが、万引きの際の女性へのボディチェックや交通誘導の際にトラブルとならないようなドライバーへの柔らかい声かけなど、近年は女性警備員が必要とされる場面も増加傾向にあるようです。

【キャリアアップするには】

警備員は特に学歴や資格がなくとも就業が可能ですが、キャリアアップのためには資格を取得する方が多いようです。

現場では警備業法に則り有資格者を規定の人数配置する必要があるので、それらを取得することによりキャリアアップや企業からの需要が見込めると考えられます。また、有資格者でないとできない業務も多く、資格を取得することで業務の幅が広がります。

警備員の志望動機例

施設や工事現場などで、人や財産などの安全を守る警備員の仕事。建物内を巡回したり、人々や車両を誘導する警備員に適性があるのはどんなタイプの人でしょうか。体力だけではない警備員に求められる幾つかのこと、未経験、経験者別の志望動機やアピールポイントについてもご紹介しています。警備員への転職や業界内でのキャリアアップをお考えの方は、ぜひ参考になさってください。

警備員に必要な資格

一口に警備員といっても、さまざまな業務があるのが特徴です。

資格によっては活躍できる場所や業種が変わるので、希望する仕事に合った資格を取得することをおすすめします。

このほかにも警備員の仕事内容やなどの情報を知りたい方は、こちらのページを併せてご確認ください。

警備員として就職するための選考への対策法や、警備員の平均年収なども詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

警備員の仕事

警備員は、安全・安心な暮らしのために欠かせない存在。工事現場やショッピングモール、イベント会場など、普段の生活の中で警備員を見る機会は多いかもしれません。

警備員の仕事は、警備業法という法律で1号業務と2号業務、3号業務、4号業務の4つに分かれます。

このページでは、警備員の業務内容や特徴をご紹介。警備員の仕事に興味のある方は参考にしてみてください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

18卒の方はこちら

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

18卒の方はこちら

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ