第二新卒のための転職成功の秘訣

第二新卒の転職は、退職前から就職直後まであらゆる場面で心配な思いが湧き出てくる方が多くいます。また自分と合わない仕事に応募してしまうのではないか、面接で転職を希望する理由を聞かれたら何と答えたら良いかなど、就職の悩みはつきものではないでしょうか。正社員求人の探し方や面接で困った質問をされたときの対策など、第二新卒の悩みを解消して転職活動を応援するお役立ち情報がぎっしり詰まっています。

第二新卒のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。新卒と比べて第二新卒はデメリットがあると思われがちですが、そのようなことはありません。まず、第二新卒はほとんどがキャリアや経験の浅い20代で構成されています。そのため若さが労働力に直結しています。時間的な軸で考えると若さは大きなメリットと言えるでしょう。 今や新卒採用後3年以内に退職する人は、全体の3割ほどいると言われています。この層の人々が第二新卒と呼ばれています。企業側からすると、採用してすぐに退職されるのは、採用面接や教育等コストを考えてもデメリットが大きいです。そこで、人材を補填するために、各企業は第二新卒者の採用に積極的に取り組んでいます。第二新卒が企業側に求めていることはなんでしょうか。それは、実務的なスキルや経験ではなく、社会人的な経験と転職に対する熱意です。第二新卒は新卒や既卒者と異なり、入社経験があるので多少なりとも社会人としての実績やスキル、経験があります。企業側からすれば、社会人経験があると、教育コストを減らすことに繋げられるでしょう。また、第二新卒は、少なくとも1度は会社を辞めています。辞める理由は人それぞれですが、「別のことにチャレンジしてキャリアチェンジしたいから」「会社が合わなかった」「ブラック企業だった」「面接のときと話が違った」「スキルや経験が身につかないと思った」などの理由が考えられます。第二新卒者には「別の会社で新しいスキルを磨きたい」「前よりも合う会社を見つける」「新しいキャリアを形成する」「ブラック企業ではなく、大手のホワイト企業に入る」といった高い入社意欲を持っている人が多いです。入社意欲が高い人を採用することは企業側にとっても、メリットになります。チャレンジ精神がある人は企業の大小関係なく、IT系のベンチャー企業などが向いているかもしれません。大手企業に比べると年収が低い傾向にありますが、ITベンチャーではストイックで企業のために頑張れる人材を欲しています。第二新卒は失敗を糧に成長できる若い人材です。トーマス・エジソンは「私は決して失望などしない。なぜなら、どんな失敗も新たな一歩となるからだ。」と言いました。失敗を糧に大きな成功を収めてきた偉人に続く可能性をもっとも秘めているのは、新卒ではなく、既卒でもなく、失敗を経験した第二新卒者なのです。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

・第二新卒とは
そもそも第二新卒の定義をご存知でしょうか。第二新卒は、新卒と異なり、少し抽象的ですよね。第二新卒の定義が明記されているわけではないですが、一般的には、新卒で就職した人が3年以内に退職し、再び転職活動をしているときにそう呼ばれます。今や新卒で正社員として入社した人のうち、3割が3年以内に辞めると言われており、第二新卒で退職をして転職活動をする人の数は少なくありません。就職エージェントのハタラクティブでは、そんな第二新卒で転職活動を行っている人を積極的にサポートしています。

・第二新卒からの転職方法
第二新卒の定義を見てきましたが、第二新卒から転職活動をするにはどうしたら良いのでしょうか。第二新卒は比較的キャリアや経験が浅く、転職活動の際に不利になると思われがちです。中途採用枠で、前職でバリバリ活躍していたキャリアの人と競うのは、確かに失敗する可能性も高く、難しい面もあります。そこで今回は、第二新卒の人が転職活動を成功させる秘訣を教えます。 まず、第二新卒で転職活動をしている人は、中途採用枠ではなく、第二新卒枠で受けるのがおすすめです。第二新卒の数が少なくない現状に合わせて、各企業でも第二新卒枠というものを設け始めました。第二新卒枠ならば、中途採用のキャリア人材と戦う必要はなく、第二新卒者のみと同じ土俵で戦うことができます。第二新卒で転職中の人は第二新卒枠を活用し、キャリアアップ、キャリアチェンジを目指していきましょう。

・転職活動の際の注意点
第二新卒で転職活動をしている人に注意点があります。第二新卒で転職活動を行うと、若くして経験社数が積まれることになります。そうすると面接時に、この人長続きしない傾向にあるのかな?などといった印象を面接官に与えかねません。ネガティブなイメージを与えないためにも、第二新卒での転職は慎重に、しっかりと考えて行うようにしましょう。面接の前にこの会社で大丈夫なのか、自分でやりたいことが本当にできるのかなどを確認したり、自問自答したりして、入社後に後悔や失敗しないように努めましょう。

・第二新卒の転職のリスク
第二新卒の転職には、失敗やリスクがつきものです。転職活動をする前にリスクを把握しておかないと、思わぬ落とし穴にハマる可能性もあります。そのような事態を避け、転職活動を成功に導くためにも、これから第二新卒の転職活動におけるリスクについて見ていきましょう。まず、第二新卒とは一般的に新卒で入社した企業を3年以内に辞めることを言います。そのため、第二新卒者は、早期退職をする傾向にあるという印象を相手に与えやすいです。転職活動の際に企業の面接官は、長期で働く意志のある人材なのか、続けられるだけのやる気や熱意があるのか、という点に着目します。早期退職をすると、企業側が教育コストを無駄にするだけではなく、働く方もスキルや経験を身につける前に辞めることになるので、第二新卒の転職活動の際は、長期で働いていける企業なのかを見極めて、慎重に行動するようにしましょう。また、第二新卒は、大きく見ると中途採用という枠組みの中で転職活動を行いますが、キャリアのある中途採用組と比べると、安い年収で採用されやすいです。ブラック企業のように拘束時間が長い割に年収や給料が安い、ということも起こり得るので、企業の求人に応募する前に条件面などをしっかり確認するようにしましょう。

・第二新卒の転職で成功する人とは
第二新卒の転職活動に失敗し悩む方がいる一方で、第二新卒の転職を成功させている方も多くいます。その差はどこから生じるのか、失敗を避け成功させる秘訣を確認していきましょう。第二新卒の転職活動の際に大切なのが、「転職する理由が明確になっていること」です。転職理由が曖昧だと、面接時に企業側にあまり良い印象を与えません。自分がどうして転職活動をするに至ったかをよく考え、面接官に聞かれたら明確に答えられるようにしましょう。また、第二新卒から転職している方は、アピールポイントを持っている方が多いです。パソコンのスキルやコミュニケーションスキルなど、自分にはどのような長所があるのかを把握しておけば、転職活動の際に企業に対して訴求ができます。客観的に自分を見ることで自分自身の人物像も浮き上がってくるので、大手・中小問わず企業がどのような人材を求めていて、自分がその企業にマッチするのかなども事前に確認できるようになります。アピールポイントを整理し、転職活動を成功させましょう。その他にも大切なことがあります。それは前職の経験やスキルを活かせるかどうかです。第二新卒者はキャリアや経験が浅い傾向にありますが、前職で実践的なスキルを養っておくと、転職先の企業でも十二分に活かすことができます。実践的なスキルを身につけることができなくても、社会人としてのマナーなど基本的なスキルは習得しておくと良いでしょう。前職の経験やスキルも先程見てきたアピールポイントに繋がりますね。転職を成功させるためにも、以上3つのポイントを抑えておきましょう。また、成功している人の中には就職エージェントを利用経験があるという共通点があります。ハタラクティブのような就職エージェントを活用し、経験やスキル、キャリアがない状態からの転職活動を成功に導きましょう。

・転職理由はポジティブにすること
転職を成功させるためには、退職・転職理由を明確にすることが大切ですが、具体的にはどのような理由が良いのか、具体例を見ながら参考にしていきましょう。プログラマーとして転職した方を例に見ると、「もっとIT系のフィールドでクリエイティブなことをしたいと考えたから」「物を作るのが好きだから」「スキルがどこまで通用するか確かめたいから」「プログラマーからさらに上のエンジニアにキャリアアップしたいから」などの理由で第二新卒からの転職を成功させています。また、営業職の場合は、「自分が好きな商材を扱いたいから」「広大なフィールドがあるから」「管理職へのキャリアアップを目指せるから」などの理由が見受けられます。営業からマネジメント職を目指していた方は、「キャリアアップ、スキルアップできる環境だから」といった理由を話したようです。どの職種でも言える内容としては、「チームワーク良く働ける職場を選んだから」「いくつかの事業に携わりながら、幅を広げていける環境だから」「自分のやりたいことに従事できるから」などの理由が挙げられます。どの理由にも共通しているのは、ポジティブな内容だということです。やはり「大手だけどブラック企業で辛かったから」「IT系に興味がないのに入ってしまった」「年収が低かったから」などのネガティブな退職・転職理由を挙げてしまうと、面接官への印象が悪くなりデメリットが大きいです。デメリットを避けるためにも、転職理由はポジティブにするのが良いでしょう。転職理由をどうすれば良いか悩んでいる人は就職エージェントのハタラクティブを利用してみましょう。就職エージェントのハタラクティブではプロの就活アドバイザーが一人ひとりの転職活動を徹底的にサポートしているため、失敗しないためのノウハウを教えています。

・実際に仕事を始める際に大切な注意点・心構え
第二新卒として転職活動を成功させた後も気を抜いてしまってはいけません。実際に仕事を始めるにあたり、いくつか注意点や心構え、デメリットがあります。第二新卒は中途採用になるため、業務を一から覚え直す必要があり、新卒よりも順応するのに時間がかかります。最初のうちは労働時間も長くなりやすいので、心しておきましょう。また、第二新卒から転職しキャリアアップを目指す方の多くは、23~27歳にあたる人材です。そのため、大手ではなく、ITベンチャー企業のような若い社員が多数いる環境では、上司が年下ということが起こるかもしれません。上司がどんな人であれ、会社の利益に貢献すること自体は変わらないため、年下の方が上司でも謙虚な姿勢で業務に臨みましょう。そうすれば年収が上がったりスキルが身についたり、キャリアアップできたりと結果がついてくるはずです。その他にもよくあるのが、入社前と入社後、面接前と面接後で企業への印象が変わることです。良い方向に変われば良いのですが、実際はブラック企業だったなど悪い方向に変わる場合もあるでしょう。入社前と入社後のギャップはどんな職種にもついて回ります。少し違うくらいで投げ出すのはやめましょう。少なからずギャップがあるものだと考えるのが良さそうです。

ページトップへ