入社3ヶ月で転職した人は第二新卒になるのか?

入社3ヶ月で転職した人は第二新卒になるのか?の画像

【このページのまとめ】

  • ・入社後3ヶ月で会社を辞めた人は、「またすぐに会社を辞めてしまうのでは?」というイメージを持たれやすい

    ・転職するなら、採用担当者が納得できる退職理由を考えることが大切

    ・転職を決めたら空白期間を作らず、できるだけ早く行動しよう

    ・転職先に求める条件を洗い出し、優先順位を決めよう

    ・スキルが不十分な第二新卒は、熱意や意欲をアピールしよう

新卒で入社してから3ヶ月ぐらい経つと、「仕事の内容が自分に合わない」「人間関係がつらい」など、さまざまな理由で転職を考える人もいるのではないでしょうか。

しかし新卒入社から3ヶ月未満で仕事を辞めると、転職志望先の企業から「またすぐに辞めるのでは?」と思われてしまうのではという心配も。

そこでこのコラムでは、早期退職は転職にどう影響するのか、転職を目指すならどのような点に気をつければ良いのかについて、詳しく解説していきます。

3ヶ月で退職した人は企業からどう見られる?

新卒で入社してから数ヶ月以内に退職すると、企業から次のように見られる可能性があります。

・また短期間で仕事を辞めそう

・仕事に対する意欲がない

・就活のやり方に問題があったのではないか

・忍耐力がない、ストレス耐性がない

新卒で就職後、短期間で会社を辞めてしまうと、再就職を希望する企業から「採用しても、またすぐに会社を辞めてしまうのでは?」という目で見られがちです。

ほかにも、仕事に対する意欲が低い、就活時に業界・企業研究を疎かにしていたのではないか、ストレスや辛いことに対して我慢できない性格なのではないか、など、ネガティブな印象を与えやすいようです。

短期間で仕事を辞める場合は、自分という人材についてこのように判断されてしまうかもしれないリスクがあるということを、きちんと理解しておくことが重要でしょう。

短期間で転職するなら説得力のある転職理由が必要

転職理由には、「入社前に思っていた仕事内容と違った」「配属先が希望とまったく異なる部署だった」「職場の環境がブラックだった」など、人によってさまざまなものがありますが、ネガティブな退職理由の場合、面接官にそのまま伝えたのでは「単純に甘えているだけなのではないか」と思われてしまいます。

特に短期間のうちに会社を辞めた場合は、面接官を納得させる、説得力のある転職理由が必要です。

例えば、「入社前に思っていた仕事内容と違った」という場合。

まずは、「就活時の研究不足」を素直に反省しましょう。その上で、「自分の目指す方向性とは違う仕事を続けるよりも、早期に転職することを選んだ。次こそは長く働き続けることで会社に貢献できる人材になりたい」など、仕事に対する意欲を前向きにアピールすることが大切です。 

「ブラック企業だった」という場合は、前職についての愚痴や悪口を主観的に述べるのではなく、具体的な残業時間や休日出勤など具体的な数字を交え、「長期的な視点で見たときに続けるのが難しいと思った」など、客観的な視点で伝えるようにしましょう。

転職を成功へ導くためには

転職を成功へ導くためにはの画像

次に、3ヶ月未満の早期退職から再就職を成功させるために意識すべきポイントを考えてみましょう。

転職を決めたら早めに行動する 

在職中に転職先を決めるのが理想ですが、慣れない社会人としての生活と転職活動を両立させるのは難しいかもしれません。

 そういった理由で退職後に転職活動を行う場合でも、できるだけ無職の期間(ブランク)を作らないことを心がけましょう。 

「疲れたので数ヶ月休んでから…」という気持ちもあるかもしれませんが、職歴の空白期間は、働くことそのものへの意欲が低下してしまうほか、転職活動で大きなマイナスポイントになることも。

すぐに正社員としての仕事が見つからない場合は、転職したい業種や職種に関係する派遣やアルバイトとして働くなど、面接時にアピールできる材料を用意しておきましょう。

仕事に対する条件を洗い出し、優先順位をつける

転職活動のゴールは単に再就職することではありません。
この先長く続けられる就職先を探すためにも、自分が働く上で重視する条件を今一度洗い出し、転職の軸を明確にすることが大切です。

 

「給与」「休日」「勤務地」「仕事へのやりがい」など、人によってさまざまな条件があるのではないでしょうか。

その中で、自分が優先するもの、妥協できるものを順位付けることで、入社後のミスマッチが起きにくくなります。

必ずしも現職より条件が良くなるとは限らない

入社後3ヶ月という勤務期間では、正社員であっても実務経験はほとんどゼロに近いもの。同業種で数年の経験や実績を積めば給与アップを目指した転職も可能ですが、3ヶ月での転職の場合は同程度、もしくは低くなることもあるでしょう。

目先の給与ではなく、将来的に「自分のやりたいこと」や「理想の働き方」ができるかどうかを重視して、転職先を選びましょう。

面接でアピールするポイントは?

面接では次のようなことをアピールすると、採用担当者に前向きな印象を与えられるでしょう。

素直に反省する

どんな原因があったとしても、社会人生活の中では3ヶ月未満というかなり短い期間で退職したことは事実です。

言い訳をするよりも、反省点を見つけ、どう改善して今後につなげたいのかを述べる方が面接官に前向きな印象を与えることができます。

短期間での退職は自分勝手な印象を与えることもあるので、素直に反省することで謙虚さを伝えましょう。

仕事に対しての熱意を伝える

スキルや経験という面でのアピールが難しい第二新卒の転職活動では、「熱意」や「意欲」さらに「本気度」のアピールが重要。

早期に退職したことへの反省を踏まえた上で、自分がこれからどのように働きたいと思っているのかを、具体的にアピールする必要があります。 

たとえ短期間であったとしても、前職で学んだことを今後どのように活していきたいかということも伝えて、新卒や既卒との差別化をはかりましょう。

「前職では、短期間ながらも○○のプロジェクトに参加し、○○について学ぶ機会を得ました。今後は学んだスキルやノウハウを御社の〇〇の仕事に役立てるよう、誠心誠意がんばりたいと思います」など、自分が働いている姿を面接官にイメージしてもらえるような自己PRにすることで、意欲や本気度を伝えることができるかもしれません。

また面接では、社会人としての基礎マナーがしっかり身についていることがわかる言動や振る舞いも大切です。

数ヶ月で退職して第二新卒に!転職にまつわるQ&A

新卒入社後数ヶ月での退職を考えている方に向けて、第二新卒の定義と転職活動のアドバイスをお伝えします!

 

入社数ヶ月で退職したら第二新卒?

新卒入社後1~3年以内で退職した人は第二新卒として扱われます。ですので、入社後数ヶ月で退職した人は第二新卒ということに。
どれだけ早期で退職しても、一度正社員として就業すると第二新卒と定義されます。転職市場における第二新卒の位置づけについては、「第二新卒は「新卒」・「中途」どっちなの?」をご覧ください。

既卒と第二新卒はどう違う?

正社員経験の有無に違いがあります。既卒とは、内定がないまま卒業し、その後就職せずに過ごしている人のこと。卒業後にフリーターをしている人も、資格勉強をしている人も、就職していなければ既卒にあてはまります。

早期離職は転職活動でどう思われる?

「継続力がない」「また辞めるのではないか」という先入観を持たれがちです。企業が欲しいのは長期的に会社に貢献してくれる人材。そのため、第二新卒は新卒に比べて書類選考の通過率が落ちる可能性があります。
第二新卒が転職を成功させるための方法は、「第二新卒の転職難易度はどれくらい?失敗しないためにやるべきこと」をご覧ください。

第二新卒の転職活動は厳しい?

第二新卒は早期離職の職歴に懸念点はあるものの、若手を求める企業にとってメリットが大きい存在です。まず、1社目で基本的なビジネススキルを習得しているので、教育コストが低く押さえられます。加えて、柔軟性や物事を吸収する力に優れているのも年齢が若い第二新卒の魅力。
企業にとっての第二新卒のメリットは、「第二新卒はなぜ積極採用される?その人気の秘密とは」でもご紹介しています。

退職理由はどう伝えれば良い?

前向きな退職理由を伝えましょう。ネガティブな退職理由は、「環境のせいにする人」「甘えている」と捉えられる可能性があります。仮に仕事が合わなかったのであれば、「次は〇〇な仕事がしたかったから」と今後の展望を伝えると前向きな印象になります。就活時の企業選びを間違った自覚があれば、反省を述べるのも好印象です。
退職理由の伝え方は、「転職理由と退職理由!好印象を残すアピール方法とは」をご覧ください。

 

第二新卒の転職ならハタラクティブへ

第二新卒の転職ならハタラクティブへの画像

短期間での転職は、条件が良いと言えるものではありません。

しかしながら、同じ条件で転職に成功している方も多くいます。

マイナスな要素も踏まえた上で、前向きな気持で行動することが大切です。 

就職・転職エージェントのハタラクティブでは、第二新卒の転職・就職活動のサポートサービスを提供しています。

プロの就活アドバイザーによるアドバイスを受けながら書類作成や面接対策ができるほか、転職に関するどんなお悩みも気軽に相談できます。

ほかにも面接のスケジュール調整や企業との交渉はハタラクティブが代行するなど、働きながらの求職活動もスムーズ。

前職を短期間で退職してしまい不安がある、転職を考えているが1人ではどうして良いのか分からないなど、転職・就職活動に悩みを抱えている方は、ぜひ1度ハタラクティブへご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 働くことに疲れてフリーターに。医薬品への興味からドラッグストアで再び正社員の道へ
    働くことに疲れてフリーターに。医薬品への興味からドラッグストアで再び正社員の道へ

    就職前

    販売職(アルバイト)

    就職後

    販売職(正社員)

    詳細見る
  • エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは
    エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは

    就職前

    飲食店 アルバイト

    就職後

    ネットワークエンジニア

    詳細見る
  • 施工管理技士の経験を活かし、建設現場のプロフェッショナルを目指す!
    施工管理技士の経験を活かし、建設現場のプロフェッショナルを目指す!

    就職前

    施工管理

    就職後

    施工管理

    詳細見る
  • 短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事
    短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事

    就職前

    支庁で事務補助(臨時職員)

    就職後

    学習塾チェーンの事務職(※紹介予定派遣)

    詳細見る
  • エンジニアから念願の営業職に!転職の秘訣はLINEでの面接対策と「笑顔」?
    エンジニアから念願の営業職に!転職の秘訣はLINEでの面接対策と「笑顔」?

    就職前

    エンジニア

    就職後

    営業

    詳細見る
  • 良好な職場環境で働いていた専門学校卒30歳。それでも転職を決意した理由とは?
    良好な職場環境で働いていた専門学校卒30歳。それでも転職を決意した理由とは?

    就職前

    営業

    就職後

    エンジニア

    詳細見る
  • 先輩の後を追って入社するも失敗、ハタラクティブで社会人生活を再スタート
    先輩の後を追って入社するも失敗、ハタラクティブで社会人生活を再スタート

    就職前

    就活アドバイザー

    就職後

    営業職

    詳細見る
  • 新卒内定を断ったのにやりたいことがない…キャリアを重視した21歳の就職成功談
    新卒内定を断ったのにやりたいことがない…キャリアを重視した21歳の就職成功談

    就職前

    無職

    就職後

    CADオペレーター

    詳細見る
  • 「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで
    「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで

    就職前

    ラーメン屋(アルバイト)

    就職後

    エステティシャン

    詳細見る
  • 大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは
    大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは

    就職前

    スポーツインストラクター、介護職(アルバイト)

    就職後

    営業職

    詳細見る

第二新卒から正社員へ 体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION