入社3ヶ月で転職すると第二新卒?退職理由の伝え方や自己PRポイントは?

入社3ヶ月で転職すると第二新卒?退職理由の伝え方や自己PRポイントは?の画像

この記事のまとめ

  • 新卒入社後3ヶ月以内に転職する場合、第二新卒に当てはまる
  • 入社3ヶ月の早期に離職するなら、説得力のある転職理由を考えるのがポイント
  • 入社3ヶ月以内での転職を決めたら、第二新卒としてできるだけ早く行動しよう
  • 第二新卒の転職活動では転職先に求める条件を洗い出し、優先順位を決めることが大切
  • スキルが不十分な第二新卒は、熱意や意欲を選考で自己PRしよう

新卒入社3ヶ月以内での転職は可能なのか、不安に思う方もいるでしょう。新卒入社から3ヶ月未満で仕事を辞めた場合も、第二新卒として転職できる可能性は十分にあります。このコラムでは、3ヶ月以内の早期退職が転職にどう影響するのか、第二新卒として転職を目指すならどのような点に気をつければ良いのかを詳しく解説。自分に合った職場に転職するための参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 今の仕事がつらい・・・
  • 自分に向いてる仕事あるのかな?
  • 職場を変えても、結局同じかも・・・
どんな仕事が合うかからお伝えします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

3ヶ月で退職した第二新卒は企業からどう見られる?

3ヶ月で退職した第二新卒は企業からどう見られる?の画像

新卒で入社してから3ヶ月以内に退職すると、企業から次のように見られる可能性があります。

・また短期間で仕事を辞めそう
・仕事に対する意欲がない
・就活のやり方に問題があったのではないか
・忍耐力がない、ストレス耐性がない

新卒で就職後、短期間で会社を辞めてしまうと、応募先の企業から「採用してもすぐに会社を辞めてしまうのでは?」と懸念されてしまうことがあるでしょう。ほかにも、「仕事に対する意欲が低い」「就活時に業界・企業研究を疎かにしていたのでは?」「ストレスや辛いことが我慢できない性格なのでは?」など、ネガティブな印象を与える可能性も。短期間で仕事を辞める場合は、転職の際に厳しい目で見られるリスクがある点をきちんと理解しておくことが重要です

入社3ヶ月で退職した後も転職できる

前述したように、3ヶ月という短期間での転職は条件が良いと言えるものではありません。しかしながら、同じ条件で転職に成功している方も多くいます。マイナスな要素も踏まえたうえで、前向きな気持ちで行動することが大切です

入社3ヶ月で退職した人は、転職市場において第二新卒として扱われます。第二新卒者が企業から求められることを知りたい方は、「第二新卒の需要は高いって本当?強みを活かして転職を成功させよう!」や「新卒入社から3ヶ月で退職したら転職は不利?その後の影響や対策を解説!」のコラムをご覧ください。

新卒者の離職率は?

厚生労働省の「学歴別就職後3年以内離職率の推移」によると、2022年に大学を卒業した新卒者の12%が1年以内に離職していることが分かります。早期離職は珍しいことではなく、3ヶ月で退職した場合も第二新卒として転職活動を成功させることは可能です。このコラムの後半では、実際に転職活動をする際のポイントを解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。
 

参照元
厚生労働省
新規学卒就職者の離職状況(令和2年3月卒業者)を公表します

ハタラビット

自分に合う仕事とは?
適職相談しませんか?

こんなお悩みありませんか?

  • 自分の経験で就職・転職できるのかな…
  • 自分に合う仕事ってなんだろう?
  • 求人の選び方がわからない

仕事探しや就活の悩みにも、1人1人の状況に向き合ってサポートします。

就活のプロがあなたの強みや希望を引き出し、ぴったりの求人をご紹介!
ハタラクティブでは、面談から求人の選び方・面接対策・内定に至るにまで、一貫して丁寧なサポートを強みとしています。
内定まで最短で2週間。まずは気軽に相談してみませんか。

未経験OK多数!求人を見てみる

入社3ヶ月で転職するなら説得力のある転職理由が必要

第二新卒者が3ヶ月で転職を決意する理由は、「入社前に思っていた仕事内容と違った」「配属先が希望とまったく異なる部署だった」「職場の環境がブラックだった」など、人によってさまざまです。ただし、ネガティブな退職理由を面接官にそのまま伝えると、「甘えているだけなのではないか」と思われる可能性があります。短期間のうちに会社を辞めた場合、面接官を納得させられるような説得力のある転職理由が必要です。

「入社前に思っていた仕事内容と違った」という場合

まずは、「就活時の研究不足」を素直に反省しましょう。そのうえで、「自分の目指す方向性とは違う仕事を続けるよりも、早期に転職することを選んだ。次こそは長く働き続けることで会社に貢献できる人材になりたい」など、仕事に対する意欲を前向きに自己PRすることが大切です

「ブラック企業だった」という場合

前職がブラック企業だったことが3ヶ月で退職した理由の場合も、愚痴や悪口を主観的に述べるのは避けましょう。残業時間や休日出勤日数など具体的な数字を交え、「長期的な視点で見たときに続けるのが難しいと思った」など、客観的な視点で伝えるのがおすすめです。

新卒入社3ヶ月での退職理由の効果的な伝え方を知りたい方は、「早期退職の理由を聞かれたら?面接での伝え方や回答例9つを紹介!」のコラムをご一読ください。

3ヶ月で退職した第二新卒が転職を成功へ導くためには

ここでは、3ヶ月未満の早期退職をして再就職を目指す第二新卒の方のために、転職活動のポイントを解説します。以下を転職活動の参考にしてみてください。

転職を決めたら早めに行動する

転職を決めたら早めに行動することが大切です。空白期間ができると、働くことそのものへの意欲が低下してしまったり、転職活動で大きなマイナスポイントになったりする可能性があります。

とはいえ、慣れない社会人生活と転職活動を両立させるのは難しいことも。退職後に転職活動を行う場合は、できるだけ無職の期間(ブランク)をつくらないことを心掛けましょう。すぐに正社員の仕事が見つからない場合は、転職したい業種・職種に関係する派遣やアルバイトとして働くなど、面接時に自己PRに活用できる材料を用意しておくのがおすすめです。

仕事に対する条件を洗い出し、優先順位をつける

転職活動のゴールは、単に再就職することではありません。この先長く続けられる就職先を探すためにも、自分が働くうえで重視する条件を今一度洗い出し、転職の軸を明確にすることが大切です

「給与」「休日」「勤務地」「仕事へのやりがい」など、転職先に求める条件は人によってさまざま。それらを、優先したいもの、妥協できるものに分けて順位づけすることで、入社後のミスマッチが起きにくくなります。

必ずしも給料が上がるものではないことを認識する

転職したからといって、必ずしも現職より給料が上がるものではないということを認識しておくことも重要です。入社後3ヶ月という勤務期間は、正社員であっても実務経験はほとんどゼロに近いものと見なされます。同業種で数年の経験や実績を積めば給与アップを目指した転職も可能ですが、3ヶ月での転職の場合は同程度、もしくは低くなることもあるでしょう。

給料の高さだけに着目して仕事探しをすると、転職先の選択肢が狭まってしまいます。目先の給与ではなく、将来的に「自分のやりたいこと」や「理想の働き方」ができるかどうかを重視して、転職先を選ぶことが大切です。

第二新卒の就活を成功させるポイントは「第二新卒は再就職できない?既卒との違いや転職成功のポイントをご紹介」のコラムでも解説しているので、併せてご覧ください。

3ヶ月で転職した第二新卒の面接での自己PRポイント

3ヶ月で転職した第二新卒の面接での自己PRポイントの画像

第二新卒の面接では、3ヶ月で退職したことの反省点や応募先への熱意をアピールすると、採用担当者に前向きな印象を与えられるでしょう。以下でアピールポイントについて詳しく解説するので、転職活動の参考にしてみてください。

反省点と改善策を述べる

面接では、新卒で入社した会社を短期間で離職したことに対する「反省と改善策」をしっかりと示します。どのような原因があったとしても、3ヶ月未満という短い期間で退職したことは事実です。

言い訳をするよりも、反省点を見つけ、どのように改善して今後につなげたいのかを述べるほうが、面接官に前向きな印象を与えられます。短期間での退職は自分勝手な印象を与えることもあるので、素直に反省することで謙虚さや「もう繰り返さない」という意思を伝えましょう。

仕事に対しての熱意を伝える

スキルや経験といった面での自己PRが難しい第二新卒の転職活動では、熱意や意欲、本気度などのアピールが重要です。3ヶ月という早期に退職したことへの反省を踏まえたうえで、自分がこれからどのように働きたいと思っているのかを、具体的に自己PRする必要があります。

たとえ短期間でも、前職で学んだことを今後どのように活していきたいかを伝えて、新卒や既卒との差別化を図りましょう。「前職では、短期間ながら△△のプロジェクトに参加し、△△について学ぶ機会を得ました。今後は学んだスキルやノウハウを御社の△△事業に役立てられるよう、誠心誠意がんばりたいです」のように、自分が働いている姿を面接官にイメージしてもらえるような自己PRにすることで、意欲や本気度を伝えられます。

また、面接では社会人としての基礎マナーが身についていることがわかる言動や振る舞いも大切です。「面接の流れやマナーを受付・入室・退室の場面別で解説!」を参考に、面接対策をしっかり行っておきましょう。

「第二新卒の時期の転職を成功させたい」「3ヶ月で退職してしまい転職に自信がない」という方は、就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは、第二新卒や既卒といった若年層の就職・転職活動をサポート。
プロのキャリアアドバイザーが丁寧なヒアリングを行い、一人ひとりの適性や希望に合った求人情報をご紹介します。未経験歓迎の求人も多数扱っているほか、1分程度でできる適職診断を活用することも可能なため、じっくりと自分に合った仕事を探せるでしょう。
また、書類作成や面接対策といった選考対策や、転職に関するお悩み相談もお任せください。面接のスケジュール調整や企業との交渉はハタラクティブが代行するため、働きながらの求職活動もスムーズです。サービスはすべて無料のため、転職に関する悩みを抱えている方は、ぜひ一度ハタラクティブへご相談ください。

3ヶ月で退職して第二新卒になった人のお悩みQ&A

新卒入社後3ヶ月以内での退職を考えている方に向けて、よくあるお悩みをQ&A方式で解説します。第二新卒の定義や転職活動のコツについてまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

既卒と第二新卒の違いは何ですか?

正社員経験の有無です。既卒とは、内定がないまま学校を卒業し、就職せずに過ごしている人のこと。卒業後にフリーターをしていたり資格勉強に専念したりしている場合も、正社員経験がなければ既卒に当てはまります。詳しくは、「「第二新卒」の期間はいつまで?既卒との違いや転職成功のコツを解説」のコラムをご一読ください。

早期離職は転職活動でどう思われるのでしょうか?

「継続力がない」「また辞めるのではないか」という先入観をもつ面接官もいるようです。企業が採用したいのは、長期的に会社に貢献してくれる人材。そのため、反省や転職への意欲を述べ、面接官の懸念を払拭する必要があります。第二新卒の転職を成功させるための方法は、「転職難易度の高い業界とは?転職先選びのポイントや成功のコツをご紹介!」をご覧ください。

3ヶ月で退職した第二新卒の転職は不利ですか?

入社3ヶ月で退職した第二新卒は、早期退職の懸念さえ払拭できれば若手を求める企業にとってメリットが大きい存在です。なぜなら、新卒入社した会社で基本的なビジネススキルを習得しているため教育コストが抑えられたり、若さならではの柔軟性や吸収力に優れていたりする点が評価されやすいからです。企業にとっての第二新卒のメリットは、「新卒採用で人気の企業は第二新卒で転職できる?可能性と成功のコツを解説」でも紹介しています。

第二新卒の退職理由はどう伝えれば良い?

退職理由を伝えるときは、前向きな伝え方を意識しましょう。仕事が合わなかったのが理由の場合は、新卒時の反省点を述べたうえで「△△な仕事がしたかったから」と今後の展望を伝えると好印象です。退職理由の好印象な伝え方を知りたい方は、「転職理由と退職理由に違いはある?思いつかないときの対処法も解説」をご覧ください。
第二新卒の転職が不安な方は、ハタラクティブの利用がおすすめ。求人紹介だけでなく、退職理由の伝え方のアドバイスも行って就職活動をサポートします。

この記事に関連するタグ