新卒1年目の転職は厳しいって本当?成功させるコツを紹介

新卒1年目の転職は厳しいって本当?成功させるコツを紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・新卒1年目での転職活動は「第二新卒」として行う
  • ・第二新卒の転職活動は、計画的に取り組む必要がある
  • ・新卒入社してすぐの転職活動では、退職理由を前向きに伝えるようにする
  • ・入社してすぐの転職活動は、新卒時とは違ったアプローチでの企業選びが重要

「新卒1年目だけど転職したい…」「入社してすぐの転職は内定を得られるか不安」という方もいるでしょう。新卒入社してから3年以内で転職する人は「第二新卒」と呼ばれ、積極的に採用を進める会社もあります。このコラムでは、新卒1年目で転職する際の注意点や内定を得るコツを解説。また、面接時にアピールすると良いポイントもまとめています。入社してすぐの転職を考えている方は、ご一読ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

新卒1年目のタイミングで転職は厳しい?

新卒1年目のタイミングでの転職は、しっかり対策を行えば厳しいものではありません。若年層の採用を積極的に行っている企業は多くあります。以下で詳しく説明するので、新卒入社した会社から転職したいと思っている方は、参考にしてください。

新卒1年目の人は第二新卒として転職活動ができる

新卒1年目で会社を退職し、転職活動をする人は「第二新卒」と呼ばれます。第二新卒とは、新卒入社後3年以内に転職活動をする人を指す言葉です。似た言葉に「既卒」がありますが、既卒は教育機関を卒業後、一度も就職経験がない人を指しています。第二新卒は短期間とはいえ、社会人としての就労経験がある人々のことです。

第二新卒の採用は積極的に行われている

第二新卒者の採用は、積極的に行われています。その理由は、企業間での新卒採用の競争激化が関係しているためです。厚生労働省の発表した「一般職業紹介状況(令和3年2月分)について」によると、2021年2月の有効求人倍率は1.09倍と、新型コロナウイルス流行拡大による景気の低迷があったのにも関わらず、「売り手市場」と呼ばれる状態を維持しています。売り手市場とは、求人数が求職者の数を上回っている状態のことです。そのため、企業は獲得競争の激しい新卒者だけではなく、新卒者と同世代である第二新卒の採用を進めることで、必要な人材を確保しようとしています。

第二新卒の採用は積極的に行われているのグラフ図

引用:
厚生労働省
求人、求職及び求人倍率の推移

第二新卒ならではの強みもある
新卒入社してすぐ転職した人ならではの強みもあります。短期間とはいえ社会人経験を積んでいるため、基本的な仕事に対する姿勢やビジネスマナーが身に付いている部分は、大きな強みといえるでしょう。会社をすぐ辞めたからといって悲観的になるのではなく、自信を持って、強みを最大限アピールすることで、転職活動がスムーズに進みます。

新卒でも転職したくなる理由

ここでは、新卒で入社した会社をすぐ転職したくなってしまう理由で、よく挙げられるものを紹介します。自分の状況と照らし合わせてみましょう。

会社の雰囲気が自分と合わない

新卒で入社した会社の雰囲気が自分と合わず、転職を考える人は多いようです。実際に働き始めると想像との雰囲気のギャップを感じることは珍しくありません。たとえば、内向的な性格であるのにも関わらず、賑やかな人ばかりの会社に入社した場合は、居心地の悪さを感じることもあるでしょう。

残業や休日出勤が想像以上に多い

新卒で入社した会社の残業や休日出勤があまりにも多いと、転職したくなることも十分考えられます。多少の残業は覚悟していても、想像以上に続くと肉体的にも精神的にも疲弊していくでしょう。また、労働環境の改善は会社全体での大きな改革がないとなかなか難しいものです。特に、新卒社員は、「自分だけ残業しません」とは言いづらい立場にいます。そのため、今後も残業や休日出勤が続くなら、早めに見切りを付けて転職をしようと思うのも無理はありません。

人間関係が悪い

職場の人間関係があまりにも悪い場合は、新卒でも転職を考えてしまうケースは多いようです。特に、新卒入社の場合は上司の𠮟責や指導にストレスを抱える人が数多くいます。なお、特定の人物との不和や意見の食い違いは、部署異動や転勤で状況が改善されることも。入社してすぐのタイミングでの転職にリスクを感じる人は、異動や転勤ができる環境であるかを確認してみましょう。すぐには難しくても、人事異動のタイミングで状況を改善できる可能性があります。

ノルマが厳しい

営業ノルマや売上ノルマがある会社に新卒で入社した人のなかには、ノルマの厳しさが辛いという理由で転職を考える人も少なくありません。労働環境の悪い会社には、元から達成の難しいノルマや目標を課され、残業や休日出勤をしても達成できないようなところも。また、性格によっては仕事の出来不出来が数字となって可視化されることがプレッシャーで、大きなストレスを感じてしまう人もいます。目標がある方が仕事がスムーズに進む人もいますが、そうではない場合は、入社1年目であっても転職をして自分の性格に合った仕事を探してみましょう。

会社の経営状況が悪い

新卒で入社した会社であっても、経営状況が悪く将来のビジョンが描けない場合は、早めに転職をするのも一つの方法です。できるところまで続けることで、知識や技術が身に付き、その後の転職がスムーズに進む可能性もあります。しかし、業界や職種自体に勢いがなく、将来性が見込めない場合は早めに退社をし「第二新卒」としてほかの分野で転職活動をした方が、時間を有効に活用できるでしょう。

新卒でもすぐに転職したくなったときは「新卒入社後すぐ転職したいとき…どうするのが正解?」のコラムも参考にしてください。

入社前のリサーチはしっかり行う
入社してすぐ辞めたくなる理由には、入社前のリサーチを入念に行うことで防げるものもあります。たとえば、会社の雰囲気や社風は、職場見学やインターンシップで確認できるでしょう。また、労働環境については、会社の口コミが載っているWebサイトで内部情報を知れる可能性があります。転職先を選ぶときは以上の点に気を付けることで、同じ失敗をするリスクが減らせるので、参考にしてください。

第二新卒として転職するときの注意点

新卒で入社した会社を退社し、第二新卒として転職活動をするときの注意点を紹介します。第二新卒の場合、新卒者とは違った転職活動のコツがあることを知っておきましょう。また、自分自身としっかり向き合い、転職したいと思った理由や原因を整理しておきます。

会社から逃げ出すために転職しない

新卒入社した会社から、逃げ出すために転職するのは避けた方が良いでしょう。まずは、辞めたいと思った理由を整理します。そのうえで「転職しなければ改善できない理由なのか」「退職せずに続けられる方法はないか」を考えるのです。特に、新入社員の場合は仕事に慣れることで転職したいという気持ちに変化が起きることも珍しくありません。冷静に考えたうえで転職しか状況を変える方法がないのであれば、行動に移すべきです。

転職先が決まったタイミングで会社を辞める

新卒で入社した会社を辞めるのは、転職先が決まってからにするのが賢明です。無職の状態で転職活動をすると焦ってしまい、冷静な判断を失ってしまう可能性があります。冷静に次の会社を見極めるためにも、働きながら並行して転職活動を行うようにしましょう

新卒時の就職活動とは違ったアプローチが必要

第二新卒としての転職活動は、新卒時の就活とは違ったアプローチが必要といえます。新卒時の就職活動は、多くの会社に応募し、説明会やインターンシップに参加する方法が主流です。しかし、第二新卒の就職活動では「自分に合っている長く働き続けられる会社」を探すことに重点を置きます。新卒入社した会社の労働条件や雰囲気が自分に合っていないことが原因で転職に至っているため、よく見極めて転職先を探さないと、また同じ状況になってしまう可能性も。数多くの企業にやみくもに応募するのではなく、一つひとつの企業のリサーチを入念に行うようにしましょう。

新卒で転職することになった原因を人のせいにしない

新卒で転職することになった原因を深く追求せず、人のせいにするのは避けましょう。「企業のリサーチが甘かった」「自分の適性が分かっていなかった」といった反省をせずに転職活動をすると、同じことの繰り返しになる可能性があります。冷静になり自らの改善すべき点を見つめ直すことで、転職に失敗しづらくなるでしょう。

自分に合った企業を選ぶには自己分析が必須
自己分析とは、今までの人生や経験を振り返り「自分はどのような人間なのか」「どのような考えの持ち主なのか」を客観視することです。新卒の就職活動では積極的に行われていますが、転職活動でも行うことをおすすめします。「紙に書き出す」「Webサイトのツールを使用する」などさまざまな方法がありますので、自分にあった方法を選びましょう。

新卒で入社してすぐの転職活動については「第二新卒の転職で大切な転職準備とは」のコラムも参考にしてください。

新卒でも転職したい人に向けて!成功させるコツを解説

新卒して入社した会社からの転職を成功させるコツは、優先事項を整理したうえで、計画的に転職活動を進めることです。また、選考を受ける際は入社してすぐ転職に至った理由の伝え方も重要でしょう。

計画的に転職活動を進める

新卒で入社してすぐの転職活動は、綿密な計画を立てながら行いましょう。新卒時の就職活動でもスケジュール管理は重要です。しかし、同学年が一斉に就職活動を開始するため、スケジュールはある程度自然に決まってきます。一方、第二新卒としての転職は人数が少なく、スケジュールも企業や人それぞれです。そのため、計画性を意識して転職活動を進めていく必要があります。

第二新卒者が転職活動をするべきタイミングは?
第二新卒者が転職活動をするタイミングは、4月入社の時期が良いといわれています。その理由は、新卒者も入社する時期であるため、研修や教育をしっかり受けられるからです。また、同期入社の人も多く会社にも馴染みやすくなります。以上の点を考慮し、転職活動や今の会社の退職手続きのスケジュールを組むと良いでしょう。

優先すべき条件を整理する

入社して間もなくでの転職活動は、優先すべき条件を明確にしてからにしましょう。選考を受ける企業を選ぶうえで、「これだけは譲れない」という条件を決めます。たとえば、新卒で入社した会社の転職を検討するに至った理由が「労働環境の悪さ」であれば、「年間休日数」や「残業の有無」といった条件を軸に企業を選びましょう。さまざまな面で好条件の求人ばかりに応募すると、なかなか内定が得られないといった事態になりかねません。新卒で入社した会社を続けられなかった原因も考慮して企業を選ぶことで、またすぐに辞めたくなるという失敗も防げます。

将来像を具体的にイメージする

転職を成功させるコツは、将来像を具体的にイメージすることです。「◯年後にはこのポジションに就きたい」「新規事業を立ち上げたい」といった将来像を明確にすると、そのために選ぶべき会社が明確になります。それにより、会社と自分とのミスマッチが防げるメリットもあるでしょう。短期間で何度も転職を繰り返すのは好ましい状況ではありません。次の会社で長く働き続けるためにも、なりたい将来像をイメージし、そのために選ぶべき会社に絞って選考を受けるようにしましょう。

新卒で転職した理由を前向きに言い換える

新卒入社してすぐの転職活動では、転職理由をポジティブに言い換える工夫をします。入社してから短期間で転職をする場合、面接では転職理由を必ず聞かれると考えても良いでしょう。虚偽の内容をは許されないものの、後ろ向きな理由を正直に伝えることにより、面接官に与える印象が悪くなる可能性があります。本当のことでも言い方を工夫することで、与える印象が変わってくるのです。たとえば、「仕事内容が合わなかった」という転職理由は「ほかに興味のある仕事が見つかった」と言い換えると、前向きで意欲的な印象に変わります。

転職理由の伝え方については「転職理由を面接で聞かれたら本音を伝える?前向きさを示す書き方の例文とは」のコラムも参考にしてください。

第二新卒者が転職活動でアピールすべきポイント

新卒入社してすぐの転職活動では、社会人として経験したことや成功体験から得たものを積極的にアピールしていく必要があります。

仕事での成功体験

新卒入社してすぐに転職した場合でも、仕事で得た成功体験を面接や履歴書でアピールするようにしましょう。短期間の勤務でも、よく思い返してみると成功した経験があるものです。大きな成功である必要はなく、小さなことでも採用担当者へのアピールになります。

困難を乗り越えた出来事

仕事で体験した困難を、どのように乗り越えたかを伝えるのも自己PRとして有効です。面接官は、困難に直面したときにどのような行動を取るのかで、応募者の危機管理能力を図ります。新卒で入社してから短期間で転職したとしても、トラブルに適切に対処できる人は、企業としても必要な人材と判断されるでしょう。

意思の強さをアピールする
新卒1年目での転職活動では、意思の強さをアピールするようにしましょう。採用担当者は入社してすぐに転職しようとしている人を、「意思が弱い人」「我慢が足りない人」という印象を持つ場合もあります。そのため、仕事での困難や逆境を乗り越えた経験を積極的に話し、意思の強さを示す必要があるのです。

仕事から学んだこと

転職活動では、前職で学んだことをアピールしましょう。社会人として会社で業務を行っていた経験は、短期間でも十分なアピールポイントになります。具体的に習得したスキルや知識を伝えるとより好印象です。なお、選考を受けている企業の業務には関係のない技術を伝えても、効果がない場合があります。企業の業務に活かせるような事柄を伝えるように意識しましょう。

新卒入社してすぐの転職を考えている人は、ハタラクティブを利用してみませんか?ハタラクティブは若年層に特化した転職エージェント。第二新卒が応募可能な求人のみに絞ってご紹介することで、効率的なお仕事探しをサポートします。
また、専任のアドバイザーが求職者の状況に合わせて応募書類の添削や面接対策を行いますので、「新卒の就活がうまくいかなかった」「1社目の会社選びに失敗してしまった」という方もご安心ください。優良企業の中から、あなたのご希望や適性に合ったお仕事をご提案いたします!
次こそは、納得いく就職を叶えてみませんか?

新卒入社した会社を転職したい人向けのお悩みQ&A

新卒1年目の転職は、気を付けるべきポイントがあります。ここでは第二新卒の転職を成功させるコツを紹介しますので、参考にしてください。

新卒入社したばかりでも転職できますか?

新入社員でも転職することは可能です。ただし、どうしてもという理由がない場合は、入社後すぐの転職はおすすめできません。早期離職はマイナスイメージを与えやすく、次の転職に影響を及ぼす可能性があるからです。入社すぐの転職を迷っている場合は、「新卒入社後すぐ転職したいとき…どうするのが正解?」をご覧ください。

第二新卒とはどのような人のことですか?

第二新卒とは、新卒入社後3年以内に転職活動をする人を指します。第二新卒は、教育機関を卒業してから日の浅い若年層であるため、積極的に採用を進めている企業も多くあるのです。第二新卒の転職については、「第二新卒のための転職成功の秘訣」のコラムも参考にしてください。

転職した理由の答え方のコツはありますか?

新卒入社してすぐに転職した理由は、前向きに言い換える必要があります。嘘を付くのはNGです。しかし、理由によっては正直に答えると採用担当者にマイナスなイメージを与える可能性があります。転職理由の答え方は「面接で答える退職理由が思いつかないときは?上手な答え方を解説!」のコラムも参考にしてください。

第二新卒の転職活動の注意点は何ですか?

第二新卒の転職活動では、自分に合った企業に焦点を当てて選考を受けましょう。新卒時のように多くの企業に応募する方法では、企業と自分とのミスマッチが起こり、またすぐ転職することになってしまう可能性があります。新卒で入った会社と自分の合わなかった点を分析し、それを活かした企業選びが重要です。「第二新卒にオススメの転職先」のコラムも参考にしてください。

第二新卒が転職しやすい時期はありますか?

第二新卒が転職しやすいのは4月入社のタイミングです。理由は、企業が新卒と併せて多く募集を行っているためです。また、同世代の新卒入社組と同期になれることから、会社に適応しやすくなるでしょう。第二新卒の転職が不安な方は「ハタラクティブ」をぜひご利用ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 働くことに疲れてフリーターに。医薬品への興味からドラッグストアで再び正社員の道へ
    働くことに疲れてフリーターに。医薬品への興味からドラッグストアで再び正社員の道へ

    就職前

    販売職(アルバイト)

    就職後

    販売職(正社員)

    詳細見る

  • エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは
    エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは

    就職前

    飲食店 アルバイト

    就職後

    ネットワークエンジニア

    詳細見る

  • 施工管理技士の経験を活かし、建設現場のプロフェッショナルを目指す!
    施工管理技士の経験を活かし、建設現場のプロフェッショナルを目指す!

    就職前

    施工管理

    就職後

    施工管理

    詳細見る

  • 短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事
    短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事

    就職前

    支庁で事務補助(臨時職員)

    就職後

    学習塾チェーンの事務職(※紹介予定派遣)

    詳細見る

  • エンジニアから念願の営業職に!転職の秘訣はLINEでの面接対策と「笑顔」?
    エンジニアから念願の営業職に!転職の秘訣はLINEでの面接対策と「笑顔」?

    就職前

    エンジニア

    就職後

    営業

    詳細見る

  • 良好な職場環境で働いていた専門学校卒30歳。それでも転職を決意した理由とは?
    良好な職場環境で働いていた専門学校卒30歳。それでも転職を決意した理由とは?

    就職前

    営業

    就職後

    エンジニア

    詳細見る

  • 先輩の後を追って入社するも失敗、ハタラクティブで社会人生活を再スタート
    先輩の後を追って入社するも失敗、ハタラクティブで社会人生活を再スタート

    就職前

    就活アドバイザー

    就職後

    営業職

    詳細見る

  • 新卒内定を断ったのにやりたいことがない…キャリアを重視した21歳の就職成功談
    新卒内定を断ったのにやりたいことがない…キャリアを重視した21歳の就職成功談

    就職前

    無職

    就職後

    CADオペレーター

    詳細見る

  • 「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで
    「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで

    就職前

    ラーメン屋(アルバイト)

    就職後

    エステティシャン

    詳細見る

  • 大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは
    大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは

    就職前

    スポーツインストラクター、介護職(アルバイト)

    就職後

    営業職

    詳細見る

第二新卒から正社員へ 体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION