転職活動にはどれくらいかかる?短期間で終わらせるコツ

転職活動にはどれくらいかかる?短期間で終わらせるコツの画像

【このページのまとめ】

  • ・転職にかかる期間平均は3~6ヶ月とされている
  • ・転職にどれくらいかかるかは、スタートのタイミングによっても異なる
  • ・転職にどれくらいかかるかは、事前準備の仕方によっても大きく変わる
  • ・目的を明確にしないで理想ばかり追っていると、転職活動を長引かせる可能性が高くなる
  • ・転職エージェントを利用することで転職期間を短くすることができる

転職するまでにどれくらいかかるか気になって、なかなか行動に移せないという方もたくさんいると思います。
一般的に、転職期間は3~6ヶ月かかるといわれているので、半年以上転職活動が続く場合はやり方を見直すのがおすすめ。
このコラムでは、転職までの流れや活動期間を長引かせてしまう原因を詳しく解説。転職活動が長引くことで起こるデメリットを知り、短期集中で終わらせましょう。

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

転職するまでにどれくらいかかる?

一般的に、転職活動にかかる期間は3ヶ月から6ヶ月といわれています。
厚生労働省が実施した「転職者実態調査」によると、転職活動を始めてから直近の勤め先を離職するまでの期間で最も多かったのが「1ヶ月以上3ヶ月未満」(27.2%)。「1ヶ月未満」(19.3%)、「3ヶ月以上6ヶ月未満」(14.8%)も多い一方で、「転職活動期間なし」という方も25.8%いることが分かります。
勤め先を離職してからの転職期間で最も多いのは、「1ヶ月未満」の29.4%。この結果から、離職後の転職活動は離職期間が長引くことを懸念している方が多いことが分かるでしょう。

参照元
厚生労働省
平成27年転職者実態調査

転職にどれくらいかかるかは人によって異なる

一般的な期間として「3ヶ月から6ヶ月」といわれていますが、転職希望者の状況によって異なるのが実情でしょう。
たとえば、今の会社に大きな不満は持っておらず、「もっと良い条件があったら転職したい」と考えているなら、急がず希望条件の求人が見つかるまで気長に転職活動をするのは珍しくないこと。しかし、現職の会社の管理体制に問題があったり、ハラスメントなどで心身に影響が出ていたりするなら、一日でも早い離職を目指して短期間で転職活動を行うでしょう。自分が置かれている状況を加味して、無理のないスケジュールを組むことが大切です。

転職活動をいつからはじめるのが良いか知りたい方には、その答えや転職活動のスケジュールなどを詳しく紹介しているコラム「転職活動はいつ始める?必要な期間の目安とは」がおすすめです。また、効率的に転職活動を進めたい方におすすめなのが、「転職期間の長期化はNG!効率のよい転職活動の仕方」。じっくり読んで転職活動に役立ててください。

転職活動の流れ

転職活動の流れは、基本的には就職活動と変わりません。最初に自己分析や企業選びの軸を定め、合致する企業を見つけて応募。選考を経て内定が出たら現職の会社との退職交渉を行います。退職日が決まったら業務の引き継ぎをして退職手続きを行い、終了です。各段階で実施することは、下記にまとめました。

転職準備

転職を成功させるには、「どんな仕事をしたいのか」「転職でなにを実現したいのか」「なぜ転職するのか」といった転職の軸を定めることがポイント。「今より条件が良い仕事」「今の仕事に飽きたから」など明確な目的のない転職活動は長期化しやすく、成功度や満足度も低くなります。
転職の軸が定まれば、希望条件も自ずと見えてくるでしょう。職種や業界、業種で絞り込むことで、ミスマッチの少ない転職につながります。
合わせて、書類や面接の対策にもなる自己分析や業界・企業研究も行ってください。「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」「企業研究によって転職を成功させる方法を解説!情報の集め方も詳しく紹介」のコラムも参考になるでしょう。
準備期間は、おおよそ2週間~1ヶ月が目安です。

必要なアイテムも揃えておく
転職に際して、履歴書は必ず使用するもの。転職を決意した時点で用意しておき、いつでも作成できる状態にしておくのが理想です。また、現職でスーツを着用していないなら、スーツ本体だけでなく靴やカバンなども用意しておきましょう。

求人への応募

準備段階で転職的に求めるものや条件を洗い出したら、合致する求人を探して応募していきます。1社ずつ応募して結果を待って…とするよりも、複数社にまとめて応募するのが効率的。求人情報は刻々と変化するので、時間をみつけてチェックしておきましょう。
書類を送付するときは、企業毎に内容を変えてより高いアピールを狙います。なかなか書類選考を通過しないときは、「書類選考に通らない…そんな時気をつけたいポイントとは」のコラムを参考に、やり方を見直してみてください。

面接・内定

書類選考を通過すると面接に進みますが、転職活動では2回程度が平均的。現職での実績や経験、転職をする理由など、想定できる質問に対して準備を行います。一次、二次面接ではスキルや経歴などの部分を見られることが多く、最終面接では会社とのマッチング度を見られる傾向にあるようです。それぞれの段階によって面接官が重視しているポイントは異なるので、事前に対策して臨みましょう。
応募から内定までは、1~2ヶ月程度かかるのが平均のようです。

退職に向けた準備

無事に内定をもらったら、現職の退職に向けて交渉や手続きを行います。
内定連絡に対する返答は2~3日以内を目安に、遅くとも1週間以内がマナー。上司への退職報告も同時期に終わらせましょう。業務の引き継ぎをスムーズにするために、マニュアル化するのがおすすめ。取引先など関係各所への挨拶も行います。退職の手順や手続きについては「会社の辞め方や手順を解説!退職する際の注意点や理由例も紹介」のコラムでご確認ください。
最短で転職を成功させたいという方は、転職全体の流れなども詳しく書かれているコラム「最短で転職を成功させるなら、全体の流れを押さえよう!」をじっくり読んでください。

転職活動を行うのは在職中?退職後?

転職活動のフローは前項で紹介した通りですが、重要なのは退職するタイミング。
在職中に転職するか退職後に転職するかは置かれた状況によって異なりますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。詳しく解説するので、自分はどちらが向いているのか考えてみましょう。

在職中に行う場合

在職中に働きながら転職活動を行うというやり方。
経済的に安定している、退職後にブランクができずすぐに働き始められる、退職後の保険などの手続きを転職先の企業で行ってもらえる、転職活動が長引いても焦らずに済むといったメリットがある一方で、転職活動に集中する時間が取りづらい、面接のスケジュールが合わせづらい、仕事仲間に隠しながら行動する必要がある…などのデメリットもあります。
時間的な余裕がないので大変ではありますが、金銭的、精神的に余裕を持って転職活動に取り組めるのは大きなメリットといえるでしょう。

退職後に行う場合

現職の仕事を退職してから転職活動を行うというやり方。
時間的な余裕があるので面接等のスケジュールを調整しやすい、転職活動に集中できるというメリットがありますが、収入が途切れてしまうため金銭的に負担が大きい、ブランクが長くなるのを恐れて妥協して転職先を決めてしまう可能性がある…などのデメリットが存在します。
転職活動に集中したい人には向いている方法ですが、空白期間が長引かないようにする注意が必要です。

転職期間を長引かせてしまう3つの要因

転職活動は、短期間で終わらせるのが得策。長引いてしまうと転職に対する意欲の低下や焦りが生まれ、思うような結果にならない可能性があります。転職活動を長引かせないためにも、「長引く要因」を理解しておきましょう。

1.下準備をきちんとしないまま転職活動をはじめる

転職活動の流れで触れた退職準備が不十分だと、転職にかかる期間は長くなってしまいます。準備が不十分ということは、「なぜ転職したいのか」「転職で何を叶えたいのか」「どんな仕事に転職したいのか」といった転職の軸が定まっていないということ。明確な目的なく求人に応募しても、選考を通過することは少ないでしょう。しっかりと下準備を行ってから応募したほうが、結果的に短期間で終わることは珍しくありません。焦って応募せずに、準備をしっかり整えましょう。

2.目的が不明確なまま理想だけを追いかける

「今よりも好条件で働きたい」など、具体的な目的のない転職活動は難航するもの。理想に合う会社を見つけることは困難ですし、目的のない転職では例え内定をもらえても、満足せずにまた同じ理由で転職を繰り返してしまうでしょう。転職を現実的にとらえて、具体的な目的を設定してみてください。

3.ゴールを設定していない

「△月までに転職活動を終わらせる」など、期間的なゴールを決めましょう。ダラダラと続けてしまうと、いつまで経っても転職活動は終わらないもの。「来年の4月から新しい会社で働きたい」とゴールを決め、「4月から働き始めるには2月には内定をもらって退職を伝える必要がある」「2月に内定を取るためには年末には応募先を決めておく」「年末に応募先を決めるには10月から準備が必要」と、ゴールから逆算してスケジュールを組むのがおすすめです。どの段階でどれだけの期間が必要になるかは人それぞれ。自分が抱えている業務なども考慮して予定を立てましょう。

退職後の転職活動は長引きやすい?
退職してから転職活動を行うと、時間に余裕があることから長引いてしまう方もいるようです。しかし、離職期間が長くなればなるほど転職活動に影響を及ぼし、なかなか決まらず焦ってしまうことも。焦って転職先を決めるとミスマッチを起こしやすくなるので注意しましょう。離職期間が長くなってしまったら、内定が出ない理由を振り返ってみたり、自己分析などの準備を改めて行ったりしてこれまでの転職活動を見直してみてください。

転職期間を短くする4つのコツ

転職活動を短くするには、下準備を入念に行うこと。そのほか、退職を伝える方法や引き継ぎ方法も、退職にかかる時間を左右します。退職日が長引けば転職先に迷惑をかけることに。自分のモチベーションを保つためにも、転職期間は短く抑えるのがおすすめです。

1.下準備を入念に行う

これまで何度か説明したように、転職を成功させるには入念な下準備が必須。求人に応募して選考の結果が芳しくないと思ってから自己分析や企業研究を行うのではなく、あらかじめ準備しておきましょう。また、自分が仕事に何を求めているのか、逆にどんな仕事は避けたいと考えているのかを明確にするのもポイント。自分に向いている求人を効率的に探すことができます。

2.引き継ぎの準備をしっかり行う

在籍中に転職活動を行う方は、転職先が予定以上に早く決まることも想定して、引き継ぎの準備を事前に行い、退職願いを提出してから短期間で離職できるようにしておきましょう。
自分が担当していた業務内容を記したマニュアルの作成や取引先の整理など、出来ることから始めるのがコツ。誰が引き継ぎ担当になっても大丈夫なように準備しておきます。

退職の意思は強く伝える

どれだけ転職活動がスムーズに進んでも、現職の退職交渉に時間がかかってしまうと入社時期がずれたり、最悪の場合は内定取り消しになったりする可能性も。就業規則で定められている退職願の提出期限を厳守するだけでなく、引き止めの対策として退職の意志が固いことを伝えましょう。引き止めについては、「退職を引き止められた時の対処法」でもまとめています。

3.応募方法を工夫する

早く転職先を決めたい場合は、許容範囲内でできるだけ多くの求人の応募することをおすすめします。この際にはくれぐれも他社と面接が被らないように、スケジュール調整をしっかり行いましょう。
ただし、闇雲に応募する訳ではありません。しっかり自己分析やキャリアビジョンに合致する企業を洗い出し、そのなかで応募対象となる企業を増やします。希望する業界・職種だけを見て応募してしまうと、社風や価値観といった点でミスマッチになることも。「発言しやすい社風」「チームワークが強い」「目指すキャリアをお手本となる社員がいる」など、業務内容以外の部分にも注目してみてください。

4.転職エージェントを利用する

転職期間を短くしたいなら、転職エージェントを利用することをおすすめします。
転職エージェントは利用者の希望や適性に合った求人を紹介してくれるので、自分で応募先を探す手間が省けます。また、書類提出や面接といったスケジュール管理もエージェントが行ってくれるので、自分で日程調整を行わなくてOK。「転職活動にかける時間が取れない」「なにから始めたら良いか分からない」といった方は、ぜひ活用してみましょう。

とはいえ、初めての転職活動では不安が多く、求人選びにも自信がない…と悩んでしまうことは多いでしょう。そんな方におすすめなのが、転職支援サービスのハタラクティブです。
ハタラクティブは若年層に向けた転職支援サービス。利用者の方にマンツーマンでカウンセリングを行い、その方に合った求人の紹介や書類作成のアドバイス、面接対策など転職活動を総合的にサポートしています。面接スケジュールの管理も代行しているので、在職中の忙しい転職活動を手伝ってほしい!という方にもぴったりです。サービスのご利用はすべて無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

多田健二

監修者:多田健二

就活アドバイザー

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A