新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. どのくらいかかるのが普通?転職期間について

どのくらいかかるのが普通?転職期間について

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・転職活動にかかる期間は、一般的に3か月から半年程度 
    ・自己分析や求人情報の収集→応募書類の準備、面接対策→求人応募→面接というステップで転職活動は進む 
    ・在職中の転職と退職後の転職にはそれぞれメリットとデメリットがあるので、しっかり理解した上で自分に適したほうを選ぶ必要がある 
    ・転職活動を長引かせないようにするには、事前準備をきちんと行う、目標期間を決めて逆算して行動する…などのポイントがある

転職活動をスタートしよう!と思っても、どの程度時間がかかるのかわからない、退職するタイミングはいつ…?と悩んでしまう人は多いのではないでしょうか。 
このコラムでは、転職活動にかかる期間や転職中にやるべきこと、長引かせないためのポイントなどをまとめました。 
これから転職活動に取り組みたい方は必見です。

◆転職活動にかかる期間はどれくらい?

一般的には、3か月から半年程度の期間で準備をして転職するという方が多いようです。
とはいえ、転職活動にどの程度時間がかかるかは人によって異なるもの。タイミングによってはこれよりも早く決まることもありますし、逆に長引いてしまう人もいるでしょう。
下記に転職活動のステップを紹介しますので、それぞれどの程度時間がかかるかを予測して転職活動の計画を立ててみてください。

【転職活動のステップ】

〈自己分析・求人情報の収集〉
まずは求人探しや書類作成、面接対策の軸となる自己分析を行います。
そこである程度どんな仕事がしたいかという意思が固まったら、並行して求人情報の収集を行いましょう。

〈応募書類の準備・面接対策〉
応募する求人が決まったら、履歴書や職務経歴書などの応募書類を準備しましょう。使い回しはせず、応募企業ごとに志望動機や自己PRを練り直したものにするのがポイント。企業に伝わる内容にするためには、業界研究や企業研究をしておくことが必須となります。
それと並行して、面接対策もしっかり行っておきましょう。質問される内容を想定し、どんな回答をするのかしっかり考えておくことが大切です。

〈求人へ応募する〉
ある程度準備が整ったら、順次応募していきましょう。同時期に複数の企業へ応募することになるので、面接などのスケジュール管理をきっちり行うことがポイントです。
在職中の転職活動の場合は、引き継ぎの準備なども行っておくと良いでしょう。

〈面接〉
企業によって回数は多少前後しますが、一般的には一次面接→二次面接→最終面接という3段階の面接が行われることが多くなっています。
一次、二次面接ではスキルや経歴などの部分を見られることが多く、最終面接では会社とのマッチング度を見られる傾向にあるようです。それぞれの段階によって面接官が重視しているポイントは異なるので、事前に対策して臨みましょう。

〈内定〉
書類選考や面接などを経て、応募企業から内定が出れば転職活動は終わりです。
在職中の場合は退職手続きなどを行ったのち、新しい企業に就業することになります。

一般的に、転職活動はこのようなフローで進みます。
これに沿って、まずは自分の転職計画を立てて活動を開始してみましょう。


◆転職活動を行うのは在職中or退職後?

転職活動のフローは前項で紹介した通りですが、重要なのは退職するタイミング。
在職中に転職するか退職後に転職するかは個人の自由ですが、それぞれにメリットとデメリットがあります。
詳しく解説するので、自分はどちらが向いているのか考えてみましょう。

【在職中に行う場合】

在職中に働きながら転職活動を行うというやり方。
経済的に安定している、退職後にブランクができずすぐに働き始められる、退職後の保険などの手続きを転職先の企業で行ってもらえる、転職活動が長引いても焦らずに済む…といったメリットがある一方で、転職活動に集中する時間が取りづらい、面接のスケジュールが合わせづらい、仕事仲間に隠しながら行動する必要がある…などのデメリットもあります。
時間的な余裕がないので大変ではありますが、金銭的、精神的に余裕を持って転職活動に取り組めるのは大きなメリットといえるでしょう。

【退職後に行う場合】

現職の仕事を退職してから転職活動を行うというやり方。
時間的な余裕があるので面接等のスケジュールを調整しやすい、転職活動に集中できる…というメリットがありますが、収入が途切れてしまうため金銭的に負担が大きい、ブランクが長くなるのを恐れて妥協して転職先を決めてしまう可能性がある…などのデメリットが存在します。
転職活動に集中したい人には向いている方法ですが、空白期間が長引かないようにする注意が必要です。


◆転職活動を長引かせないためのポイント

転職すると決めたからには、早く再就職先を見つけたいもの。転職期間を長引かせたくない…という人は、下記のポイントに気をつけてみましょう。

・自己分析や業界研究などの事前準備をしっかり行う

転職活動で大切なのは事前の準備。自己分析や業界、企業に対する研究が不十分なままでは、転職活動を続けてもなかなか内定にはたどり着かないでしょう。
まずはしっかり自己分析を行い、希望する求人の傾向に基づいて業界や企業についての研究を深めていくことが重要です。

・自分のやりたいこと、やりたくないことを明確にして求人を探す

先程の自己分析とも近い内容ですが、自分が仕事に何を求めているのか、逆にどんな仕事は避けたいと考えているのかを明確にしましょう。そうすることで、自分に向いている求人を効率的に探すことができます。

・ゴールとなる時期を設定し、逆算して行動する

「来年の○月には退職する」「○月から新しい会社で働きたい」…というように、まずは目標となる時期を決め、そこから逆算して行動しましょう。
「○月までに10社に応募する」など、途中段階の目標も細かく決めて行動すればより効果的です。

このように、転職活動を長引かせないようにするためにはいくつかのポイントがあります。
これらのポイントを押さえることで、効率的に転職活動を行うことができるのではないでしょうか。

とはいえ、初めての転職活動では不安が多く、求人選びにも自信がない…と悩んでしまうことは多いでしょう。そんな方におすすめなのが、転職支援サービスのハタラクティブです。
ハタラクティブは若年層に向けた転職支援サービス。利用者の方にマンツーマンでカウンセリングを行い、その方に合った求人の紹介や書類作成のアドバイス、面接対策など転職活動を総合的にサポートしています。面接スケジュールの管理も代行しているので、在職中の忙しい転職活動を手伝ってほしい!という方にもぴったりです。
サービスのご利用はすべて無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    おすすめ記事

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ