転職でやることをチェック!準備リストに沿って効率良く手続きを進めよう

転職でやることをチェック!準備リストに沿って効率良く手続きを進めようの画像

この記事のまとめ

  • 転職を決意したら、やることをリストアップすると良い
  • 転職はスケジュールを立てて計画的にやること
  • 転職活動では転職の目的を明確化して、しっかりとした軸を定めることが重要
  • 転職に伴う引っ越しでは、転出届や転入届の提出を忘れずにやること

転職したい気持ちはあるものの、「転職手順に不安がある」「転職活動でやることが分からない」と悩む方もいるのではないでしょうか。転職活動は自身の転職目的を明確化したうえで、スケジュールを組み計画的にやることが大切です。
このコラムでは、転職の準備から退職の手続きまで順を追って解説します。転職に伴う引っ越しで必要な転出・転入届や公共料金などの各種手続きについてもまとめているので、ぜひご参考ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職を決意したときにやることは?

転職を決意したら求人の情報収集や応募書類の作成、面接など、やることは多岐に渡ります。また、現職の退職手続きもしなければいけません。
転職時にやることリストは、以下のとおりです。

やること 詳細 かける期間
自己分析 これまでのキャリア・経験の棚卸し、自分の強み・弱みの再確認など 1週間程度
情報収集 業界研究
企業研究
職種研究
1週間程度
書類作成・応募 履歴書・職務経歴書 2週間程度
面接 面接の流れの確認
よくある質問の確認と対策
模擬面接
内定
退職準備 退職時期の交渉
業務の引き継ぎ
就業規則に記載されている期間

スムーズに転職活動を進めるためにも、上記でやることをチェックして、手続きに漏れがないようにしましょう。やることリストの各項目については、次項から詳しく解説します。
転職活動でやることについてお悩みの方は、「何から始めるべき?転職活動でやることとは」もぜひご参照ください。

転職活動は在職中から?辞めてから?

転職活動を始める時期で悩む方も多いようですが、なかなか希望条件に合う会社が見つからなかったり、思うような結果が出なかったりと転職活動が長引くことも大いに予測できます。今の仕事を辞めてからの転職活動は、時間こそあるものの無収入の時期が長くなり経済的に不安になるでしょう。焦りから転職先を妥協してしまう、空白期間が伸びてしまい選考で不利になるといった可能性も十分に考えられます。
働きながら転職活動を並行するのは大変なことですが、在職中なら転職活動を進めるなかで「転職の必要はないのでは」と転職そのものを取りやめることも可能です。収入も安定しているため、納得できる転職先が見つかるまで転職活動を続けられるのもポイント。転職活動は、できる限り在職中に行いましょう

退職時期はどうやって決める?

仕事を辞める時期に決まりはないため、自分のタイミングと就業規則に記載されている時期から決めましょう。多くの企業では、「退職を希望する3ヶ月前までに報告する」などと決められています。
ただし、繁忙期やプロジェクト途中で退職するのはできるだけ避けたほうがベター。「転職する時期は何月が良い?おすすめや避けるべきタイミングを解説」でも述べているように、転職しやすいとされている年度末や8~9月を目標に、逆算してスケジューリングするのがおすすめです。

転職活動開始から実際の転職までの期間

一般的に、転職活動を始めてから実際に転職が完了するまでは3ヶ月程度かかるといわれています。個人差はあるものの、転職を決意したら3ヶ月を目安にスケジュールを組んでみましょう。「転職活動にはどれくらいかかる?長引く要因や短期間で終わらせるコツを解説」のコラムでも、転職活動にかかる期間についてまとめています。

転職の準備をする

まずは、転職実現のためにやることへ向けた準備が必要です。転職の目的を明確にして、自分は今後何をやりたいのかを考えます。また、計画的に就活を行うには、転職のスケジュールを立てることも重要です。

転職の目的を明確化する

転職活動を始める前にやることとして、まずは転職の目的の明確化が挙げられます。納得のいく転職をするためには、転職を通して自分はどのような未来を実現したいのかをクリアにすることが大切です。
たとえば、「給料が安いから辞めたい」と思っている場合、「評価制度がしっかりしていて昇給が見込める会社に転職したい」という転職の目的が見出だせます。「残業が多いから辞めたい」という状況に対しては、「効率的に働ける会社に勤めたい」といった目的が考えられるでしょう。自身の転職理由を考えて、今後の転職活動の基盤を作ってみてください。

転職の軸を決める

効率的に転職活動を進められるよう、転職の軸をしっかりと決めておくのもやることの一つ。
転職の軸とは、次の仕事や転職先を選ぶときに重視する「仕事選びの基準」や「譲れない条件」のことです。しっかりとした転職の軸があれば、どの企業や業界を志望すべきか判断しやすくなります。志望動機や自己PRに説得力を持たせるのにも有効でしょう。
転職の目的を明確化するには自己分析が重要

自己分析を行って、自分が仕事に求めるものや叶えたいこと、強みと弱みなどを明らかにしましょう。そこから「転職の軸」「仕事選びの軸」を導き出すことで、転職の目的がクリアになります。自己分析については「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」のコラムがおすすめ。動画を交えて自己分析の必要性や具体的な進め方を解説しています。

転職活動の流れを把握する

転職活動をスムーズに進めるためにも、大まかな流れを把握しておきましょう。「とりあえず応募しよう」など安易に進めてしまうと、退職時のトラブルが起きやすくなる可能性が高まります。

やることリストを作成する

転職活動をするためには、何をいつまでに行うべきかリスト化をしましょう。自己分析や企業・業界研究、履歴書作成、面接練習など転職活動にはさまざまな準備が必要。やることをリスト化し、達成時期などを書き込んでおくとスケジューリングも簡単になるはずです。

希望する業界や職種の情報収集をする

転職の準備が出来たら、求人を探しましょう。求人探しでは、転職の軸を決めたり、業界・企業研究をしたりすることが大切な作業といえます。

求人をチェックする

求人誌や転職サイトなどで募集求人をチェックするのが、転職活動でやることです。まずは転職の可能性を広げるためにも、気になる求人をたくさん見てみましょう。
希望に沿った求人を知らせてくれたり、企業から直接オファーが受けられたりするサービスの利用もおすすめです。また、転職エージェントでは非公開求人も取り扱っているため、登録しておくと仕事の選択肢の幅が広がるでしょう。

業界・企業研究をする

求人の中から希望に合う企業を見つけたら、応募の前に企業研究を行います。企業研究とは、自分のやりたいことや志向に合うかどうかを見極めるために、企業について詳しく調べることです。
転職活動でやることとして企業研究をしっかりと行えば、入社後のミスマッチ防止につながります。また、業界自体の将来性や応募先企業の業界内での位置づけを知るために、業界研究も行いましょう。

企業の資料やWebサイトは隅々までチェック

転職活動で企業の情報収集をする際は、企業の資料やWebサイトなどをくまなくチェックしておきましょう。情報集めでは、採用情報はもちろん、社員インタビューや社内ブログなども併せて確認しておくことをおすすめします。職場の雰囲気や活躍している社員を知ることで、自分との相性度を測れる場合があるでしょう。また、効果的にアピールできる志望動機や自己PRの作成にも有効です。

書類作成をして求人に応募する

転職活動でやることには、履歴書や職務経歴書といった応募書類の作成もあります。応募書類ではきれいに分かりやすく書くだけでなく、限られたスペースで自己PRをすることが重要です。

履歴書を作成する

転職活動でやることとして欠かせない履歴書は、丁寧に分かりやすく書きましょう。誤字脱字は厳禁です。なお、転職活動で内定を勝ち取るには、自己PRや志望動機でほかの応募者と差をつける必要があります。自身のスキルや経験を通して、どのように会社に貢献できるかといった内容を記入すると良いでしょう。
履歴書はフォーマットによって、それぞれの項目の広さが違います。そのため、「履歴書の種類の違いとは?転職・新卒・バイトで選び方は異なる?」を参考に、自分をよりアピールできるフォーマットを選ぶことが大切です。

職務経歴書を作成する

職務経歴書は、これまでの仕事で得たスキルや経験をアピールする重要な書類です。新卒の就職活動では必要ありませんが、転職活動では多くの企業で提出を求められるため、転職のやることの一つに挙げられます。
履歴書のように決まったフォーマットはないものの、過去から時系列に書いていく「編年体式」や、現在から遡る「逆編年体式」、職種やプロジェクトごとにまとめた「キャリア式」などの記載方式があるので、自分のスキルや経歴に合わせて選ぶと良いでしょう。

応募書類はビジネスマナーを意識する

転職活動の応募書類は、ビジネスマナーに沿って作成してください。採用担当者は応募書類の書き方や提出の仕方を通して、応募者のマナーに対する意識の高さも確認しています。学校名や会社名は正式名称で記載する、証明写真は所定枠内にまっすぐ貼る、経歴の年度・月は正確に書くなど、応募書類の作成で基本的にやることをしっかり押さえておきましょう。
転職活動でやることとして不可欠な履歴書作成の詳細は、「履歴書の書き方は合格?転職時の履歴書作成ハウツー」もぜひチェックしてみてください。

面接対策をする

求人に応募したら、書類選考後に面接があります。転職活動のやることでは、内定に近づけるよう、面接対策をしっかりと行うのも重要です。

志望動機や自己PRを整理する

志望動機や自己PRは、面接で必ず聞かれる質問といっても過言ではないでしょう。そのため、転職理由や今後のキャリアプランとあわせて、伝えたい内容をしっかりと整理しておく必要があります。また、志望動機や自己PR以外にも面接官がするであろう質問をある程度想定し、それに対する回答を考えておくのも転職活動でやることとして大切です。「面接でよくある質問と回答例!転職者と新卒では内容が違う?」のコラムを参考に対策してみましょう。

企業に質問したいことをまとめる

転職活動の面接に際してやることには、逆質問への回答準備もあります。面接では、面接官から「何か質問はありますか?」や「弊社について聞いておきたいことはありますか?」などの質問をされる場合があるでしょう。そのときに「特にありません」と答えるのはおすすめできません。なぜなら、企業が逆質問をするのには、転職希望者の入社意欲を図ったり、企業との相性を確かめたりしようとする意図があるからです。入社後のミスマッチを防ぐためにも、事前に質問したいことをまとめておきましょう。

面接練習をする

転職活動でやることの一つには、面接練習も入れておきましょう。転職活動では、伝えたいことは決まっていても、実際に口にするとうまく説明できなかったり、緊張して話せなかったりすることがあります。面接練習をしておけば話し方のコツを掴めるため、面接当日の緊張緩和につながるでしょう。

面接練習では第三者の意見も聞いてみよう

転職活動で面接練習をする場合は、第三者に客観的な意見をもらうのがおすすめです。家族や友人、親しい先輩などに面接官役を頼むのも一つの方法。また、ハローワークや転職エージェントでも面接練習を行っているので、積極的に活用すると良いでしょう。もしも一人で面接練習をする場合は、録画や録音をして客観的な視点で見返すのが、転職活動でやることとして重要です。

退職と入社の準備をする

転職活動をして内定を獲得したあとも、入社日の調整や退職交渉、業務の引継ぎなど、やることは多くあります。下記で、それぞれの転職でやることを確認しておきましょう。

入社日の調整を行う

内定が決まったら、入社日の調整を行うのが転職でやることです。現職の有給休暇を消化している期間中に、別の企業へ入社することはできません。そのため、入社日は退職日よりもあとの日にちで設定する必要があります。
なお、企業によって「内定が出てから入社意思の結論を出すまでの期間」は異なりますが、およそ1週間程度が一般的です。転職後に後悔しないよう、内定先の労働条件をよく確認のうえ、問題がなければ雇用契約を結びましょう。

退職交渉をする

退職を希望する1〜2カ月前までに、退職交渉を行うのも転職でやることの一つ。法律上では、退職届を提出してから2週間後に退職が可能です。しかし、業務の引継ぎ等も踏まえて、退職の申し出は早めに行いましょう。

業務の引継ぎを行う

退職日が決まったら、後任者への引継ぎを行います。退職日までに間に合わないといった事態に陥らないよう、転職活動では退職でやることを計画的に進めることが大切です。日々の業務スケジュールや内容、トラブル時の対応などをまとめておけば、後任者がスムーズに業務へ取り掛かれるでしょう。

必要書類などのやりとり

転職するにあたって、会社に返却する必要がある鍵や社員バッジなどの備品、健康保険証などを退職日までに返却します。そのほか、雇用保険被保険者証や年金手帳を受け取る、住民税の支払い方法を確認するなども転職に際してやることです。源泉徴収票や離職票などの書類は、退職日以降に発行されるので、自宅へ郵送してもらいます。

保険や年金の手続きを行う

転職でやることには、保険や年金の切り替え手続きが含まれることもあります。
退職したあと働き始めるまでに期間が空く場合、健康保険の切り替え手続きが必要です。退職日の翌日には被保険者の資格を失うので、社会保険から国民健康保険に加入し直す、もしくは家族の扶養に入るといった手続きをしましょう。
年金に関しても、健康保険と同様に切り替えが必要です。職場で社会保険の厚生年金に加入していたのであれば、退職後に国民年金に加入し直して被保険者種別の切り替えを行います。

退職意思を示すのは転職先の決定後がおすすめ

勤め先に退職の意思を示すのは、転職先が決まったあとがおすすめです。前述したとおり、先の予定が立たないまま退職してしまうと、就職や収入面などへの不安から焦って転職先を決めてしまう恐れがあります。そうなれば、入社後のミスマッチを引き起こすリスクも。在職中に転職活動でやることを進められれば、気持ちに余裕を持てるため、より自分にマッチする職場を吟味できるでしょう。
ただし、在職中の転職活動は時間調整が難しい場合もあります。より効率的な転職活動を行いたい方は、転職エージェントの活用も視野に入れましょう。
転職による退職手続きでやることについては、「仕事を辞めたらすることは?もらえるお金や税金は?退職後の流れを解説」も併せてご参考にしてください。

転職に伴う引っ越しでやること

転職に伴って引っ越しをする場合は、転居先を探したり各種届を出したりしなければなりません。手続きに漏れがないよう、一つひとつやることをチェックしていきましょう。

転出届

転職で引っ越すときは、在住している市区町村の役所に転出届を提出します。手続きに必須な持ち物は、印鑑や国民健康保険被保険者証、本人確認書類などです。転出届の提出後は、「転出証明書」の発行手続きも行っておきましょう。転出証明書は、転入届を提出する際に必要です。
なお、同じ市区町村内で引っ越しをする場合は、転出届ではなく転居届を提出します。

転入届

引っ越し先の市区町村の役所に転入届を提出するのも、転職に伴う引っ越しでやることです。新居に住み始めた日から14日以内に手続きを行いましょう。持ち物は印鑑や国民健康保険被保険者証、本人確認書類、転出証明書が必要です。住民基本台帳カードを持っていれば、あわせて持参します。

印鑑登録

転出届の手続きと同時に印鑑登録が失効します。転職にあたって、これから住む市区町村で印鑑登録が必要な場合は、転入届の手続き後に印鑑登録を行うのもやることの一つです。印鑑と本人確認書類とともに、記入した印鑑登録申請書を提出すれば、即時で印鑑証明書を受け取れます。

公共料金の手続き

水道や電気、ガスなどの公共料金の手続きでやることは、転職での引っ越し前に済ませておきましょう。それぞれ電話やインターネットから申し込みが可能です。なお、ガスの開栓には立ち会いが必要なので、事前にガス会社に連絡をして立ち会い日を決めておくと良いでしょう。

郵便物の転送手続き

新居に引っ越しする前に、郵便局の窓口に転居届を提出しておくのも、転職でやることとしておすすめします。転居後1年間は、旧住所宛の郵便物を新住所先へ届けてもらえる転送サービスがあるためです。手続きが遅くなると旧住所に届いた郵便物が新居に届かないこともあるため、引っ越す1~2週間前に届けを出しておくと安心でしょう。

各種住所変更手続き

転職による引越しでは、運転免許証や銀行、クレジットカード、保険などの住所変更の手続きも必要です。特に最初にやることとして、運転免許証が挙げられます。運転免許証は本人確認書類として使用できる証明書のため、早めに手続きを行うと良いでしょう。手続きは、引越し先を所轄する警察署に出向く必要があります。

ここまで、転職を決意したらやることをまとめました。
転職をするには、さまざまな手続きが必要です。円満退職をして、スムーズに新しい仕事を始めるためにも、転職手続きに漏れがないようにしましょう。

退職や転職のお悩みは、ハタラクティブへご相談ください。
専任の就活アドバイザーがカウンセリングを行い、「転職を決めかねている」「方向性に悩んでいる」「転職活動でやることが分からない」という方の相談に対応しています。
実際に転職を決断した方へは、未公開の求人紹介にくわえて、面接対策や円満退社に関するアドバイスを実施。入社後のフォローまで行っているので、まずはお気軽にお問い合わせください!

転職活動の疑問に答えるQ&A

転職活動を始める人が抱きがちな不安や疑問を、Q&A形式で解消していきます。

転職活動にかかる期間はどれくらい?

転職活動にかかる平均的な期間は、3〜6カ月といわれています。 すでに退職している人や今すぐ転職したい人は、「◯カ月以内に転職先を決める」と目標を決めて行動するのがポイントです。転職活動の流れやスケジュールは、「もっと時間があれば…後悔しないための転職スケジュール」で解説しています。

転職活動は在職中と退職後どっちにする?

経済的に余裕を持って転職活動したい場合は、在職中の転職活動がおすすめです。在職中は収入があるので、納得のいくまで転職先を選べます。一方、現職が忙し過ぎて転職活動と両立できない人は、退職後に活動しても良いでしょう。その場合は、事前に数カ月分の生活資金を貯めておくのがポイントです。 転職活動の時期に迷う方は、「転職活動は退職後と在職中のどちらが良い?見極めポイントと不安解消のコツ」も参考にしてください。

在職中に転職活動するコツは?

限られた時間を有効活用するため、通勤などの移動時間に求人を検索したり、有給休暇を使ったりしましょう。転職活動が勤め先にばれると仕事がやりづらくなるため、転職活動していることは伏せておくのが一般的です。ハタラクティブでは、求人提案だけでなく面接日程の調整も代行し、忙しい在職中の方の転職をサポートしています。

異業種への転職は難しい?

異業種への転職は年齢が上がるほど難しくなりますが、20代であればチャレンジする価値があります。また、異業種であっても、前職の経験を活かせる場合はやり方次第で転職可能です。異なる職種に就きたいときは、コミュニケーションスキルやパソコンスキルなど、どの業界でも役立つ能力を積極的にアピールしましょう。

退職意思はいつまでに伝える?

退職を希望する日の1〜2カ月前までに伝えるのが一般的ですが、正確な時期は職場ごとの就業規則を確認してください。退職意思はまず初めに直属の上司に伝えるのがマナーです。必要な手続きや対応を行ったうえで、今までお世話になった感謝の言葉を添えることが円満退職につながります。

この記事に関連するタグ