転職時に行われる性格検査と能力検査とは?対策や注意点をご紹介

転職時に行われる性格検査と能力検査とは?対策や注意点をご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 転職活動の採用選考では、適性検査を行う企業がある
  • 適性検査では、「基本的な能力の基準」や「将来性の有無」が判断される
  • 転職時に行う適性検査には多くの種類があり、それぞれレベルや目的が違う
  • 適性検査は、能力検査と性格検査に大別できる
  • 能力検査は過去問で対策がとれるので、積極的に活用しよう
  • 性格検査では、嘘のない範囲で企業が求める人物像にマッチする答えを選ぶと良い
  • 性格検査に回答する際は、応募する職種でどのようなスキルが求められるかも考えよう

転職活動で行われる性格検査では、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。採用試験では、書類選考や面接だけでなく、性格検査を含めた適性検査が行われることが少なくありません。このコラムでは、適性検査を行う目的や種類、対策方法、注意点などについてまとめています。転職での採用選考によく用いられる検査について、一緒に勉強していきましょう。知識と心の準備をして、より良い転職活動につなげてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

転職の選考で行われる適性検査とは?

新卒採用の際によく耳にする「適性検査」。実は、転職の採用選考でも実施している企業が多くあるようです。そこで、適性検査を行う企業側の意図と、検査の種類について確認していきましょう。

適性検査の目的

適性検査を行う企業側の意図とは、一体どのようなことなのでしょうか。募集に対し多数の応募があった場合、その中から効率的に優秀な人材を選考するには有益な情報が必要です。一般的に、適性検査からは「基本的な能力の基準」や「将来性の有無」が分かるとされています。つまり、企業側は適性検査を通して、求職者の能力の程度や企業との相性などを見ているといえるでしょう。

適性検査の種類

選考試験において、よく使用される適性検査には、以下のようなものがあります。

SPI

リクルートマネジメントソリューションズが開発したものです。人柄や仕事への適性、どんな組織になじみやすいのかが分かる内容になっています。SPIについては、「適性検査とSPIの違いとは?テストの内容や受検の注意点も解説」で詳しくまとめているので、あわせてご覧ください。

玉手箱

日本SLHが販売しています。問題の出題パターンは、計数3種類、言語3種類、英語2種類。一般的に、職務への適性と同時にバイタリティやプレッシャーへの忍耐力も計るようです。

CAB

日本SLHが販売。試験の科目には、暗算、法則性、命令表、暗号の4科目があり、SEやプログラマーなどIT系の職業への適性を診断します。

GAB

日本SLHが販売しています。検査科目は、言語・計数・性格診断です。知的能力や人間性、マネジメント適性などを計ります

SCOA

NOMA総研が提供する採用支援サービスで、言語、数理、倫理、常識、英語などの基礎的な知的能力を検査。パーソナリティの傾向も見られます。

TAP

日本文化科学社が実施している適性テストで、「総合タイプ」「性格タイプ」などのメニューがあります。数学中心の能力検査と性格検査で構成された「総合タイプ」が出題されることが多いようです。

未経験OK多数!求人を見てみる

適性検査を構成する「能力検査」と「性格検査」の特徴

適性検査は、「能力検査」と「性格検査」に分けられます。以下で、それぞれの特徴と試験対策について考察していきましょう。

能力検査の特徴と対策

能力検査では、主に一般常識のレベルや基礎学力が判定されます。教科は、算数や数学、国語、英語、歴史など。言語分野では、語彙力や読解力、文章作成能力、意思伝達能力などが問われ、非言語分野では、計算問題や図表の読み取りなどからデータ処理能力や実務処理能力が問われます。能力検査はある程度パターン化されているため、過去問題に取り組み事前準備をしっかりすることが大切です。過去問で試験対策ができるので、まずは書店で過去問題集を探してみると良いでしょう。能力検査への対策方法については、「適性検査とは?合格するポイントを詳しく解説!面接と併せて対策しよう」で具体的にまとめているので、参考にしてみてください。

性格検査の特徴と対策

性格検査は、応募者の人間性を見るために行われます。問いに対して「はい」か「いいえ」の二択で回答するタイプが主流のようです。模範的な人物像を築こうとし、自分の意思とはかけ離れた回答をすることは止めましょう。回答の内容と面接での受け答えに相違があると、虚偽と判断されてしまう可能性もあるため、なるべく正直に答えることが大切です。ただし、企業側が求める人物像とあまりにかけ離れてしまっては、内定に繋がりにくくなってしまうのも事実。性格検査では、嘘のない範囲で、できるだけ企業が求める人物像にマッチする答えを選ぶと良いでしょう。

転職活動では企業が求めているスキルを把握しておこう

職種によって、企業が求めるスキルは違います。たとえば、営業職では行動力、事務職では慎重さや正確性などが求められやすいでしょう。転職活動では、性格検査を含めて、企業がどのようなスキルを求めているかを知っておくことが重要です。転職に役立つスキルについては、「転職に役立つスキル一覧!仕事が変化しても通用するポータブルスキルとは?」でまとめているので、あわせてチェックしてみてください。

転職は、人生において一大決心に相当するほどのイベントといえます。より良い企業と出会うためには、転職エージェントを利用するのも1つの方法です。
ハタラクティブでは、豊富な知識を持つアドバイザーが、求人紹介から適性検査への対策、面接日程の交渉まで、きめ細やかにサポートします。ぜひ、転職する上での希望をお伝え下さい。ご利用をお待ちしています。

この記事に関連するタグ