転職先の効率的な探し方!自分に合う仕事を見つけるコツを解説

転職先の効率的な探し方!自分に合う仕事を見つけるコツを解説の画像

この記事のまとめ

  • 転職先の探し方のコツは、自分が仕事に求める条件を明確にする
  • 求める条件には優先順位をつけ、応募できる転職先の幅を増やそう
  • 転職先を探すには自分の強みを知る自己分析や、それを活かす企業を絞る企業研究を行う
  • 転職先の探し方は、求人サイトやハローワーク、エージェントなどがある
  • 効率を重視するなら、自分に合った探し方で転職先を見つけよう

理想の条件に合った仕事が見つからず、転職先の探し方に迷っている方はいませんか。コツが掴めず、なかなか転職先が決まらない方もいるでしょう。転職先を探す際は、「自分軸」をもつことが重要です。
このコラムでは、転職先を探す前にやるべきことや一般的な仕事探しの方法を紹介しています。また、効率的な転職先の探し方についてもまとめているので、自分に合った条件の転職先を探し出したい方はぜひ参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職先の探し方のコツは「自分軸」を作ること

転職活動で希望の求人を絞り込むためには、仕事探しをする前に「自分が転職先に求める条件」を明確にすることが大切です。「給料はどれほどあれば理想なのか」「重点的に行いたい仕事内容は何か」「残業は何時間が許容範囲か」「業界に将来性が感じられるか」など、具体的に挙げてみましょう。自分軸をしっかり定めることで、応募を検討する企業を見つけたときにその希望が叶えられるかどうかの判断材料になります。

希望する条件に優先順位をつける

求める条件が複数ある場合は、優先順位をつけましょう。条件を満たさない項目があるからと応募候補から外してしまうと、応募する求人がなくなってしまう可能性も。妥協できる条件を考えておくと、希望と少し違う求人があったとしても、優先順位をつけた条件が満たされていれば応募できるようになります。転職先に求める条件を設定することで、自分に合った求人が見つけやすくなるでしょう。
仕事の探し方については「仕事の探し方がわからない人へ!フリーター・新卒・転職など状況別に解説!」でも解説。それぞれの立場に合わせた内容になっているので、ぜひチェックしてみてください。

自分に合った転職先を探すためにやるべきことは?

自分が求める転職先を探すためには、自分自身をよく知っておくことがポイントです。ここでは、転職活動を始める前に準備するべきことを解説します。

自己分析をする

自分自身のことをきちんと把握するために、自己分析を徹底しましょう。自分の長所や短所、得手不得手を知っておくことは、転職活動に欠かせません。まずは、学生時代から今までの生活を振り返り、印象的な出来事を書き出してみましょう。嬉しいことや辛いこと、楽しかったことなど内容は何でも構いません。リストアップできたら、そこから経験やスキルなどをピックアップしていきます。たとえば、「英語が話せる」「PC関連の資格がある」「人と話すのが得意」など、自然と自分が持つ強みが見えてくるはずです。

企業・業界研究をする

転職活動では、企業・業界研究も重要です。自己分析で挙げた自分の強みを活かせる場所が見つからなければ、せっかく転職できても早期退職などのミスマッチが生まれる可能性があります。自分を活かせる場所を見つけるためには、さまざまな企業や業界について詳しく研究する必要があるでしょう。企業・業界研究は、多くの企業のホームページを参照し、考え方や方針などを確認します。細かく見ていくなかで、自分が働いて活躍するイメージができるかどうかが明確に見えてくるでしょう。
やりたいことが見つからない時には、「やりたい仕事がないけど転職したい!見つけ方と注意点をご紹介」もあわせてチェックしてみてください。

企業規模や知名度などから転職先を探すのは避ける

企業規模の大きい会社や知名度など、「何だか良さそうだから」といった根拠に欠ける理由で転職先を探すのは避けましょう。企業のイメージや評判だけを捉えても、自分が求める条件に合わなければ長く働き続けるのは難しいといえます。採用情報欄の募集要項をよく確認し、自分に合った企業を見つけましょう。

一般的な仕事探しの方法は?

ここでは、一般的な仕事の探し方について紹介します。また、一部メリット・デメリットにも解説しているので、転職先の探し方で悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

求人サイト

求人サイトは、就職や転職活動における定番のツールです。インターネットで24時間いつでも閲覧でき、電車で移動中などの隙間時間に見ることも可能。スカウト機能を導入している求人サイトも増えているので、登録すれば企業から声をかけられることもあります。

求人サイトを利用するメリット

求人サイトを利用するメリットは、自分のペースで就職活動を行えることです。たとえば、隙間時間や仕事終わりなど自分に時間がある際に求人チェックや応募が行えます。また、今までの仕事とは異なる業界や企業についての求人も簡単に見ることが可能。自由度が高く、応募から内定まですべてを自分の判断で進められるのは魅力の一つといえるでしょう。

求人サイトを利用するデメリット

一方で、求人サイトを利用するデメリットは、すべてを自分で行わなければならないことです。自己判断ができるのは自由度の高さがあるものの、専門の知識がない場合、自分の判断で求人情報を探すのは難しいことも。また、第三者からの客観的な意見が反映されないため、転職活動の改善がしにくいことも考えられます。
自分に合う仕事の見つけ方は、「転職で何がしたいかわからない人に適職の見つけ方を解説!」でも解説しているのでご覧ください。

ハローワーク

ハローワークは、国が運営する職業紹介所です。在職中・失業中など誰でも利用することができます。地元の求人に強い傾向にあり、全国の求人も検索可能です。

ハローワークを利用するメリット

先述したように、ハローワークは同じ地域内での求人が見つけやすいのが魅力です。自分が住んでいる地域の企業やお店、特定の地域へ転職したいときに役立ちます。また、企業側に求人情報の掲載料がかからないため、中小企業の求人も豊富に確認できるでしょう。
ほかにも、ハローワークには就職に関する知識を持った経験のある職員がいます。専門家である職員たちが職業相談や面接対策を行ってくれる安心感もハローワークのメリットです。

ハローワークを利用するデメリット

ハローワークは公的機関であるため、各役所と同様に基本的な開所時間は平日の17時半までとなります。そのため、平日かつ夕方まで開所時間となると日中に仕事をしている人には、利用しづらいものになるでしょう。また、無料で求人情報が掲載できる反面、すでに募集終了となっている求人が掲載されていたり、求人条件と契約条件が異なったりと、ブラック企業求人も存在しているので、十分な注意が必要です。

新聞や雑誌の求人情報

新聞には毎日のように求人情報が掲載されており、大手企業や転職イベントの情報が載っていることも。雑誌にも営業職や編集職などの情報が掲載されている場合があります。

新聞や雑誌の求人情報を利用するメリット

新聞や雑誌の求人情報の場合、ターゲットが多い地域に集中的に広告が出せることや新聞や雑誌の購読者の目に留まる可能性が高い、急な募集にも反応が見られるという点があります。新聞の場合は、指定した地域に広告を出すことが可能です。そのため、「近所で働いてみたい」という求職者の気持ちに応えることができます。

新聞や雑誌の求人情報を利用するデメリット

近年、新聞や雑誌の購読者が減少していることがデメリットになるでしょう。新聞や雑誌を読む場合も、電子版を購読していて、紙媒体をあまり手に取らない方も少なくありません。そのため、新聞や雑誌に求人掲載を行っても、読みたいページに簡単に飛べてしまう電子版では効果が薄くなるといえます。

転職エージェントの活用

転職エージェントでは、無料でプロのアドバイスが受けられます。求人の紹介をはじめ、応募書類の書き方、面接対策などの総合的な支援や、転職先の探し方のノウハウについてアドバイスを受けられるでしょう。

企業Webページの採用情報欄

転職先として応募したい企業に目星がついている場合は、企業Webページの採用情報欄を見るのも一つの手です。活躍している社員の情報が載っているので、1日のスケジュールなどを想像しやすいメリットがあります。

自分が求める探し方に合ったエージェントを選ぼう

先述したように、効率的に転職先を探すなら、転職エージェントの活用がおすすめです。エージェントでは、一人ひとりとカウンセリングを行なったうえで希望の条件や適性に合った仕事を紹介してくれます。また、エージェントによって医療業界、外資系、経営幹部クラスの人材など、それぞれに特化した得意分野があるのもポイント。細かいシステムは各エージェントによって異なるので、自分が希望する探し方とマッチしたエージェントを選択しましょう。

若年層に特化したエージェントを選ぶなら、ハタラクティブへお気軽にお問い合せください。
ハタラクティブでは、プロのアドバイザーがマンツーマンで対応し、あなたのキャリアやスキルに適した求人を提案。さらに、面接日の調整や内定後の交渉もトータルサポートします。アドバイザーと仕事探しの軸を考え、よりマッチした転職先を見つけませんか?
サービスの登録・利用料はすべて無料です。ハタラクティブを活用して、一緒にステップアップを目指しましょう。

転職先の探し方に関するQ&A

転職先の探し方に関するさまざまな疑問について、Q&A方式で解決していきます。

何がしたいか分からないまま転職できる?

「転職すること」が目的なのであれば、やりたいことがなくても転職はできるでしょう。しかし、何がしたいか分からないまま転職に成功しても、仕事にやりがいを見出せず早期離職につながる恐れがあります。やりたいことがない場合は、「自分が転職したい理由」を掘り下げてみましょう。また、自分ができることや得意だったことを挙げてみるのも効果的です。詳しくは「何がしたいかわからない状態で転職できる?自分に合った適職の見つけ方」を参考にしてください。

転職先が見つけられずに悩んでいます…

なかなか転職先が見つけられない場合は、自己分析が足りなかったり、条件を絞りすぎていたりすることがあります。仕事に対する考え方を定めて、自分のなかで基準を作ってみましょう。視野を広げることで、転職先探しがよりスムーズに進むはずです。「仕事が見つからない!焦りや不安との向き合い方や年代別の探し方も解説」でも解説しているので、ぜひご覧ください。

転職が成功するような企業の選び方は?

まずは、転職先を探すうえで優先順位を決めましょう。「これだけはゆずれない」といった条件が分かっていれば、希望する企業を見つけやすくなります。また、大手企業のみに絞るのも避けたほうが無難。大手企業はそのネームバリューや企業規模などから人気が高く、求人倍率も高くなります。そのため、好条件の中小企業にも目を向けてみるのがおすすめです。「転職がうまくいくようにするには?企業選びのコツもあわせて紹介」もあわせて参考にしてみてください。

転職先の探し方のコツはありますか?

転職エージェントやハローワークなど、専門家とともに自己分析の結果を踏まえて探すことをおすすめします。自分一人でも求人は探せるものの、より適性のある仕事が見つけられれば、転職の成功率も上がるでしょう。ハタラクティブでは、丁寧なカウンセリングから一人ひとりに合った求人をご紹介しているので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

関連タグ