自分にあった転職支援サービスとは?

2017/07/18

自分にあった転職支援サービスってなんでしょうか?

さまざまな転職支援サービスがありますが、どのサービスを使ったらよいのかわかりません。自分に合った転職支援サービスを見つけるにはどうしたらよいでしょうか?

転職活動をスムーズに進めるためには、ご自身に合ったサービスを見極めることが大切です。
まずは、サービスの特徴と求人の傾向を知ることから始めましょう。ぜひ、参考にしてください!

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

◆転職サービスの種類

自分にあった転職支援サービスとは?

◆ハローワーク求人の「情報を得る」方法は、大きく分けると下記の4つ。求人情報を得る方法は世の中に溢れているように思えますが、実際はこの4つのサービスがほとんどを占めています。

(1)ハローワーク
(2)転職エージェント
(3)求人サイト、求人広告(新聞、雑誌など)
(4)企業のWebサイト

上記のサービスのなかで、求人に応募する際、アドバイスを始めとした「サポートを受けられる」ものは、ハローワークと転職エージェントの2つです。
それぞれのサービスの特徴と求人の傾向をご紹介します。

ハローワークの求人の特色は、地域密着型という点です。その地域で活躍する中小企業の求人を多く扱っています。
企業が無料で求人の掲載を依頼することができるので、幅広い職種や業界の求人があるのが特徴。全ての求職者が応募することができます。
自分の住む地域で仕事をしたいと考えている人は、希望の条件に合った勤務先を見つけることができるかもしれません。
求人数の多さや、新規募集の求人案件が早く入ることも魅力の一つ。
一方で、募集条件が良く応募者が殺到してしまうような有名企業や大手企業の求人は、少ない傾向にあります。
ただし、新規事業開設や支社の人員増加のために、地域限定で正社員の募集を行う場合など、ハローワークに求人を依頼することもあるので、気になる企業がある場合は、こまめにチェックすると良いでしょう。

ハローワークでは、地域の求人を情報提供端末で閲覧できるほか、窓口で就職・転職にまつわるさまざまな相談を行っています。
どのような仕事がしたいのか迷っている求職者には、職務経験の棚卸しや適性検査を行うなど、自己分析をサポート。就職したいエリアの労働市場情報の提供なども行っています。
履歴書や職務経歴書の作り方、面接対策のセミナーなども実施しているので、活用すると良いでしょう。

参照元:「ハローワークインターネットサービス 仕事をお探しの方へのサービス」 
https://www.hellowork.go.jp/member/mem_service.html

◆転職エージェント

転職エージェントとは、転職相談、求人紹介、面接対策、給与交渉など転職全般のサポートを提供するサービス。
企業は、転職エージェントを利用して求人を依頼する場合、入社が決まればエージェントに報酬を払う仕組みになっています。
つまり、人材の採用・教育に予算を割く余裕があるということなので、業績が良く安定した企業が多い傾向にあります。
それに加え、エージェントの担当者が求人開拓の営業活動をしているので、ハローワークや求人サイトに掲載していない非公開求人を扱っているというケースも。
また、転職エージェントでは、ハローワークで行っているサポートに加え、それぞれの企業から直接聞いた求める人物像や、実際にその企業に入社した方、面接を受けた方からの情報をもとにした個別の面接対策を提供しています。
企業には直接伝えづらい条件交渉などの代理をしてもらえるという点も大きなメリットと言えるでしょう。
しかし、転職エージェントを利用する場合、得意分野に違いがあるので注意が必要です。
経験者向けの求人に力を入れている転職エージェントもあれば、既卒・第二新卒者向けのサービスを専門にしている場合もあるので、自分に合っていないエージェントに登録しても適性に応じた求人を紹介してもらえないということも。
インターネットで検索すれば、複数の転職エージェントが出てくるので、サービスの特徴をきちんと調べてから登録しましょう。
例えばあなたがフリーターで、フリーターに強い転職エージェントを探したいなら、"フリーター 転職エージェント"と検索をかけて、Webサイトから情報を収集します。
まずは、登録して面談を受けると、直接キャリアアドバイザーに相談に乗ってもらえますよ。

ハローワークと転職エージェントの特徴と求人の傾向をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
転職活動をする場合の参考にしてください。

 



◆ハローワーク求人の「情報を得る」方法は、大きく分けると下記の4つ。求人情報を得る方法は世の中に溢れているように思えますが、実際はこの4つのサービスがほとんどを占めています。

(1)ハローワーク
(2)転職エージェント
(3)求人サイト、求人広告(新聞、雑誌など)
(4)企業のWebサイト



上記のサービスのなかで、求人に応募する際、アドバイスを始めとした「サポートを受けられる」ものは、ハローワークと転職エージェントの2つです。
それぞれのサービスの特徴と求人の傾向をご紹介します。

ハローワークの求人の特色は、地域密着型という点です。その地域で活躍する中小企業の求人を多く扱っています。
企業が無料で求人の掲載を依頼することができるので、幅広い職種や業界の求人があるのが特徴。全ての求職者が応募することができます。
自分の住む地域で仕事をしたいと考えている人は、希望の条件に合った勤務先を見つけることができるかもしれません。
求人数の多さや、新規募集の求人案件が早く入ることも魅力の一つ。
一方で、募集条件が良く応募者が殺到してしまうような有名企業や大手企業の求人は、少ない傾向にあります。
ただし、新規事業開設や支社の人員増加のために、地域限定で正社員の募集を行う場合など、ハローワークに求人を依頼することもあるので、気になる企業がある場合は、こまめにチェックすると良いでしょう。

ハローワークでは、地域の求人を情報提供端末で閲覧できるほか、窓口で就職・転職にまつわるさまざまな相談を行っています。
どのような仕事がしたいのか迷っている求職者には、職務経験の棚卸しや適性検査を行うなど、自己分析をサポート。就職したいエリアの労働市場情報の提供なども行っています。
履歴書や職務経歴書の作り方、面接対策のセミナーなども実施しているので、活用すると良いでしょう。

参照元:「ハローワークインターネットサービス 仕事をお探しの方へのサービス」 
https://www.hellowork.go.jp/member/mem_service.html

◆転職エージェント

転職エージェントとは、転職相談、求人紹介、面接対策、給与交渉など転職全般のサポートを提供するサービス。
企業は、転職エージェントを利用して求人を依頼する場合、入社が決まればエージェントに報酬を払う仕組みになっています。
つまり、人材の採用・教育に予算を割く余裕があるということなので、業績が良く安定した企業が多い傾向にあります。
それに加え、エージェントの担当者が求人開拓の営業活動をしているので、ハローワークや求人サイトに掲載していない非公開求人を扱っているというケースも。
また、転職エージェントでは、ハローワークで行っているサポートに加え、それぞれの企業から直接聞いた求める人物像や、実際にその企業に入社した方、面接を受けた方からの情報をもとにした個別の面接対策を提供しています。
企業には直接伝えづらい条件交渉などの代理をしてもらえるという点も大きなメリットと言えるでしょう。
しかし、転職エージェントを利用する場合、得意分野に違いがあるので注意が必要です。
経験者向けの求人に力を入れている転職エージェントもあれば、既卒・第二新卒者向けのサービスを専門にしている場合もあるので、自分に合っていないエージェントに登録しても適性に応じた求人を紹介してもらえないということも。
インターネットで検索すれば、複数の転職エージェントが出てくるので、サービスの特徴をきちんと調べてから登録しましょう。
例えばあなたがフリーターで、フリーターに強い転職エージェントを探したいなら、"フリーター 転職エージェント"と検索をかけて、Webサイトから情報を収集します。
まずは、登録して面談を受けると、直接キャリアアドバイザーに相談に乗ってもらえますよ。

ハローワークと転職エージェントの特徴と求人の傾向をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
転職活動をする場合の参考にしてください。



職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ