新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職時期を見極めて就職活動を有利に進めよう!

転職時期を見極めて就職活動を有利に進めよう!

公開日:

最終更新日:



転職を考える中で、その時期を見極めることは非常に重要です。
ただし一概にベストなタイミングがあるわけではありません。それは転職活動で重視したいポイントや年齢などによって、最適なタイミングが異なるからです。ここでは転職のベストな時期について条件別にまとめていくとともに、注意したいポイントや成功のコツなどを紹介していきます。
ぜひ転職活動の参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

◆求人の多さを重視したい場合は

転職する時期はあまり意識されないポイントかもしれません。
4月に一斉入社する新入社員とは違い、中途採用者の求人は時期によって変動があります。
一般的に3~4月と9~10月に求人数が増加する傾向にあるため、求人の多さを重視したい場合は、この2つの時期に転職活動をするのがベストでしょう。

3月は年度末となり退職者が増加しやすい時期で、人員補充が行われやすいタイミングです。また年度初めに入社することで、新卒社員と一緒に研修できることも、求人が増える理由でしょう。

また9月は上期と下期の変わり目です。
この時期も退職者が増加しやすい傾向にありますが、それに加えて事業計画の影響もあるようです。事業計画とは、企業の中長期的な事業戦略と経営指針を示すもので、半期ごとに計画を立てることが多くなっています。
この事業計画の中には採用計画を含まれているため、その計画に基づいて求人の募集が行われるのです。

ただし業界や職種によっては、この傾向が当てはまらないケースもあります。
転職活動の第一歩として、志望する業界や職種の求人が増える時期を調べると、ベストなタイミングが見えてくるでしょう。

◆競争相手が少ない時期を選びたい場合は

求人が多い時期の転職活動は、選べる件数が増えるといったメリットがある一方で、デメリットもあります。それは競争相手の増加です。
特に人気の企業への応募を考えている場合は、限られた席を多くのライバルと競うことになるかもしれません。よってあえて競争相手が少ない時期を選ぶのもひとつの方法となっています。

特に求人が少ない時期としては4月~8月があるでしょう。この時期は新卒採用者の研修に時間と労力がかかるため、中途採用者の求人数は減少傾向にあります。

また競争相手が少ない「年」も存在します。これは有効求人倍率の値から算出することが可能です。
有効求人倍率とは、求職者ひとり当たりに何件の求人があるのかを数値化した指標です。数値が高いほど求人数が豊富で、競争相手が少ないことを示しています。
よって有効求人倍率の数値が高い年の4月~8月を狙えば、ライバルが少ない状態で転職活動に臨むことができることでしょう。

◆転職活動をするのに有利な年齢はあるの?

転職活動は年齢に関係なく行うことができます。けれども未経験分野に挑戦したいと思っているのであれば、若い方が有利になる可能性があります。特に新卒入社から数年以内に転職活動を行う場合は、第二新卒と呼ばれるカテゴリーに分類されます。
この第二新卒は、企業にとって非常に魅力的な人材です。なぜなら社会人として働いた経験があり、基本的なビジネスマナーは身についているためです。
一方で社会人経験が短いため、新卒のような素直で柔軟な働き方ができると期待もされています。

このように新卒と社会人の良いところを備えている第二新卒は、ニーズの高い年齢層となっているのです。
よって新しい分野への転職を考えている人にとっては、第二新卒の時期に転職をするのがベストといえるでしょう。

◆退職のタイミングも考慮しよう

転職時期を決めるうえでは、退職のタイミングを考慮することも非常に重要です。
また気持ち良く転職活動をスタートさせるためにも、今の仕事の辞め方は大切なポイントとなります。

円満退社するためには、2つのポイントを押さえると良いでしょう。
1つ目は、担当している業務の区切りとなるタイミングで退職することです。
四半期ごとに目標を定めている会社の場合は、期末がひとつの区切りとなるでしょう。
またチームとして取り組んでいるプロジェクトがある場合は、抜けたあとのフォローや引き継ぎがしっかりとできてから転職活動をはじめるのがベストです。

2つ目は、余裕を持って退職の意を伝えることです。
突然の退職は、一緒に働いている人に迷惑をかけるだけでなく、企業にとっても損失です。また思わぬトラブルにもつながりかねません。
よって1カ月前までに退職することを伝えられると良いでしょう。

このように今の仕事を辞められるタイミングから逆算して、転職したい時期を決める方法もあります。退職をする際は、社会人として誠実な対応を心がけましょう。

◆同業種に転職したい場合は

市場での需要の高い第二新卒は、転職のチャンスです。
しかしながら同業種への転職を考えている場合は、少し状況が変わります。
同業種への転職は、キャリアアップ転職と呼ばれ、即戦力が求められる傾向にあります。よって前職で社会人としての基礎を身に付けるだけでなく、専門的なスキルを持っていることが有利となるのです。
もちろん第二新卒で同業種へ転職するもできるでしょう。
けれども、自分の勤続年数やスキルが転職先のニーズにマッチしているか確認することが重要となります。そのためには募集要項をしっかりと読み込むと良いでしょう。

もし転職先の会社で専門性の高いスキルが必要だった場合は、転職の時期を遅らせることも検討してみます。
新卒入社した会社で5、6年働いた実績があれば、その業界に関する専門的なスキルが身についていると判断してもらえることでしょう。
また3年以上同じ会社で働いたという事実は、好印象にもなります。

転職の求人は応募期限が設けられているものも多く、「早く応募しなければ」と気持ちが焦ってしまいがちですが、そういうときこそ冷静に判断することが大切です。
第二新卒の自分か、専門的なスキルを身に付けた自分か、どちらが企業にとって魅力的な人材かを考えるのです。
毎年中途採用をしている企業であれば、来年度も同じ時期に求人が出る可能性は高くなります。
企業がどのようなスパンで転職者の採用をしているかを知り、ベストなタイミングで転職活動に臨みましょう。

◆ベストな転職時期を見つけよう!

これまで紹介してきたように、ベストな転職時期は何を重視したいかによって異なります。
よってまずは自分自身が「いつ」「どのような」企業に転職したいのかを考えます。
そして現在の仕事を辞められるタイミングなども考えたうえで、転職活動をスタートする時期を設定します。
転職活動をはじめるにあたっては情報収集も大切なポイントです。自分の強みやスキルを効果的に活かせる企業や業種を探してみましょう。

また転職活動やその時期について悩んでいるのであれば、プロに相談してみると良いでしょう。
就活支援サービスを提供しているハタラクティブは、経験豊富な就活アドバイザーが多数在籍しており、あなたにぴったりの転職時期を見つけるお手伝いをしています。サービスはすべて無料となっているので、安心してご利用ください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ