第二新卒の仕事の選び方は?未経験の業界に転職する方法とおすすめの就活方法

第二新卒の仕事の選び方は?未経験の業界に転職する方法とおすすめの就活方法の画像

この記事のまとめ

  • 第二新卒は年齢の若さから転職市場では高い需要となっている
  • 第二新卒が未経験の業界へ転職したいなら、企業が求める人材像を確認することが大事
  • 第二新卒が異なる業界への転職を成功させるには、エージェントの利用がおすすめ

第二新卒として転職を考えたときに、今とは異なる職種や業界を視野に入れる方もいるでしょう。年齢が若いうちのほうが未経験の仕事に就ける可能性は高まるため、業界や職種の違う仕事にチャレンジしたいなら早い段階で転職活動をスタートさせる必要があります。コラムで、仕事探しのコツや未経験転職のポイント、第二新卒の強みを確認しましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

第二新卒でも未経験業界に転職できる?

第二新卒として転職を検討したときに、これまで働いてきた業界とは違う業界に転職することは可能です。もちろん、これまでの仕事内容や業界と同じほうが入社後すぐに活躍できたり、スキルを評価してもらえたりとメリットもあるでしょう。しかし、年齢が若い第二新卒だからこそ、未経験の仕事に挑戦しやすいのです。

第二新卒とは

第二新卒とは、学校を卒業したあと新卒として会社に入社し、3年位内を目安に転職を検討する人のこと。正社員としての経験はあるものの短期間であることが特徴です。
第二新卒に明確な定義は設けられていないものの、最初の就職から概ね3年といわれています。年齢でいうと、大卒者なら25歳前後になるでしょう。第二新卒の年齢や転職のコツについては、「「第二新卒」の期間はいつまで?既卒との違いや転職成功のコツを解説」のコラムでも解説しています。併せてご覧ください。

第二新卒が未経験の業界へ転職しやすい理由

第二新卒は、新卒に次いで年齢が若いことが多いため積極的に採用する企業も多いといわれています。年齢が若いため、未経験の仕事に挑戦しやすいのも業界を変える転職が成功しやすいポイントです。

年齢が若い人材を確保するため

少子化の影響から、新卒採用を行っても予定人数を採用できない企業が目立ちます。さらに、厚生労働省が発表している「新規学卒就職者の離職状況」を確認すると、大学新卒として就職した人のうち、3年以内に離職するのは3割ほど。

平成30年3⽉新規学卒就職者の離職率の画像

引用:厚生労働省「新規学卒就職者の離職状況を公表します(3p)

新卒を採用しても一定数が離職するため、若年層の社員を確保する目的で第二新卒の採用を積極的に行う企業があると考えられるでしょう。

参照元
厚生労働省
若年者雇用対策

新卒に比べて即戦力になるため

第二新卒は、短期間とはいえ正社員を経験しています。新卒に比べると基本的なビジネスマナーや業務の基礎スキルが身についており、教育コストが低くなることも。新卒や既卒といった正社員経験のない人材を採用するよりも、即戦力になると考える企業が多いのでしょう。

第二新卒でもポテンシャルは重視される

いくら正社員経験があるといっても数年の第二新卒。評価されるのはあくまでも社会人の基礎スキルです。一般的な転職者が評価されるような実績はないことが多いため、基礎スキルに加えて「仕事に対する熱意」や「将来性・ポテンシャル」が重視されます。

第二新卒なら知っておきたい業界の種類

転職を決める前に、業界の種類と役割について確認しておきましょう。理解が不十分だと、「思っていた仕事と違った」「やりたい仕事ではなかった」などミスマッチが起こることも。短期間でまた転職…とならないためにも、業界についての理解は必要です。

メーカー

食品や住宅、自動車、おもちゃ、電子機器、農林水産などさまざまな「モノ」を作り出すのがメーカー。業界のなかでも大手から零細まで、作成するモノや企業規模が幅広いのが特徴です。詳しくは「メーカーの仕事内容とは?商社との違いや転職を成功させるコツもご紹介!」をご覧ください。

商社

メーカーが制作したモノを扱うのが商社。国内に留まらず、海外各国との取引を持つ企業も多くあります。また、多岐にわたる商品を扱う総合商社のイメージが強いですが、特定の分野や商品を扱う専門商社にも目を向けてみましょう。「総合商社とは?定義や仕事内容をご紹介」や、「専門商社とは?働くメリット・デメリットや総合商社との違いを解説!」のコラムで理解を深めましょう。

小売

メーカーが作成したり、商社が取引を行ったりした商品を消費者に販売するのが小売業界。百貨店やコンビニなどが該当します。「小売業界の仕事」のコラムでは、小売業界の概要や主な仕事についてまとめています。

金融

お金を扱う仕事が集まるのが金融業界。銀行を筆頭に、証券会社やクレジットカード・信販会社、生命保険会社などが含まれます。「金融業界の仕事」では、禁輸業界の志望動機例も掲載しています。転職を検討している方はぜひご覧ください。

マスコミ

不特定多数の人に情報を伝えることを目的とする業界。テレビやラジオ、新聞、雑誌のほか、広告やWebが含まれることもあります。近年ではITの発展にともない、マスコミのあり方も変化。紙媒体からデジタルに移行するなど時代の変化に影響を受けやすい業界でしょう。

サービス

鉄道航空やインフラ、観光、レジャー、人材といった無形のモノを提供する業界です。個人向けと企業向けに分けられ、それぞれで提供する内容が異なることも。「サービス業とは」のコラムで、サービス業について詳しく触れています。

ソフトウェア・通信

いわゆるIT業界のこと。IT業界は、さらに「通信業界」「ソフトウェア業界」「ハードウェア業界」「インターネット・Web業界」「情報処理サービス業界」の5つに細分化されます。近年は多岐にわたる業界でIT化が進んでおり、人手不足が目立つ業界。詳しい仕事内容については「ITとは何か?概要や略称を解説!関連業界・職種も紹介します」でご確認ください。

団体・官公庁

公務員や各種団体が該当する業界です。ほかの業界との違いは、利益を求めず公共性の高い業務を行っている点。公務員はもちろんですが、学校法人や医療法人、社会福祉法人といった団体が含まれます。

第二新卒が未経験業界へ転職するときの注意点

第二新卒が異なる業界へ転職するときは、転職の理由についてしっかり考えて納得できる答えを見つけることが大切。また、転職によって自分が達成したいことが叶うかどうかも、必ず確認しておきましょう。

転職したい理由について良く考える

「第二新卒だから採用されやすい」「なんとなく今の仕事に飽きたから」といった安直な理由で転職するのはおすすめできません。いくら市場価値の高い第二新卒といえども、明確な目的のない転職は成功しないからです。
また、仕事への不満を転職理由にしても、根本的な解決をしなければ同じ理由で転職を繰り返すことに。一般的に転職回数が多くなるほど心証は良くないとされているので、転職を考えた時点で「なぜ転職したいのか」を深く考えてみましょう。

今の仕事で改善できないか考える

仕事に対して不満があるなら、転職の前に現状が改善できないか考えてみましょう。たとえば、業務量が多ければ上司に相談して仕事を分配してもらう。人間関係で悩んでいるなら異動ができないか確認する。相談することで解決となる事例も多くあります。

転職で自分の希望が実現できるか考える

転職した後に、本当に自分がやりたい仕事ができるかを良く見極めることが大事になります。
自分が興味のある業界へ転職できたとしても、やりたかった仕事に就けなければ転職成功とはいえないでしょう。
求人内容だけでなく、企業研究や実際に働く人の意見を確認。特に未経験の業界は知識や理解が不十分なことも多いため注意が必要です。業界や職種のイメージだけで転職を決めるのではなく、リアルな情報を集めましょう。

第二新卒が未経験業界へ転職するためのポイント

第二新卒が、前と異なる未経験の業界への転職を成功させるためのポイントを3つ紹介します。

第二新卒の弱みを理解し対策する

第二新卒は前職を短期間で辞めている・辞めようとしている点がデメリットになります。転職に対する意識が変わってきているとはいえ、「3年は続ける」という考えを持つ人も多いのが事実。特に退職の理由が曖昧だと、「採用してもまた短期間で離職するのでは」と懸念を持たれてしまいます。
第二新卒が未経験業界への転職を成功させるには、短期間での離職理由を相手が納得できるよう説明することが大切です。また、若年層ならではの仕事に対する熱意や将来のビジョンも伝えましょう。

企業が求める人物像を確認し積極的にアピールする

どれだけ相手が納得できる離職理由や志望理由を伝えられても、企業とマッチしないと判断されれば採用には至りません。たとえば、1人で考えて実行することが得意な人は、社内のコミュニケーションが活発な企業にはマッチしないでしょう。社内の雰囲気や社風だけでなく、仕事の進め方や取り組み方、将来の展望など企業が求める人材は一辺倒ではありません。企業研究をしっかりと行い、企業が求める人材と自分の強みや適性がマッチするポイントを見つけましょう。

第二新卒が未経験業界へ行くならエージェントに相談を

第二新卒が未経験の業界へ転職するなら、エージェントに相談することをおすすめします。
エージェントは就職や転職のプロ。ご相談をもとに、転職のタイミングやおすすめの業界・職種を提案してくれるでしょう。
どのエージェントを利用するか悩んでいるなら、若年層に特化しているハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブは、未経験歓迎の求人を多く扱っているのが特徴。第二新卒として転職するときの注意点や企業にアピールできるポイントなどもしっかりお伝えします。これまでの仕事経験を生かした転職がしたい、まったく未経験の仕事に挑戦してみたいなど、ご希望に合わせた転職サポートを行います。ぜひご相談ください。

関連タグ