転職を成功させたい!20代女性が事務職にキャリアチェンジする方法とコツ

転職を成功させたい!20代女性が事務職にキャリアチェンジする方法とコツの画像

この記事のまとめ

  • 20代女性が事務職への転職を成功させるには評価されるスキルを身につけることが大切
  • 転職を成功させるには女性が働きやすい環境かどうかを確認しよう
  • 事務職は残業や負担が少ないことから女性からの人気が高い
  • 定型的な業務や成果が見えにくいといった事務職のデメリットも把握しよう

ライフスタイルの変化に備え、20代のうちからキャリアを継続しやすい仕事に転職する女性も増えています。このコラムでは、20代で事務職への転職を成功させるコツをご紹介。事務職は残業や体力的な負担の少なさから、長く働きたい女性に人気の高い仕事です。ライバルも多いため、仕事内容やアピールできるスキルをしっかり把握しておきましょう。

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

20代女性が事務職への転職を成功させるポイント

転職を成功させるポイント

  • 応募先の女性社員の状況を確認
  • スキルを身につける
  • キャリアプランを考えて転職時期を検討
  • 自己分析と企業研究を徹底する
  • エージェントを活用

20代女性が事務職に転職するには、事前の入念な企業研究やアピールできるスキルの確認が重要です。必要に応じて、事務職で活用できる資格の取得を検討してもいいでしょう。ただし、後述しますが事務職は人気の高い仕事のため、エージェントを活用したり正社員以外から挑戦したりする選択肢も考えておくべきです。

応募先の女性社員の状況を確認する

転職を検討している企業の女性社員が、どのように働いているのかに注目しましょう。20代での転職となると、転職後に結婚や出産といったライフイベントが訪れる可能性があります。応募先企業では仕事と家庭や育児の両立が可能か、支援してくれる制度はあるかを確認しましょう。制度があっても、うまく活用されていない企業も多くあるのが実情です。20代で事務職に転職をする場合は、長く働くこと前提に企業を選びましょう。

大手企業は女性活躍しやすい環境

大手企業は経営基盤が堅く従業員も多いため、女性が活躍できる環境が整っている傾向。産休や育休からの復帰率が高かったり、独自の制度を設けていたりと、働きやすい環境が整っているでしょう。「女性が働きやすい職場の見極めポイントをご紹介」のコラムも参考に、自分にとって働きやすい会社の条件を考えてください。

仕事に活かせるスキルを身につける

事務職として働くにあたって資格は必要ありませんが、簿記や秘書検定は持っているとスキルの証明になるのでおすすめ。
また、事務職の種類によっては医療事務やTOEICといった専門的なスキルが求められるので、志望する仕事に合わせたスキル取得を目指しましょう。『事務系の資格を持っていれば未経験でも採用で有利になる?』のコラムもご覧ください。

キャリアプランを考えて転職時期を検討する

女性が転職をする場合には、ライフイベントを含めたキャリアプランを考えておく必要があります。具体的なキャリアプランを持っておくことで、転職活動にも軸が生まれます。自分が転職先に求める具体的な条件を見定めるためにも、転職活動を始める前にキャリアプランを立てることをおすすめします。

自己分析と企業研究を徹底して行う

転職活動をする上で欠かすことができないのが、自己分析と企業研究です。自分の強みや傾向を把握していても、それを活かせる企業が選べなければミスマッチが起こるでしょう。逆も同じで、どれだけ企業について深く理解していても、自分の強みが生かせなかったり仕事に対する考えが合わなかったりすれば早期離職に繋がります。「自己分析とは?実施のメリットと就活・転職活動での必要性を解説」「企業研究は転職でも必ず行おう!情報の集め方と活用のポイント」を参考に進めてください。

エージェントを活用する

エージェントとは、就職や転職の支援を行ってくれる機関のこと。ハローワークも利用できますが、人気の高い事務職なら非公開求人や企業とのパイプを持っている民間エージェントがおすすめです。
また、エージェントでは求人情報からは分かりにくい、制度の活用実態や育児休暇復帰後の働き方についての情報を得られることも。応募先の選び方などもアドバイスしてくれるので、初めての転職や未経験からの挑戦という方はぜひ活用してみてください。

契約社員や派遣も検討する

事務職は正社員求人が少なく、あっても経験者を求める傾向が見られます。未経験歓迎の求人もありますが、人気は高く採用されるには抜きん出る必要があるでしょう。そのため、まずは派遣や契約社員で事務職の経験を積み、経験者として正社員採用に臨む方法もあります。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

20代女性が事務職への転職を希望する理由

結婚や出産などの人生の大きなイベントのタイミングを意識し始める年齢が20代後半であることが多いため、キャリアとのバランスを検討する人が増えると考えられます。特に、現在働いている会社で結婚を機に退職する女性が多かったり、育児休暇の取得や出産後仕事に復帰する人がいなかったりすれば、将来を考えて転職を検討するのは自然なこと。
このように、結婚後もキャリアを継続したいという女性や、経済的にも共働きがいいと考える夫婦が増えてきていることから、女性が安定して長く働き続けられる企業に転職したいと考える20代女性も増えてきています。20代女性の転職事情については、「20代女性の転職事情とは?人気の仕事や面接に着ていく服装などもご紹介!」のコラムで詳しく紹介しています。ぜひ本コラムと合わせて読んでみてください。

20代の女性が事務職に転職するメリット

事務職はほかの職種に比べると仕事がルーティン化しているため、休日出勤や残業が少ないのが特徴。また、営業のようにノルマがなかったり内勤で体力的負担が少なかったりすることも、女性が働きやすい理由といえるでしょう。

残業が少なめ

事務職は定型的な業務を担当しています。基本的に毎日同じ業務を行っているため、時間配分がしやすいのが理由です。また、営業のように相手に左右されにくい業務であること、対人ではなくパソコンや書類で業務を行うことなども影響しているようです。

土日は休みのことがほとんど

残業が起こりにくいことや社内を対象に業務を行っている特徴から、事務職は土日休み・カレンダー通りの休みであることが多いです。家族ができたときに予定を立てやすいのも、女性が事務職になるメリットといえるでしょう。

心理的・体力的負担が少ない

事務職は売上に直結する仕事ではないため、ノルマがありません。また、前述したようにルーティン業務が多いため、仕事に対してプレッシャーは感じにくいでしょう。また、事務職は内勤が基本。デスクワークのため体力が求められないのも、長く働きやすい理由です。

20代の女性が事務職に転職するデメリット

事務職に転職するデメリット

  • 給料が低い
  • 仕事が単調
  • 転職難易度が高い

事務職は業務が定型的なので単調になりやすく、変化も感じにくいのが実情。その特徴から成果も見えにくいため、どうしても給料が低くなりやすい点はデメリットといえるでしょう。

給料は低め

前述したように事務職にはノルマがないため、インセンティブがありません。また、残業も少ないため残業代が追加になることもなく、営業職や総合職に比べると給料は低くなるでしょう。
人事院が実施した民間給与実態統計調査によると、事務職員の平均支給額(時間外手当を除く)は296,592円でした。

評価の機会も少ないため昇進しにくい傾向

事務職はルーティンワークのため実績が挙げにくく、個人の成果も分かりにくい仕事です。営業職のように「△ヶ月連続でノルマ達成した」「契約金額が大きい」など目に見える成果を作りにくいため、評価されにくいのも事実。定期昇給や勤続年数に応じた昇進のみ、というケースも考えられます。

参照元
人事院
民間給与の実態(令和4年職種別民間給与実態調査の結果)

仕事が単調になりがち

何度も述べているように、事務職はルーティンワーク。基本的に毎日同じ仕事を繰り返すため、モチベーションを保ちにくかったり変化が少なく物足りなさを感じたりすることもあるでしょう。また、基本的に社内の人と業務を行うため、社外の人とのやり取りが少ない点をデメリットと捉える人もいるようです。

求人倍率が高く転職難易度が高い

事務職は特別なスキルや経験を必要としない反面、企業にとって必要不可欠な仕事。コスト削減を目的に派遣やアウトソーシングを行う企業も増えているようです。それに反して就職人気は高いため、どうしても正社員求人の倍率が高くなりがち。経験者や高いスキルを持つ人も応募してくるため、社会人経験の浅い20代にとって転職難易度は高いといえるでしょう。

事務職の有効求人倍率

厚生労働省が発表している事務職の有効求人倍率は、令和5年6月時点で0.42でした。有効求人倍率とは、求職者1人に対してハローワークにある求人が何件あるかを示したもの。全体の有効求人倍率は1.12なので、事務職の人気の高さが伺えます。詳しくは「有効求人倍率をわかりやすく解説!年度ごとの推移や職種別の値もご紹介」のコラムをご覧ください。

参照元
厚生労働省
一般職業紹介状況(令和5年6月分)について

20代女性の転職におすすめの事務職

転職におすすめの事務職

  • 総務
  • 経理
  • 営業事務
  • 医療事務
  • 貿易事務
  • 秘書

事務職への転職を希望するなら、事務職の種類やそれぞれの内容を理解し、自分に合った仕事を見つけましょう。一口に事務職といっても、専門的な知識を必要とするものもあります。

総務

総務事務は、会社を運営するうえで必要なものを準備・管理する仕事です。たとえば、文房具やコピー用紙、ファイル、社員それぞれに与えられているPCやタブレットといった備品の管理を行います。また、オフィスや建物に関しての防犯・防災対策も仕事の1つです。社内外で開催されるイベントの企画や運営、社員や取引先にて冠婚葬祭があった場合の企業としての対応なども担当。企業の規模によっては人事と総務が併合されている場合もあります。

経理

経理事務の主な仕事は、会社で使われるお金の流れを管理と把握することです。出納管理や伝票の仕分けと処理、帳簿の管理・作成、使用された経費の確認と精算などお金に関わる業務を担当。状況によっては、経理事務自らが直接、銀行で支払いやお金を振り込んだり、引き出したりしてお金に触れることも発生します。「月次補助」「月次決算補助」「月次・四半期・年次決算」など、企業の経営に関わるような重要性の高い仕事を担当することもあります。

営業事務

営業事務は営業職のサポートをすることが主な仕事となります。営業は契約を取るために何度も企業へ訪問をし、担当者と打ち合わせを行う仕事のため、外出している時間が長くなりがち。そこで営業事務が、契約書や見積書、請求書などの書類を製作したり、書類のデータ化などを行ったりして営業職をサポートします。営業事務の仕事は幅広く、書類作成以外にも書類の管理や発送手続き、在庫管理、プレゼン資料の作成を行うこともあります。「営業事務の仕事はきつい?辞めたい理由や疲れたときの対処法を解説」のコラムも併せてご覧ください。

医療事務

医療事務は、主に病院やクリニックなどの医療機関に勤務する事務職のこと。医療事務は受付・会計業務、クラーク業務、レセプト業務を担当します。
受付・会計業務は来院した患者さんから診察券や保険証などを受け取って診察の準備をしたり、カルテ作成を行ったりする業務。診察が終われば、カルテと診療報酬点数表、患者さんが加入している医療保険から請求する金額を計算して会計を行います。
クラーク業務の主な仕事内容は、カルテやレントゲン、検査データなどの準備をすること。また、入退院の手続きや病院で必要な備品の管理や発注、食事伝票の管理、手術や検査のスケジュール管理なども行います。
レセプト業務とは、診療費用を請求する業務のこと。受診した傷病や行われた処置、使用された薬に応じた診療報酬点数などのデータをまとめ、手続きを行います。詳しい仕事内容は「医療事務は既卒から目指せる?仕事内容や給料事情も解説」のコラムでご確認いただけます。

貿易事務

貿易事務とは、商社や通関業者などに勤務して輸出入に必要な書類作成やサポート業務を行う仕事。貿易に関する専門知識や英語力が求められる機会が多く、事務職の中でも必要とされるスキルは高め。貿易事務の詳しい仕事内容などは「貿易事務の仕事」のコラムを参考にしてください。

秘書

秘書は、主に企業の経営陣や管理職を総合的にサポートする業務です。部署などではなく、特定の個人の業務をサポートする場合がほとんどのようです。
具体的な仕事内容は、サポート相手のスケジュール管理や来客・メール電話応対、社内の連絡調整作業。縁の下の力持ち役として徹することができる人におすすめの仕事です。「秘書に向いてる人の特徴を紹介!仕事内容の一覧や求められるスキルも」のコラムでは、秘書に向いている人の特徴や必要なスキルを紹介してます。

転職成功のカギ!20代は前半と後半で評価ポイントが変わる

ひとくくりに「20代」といっても、前半と後半では企業が評価・重視するポイントが変わります。転職を成功させたいなら、自分の年齢ではなにが重視されるのかを把握することが大切でしょう。

20代前半はスキルはあまり問われない

20代前半の場合、新卒入社して3年未満で転職を考える方なら第二新卒扱いになります。1~3年くらいの社会人経験があるというメリットを活かしながらも、新卒のようなフレッシュさ、柔軟さ、素直さなどをアピールすることができるのは大きなメリットでしょう。
また、第二新卒に該当しなくても、年齢が若いと経験ではなく将来性を重視される傾向です。成長の見込みや仕事に対する意欲があれば、未経験者でも採用されるチャンスはあるでしょう。

20代後半はスキルや経験が重要になる

20代後半になると、社会人として3年以上の経験を持つ方が増えてきます。ある程度仕事をしてきたことから、社会人として身につけたスキルや経験が重視されることに。
また、中途・経験者として採用されるため、今までの就業経験と自分ができることを具体的にアピールしたうえで、長期的に就業したい旨を伝えることが大切です。自分がこれまで積んできたキャリアを整理して、企業が求める人材と合致するような内容をピックアップ。具体的に身に付けたスキルや専門的な経験があれば、職務経歴書や面接で分かりやすく伝えられるような内容を考えましょう。

自分の状況に合ったアピールを知りたい、未経験から挑戦できる事務求人を知りたいという方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは、専任のキャリアアドバイザーによるきめ細やかなサポートで、納得できる転職を支援しています。これまでの経験や身につけてきたスキル、強みを生かした転職先の紹介はもちろん、応募先に響くアピールのコツや書類の書き方もお伝えします。
若年層向けサービスなので、「未経験歓迎」「経歴不問」といった条件の求人も多数!ぜひハタラクティブにお問い合わせください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ

目次