医療事務の正社員になるには?仕事内容や給料事情も解説

医療事務の正社員になるには?仕事内容や給料事情も解説の画像

この記事のまとめ

  • 医療事務の仕事は、病院の受付や会計カルテ管理、レセプト作成など
  • 医療事務は、未経験からでも挑戦できる
  • 医療事務は、正社員以外にもパートや派遣で働く方法もある
  • 正社員として医療事務で働くメリットは、給与の安定や有給など
  • 医療事務の正社員になるには、病院に就職する方法と医療事務会社に就職する方法がある

医療事務として、正社員で働きたいと考えている方も多いのではないでしょうか。医療事務は未経験からでも挑戦しやすいことが特徴なので、興味のある人はチェックしてみましょう。このコラムでは、医療事務の仕事内容ややりがい、キャリアアップの方法などを紹介します。正社員やパートといった雇用形態による働き方や待遇の違いも紹介するので、参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

医療事務の仕事内容とは?

まずは、医療事務の仕事内容を簡単に紹介します。医療事務として働く場合、正社員や派遣、パートなど雇用形態はさまざまですが、仕事内容に差はないでしょう。

受付

来院した患者に対して、診察券や保険証を提出してもらいます。初診の患者に問診票を記入してもらい、診察券やカルテを作成するのも、医療事務の仕事です。診察券や保険証を確認後、患者を診察室へ案内します。同時に、診察室にカルテを回すことも必要です。
待ち時間が長くなることを見越して早めに来院する患者さんがいる病院では、医療事務も診察時間より早めの時間から勤務することになります。患者の受付が始まる前には、院内や受付の清掃を行ったり、予約患者のカルテの準備を行ったりすることもあるでしょう。

カルテ管理

カルテとは保険証の記載内容や診療内容など、患者についての情報がまとめられた書類です。診療内容については医師が記載しますが、保険証の記載内容については医療事務のスタッフが入力します。紙で管理するタイプとPCで管理するタイプがありますが、近年はPCで管理する電子カルテを導入している医療機関が多いようです。

レセプト作成

レセプトとは、医療機関が市町村や健康保険組合などの保険者に対して、医療費を請求する診療報酬の明細書のことです。医療事務のメイン業務といえるでしょう。レセプトには、患者がどの医療機関で何の科目で診察を受け、どのような診療行為を受けたかが記載されています。診療行為は点数化され、その点数によって診療報酬の額が決定する仕組みです。レセプト業務は、月初や患者の受付が終わったあとに行うことが多いでしょう。

会計

レセプト作成で計算した診療報酬額の中から、患者が負担しなければならない代金を徴収します。病院の規模によって、会計スタッフと医療事務が分業されていることもあるでしょう。大学病院のような大きな病院では、医療事務が会計を行うことは少ないようです。逆に、個人経営のクリニックのような病院では、受付やカルテ・レセプト管理、会計を始め、電話対応や診療補助までを医療事務が担当することもあります。

医療事務の魅力

ここでは、医療事務の仕事の魅力ややりがいを紹介します。正社員やパートなど、さまざまな雇用形態に共通するものなので、参考にしてください。

1.未経験から挑戦できる

医療事務の仕事は、未経験や無資格でも挑戦できます。働きながら知識を身につけ、スキルアップしていくことが十分に可能です。学歴や年齢を不問としている求人も多く、中卒や高卒の人でも目指しやすいでしょう。医療事務の仕事では、患者への対応が重要です。そのため、接客や営業の経験がある人は、スキルを活かせるでしょう。

2.人から感謝される仕事ができる

医療事務の仕事は、患者との接点が多いことが特徴です。資料の作成や経理業務は、一般的な事務職と似ていますが、直接人と関われることは、医療事務の魅力でしょう。医師や看護師、患者など、多くの人と関わるため、感謝の言葉をもらえる機会も多いようです。人から感謝されることでやりがいを感じる方には、大きな魅力といえます。

3.アクセスの良い職場が多い

医療事務の仕事の特徴として、通勤のしやすさが挙げられます。医療機関は、全国のあらゆるところにあるものです。そのため、駅から近い場所やバスで通いやすい場所など、アクセスが良い職場を見つけやすいでしょう。引っ越した先でも新しい勤務先を見つけるのが比較的容易なため、ライフプランの変化を控える方にもおすすめの仕事です。

4.プライベートとの両立しやすい

医療事務の仕事は、比較的プライベートとの両立がしやすいのが魅力です。雇用形態には正社員だけでなくパートやアルバイト、派遣もあり、ライフスタイルに合う働き方を選べます。
勤務時間は、医療機関の診察時間が終わる夕方までが一般的です。残業や夜勤が少ない傾向があります。診察時間や休診日はあらかじめ決まっていることが多いので、プライベートの予定を立てやすいことも、医療事務の魅力です。

医療事務に向いている人

医療事務の仕事に向いている人は、細かい作業を正確かつ速くこなせる人や、コミュニケーション能力がある人です。
医療事務スタッフの業務の中でも、レセプト業務では正確な情報を入力し、毎月迫る締切に対応する必要があります。正確性とスピードが重要です。また、患者の受付や案内業務では、気持ちの良い対応や細やかな配慮が求められます。人の気持ちに寄り添い、親身に考えることができる人が向いているでしょう。

医療事務の雇用形態

医療事務として働くには、正社員やパート・アルバイト、派遣社員など、複数の雇用形態があります。自身のライフスタイルに合わせて、適切な雇用形態を選びましょう。それぞれの雇用形態によって、給料や休日の取り方が異なってきます。ここでは、雇用形態別に待遇や生活スタイルについて、特徴を紹介するので、参考にしてください。

医療事務の正社員で働く特徴

医療事務として正社員で働く場合は、働く時間を最初から決められている分、安定して働きやすいことが特徴です。複数の拠点がある医療機関に勤める場合、転勤の可能性はあるでしょう。正社員として働く場合は、医療機関に直接雇用されます。同じ医療機関に長期的に勤められるため、患者や医師らとの関係性を深められるでしょう。

1.給与が安定している

正社員として働く場合、毎月決まった給料が安定してもらえるということは大きなメリットです。勤務先にもよりますが、ボーナスや退職金の制度が整っている職場も多いでしょう。医療事務に限った収入に関する統計はありませんでしたが、医療事務を含む「その他の一般事務従事者」の正社員の年収は、下記のとおりです。

きまって支給する現金給与額 年間賞与その他特別給与額 推定年収*
297,600円 853,400円 4,424,600円

引用:e-Stat 政府統計の総合窓口「令和2年賃金構造基本統計調査 第1表
*推定年収は、「きまって支給する現金給与額」×12か月分+「年間賞与その他特別給与額」で独自に算出

正社員の給与面での魅力は、賞与(ボーナス)があることでしょう。上記資料でも、平均で月給の2~3か月分ほどの賞与が支給されています。ただし、給与やボーナスの水準は職場や経験、地域などの条件によっても変化するので、上記は参考までに捉えてください。

参照元
e-Stat 政府統計の総合窓口
賃金構造基本統計調査 令和2年賃金構造基本統計調査 一般労働者 職種
厚生労働省
賃金構造基本統計調査の職種区分の見直しについて(5p)

2.勤務時間や曜日が決まっている

医療事務の休日は、勤務先や雇用形態によって異なります。医療業界では、土日祝休みの体制が整っているところは多くありません。土日も診察を行っていたり、深夜も対応していたりする医療機関では、週末の出勤や夜勤が必要になります。小規模な診療所だと、休診日は必ず休めるという体制になっていることもあるでしょう。シフトや出勤曜日・時間帯があらかじめ決まっていれば、プライベートの予定は立てやすいといえます。
正社員として働く場合は、残業が発生することもあるでしょう。パートや派遣は、退勤時間になったら帰宅しますが、業務が終わらなければ正社員が残業して終わらせなければなりません。患者数の多い医療機関や繁忙期には、残業が発生することも理解しておきましょう。

3.社会保険がある

医療事務に限らず、正社員として働けば、社会保険に加入できることは大きなメリットです。雇用先によっては、正社員のみを対象とした福利厚生を用意していることもあるでしょう。これらのメリットは、同じ職場で同じ業務をしていても、派遣やパートでは享受できないこともあります。

4.有給休暇がある

医療事務の正社員には有給休暇があります。社会保険と同様に、パートや派遣では有給休暇取得の条件を満たさない場合も多いので、正社員のメリットでしょう。しかし、取得のしやすさは時期や医療機関の規模に左右されやすいようです。小規模のクリニックで、最低限の人数で業務を行っている場合は、有給休暇の取得が難しい場合もあるでしょう。月末から月初にかけてのレセプト作成期間や、患者が増える繁忙期なども有給が取りにくい時期です。希望日に有給休暇を取得するには、事前の相談が必要でしょう。

5.産休や育休の取得が可能

正社員として働く医療事務員なら、産休だけでなく育休も取得できるでしょう。勤務先の医療機関の環境によっても取得のしやすさには差があります。ほかの事務員で補ったり、臨時的に代わりのスタッフを採用したりする医療機関もあるでしょう。産休や育休の取得条件については、「産休取得の条件とは?入社したばかりやパートでも取れるって本当?」も一読ください。

6.勤務先の変更がしにくい

医療事務として正社員で働くデメリットとして、勤務先を変えづらいことが挙げられます。病院内の狭い人間関係の中では、ときに窮屈に感じることもあるでしょう。しかし、正社員が退職するのは、パートや派遣ほど容易ではないため、ハードルが高いようです。
しかし、スキルや経験があれば転職しやすいというメリットもあります。医療機関は全国どこにでもあるため、転職先は探しやすいでしょう。

医療事務のパートで働く特徴

パートとして働く場合、正社員に比較して勤務時間が短くなるのが一般的です。その分、自分の時間を確保したり、家庭と仕事を両立したりしやすくなるでしょう。未経験でも挑戦しやすいのもメリットです。
反対にデメリットは、社会保険の加入に条件があることや、そもそも収入が十分に得にくいということがあります。福利厚生が充実していないことも多いでしょう。また、限られた時間しか勤務できないため、知識やスキルを身につけることが容易ではありません。スキルアップを目指す人にとっては、デメリットといえます。
厚生労働省の「職業安定業務統計の求人賃金を基準値とした一般基本給・賞与等の額(時給換算)(5p)」によると、「医療・介護事務員」の平均時給は975円です。経験値によっては昇給が期待でき、経験1年で1,114円、5年で1,311円、10年で1,473円となっています。

参照元
厚生労働省
派遣労働者の同一労働同一賃金について

医療事務の派遣社員で働く特徴

派遣の医療事務員として働く場合、医療事務サービス提供会社に雇用されることになります。大病院から個人のクリニックまで、さまざまな勤務先が用意されているでしょう。派遣会社と相談しながら医療機関を紹介してもらうことで、自分の希望に合う、働きやすい勤務先に出会える可能性が高まります。雇用先を変更せずに勤務先を変えられることは、派遣のメリットです。
また、派遣会社によっては医療事務の研修を実施しているので、それを利用してスキルアップを目指すこともできるでしょう。
一方、長期間同じ職場で働けないことはデメリットでもあります。契約期間が定まっているため、無期限に同じ職場で働くことはできません。正社員と比較して、待遇面が充実していないということもあるでしょう。

労働時間は病院や患者次第
医療事務は、オフィスワークを行う一般的な事務職と比較して、休憩時間や退勤時間が定まりにくい傾向があります。患者が多かったり、急患が入ったりすれば、休憩時間や退勤時間になっても仕事を切り上げられないことがあるでしょう。医療事務スタッフの多い医療機関であれば、早番と遅番でシフトを組み、時間どおりに休憩を取れるようにしていることもあります。

医療事務の正社員としてキャリアアップする方法

医療事務として働き始めたら、その後キャリアアップを目指す人もいるでしょう。パートや派遣として勤務を始めた方なら、正社員になることで昇進やキャリアアップがしやすくなるため、雇用形態の変更も検討してみてください。

1.昇進を目指す

大きな病院で勤務する場合、医療事務の中の管理職へ昇進する可能性があります。同じ医療機関で長く勤務し経験を積むことで、昇進に繋がりやすくなるでしょう。昇進すると、給料が高くなるだけでなく、良い条件の医療機関への転職に対するメリットにもなります。

2.資格を取得する

医療事務の仕事に、資格は必須ではありません。しかし、持っておくと転職やキャリアアップにつながりやすくなります。中には比較的短時間で取得できる資格もあるので、忙しくてもキャリアアップを目指したい人は押さえておきましょう。医療事務に国家資格はなく、すべて民間の資格です。受験資格が設けられていない資格も多いので、中卒や高卒の人でも受験しやすいでしょう。医療事務の資格については、「高卒から医療事務を目指す際に役立つ資格5選」でも紹介しています。
また、医療事務はパソコンを頻繁に使用する仕事です。パソコン関連の資格やスキルがあると、キャリアアップに役立つでしょう。「PCのスキルアップにおすすめの資格6つ」も参考にしてください。

3.スキルを身につける

電子カルテやWeb予約システムをはじめとして、医療現場もIT技術を導入してきています。先述のとおり、医療事務として働くときには、基本的なパソコン操作のスキルがあると重宝されるでしょう。
受付や会計の業務では、正確性とスピードが求められます。素早く正確に作業できるスキルも重要です。また、多くの患者に対応できることも、医療事務のスキルの一つといえます。

4.転職を検討する

同じ医療事務の仕事でも、医療機関によって待遇はさまざまです。キャリアアップを目指すなら、転職を検討することも良いでしょう。現在の職場で経験を積みスキルを身につけておけば、今より良い条件の職場が見つかったときにアピールポイントになります。医療機関によっては、最初から好条件を提示しているところもあるので、情報収集を欠かさないようにしましょう。

「未経験だけど医療事務に挑戦してみたい」「医療事務のパートとして働いてきたけど、正社員になりたい」など、医療事務での就職や転職をお考えの方は、ハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、若者向けの就職エージェントサービスです。求人の紹介はもちろん、応募書類の添削や面接練習といったサポートも実施しています。専任のスタッフが丁寧にフォローしますので、就職や転職活動に不安がある方はぜひご利用ください。

関連タグ