新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 既卒とは?就活難易度や就職するコツを解説

既卒とは?就活難易度や就職するコツを解説

公開日:

最終更新日:

既卒とは?就活難易度や就職するコツを解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・既卒とは、内定がないまま卒業した正社員経験がない人のこと
  • ・卒業後およそ3年以内であれば新卒として扱われる場合がある
  • ・既卒になった理由は嘘をつくことなく説明したほうが好印象
  • ・既卒は新卒以上に入社意欲をアピールすることが大切

監修者:佐藤真也

キャリアコンサルタント

やりたいことやできることを一緒に考えて、ライフスタイルやご希望にマッチする仕事探しをお手伝いします!

既卒の就職は、新卒や第二新卒と比べて難しいのではないかと不安になっている方がいるのではないでしょうか。また、就職したくても就活方法が分からないという方もいるでしょう。
このコラムでは、企業が既卒に求めていることや就職のコツを解説。既卒を新卒枠で募集する企業の割合や就活難易度についてもまとめています。既卒がアピールできる内容を知って、選考対策の準備をしましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

既卒とは

既卒とは、内定がないまま高校や専門学校、大学を卒業し、正社員として働いていない人を指す言葉です。卒業後に就職活動をしている人や、フリーターをしている人も既卒に当てはまります。厚生労働省による「三年以内既卒者等採用定着奨励金」といった制度があるように、主に卒業後3年以内の人を既卒と呼ぶことが一般的です。

既卒になる理由

既卒になる理由は、人によってさまざまです。

・就職活動をしなかった
・公務員試験に失敗した
・希望の企業の内定がとれなかった
・留学で就活ができなかった
・企業から内定を取り消された
・就職以外に目指す夢があった

既卒になる理由で多いのが、そもそも就職活動をしなかったケース。アルバイトや単位取得に集中し、就活ができなかった人がいます。また、留学期間が就活時期にかぶっていた人や、目指す夢があり就活をしなかった人もいるようです。

就職を希望していたものの既卒になった人は、希望する企業の内定がとれなかったケースが目立ちます。志望業界や企業を絞り込み過ぎていたり、倍率の高い大手企業ばかりを受けていたりといった原因があるでしょう。
また、数としてはそれほど多くありませんが、企業の経営悪化などの理由で内定を取り消されるパターンもあるようです。

既卒と新卒の違い

既卒とは、前述したように大学や専門学校を卒業し、正社員として働いていない人を指しますが、新卒は今年度中に卒業する学生のことを指します。新卒は、新規卒業者の略称です。一般的に在学中に就職活動を行っている学生や、新入社員のことを新卒と呼びます。

既卒と第二新卒との違い

第二新卒とは、新卒入社した会社を入社後およそ3年以内に辞めた人のことです。卒業後、短期間でも正社員になった人は第二新卒となり、既卒ではありません。第二新卒と既卒は混合しがちですが、正社員経験の有無という点で明確な違いがあります。

既卒とフリーターとの違い

フリーターは、一般的にアルバイトやパートで生計を立てている若者のことを指します。既卒もフリーターも、正社員として働いていないという点では同じです。既卒の中には、正社員として就職していなくてもフリーターとして働いている人もいれば、働かないニートの人もいます。
なお、一度でも正社員として就職した経験があり、現在フリーターとして働いている人、もしくはニートの人は既卒とはいいません。

既卒は新卒と同様に扱われる?

平成22年9月に厚生労働省が定める「青少年雇用機会確保指針」が改正され、既卒者を卒業後少なくとも3年間は新卒として扱うことが明記されました。この指針の目的は、就職浪人する人が多い中で、能力のある既卒者が正社員として就職する機会を拡大することにあります。
指針には法的な拘束力はないので、既卒を新卒枠で募集するかは企業によって判断が異なります。
しかし、厚生労働省のこうした指針や近年の売り手市場を背景に、既卒者を新卒として扱う動きは広がっているようです。

企業が既卒を採用する理由

企業が既卒を採用する理由の一つとして、新卒採用で十分な人材を確保できなかったことがあります。最近は売り手市場で人材の確保が難しく、既卒に募集範囲を広げる動きが見られるようです。
また、既卒を採用して一定期間雇用した企業には、国から奨励金が支給されます。こういった制度も既卒の採用を後押ししていると考えられるでしょう。

既卒を新卒枠で募集する企業の割合

厚生労働省の調査によると、2019年度の新卒採用枠で既卒者の応募を可能とした事業所の割合は、70%でした。その中で、実際に既卒を採用した企業の割合は46%。かなりの企業が既卒者を新卒枠で採用していることが分かります。
なお、今後も新卒枠で既卒者を採用するのかについては、「現在のところ未定」と答えた事業所が最も多く33%でしたが、次いで、「今後も応募可能としたい」とした事業所は26%でした。

参照元
厚生労働省
労働経済動向調査(2020年8月)の概況

新卒として扱われない場合は中途で応募可能

既卒を新卒枠で募集していない企業でも、中途枠で応募することは可能です。とはいえ、中途採用では即戦力が求められるので、職歴がない既卒は不利になる可能性が高くなります。
既卒の就活は転職エージェントなどのプロに相談し、若手を求める企業の紹介を受けたり、選考対策を行ったりするのがおすすめです。

職歴なしの既卒の就活難易度は?

既卒の就活が新卒に比べて難しくなるのはなぜでしょうか?ここではその理由をご紹介します。
また、既卒の就活で悩む人が多い、「なぜ既卒になったのか」という質問への回答方法もまとめました。

新卒や第二新卒のほうが就職に有利?

採用する企業としては、既卒よりも新卒や第二新卒のほうが教育しやすかったり、コストがかからなかったりすると考えています。それが、新卒や第二新卒のほうが就職に有利といわれる一因です。
学校を卒業したばかりの新卒は、社会経験がないまっさらな状態。そのため、採用した企業は、企業風土に沿った教育が一からできます。また、年齢が若く柔軟性の高い第二新卒は、若手を求める企業からのニーズが高い存在です。年齢が若いという点では既卒も同じですが、第二新卒は1社目の企業で基礎的なビジネスマナーを学んでいるので、企業は教育コストを削減できると考えています。

既卒が新卒と比べて不利になる理由

既卒は内定がないまま学校を卒業した状態です。在学中に内定を獲れなかったことに対して、「性格や能力に問題があるのでは?」と考える企業は少なくありません。真面目に就活をしていなかったと思われ、「働く意欲がない」と先入観を抱かれることもあるでしょう。
もちろん、すべての企業がそのように考えるわけではありません。ただ、問題を抱えている可能性がある既卒よりも、より若くてフレッシュな新卒を採用したい企業があるのは事実です。
企業が既卒に抱くイメージから、新卒と比べて就活が不利になる可能性は否定できません。

企業が既卒に求めていること

企業が既卒の採用で重視しているのは、就職するためにどういった努力をしているのか、現在は意欲的に行動しているのかという部分。過去に失敗があっても、今現在どのような目標を持っているのか、そのためにどのいった努力をしているのかをアピールできれば、熱意のある人材として評価されるでしょう。

「なぜ既卒になったか」を説明するには?

既卒の面接では、必ずといって良いほど「なぜ既卒になったのか」を問われます。このとき、嘘をついたり、ごまかすような回答をしたりすると誠意が伝わりません。
既卒になった原因が自分にあるなら、その点に関して正直に反省を述べることが大切。そのうえで、改善するために何をしているのか、どのような思いで就活をしているのかを伝えます。失敗経験から学び、次に活かせることをアピールしましょう。

既卒の就活方法

既卒は新卒と違って大学のサポートを受けられません。そのため、どの方法で仕事を探すかということが重要です。
ここでは、一般的に考えられる仕事探しの方法をまとめました。

求人サイト

求人サイトは一度にたくさんの求人を閲覧できるため、就活初期にどんな企業や仕事があるかを把握するのに役立ちます。検索条件に「既卒」と入れれば、既卒を歓迎する企業の求人が見つかるでしょう。既卒向けの求人サイトもあるので、自分に合ったものを見つけてください。
求人サイトのデメリットとしては、面接日程の調整などをすべて自分自身で行う必要がある、企業についての詳細な情報が手に入りにくい、といったことが挙げられます。

企業のWebサイト

志望する業界や企業が明確なら、企業のWebサイト(応募フォーム)に直接応募する方法もあります。採用担当の電話番号やメールアドレスが分かればそちらに連絡してみましょう。
求人が出ていない企業には、採用を行っているか問い合わせてもOK。自分から連絡することが、入社意欲のアピールにつながります。既卒が応募可能か分からない場合も、問い合わせると良いでしょう。
企業への直接応募は熱意を示せるのがメリットです。しかし、求人サイトと同様に面接の日程調整などを自分で行わなければならない点は、手間と感じる人もいるでしょう。

ハローワーク

第三者に相談しながら仕事を探したい人は、ハローワークを活用しましょう。全国各地に拠点があるため、自宅近くの施設を利用できます。
ハローワークでは端末を使って求人検索でき、依頼すれば職員が一緒に求人を探してくれます。
また、応募書類や面接対策のセミナーを開催している場合もあるので、1人での選考対策が不安な人におすすめです。
ハローワークのデメリットとしては、「空求人」が多いことがあります。空求人とは、企業が自社の宣伝や採用担当者の面接練習のために掲載する求人のこと。企業側は実際に採用を行うつもりはないので、応募すると時間が無駄になってしまいます。

転職エージェント

転職エージェントは、人材を探す企業と仕事を探す求職者を結びつけるサービス。求職者に対してカウンセリングを行い、その人に合った求人を提案する仕組みです。
転職エージェントでは同じ担当者が一貫してサポートしてくれるので、不安や疑問があったときに遠慮なく聞けるのがメリット。選考対策はもちろん、入社後のアフターフォローをしてくれるのも魅力です。転職エージェントは民間のサービスですが、企業側から報酬を得るため求職者側の料金負担はありません。
デメリットとしては、担当者の力量によって紹介される求人の質にブレが生じることが挙げられます。また、「正社員経験がない」「ブランクが長い」といった求職者側の状況によっては、希望する求人の提案を受けられない可能性もあるでしょう。

職歴なしの既卒が履歴書や面接でアピールできること

既卒がアピール材料にできる事柄を知り、選考対策の準備をしましょう。

学生時代に取り組んだこと

職歴のない既卒は、新卒と同様に学生時代の取り組みをアピールするのが一般的です。学生時代の経験を題材に、自分の価値観や強みを伝えましょう。

卒業後の取り組み

資格勉強やアルバイトといった卒業後の取り組みもアピール材料にできます。卒業後に行った業界研究や企業研究など、就職に向けて取り組んでいることを述べるのも良いでしょう。
たとえば、「パソコンスキルを磨くためにMOSを取得した」「接客業でコミュニケーションスキルを養った」「ビジネスマナーを学ぶために書籍を読んでいる」といった内容がアピールできます。

入社意欲

既卒は「働く意欲が低いのでは?」という先入観を持たれやすいので、入社意欲を十分にアピールする必要があります。
入社意欲を示すには、志望動機を充実させるのがポイント。企業が展開する事業や企業理念、社風、業務内容などを調べ、なぜその企業に興味を持ったのかを説明できるようにしましょう。
志望動機では、入社後に活かせる自分の強みや経験、応募企業だから実現できる将来の目標を盛り込むのも効果的です。
熱意を示すことで、「入社後に成長してくれそう」とポテンシャルを評価されるでしょう。入社意欲は既卒のハンデをカバーするのに不可欠な要素なので、すべての回答で熱意が伝わるように意識することが大切です。

既卒が採用を勝ち取るために心掛ける4つのこと

最後に、既卒が就職するために必要なことを4つご紹介します。

1.早く行動する

既卒は卒業後3年以内というのが一般的な認識。既卒の年齢に上限を設けない企業もありますが、なるべく早めに動き出すのが賢明です。就職先の選択肢が増えますし、新卒と年齢が開いていないほうがフレッシュな人材と映るでしょう。
ブランク期間が長引くと、「卒業後に何をしていたの?」と思われてしまいます。いずれ正社員になりたいのなら、今すぐ行動を起こしましょう。

2.主体的に行動する

既卒は、新卒よりさらに主体的に動いて仕事を探す必要があります。新卒のころは周りが同じタイミングで就活をしていましたが、既卒はそうではありません。大学のキャリアセンター(就職課)の支援も受けられませんし、自分から動かなければ就職情報は手に入らないでしょう。
情報収集を怠らず、ときには先に社会人になった友達や先輩に話を聞いてみるのもおすすめです。

3.選考対策に力を入れる

前述したとおり、既卒は新卒以上に入社意欲のアピールが重要です。選考対策を怠って基本的な質問に答えられないと、それだけで熱意がないと判断されかねません。面接でよくある質問は決まっているので、回答は必ず用意しておきましょう。
また、応募書類はマナーを守って丁寧に作成することが大切。誤字脱字がないか、入学年や卒業年は間違っていないか確認した上で提出してください。空欄があると意欲が低いと思われるので、必ずすべての項目を埋めましょう。

4.視野を広げる

就活の初期段階では、業界地図などを使って幅広い業界や企業を調べましょう。そのうえで、興味のある分野を絞り込んでいくやり方がおすすめです。
希望する仕事や条件を絞り込むことは、就活に必要な過程です。しかし、「絶対にこの業界しか受けない」「大手企業に行きたい」とこだわり過ぎるのは禁物。応募できる求人の幅が狭まりますし、視野が狭まり本当に自分に合った企業を見落とす可能性が出てきます。

既卒は新卒のときと就職活動の状況が違い、「どうやって仕事を探したら良いのか」と戸惑う人がいます。
そんなときは、就職・転職エージェントを利用するのが就活成功の近道。エージェントでは、専任の担当者がアドバイスしてくれるので、1人で悩みを抱えず就活を進められます。
中でもハタラクティブは、既卒の就職に強い就職エージェントです。未経験者歓迎の求人を数多く用意しているので、既卒の方も安心してご相談ください。
マンツーマンのカウンセリングを行ったうえで、あなたにぴったりのお仕事をご紹介いたします!

既卒の就活に関するQ&A

ここでは既卒の就活に関する疑問をQ&A形式で解消します。就職を目指す既卒者は参考にしてみてください。

既卒とはどんな人を指しますか?

内定がないまま学校を卒業し、正社員として働いていない人を指します。一般的には学校卒業から3年以内の人が「既卒」に当てはまります。詳しくはこのコラムの「既卒とは」をご覧ください。

既卒と新卒の扱いは異なりますか?

厚生労働省の指針もあり、卒業後3年以内であれば新卒枠で応募できるでしょう。なお、「厚生労働省 労働経済動向調査(2020年8月)の概況」によると、2019年時点で新卒採用枠への既卒者の応募を可能とした事業所は70%でした。新卒として扱われない場合は、中途として応募することになります。
詳しくはこのコラムの「既卒は新卒と同様に扱われる?」をご覧ください。

参照元
厚生労働省
労働経済動向調査(2020年8月)の概況

既卒の就職が難しいといわれるのはなぜですか?

既卒は在学中に内定が取れなかったことから、能力や働く意欲を企業に不安視されやすい傾向があります。また、よりフレッシュな新卒を採用したいという企業も見られることから、既卒の就職は難しいといわれるのです。詳しくはこのコラムの「職歴なしの既卒の就活難易度は?」を参照し、企業の不安を払しょくする対策を行いましょう。

既卒者が就活でアピールすべきことは何ですか?

既卒は職歴がないため、学生時代の経験や、卒業後の取り組みをアピールするのが良いでしょう。また、企業の「働く意欲がないのでは?」という懸念を払拭するために、入社意欲や熱意を十分に示す必要があります。「既卒向けの自己PRの書き方を解説!例文もあわせて紹介」を参考に、自分のアピールポイントを整理しておきましょう。

既卒の仕事探しはどのように行うべきですか?

求人サイトや、気になる企業の採用Webサイトを確認してみましょう。また、ハローワークで職員と一緒に求人を探すのも手です。
自分で選考のスケジュール管理をする自信がない、自分に合った企業を見極めきれないという場合は「ハタラクティブ」のアドバイザーがサポートします。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

  • 経歴が不安でも大丈夫!

    未経験でも正社員での就職・転職を
    プロがしっかりとサポート!

  • あなたに合った仕事がわかる!

    あなたの性格や得意にあわせて
    厳選した求人をご紹介

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ