既卒が志望動機を作成する際のポイントは?好印象を与える作成のコツも紹介

既卒が志望動機を作成する際のポイントは?好印象を与える作成のコツも紹介の画像

この記事のまとめ

  • 就職市場は求職者の売り手市場のため、既卒での就職チャンスが広がっている
  • 企業が既卒者に対して感じる魅力を、志望動機に交えてアピールしよう
  • 既卒は、仕事の特徴を理解したうえで熱意が伝わる志望動機を作成しよう
  • 既卒の志望動機は、企業と自分との結びつきを考えて具体的に伝える
  • 先入観で業界などを決めつけず、就活の可能性を広げよう

書類選考や面接の際、企業の採用担当者から注目されるのが「志望動機」。既卒における就活では職種別の採用が多いため、新卒での志望動機とは異なったアプローチ方法が必要となってきます。こちらのコラムでは、まず既卒とはどのような人のことを指すのか、また既卒での志望動機作成のポイント、就活を成功させるために知っておきたいことなどを解説しています。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

既卒が志望動機を作成する前にしておくべき4つの準備

既卒の場合は卒業からの空白期間があるので、空白期間ができた理由や行っていたことを説明できるよう準備をしておきましょう。また、企業が既卒者に対して考えていることや懸念していることを想定し、対策しておくこともポイントになります。

1.既卒になった理由と空白期間の取り組みを整理する

既卒になった理由は、「就活をしていたけどうまくいかなかった」「公務員を目指していた」「正社員として働くイメージがつかめなかった」など人それぞれにあるでしょう。就活を始めると、かなりの確率で「既卒になった理由」を聞かれます。相手が納得できる説明を準備しておきましょう。
また、合わせて空白期間中になにをしていたかを整理することも大切。アルバイトや就活、療養などこちらも人によって異なります。「空白期間を面接で聞かれたら?「何もしてない」はOK?答え方や例文を紹介」では答え方のコツをまとめているので、参考にしてください。

2.新卒の就活でその企業を選ばなかった理由を明確にする

応募企業が新卒時も採用活動を行っていたなら、新卒時に選ばなかった理由を明確にしておきましょう。企業は、応募者が自社に対してどのような印象や魅力を感じて応募を決断したのかを知りたいと考えているはずです。「新卒時は合わないと思っていたが、じっくり自己分析や企業研究を行ったら△△という点で共通点を見つけた」など、空白期間中に行っていたことと絡めて伝えるのが良いでしょう。

3.自己分析と業界・企業研究を行う

既卒から正社員を目指すなら、新卒以上に企業とのマッチ度が大切になります。
新卒時に自己分析を行った人も多いと思いますが、空白期間を経て改めて行うことで、価値観や求めるものが変化している可能性も。また、新卒時の自己分析が不十分だったことも考えられるので、既卒から就活をスタートさせる際はしっかりと行いましょう。
合わせて、応募を検討している業界や企業についてもしっかりと研究します。基本的な情報はもちろん、働く社員の傾向や社風、将来性、業界内での立ち位置などを把握することで、業界・企業への理解が深まります。
自己分析と企業研究の結果を照らし合わせれば、「この企業は自分に合っているか」を判断できるでしょう。ミスマッチを防げれば、自分の適性や希望に合った仕事や企業で長く働けます。

視野を広げて業界・企業・職種を見てみよう

希望する企業や業界があったとしても、視野を広げて志望先を探してみましょう。関連する業界や企業まで目を向けることで、新たな気付きや発見に期待できることもあります。また、大手企業や有名企業を志望している場合も、視野を広げて中小企業も検討するのがおすすめ。大手企業や有名企業は新卒採用を重視する傾向が見られたり、能力の高い転職者が多かったりします。「中小企業に就職するメリットは?後悔しない優良企業の探し方をご紹介」でも説明しているように、中小企業は裁量権の多さや経営との距離の近さが魅力です。

4.企業が既卒に対して志望動機で確認したいと考える点を理解しておく

企業が既卒者に対してどのようなことを聞きたいのか、知りたいと考えているのかを理解することで、面接や履歴書などの応募書類は効果的になるでしょう。

志望度の高さ

志望度の高さは、仕事への意欲につながります。「どの企業でもいい」「とりあえず応募した」といった姿勢では、志望度が低く採用しても仕事に責任を持てないイメージを抱きやすいでしょう。
数多くある企業のなかで「なぜこの企業を志望したのか」「どんな点が決め手になったのか」「入社したらなにをしたいのか」などを説明することで、志望度の高さをアピールしましょう。

ポテンシャル

ポテンシャルとは「将来性」「期待値」のこと。特に若い人材は経験やスキルが不十分なことも多いですが、「教育することで将来は企業を担ってくれる人材になりそう」「仕事に対する意欲が高いから成長に期待できる」といった面を評価して採用する企業は多いようです。
既卒者は職歴がないぶん、ポテンシャルを十分にアピールしましょう。「ポテンシャル採用は若手のチャンス!求職者側のメリットとは」のコラムでは、ポテンシャル採用で重視されるポイントについて解説しています。

未経験OK多数!求人を見てみる

既卒が志望動機を考えるうえでの3つのポイント

既卒者が志望動機を考えるときは、「志望理由」「志望先で活用できるスキルや経験」「空白期間に対する反省と意欲」がポイントになります。

1.志望企業を選んだ理由について言及する

入社を希望する企業をなぜ選んだのかをきちんと伝えます。
ただし、「企業理念に共感した」「働きやすいと思った」など曖昧な理由は避けるべき。「企業理念のどこにどう共感したのか」「働きやすければどの会社でも良いのか」とネガティブな印象につながってしまいます。
自己分析の結果を参考に、「御社の△△という理念が、自分の仕事に対する◯◯という考えと一致していると感じた」「御社独自の△△という制度に魅力を感じた」など、具体的かつ応募先ならではの理由を用意します。

2.自分が志望企業で活かせる経験やスキルなどを盛り込む

応募する企業の仕事内容に活かせる経験やスキルを持っていれば、しっかりアピールしましょう。
学生時代から既卒になってからも続けているアルバイトのスキルが業務で活かせる、ボランティアで身につけた経験が仕事に活用できるなど、具体的に示すことが大切です。

3.反省点を活かして働く意欲があることを示す

既卒から正社員就職を叶えるには、既卒になった理由だけでなく反省点も振り返り、意欲を示すことが大切です。
企業や採用担当者にもよりますが、既卒に対してネガティブな印象を抱く人がいるのも事実。「採用しても働き続けられる?」「仕事に対して意欲を持っている?」などの懸念に対して、「◯◯を理由に既卒になってしまったが、△△をきっかけに正社員を目指している。今後は◯◯を目標に仕事に取り組みたい」など、反省と意欲を伝えましょう。

既卒が志望動機を作るときの注意点

既卒者が志望動機を作るときは、相手に伝わりやすい内容を意識します。具体的な表現や読みやすいレイアウトで作成しましょう。

具体的な内容にする

志望動機の内容は、具体的なものにしましょう。前述したとおり、曖昧な理由では採用担当者に響きません。特に職歴のない既卒者は、なぜ応募先を選んだのかをはっきり述べることが大切。「志望動機の作り方を解説!好印象な回答をするポイントとは」のコラムでも、志望動機の作り方について説明しています。

志望動機の文字数は150~250字程度が目安

志望動機は多く書けば良いということではありません。明確な決まりはありませんが、150文字から200文字に納めるのが望ましいでしょう。
また、履歴書に志望動機を書くときは、文字数ではなく「枠の8割を埋める」ことを意識するのもポイント。履歴書は基本的に空白を作らないのがマナーのため、文字の大きさやバランスに配慮して空白が目立たないよう作成します。

改行も使おう

文字を詰め込むのではなく、適宜改行を行うことも読みやすい書類を作る基本です。
詰まった文字は読みにくく、それだけでネガティブな印象を持たれてしまう可能性も。誰にとっても読みやすい書類作成を意識しましょう。

既卒で志望動機の作り方で悩んでいるなら、既卒向けの就職エージェント「ハタラクティブ」に相談してみませんか?
ハタラクティブは利用対象が既卒やフリーターといった若年層で、はじめての就職という方にも多くご利用いただいています。就職支援に長けたアドバイザーが支援を行うので、「既卒になった理由は特にない」「就職は考えているけど、どんな会社に応募できるか分からない」といった方も安心してご利用いただけるのが特徴。もちろん、自分なりに就活をしているけどうまくいかない…というお悩みをお持ちの方もご利用ください!
専任のアドバイザーが、就職の重要性や応募先の選び方、就職で活用できるスキルや経験の洗い出し、選考でアピールできるポイントなどをしっかりとお伝えします。
書類作成や面接練習なども、疑問が解決するまで何度でもサポートOK。既卒からの就職を叶えたい方は、ぜひハタラクティブをご利用ください。

この記事に関連するタグ