既卒は新卒枠に応募できる?内定獲得につながる強みや注意点をご紹介

既卒は新卒枠に応募できる?内定獲得につながる強みや注意点をご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 既卒は、学校卒業後3年以内であれば新卒枠に応募できる可能性が高い
  • 既卒が新卒枠に応募するメリットは、大手企業に応募でき、手厚い研修を受けられること
  • 既卒が中途採用枠に応募するメリットは、就活日程や勤務日の調整がしやすいこと
  • 新卒枠に応募する際は、既卒になった理由と空白期間の行動を整理しておく

正社員就職を目指したい既卒の中には、新卒枠に応募して良いのか判断に迷う人もいるでしょう。採用基準は企業によって異なるものの、学校卒業後3年以内であれば既卒も新卒扱いとする企業は多いようです。このコラムでは、既卒が新卒枠に応募可能な理由を解説。新卒枠と中途採用枠それぞれのメリットとデメリットについてもまとめました。既卒として挑戦できる求人を増やし内定獲得を目指すためにも、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

既卒は新卒枠に含まれる?

既卒は新卒枠に含まれる?の画像

既卒も、企業によっては新卒枠への応募が可能な場合があります。以下で理由を解説していますので、参考にしてみてください。

卒業後3年以内の既卒は新卒枠への応募が可能

既卒でも、学校を卒業してから3年以内なら新卒枠の求人に応募できます。
在学時に新卒枠での就職が叶わなかった場合、若年層の採用の機会が大幅に減少してしまうと判断されたため、厚生労働省が2010年に「青少年雇用機会確保指針」を改正。既卒でも「卒業後少なくとも3年間は新卒枠に応募できるものとすること」と定めました。ただし、上記はあくまで要請であり、実際に既卒者を新卒扱いとするかは企業の方針に任せられています。

また、既卒者の新卒枠への応募を受け入れていても、内定を獲得できるかは本人のスキルや経験、価値観、アピール次第です。新卒扱いになるからといって油断をせず就活を行いましょう。

参照元
厚生労働省
3年以内既卒者は新卒枠で応募受付を!!~「青少年雇用機会確保指針」が改正されました~

そもそも既卒とは?

既卒とは、高校や短大、大学、専門学校などを卒業後、一度も正社員として就職したことのない人を指します。ただし、法で定められるような明確な定義はなく、前述した青少年雇用機会確保指針の要請から鑑みて、卒業後3年以内のものを既卒者とする企業は多いようです。
既卒について詳しく知りたい方は「既卒とは?新卒との違いや就活のポイントを解説!」もご覧ください。

20代までなら既卒を新卒枠で採用する企業もある

中には、30歳未満であれば既卒者を新卒扱いとする企業もあるようです。明確な定義がない分、どの年齢まで既卒者を新卒扱いとするかは企業によって異なります。20代であれば新卒枠へ応募できるチャンスもあると考えて良いでしょう。ただし、正社員採用では年齢を追うごとに年相応のスキルが求められるため、既卒のまま就職を先延ばしにしないように注意が必要です。

第二新卒との違いは?

第二新卒とは、新卒枠で正社員として就職できたものの、入社後3年以内の短期で離職してしまった人を指す言葉です。そのため、既卒との違いは社会人経験の有無であるといえます。
また、第二新卒が就活を行う際は、一度就職した経験から社会人としての経験年数を問わず「中途採用」への応募になるのが基本です。「既卒と第二新卒の違いは?どちらが有利?定義やメリット・デメリットを解説」では第二新卒の定義やメリットとデメリット、既卒との違いについて詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

既卒は新卒や第二新卒に比べて不利?

既卒は新卒や第二新卒に比べて不利?の画像

企業によって考え方が違うため、既卒が新卒や第二新卒に比べて就活で不利になるかは、一概には言えません。
たとえば、新卒枠での応募の際、同程度の能力であれば「より若くて育成しやすそう」「意欲が分かりやすい」という理由で、既卒者よりも新卒者を採用する企業が多いのが実情です。対して、中途採用枠において教育コストをカットしたいと考える企業であれば、既卒者より少しでも社会人経験のある第二新卒を好む傾向にあります。
しかし、ポテンシャルや人柄重視の採用を行っている企業は多く、書類内容と面接での対応が決め手になることも。特に既卒で年齢が若ければ新卒と第二新卒のどちらにも近いため、伸びしろを期待されて内定をもらえる可能性は高まるでしょう。

とはいえ、既卒者は「在学中に就職できなかった理由」「卒後の空白期間」「働く意欲」など、新卒や第二新卒と比べられる不安要素を払拭しなければ、内定を獲得するのは簡単ではないと考えられます。自分と相性の良い企業を見つけるとともに、志望企業で活躍できることを適切にアピールしましょう。
既卒はどっちが有利?新卒と中途における採用の違いとは」では、具体的なアピール方法を紹介していますので参考にしてみてください。

既卒が新卒枠に応募するメリットとデメリット

ここでは、既卒が新卒枠に応募するメリットとデメリットをご紹介します。それぞれの内容を理解し、就活に取り入れましょう。

新卒枠のメリット 新卒枠のデメリット
大手企業の求人にも応募できる 新卒の応募者と比較されて内定を獲得しづらい
同期入社の仲間が多い 就活時期を逃すと新卒枠の求人が減る
手厚い研修を受けられる 4月まで入社を待つ必要がある

メリット

既卒が新卒枠に応募するメリットは、「大手企業に挑戦できる」「手厚い研修を受けられる」などです。

1.大手企業の求人にも応募できる

既卒が新卒枠に応募する一つ目のメリットは、大手企業の求人に応募しやすくなること。大手企業の中途採用枠は、経験者を募集している求人が多い傾向にあるため、既卒者が応募するにはハードルが高い場合があります。対して、新卒枠であれば経験は問われません。社会人経験がない既卒も新卒扱いになるため、応募のハードルはぐっと下がるといえるでしょう。

2.同期入社の仲間が多い

新卒枠で採用されれば、同期入社仲間が多いこともメリットの一つです。中途採用の求人は数名程度を募集していますが、新卒採用では数十名規模で募集をかける企業が多くあります。新卒枠で入社できれば同期が多いため、相談や情報交換も気軽に行えるでしょう。

3.手厚い研修を受けられる

新卒採用は中途採用より手厚い研修を受けられるのもメリットです。中途採用ではOJT研修と呼ばれる、現場での実務を通した教育を行う企業が多い傾向にあります。
一方、新卒枠をはじめ採用人数の多い企業が導入しているのは、数日~数ヶ月間の座学や見学、現場外での実務検証などを行なってから実際の業務に移るOFF-JT研修です。新人枠の方が充実した研修を受けてからの配置になるので、安心感を持てるでしょう。

デメリット

既卒が新卒枠に応募するデメリットは、以下のとおりです。

1.新卒の応募者と比べられて内定を獲得しづらい

前項で述べたように、既卒者は新卒者と比べられてしまう要素があるため、内定を獲得しづらい場合もあります。企業に応募する際は募集要項で「最終学歴卒業後3年以内の方も応募可」といった内容が書かれているかを必ず確認しましょう。既卒者を新卒扱いすることを募集要項に明記している企業であれば、新卒者と比べられる可能性は比較的低いといえます。

2.就活時期を逃すと新卒枠の求人が減る

新卒枠の採用は毎年決まった時期に行われるため、タイミングを逃すと求人が減ってしまうというデメリットもあります。新卒採用のスケジュールとしては、3~5月を目安に選考に関する広報活動が始まり、6月頃から応募受付、8月頃までに内定を出すという流れが一般的です。9月以降は秋期・冬期の募集を行なっている企業か、外資系企業の求人がほとんどとなり、応募できる案件は限られていくでしょう。

3.すぐに働きたくても4月まで入社を待つことになる

新卒枠で内定をもらった場合、入社は4月まで待つことになります。すぐに働ける状態の既卒であっても、早くて入社事前研修が行われる3月頃からの参加となるでしょう。早く働きたい方は、新卒枠より中途採用枠での就活を行ったほうが無難です。

既卒が中途採用枠に応募するメリットとデメリット

中途採用枠の求人に応募するメリットとデメリットにはどのようなものがあるのかも確認しておくと、どのように就活を行うべきかの判断材料になります。

中途採用枠のメリット 中途採用枠のデメリット
自分のペースで就活ができる 採用のチャンスを逃しやすい
面接から採用までの期間が短い 経験者のほうが優遇されやすい

メリット

中途採用枠のメリットは、自分の望むペースでの就活や勤務開始日の設定ができることです。

自分のペースで就活ができる

中途採用枠への応募であれば、自分の好きなタイミングで情報収集を開始し、面接を組めます。一方、新卒枠での就活は先述のとおり、企業の採用スケジュールを考慮して、情報収集や応募・選考日時に注意しなければなりません。場合によっては気になる企業の応募・選考時期が重なって、スケジュールを組むのが大変になることもあるでしょう。

面接から採用までの期間が短い

中途採用枠では、新卒枠よりも面接から採用までの期間が短いこともメリットの一つです。内定が出た場合、企業と相談しながら勤務開始日を比較的自由に決められるので、4月まで待たなければならない新卒枠と比べれば、かなり早いタイミングで入社できるでしょう。

デメリット

中途採用枠への応募のデメリットは、「求人探しのタイミングが難しい」「経験者と比較されやすい」などです。

求人が出るタイミングでチャンスを逃すことがある

中途採用では自分の好きなペースで就活できるものの、どのようなタイミングで自分に合った求人が出されるかは分かりません。「少し就活を休憩している間に、良い求人の募集が終了していた」という場合もあります。対して新卒枠であれば、採用スケジュールがある程度決まっているため、タイミングを逃すことなく応募することが可能です。

中途採用枠では経験者のほうが優遇されやすい

中途採用枠では、スキルを備えた経験者のほうが即戦力として優遇されやすい傾向にあります。未経験でも応募可のものもありますが、「経験者歓迎」の求人も多いようです。同じ年齢や価値観を持つ既卒者と経験者が中途採用枠に応募してきた場合、少しでも経験のある人材が採用されるでしょう。

既卒が新卒枠で内定獲得するためのポイント

既卒が新卒枠で内定獲得するためのポイントの画像

既卒が新卒枠で内定を獲得するためのポイントは、「強い就職意欲」や「仕事への挑戦心」をアピールすることです。下記を参考に、書類作成や面接対策を行ってみてください。

強い就職意欲をアピールする

既卒が新卒枠に応募する際は、強い就職意欲をアピールすることが大切です。既卒者は経歴から、企業側に「就職や仕事への意欲が低いのでは」という懸念を抱かれてしまうことも少なくありません。就職意欲をアピールできれば、「やる気がある人物」と判断され、内定獲得に近づけるでしょう。

仕事への挑戦心を示す

挑戦心を示すのも既卒の就活では有効な方法です。企業の価値観や方向性によるものの、新卒枠で採用を行なっている会社の多くは、チャレンジ精神をもって物事に取り組む人材を求めます。挑戦心がある人材ほど、事業拡大や本人の成長につながると考えられるためです。自身の強みを聞かれた際は、好奇心旺盛であることを隠さず、何事にもチャレンジする姿勢をアピールすると良いでしょう。

既卒が新卒枠採用を目指して就活する際の3つの注意点

既卒が新卒枠採用を目指して就活する際の3つの注意点の画像

既卒が新卒採用枠での就活を成功させるためには、以下の3点に注意する必要があります。

1.既卒だからといって自信がない態度を見せない

既卒の方は、「勉強も仕事もしていない」という引け目を感じてしまいがちですが、就活では自信がない態度は見せないようにしましょう。どれだけ能力が高くても、自信のない人は「仕事を任せるのは不安」と敬遠されてしまいます。新卒枠へ応募する際は自信をもって、元気に明るく臨むことが大切です。

2.既卒の理由と空白期間は前向きに伝える

既卒の理由や空白期間に何をしていたか面接で聞かれた際は、前向きな内容を伝えましょう。たとえば、既卒の理由が「就職活動が面倒くさかったため」なら就職意欲を疑われ、内定をもらえる可能性は遠ざかります。対して「家族の介護のため」という内容なら、現在仕事に支障が出なければ特に問題はないとみなされるでしょう。
空白期間に関しても「何もせずダラダラしていた」という返答では、入社後の成長に期待できません。一方、「資格取得に励んでいた」「やりたいことを見つけるためバイトをしていた」といった内容であれば、前向きに活動できる人物であるという高い評価につながります。
既卒になった理由や空白期間の動向は、採用後の不安を払拭するために面接でよく聞かれる質問です。本番で焦ることがないように、新卒枠への応募を決めた段階から回答を準備しておきましょう。

既卒になった理由や空白期間の説明の仕方は、「既卒ニートから就職するには?公務員も目指せる?就活方法とコツを解説」も参考にしてみてください。

3.視野を広く持ち複数の企業にエントリーする

既卒が新卒枠での採用を目指す際は、視野を広く持ち複数の企業にエントリーしてみましょう。志望する業界や職種が多いほうが挑戦の機会も増え、内定獲得の可能性も高まるからです。
たとえば、「文房具が好きで文具メーカーに就職したい」と考えている人は、製造企業や小売店への就職も検討してみると良いでしょう。一般事務を希望している場合は、同じデスクワークであるデータ入力やコールセンターなどの職種も視野に入れられます。とはいえ、手当たり次第に応募すると、情報収集が足りずアピール材料を揃えられない恐れも。業界や職種に対して心から興味を持ち、しっかり情報を調べたうえで臨むことが大切です。

既卒者が内定をとるためのポイントを解説!新卒より厳しいって本当?」では、就活のポイントを詳しく解説しています。就活でつまづいたときの振り返りとしても活用できますので、ぜひご一読ください。

「既卒になった理由や空白期間について上手くまとめられない」「自分に合う業界や職種が分からない」という方は、ハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、既卒や第二新卒などの若年層を対象とした就職・転職エージェントです。専任のアドバイザーがマンツーマンのカウンセリングを行い、悩みや希望、強みを聞き出したうえであなたにぴったりの求人をご紹介します。そのほかに、応募書類作成の補助や面接対策なども実施。プロのサポートを受けながら、効率的に就活を進められます。まずはあなたの現状をお聞かせください。お問い合わせお待ちしています。

既卒が新卒枠に応募するときのお悩みQ&A

ここでは、新卒枠への応募や就活の際に、既卒者が抱きがちな疑問を解決します。

卒業年度が限定された新卒枠は既卒も応募できる?

募集要項で「卒業見込み限定」と書かれていた場合、既卒が新卒枠に応募するのは避けたほうが無難です。ただし、「限定」の記載がなければ、学校卒業後3年以内の既卒も応募可能であると考えて良いでしょう。不安な場合は「最終学歴卒業後3年未満の方も可」といった一文が添えられた求人に応募するほうがより確実。実際に新卒扱いとするかは企業の判断によるため、この一文がないと既卒をどう扱っているのか分からないためです。

新卒枠での就職を逃した既卒の就活への影響は?

大手企業をはじめ、新卒枠で多くの新入社員を募集する企業への就職は、少なからず難しくなると考えられます。インターンシップや企業説明会など、これまで学校の就職課で簡単に得られていた情報も、自分で積極的に収集していかなければなりません。しかし、学校卒業後3年以内の既卒を新卒扱いとする企業は多く、就職・転職エージェントを使えば情報収集も楽にできます。既卒の就活を効率的に進めるなら、ハタラクティブへお問い合わせください。

在学中に新卒枠を逃した場合の既卒者の就活方法は?

ハローワークや就職・転職エージェントへの登録、求人サイトや広告からの応募が一般的な手段です。上記の方法は中途採用枠への応募で使われると思われがちですが、新卒枠の求人を紹介しているハローワークや就職・転職エージェントもあります。新卒枠での就職を諦めたくないという方は、一度チェックしてみましょう。ハローワークの利用方法が分からない既卒は「ハローワークの利用方法とは?初めて使うときはどうすれば良い?」をご覧ください。

高卒の既卒も卒業後3年以内は新卒枠に応募できる?

高卒で既卒になったとしても、大学や短大と同じく卒業後3年以内であれば新卒枠に応募できます。高校生が卒業後すぐに就職する場合、在学中に学校が「学校斡旋(学校推薦)」という形で募集が来ている企業の求人に応募し就活をサポート。そのため、既卒になる可能性は低い傾向にありますが、万が一の場合でも不安にならず前向きに活動しましょう。

この記事に関連するタグ