自己PRで判断されることとは?既卒の自己PR作成方法

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 既卒就職TOP
  4. >
  5. 自己PRで判断されることとは?既卒の自己PR作成方法

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・自己PRからは人柄や能力だけではなく、自社にマッチする人材かどうか判断される
    ・自分の強みがどのように企業に貢献できるか、具体的なエピソードを交えて作成しよう
    ・企業の目線を忘れて自分のアピールに終始した自己PRは評価されない
    ・書類作成に不安がある人は、プロのサポートを活用しよう

自己PRで判断されることとは?既卒の自己PR作成方法の画像

就活の大切なポイントである自己PR。いざ作成してみようと思っても、どのように書いたらよいのかわからないという人もいるのではないでしょうか。採用担当者は、あなたの自己PRからさまざまなことを判断しています。そのため、採用担当者の印象に残る自己PRを作成することが、内定獲得への第一歩と言えるでしょう。
ここでは、自己PRで判断されていることや自己PRのポイントなどについてまとめました。

自己PRで判断されていること

採用担当者は、自己PRの内容から主に下記のことを判断しています。

・人柄
・物事に取り組む姿勢
・ポテンシャル
・プレゼン能力

また、社風に合っているのか、長く働いてくれそうか、自社に貢献できるか、など入社後のことも踏まえて、自社にマッチする人物かどうかも判断します。そのため、ただ自分の強みや成果を書くだけではなく、自分はどんな人物なのか、自分を雇うことで企業が得られるメリットなどを意識しながら作成するとよいでしょう。

既卒の自己PRのポイント

自己PRのポイントは、自分の強みと、強みを裏付ける具体的なエピソードを基に、「応募先企業を選んだ理由」や「企業にどのように貢献していくか」という説明をすることです。

既卒の自己PRの内容は、新卒とほとんど変わらず、学生時代に得た経験、学生時代や現在のアルバイトで得た経験をベースにエピソードを作成します。既卒だからといって、目立つ実績や成果が求められているわけではありませんが、自分なりの努力や行動、工夫が現れる内容だとよいでしょう。
既卒は新卒と比べて不利な立場なので、熱意のこもった自己PRを作成することが重要です。

アピールできるポイントを探すためには、しっかりとした自己分析を行いましょう。
学生時代やアルバイトでの頑張ったこと、取組んでいたことなどを洗い出し、それぞれの「頑張れた理由」「取組んでいた課題、取り組み方」「その経験から得た影響」などを分析。その中から、普段の生活でも発揮されている強みを見つけます。
また、応募先企業の業務を分析し、「自分の長所や能力が業務ではどのように活かせるか」をアピールできるとよいでしょう。

さらに、応募先企業に関連する業種、職種でのアルバイト経験があればアピールポイントになります。特に営業や接客業が中心の企業であれば、アルバイト経験の有無が重要なポイントの一つになるため、積極的に記載しましょう。
ほかにも、IT関係の企業ならソフトウェアやWebサイトの作成経験、福祉系の企業ならボランティアの参加経験など、希望する職種や業種に関連する資格や経験を積んでおくのもおすすめです。実際の仕事でどのように活用できるかを併せて記入することで、入社後どの程度貢献できるかをアピールできます。

こんな自己PRは評価されない

自分のアピールにばかり気を取られて、「自社の利益に貢献できる人」を求めている企業側の視点が抜けていないか注意しましょう。企業の事業やニーズに合わせて、自分の強み、長所、資格、経験などを盛り込むことが大切です。

また、ネットや書籍の例文をそのまま用いた自己PRや、「いろいろ」「ほとんど」など抽象的な言葉が多い自己PRは人物像が描きにくく、アピールの弱い自己PRになってしまいます。
数字を示すなどできる限り具体的に、自分の言葉で作成しましょう。

例文をチェックしよう

上記のポイントを参考に、既卒の人向けの自己PRのパターンを紹介しますので、参考にしてみてください。

例文

大学時代から現在まで、小売店で3年間接客のアルバイトをしてきました。アルバイトで心がけていたのは、お客様のご要望に応じてスムーズに商品を提案できるようになることです。そのため、既存の商品に加えて、毎月30種類以上入荷する新商品の特徴や価格、陳列場所などを正確に把握できるように努めていました。また、売上げに貢献するため、季節や天気に合わせた商品の陳列、POPの作成を行いました。
この経験を通じて身についた、集中力や記憶力、状況に応じて行動できる柔軟性を、御社でも活かしていきたいと考えています。

この例文では、「商品をスムーズに提案できるように、商品の特徴や価格、陳列場所などを正確に把握できるように努めた」や「売り上げに貢献するため商品の陳列やPOPの作成を行った」という具体的なエピソードを基に、集中力や記憶力、柔軟性といった企業に貢献できる能力をアピールしています。
このように、具体的なエピソードを提示することで、自分の能力に真実性を持たせることができるでしょう。

しかし、「具体的なエピソード」と「企業に貢献できる能力」をただ並べるだけでは、必ずしも担当者に良い印象を与える自己PRが作成できるとは限りません。
ハタラクティブでは、就活アドバイザーが自己PRをはじめとする応募書類の添削を行っているため、プロの指導の下、担当者の記憶に残る自己PRを作成することが可能です。
また、ハタラクティブでは企業選定から書類作成、面接対策、入社後のフォローまで実施。就活の準備から内定獲得後までしっかりとサポートしています。

就活に関する悩みがある方や、より効率的に就活を進めたい方は、ぜひ一度ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブには、求人サイトには掲載されていない非公開求人も取り扱っているので、より多くの情報を得ることができるでしょう。

こんなときどうする?既卒の就活に関するお悩みQ&A

就活で悩む方の多い「自己PR」。コラムで解説したように、企業は自己PRの内容から人柄だけでなくポテンシャルや仕事に対する考え方など、さまざまなポイントを見ています。ここでは、既卒の方に向けて想定される質問と回答をまとました。解決にお役立てください。

「既卒」ってなんですか?

内定を持たないまま学校を卒業し、卒業後も正社員として働いていない人のこと。
大学を卒業したあとにフリーターやニートとして過ごす人が当てはまります。既卒に関して、詳しい説明や就活事情は「既卒って誰のこと?何年目まで新卒扱いしてもらえる?」で解説しているので、ご覧ください。

やはり既卒はマイナス印象なのでしょうか。

近年は新卒扱いされるなど、採用に積極的な企業も増えています。
未だ日本では新卒一括採用がメインのため、既卒であることに負い目を感じる方もいるでしょう。しかし、「既卒の就職は厳しくない!内定のためにするべき4つのこと」で触れているように、近年は若手人材の減少や奨励金制度の制定などを受け、既卒の採用に積極的な企業があるのも事実。若年者ならではの素直さやポテンシャルを評価されるようです。

自己PRのNG例を教えて下さい

具体的なエピソードがない、企業ニーズに合っていない自己PRは評価されません。
また、当たり前のことを述べていたり、表現が抽象的だったりする内容も避けるべき。自己PRの作り方や例文は、「例文あり!魅力的な自己PRで就活成功を目指そう」のコラムを参考にしてください。

自己分析や自己PRの作成に自信がありません

就職のプロにアドバイスをもらいましょう。
在学時に就活をしていなかったり、就活はしても内定を得られていなかったりする場合、企業に響く自己PRを自力で作成するのは難しいでしょう。 
1人で悩むとネガティブになりやすいため、就活のコツを熟知しているハタラクティブのサポートを受けてはいかがでしょうか。ハタラクティブは、既卒や第二新卒に強い就職エージェント。数ある求人から、あなたにピッタリの企業をご紹介いたします。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ