エントリーシートの書き方を解説!志望動機や自己PRの例文

エントリーシートの書き方を解説!志望動機や自己PRの例文の画像

【このページのまとめ】

  • ・エントリーシートは新卒採用で提出を求められる応募書類
    ・新卒採用枠で応募する既卒や第二新卒が提出することもある
    ・エントリーシートの書き方は、「ですます調」と「である調」どちらでもOK
    ・志望動機は会社で活かせる強みを伝える書き方をしよう
    ・エントリーシートを送る封筒の書き方でも、マナーが見られている

エントリーシートで自分をアピールするには、何を意識すれば良いのでしょうか?
応募書類の書き方に悩む人に向けて、よくある項目の記入例をご紹介します。企業が重視する自己PRや志望動機はもちろん、どう書けば良いか迷う人が多い「短所」の答え方も解説。
郵送時のマナーにも触れているので、応募書類で評価アップしたい人は必見です。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

エントリーシートとは

エントリーシートとは、主に新卒の学生が本選考に応募する際に提出を求められる書類で、「ES」という略称も一般的です。
項目は、住所や氏名、学歴などの基本情報に加え、志望動機や自己PR欄がある場合がほとんど。履歴書と項目がかぶっていることも少なくありません。

エントリーシートは企業が独自に作成する

大手企業では独自で作成したエントリーシートが使われることが多く、企業それぞれの設問が見られます。問いかけは多様ですが、ほとんどは自己PRや志望動機に絡めた内容であるようです。
学生の人柄や考え方を知るための質問も多数見られ、なかには、「自分らしさが現れているスナップ写真を貼ってください」という少し変わったものも。業界や企業によっては、「あなたを動物に例えると何ですか?」のように発想力を問う質問も見られます。

インターンで提出することもある

エントリーシートは本選考だけではなく、インターンで提出を求められることがあります。人気企業のインターンは応募者が殺到するため、本選考さながらの書類・面接選考が行われることがあるからです。

公務員の面接選考でもエントリーシートが使われる

公務員の選考でも参考資料としてエントリーシートの提出が求められることがあります。公務員の場合も、自己PRや志望動機に関係する項目は民間企業と同様です。
ただ、公務員の場合は志望動機などを通して、受験する自治体に対する思いを伝えることが求められます。

新卒以外でも提出することがある

エントリーシートは基本的に新卒採用で提出が求められる書類です。しかし、既卒や第二新卒を新卒枠で募集する企業では、該当する新卒ではない応募者にもエントリーシートの提出を求める場合があります。
ですので、既卒や第二新卒で就職・転職活動する方も、応募先によってはエントリーシートの対策が必要です。

エントリーシートと履歴書の違い

エントリーシートが選考のみで使われる応募書類である一方、履歴書は入社後も社員情報を管理するため保管される公的文書です。

履歴書の限られた項目だけで書類選考を行うのは難しいため、企業は履歴書と合わせてエントリーシートの提出を求めてきます。
また、履歴書は形式によって項目がまちまちなので、エントリーシートには選考基準を統一する意味合いも。企業はエントリーシートを通して自社が欲しい情報を見比べ、合否の判断に活用しているのでしょう。
なお、企業によってはエントリーシートがなく、履歴書のみの提出で良いところもあります。その場合は履歴書だけで書類選考が行われるので、履歴書の志望動機欄などを充実させるのがポイントです。

エントリーシートと履歴書の項目がかぶる場合

エントリーシートと履歴書両方の提出を求められた場合、「志望動機」や「自己PR」「特技・趣味」などかぶる項目が出てくるでしょう。
履歴書とエントリーシートの内容には一貫性が求められますが、かといって志望動機や自己PRの内容が一字一句同じだと手抜きと思われてしまいます。
履歴書とエントリーシートの書き分けに迷った時は、アピールする強みは同じでも、違うエピソードを取り上げたり、履歴書で取り上げたエピソードをエントリーシートで詳しく説明したりしてはどうでしょうか。

また、内容に一貫性を持たせることは必要ですが、「学生時代に頑張ったこと」という設問であれば、その答えは複数あっても問題ありません。
志望動機が履歴書とエントリーシートで全く違うのは問題ですが、複数のエピソードで多面性を伝えるチャンスとも捉えられます。

エントリーシートを書くときの基本

ここからは、エントリーシートの具体的な書き方をアドバイスしていきます。まずは、すべての設問で応用できる話の組み立て方と、言葉遣いの注意点です。

話の組み立て方

エントリーシートは第三者が読んでわかりやすく、「この応募者をもっと知りたい!」という気持ちにさせることが大切。
これから、あらゆる設問に応用できる話の型をご紹介します。

(1)冒頭で結論を述べる
何を話すにしても、冒頭で結論を述べるのが伝わりやすい文章の鉄則。最初に結論を提示することで、読み手はその後の話を掴みやすくなります。設問によっては、冒頭部分であなたの意見を端的に述べても良いでしょう。

(2)その結論に至った理由、根拠を述べる
次に、「結論」に至った理由を説明します。

(3)根拠となる具体的なエピソードを述べる
「結論」と「理由」の根拠となる具体的なエピソードを紹介しましょう。思いあたるエピソードが複数ある場合は、より強く説得力を持たせられる経験を選びます。エピソードはあり過ぎても話が散漫になるため、1つか2つに絞るのが効果的です。

エピソードには、なぜその活動をしようと思ったのかという動機、考えや価値観を盛り込むと、あなたの人柄が伝わりやすくなります。
そして、実際にどのような行動をとったのかを説明することも大切です。行動の結果を述べるときは、周囲からの評価や数値の変化など、客観性のある事実を記すとより説得力が増すでしょう。

(4)まとめ
経験から自分が何を学んだのか、どんな成長があったのかを述べます。次の課題が見つかった場合は、これからどうしていきたいかに言及すると良いでしょう。
経験から得た学びを入社後どう活かせるかまでを説明すると、採用担当者はあなたが入社後に活躍している姿を思い浮かべることができます。

以上が基本的な話の組み立て方です。設問によっては結論のみ、もしくは具体的なエピソードのみが求められる場合もあるので、質問の内容に合わせて柔軟に対応してください。

上記に紹介した話の流れをそのまま使う場合は、(3)のエピソード部分のボリュームを最も大きくすると、説得力が出やすくなります。
社会人経験がない既卒や社会人経験が浅い第二新卒は、サークルやアルバイトなど学生時代のエピソードを取り上げても構いません。注意したいのは、研究分野の専門用語や、「バイト」などの略称は避けること。第三者に伝わりやすい文章を心がけましょう。

「ですます調」「である調」どちらもOK

エントリーシートに記載する文章の語尾は、「ですます調」と「である調」のどちらでもOKです。ただし、エントリーシート全体で語尾を統一するように気をつけてください。

「ですます調」の印象

「である調」に比べて礼儀正しい印象を与えられます。「である調」より書き慣れている場合が多いのも利点です。

「である調」の印象

力強く自信に満ちた印象を与えられます。「ですます調」に比べて文字数が少なくなるため、限られたスペースでより多くの事柄を伝えたい人におすすめです。

エントリーシートを書くときのマナー

エントリーシートは内容はもちろん、ぱっと見たときの読みやすさやマナーもチェックされています。余計な部分で減点されないためにも、基本マナーの徹底を意識しましょう。

読みやすい字で丁寧に書く

太さ0.5~0.7ミリの黒ボールペンを使い、読みやすく丁寧な字で記載してください。「字が下手で自信がない…」という人もいますが、大切なのは文字の巧拙ではなく、気持ちを込めて丁寧に書かれているかどうか。相手が読みやすい字で記入すればOKです。

誤字・脱字に気をつける

誤字・脱字が多いと、「仕事でもミスが多いのでは?」と思われてしまいます。書き終わったら必ず見直しをし、間違いがないようにしましょう。
もし誤りがあった場合、履歴書やエントリーシートは修正液を使わないのが基本。時間がかかっても新しい用紙に最初から書き直してください。
企業からもらった用紙が1枚しかなく書き直せない場合は、間違った箇所に二重線を引いて訂正印を押しましょう。
書き間違いを防ぐには、鉛筆で薄く下書きをするか、別紙に文章を書いてそれを写していくのがおすすめです。

見やすいレイアウトを意識する

アピールしたいことがたくさんあるからといって、小さい字で欄いっぱいに書き込むと見にくくなってしまいます。字は読み手が見やすい大きさで、余白のバランスも考えながら記入しましょう。
文章が長くなる場合は適度に改行を入れると、ぎっしり詰まった印象がなくなり読みやすくなります。

空欄をつくらない

エントリーシートの項目に空欄があると、書き忘れと思われたり、「意欲がない」と判断されたりする恐れがあります。エントリーシートは必ずすべての項目を埋めて、最大限のアピールをしましょう。文字数の指定がある場合は、8割以上書くようにしてください。

エントリーシートの書き方と例/基本情報

エントリーシートへの基本情報の書き方をご紹介します。

氏名

「ふりがな」とあれば平仮名で、「フリガナ」とあればカタカナで記入しましょう。

住所

都道府県名から略さず記載します。マンションやアパート名も略さず書いてください。

連絡先

日中連絡がとりやすい電話番号を記載します。固定電話がない人は携帯電話の番号でOKです。

日付

エントリーシートを提出もしくは投函する日付です。

年齢、生年月日

提出時点での年齢を書きましょう。生年月日の年は西暦・和暦のどちらでも良いですが、年の表記は書類全体で統一します。

写真

スーツを着用した証明写真を添付します。万一はがれたときのために、裏面に氏名(新卒の場合は合わせて学校名)を書きましょう。

エントリーシートの書き方と例/学歴・職歴

学歴と職歴の書き方です。

学歴の書き方

中学卒業から書く

学歴は中学卒業から書くのが一般的です。

学校名は正式名称で書く

学校名は正式名称で記入するのが決まり。高校であれば「〇〇県立〇〇高等学校」のように記載しましょう。大学は学部や学科まで記載します。

「卒業見込み」を記入する

新卒の場合は、忘れずに「卒業見込み」を記入してください。

職歴の書き方

正社員経験がなければ「なし」でOK

基本的に、アルバイト経験は職歴に入りません。ですので、正社員経験がない人は「なし」と記入します。

アルバイト経験を書いた方が良い場合

ブランクが長い人や、アルバイトが応募企業に関連する業種だった場合は、アルバイトの勤め先を記入して経験をアピールしましょう。

エントリーシートの書き方と例/志望動機

志望動機はエントリーシートの中でも企業が重視している項目です。志望動機を通して、入社意欲を伝えましょう。

競合他社でも言える内容は避ける

他社でも言える志望動機では入社意欲は伝わりません。企業独自の特徴を把握したうえで、その企業だからこそ入社したい理由を述べましょう。

事前に企業研究を行う

競合他社ではいえない志望動機を作るには、応募先をよく調べるのが第一歩です。企業のWebサイトや求人票をよく読み込み、情報収集を行いましょう。また、競合他社について調べることでも、応募先企業の独自性が明らかになります。

企業で活かせる強みをアピールする

志望動機の中では、企業で活かせる自分の強みをアピールすると効果的です。ただ企業に入社したいと言うより、「自分のこんな強みを仕事に活かしたい」と説明することで、入社後の活躍をイメージしてもらえます。
さらに、入社後のキャリアビジョンを伝えると、入社意欲の高さを示せるでしょう。

志望動機の例文【食品メーカーへの志望動機】

私は日本中の人を健康にしたいと考え、貴社を志望いたしました。
学生時代はスポーツジムでインストラクターのアルバイトをしてたのですが、お客様の悩みを聞いていると、日頃の運動不足のほかに毎日の食生活が不調の原因となっている方が多くいらっしゃいました。
そこで私は個人的に栄養学について学び、専門知識を持つ社員の方と協力しながらお客様の食習慣に細かなアドバイスをしていきました。その結果「以前より体が楽になった」と言ってくださる方が増え、自分の仕事に大きなやりがいを感じることができました。そして、そこから「将来は食品を通して日本の人たちを元気する仕事をしたい」と考えるようになったのです。
貴社は、サプリメントよりも身近な日常の食品という分野で健康に配慮した商品を展開しているため、入社すればより広い層を健康にできると思いました。また、お客様を元気にするという企業理念も自分の考えと合致していたため、貴社を第一志望として考えております。

エントリーシートの書き方と例/自己PR・スキル

自己PRも志望動機と同じく、企業研究をしたうえで応募先で活かせる強みをアピールしましょう。

エピソードで根拠を示す

冒頭で強みを述べた後は、エピソードを交えてその根拠を示します。エピソードでは、活動に取り組んだ動機や、発生した課題に対してどのように対処したか、どんな結果が得られたか、そこから何を学んだのかを説明します。
理想的なのは、強みや人柄が自然に伝わるエピソード。例えば、課題を乗り越える工夫を伝えることで、困難に取り組む姿勢や諦めない強さをアピールできます。経験を通して成長した点からは、入社後の伸びしろを示せるでしょう。

強みを入社後どう活かせるか述べる

自己PRをさらに説得力のある内容にするには、自分の強みを入社後どう活かせるかを説明するのがポイントです。応募企業で求められる資質や職種に必要なスキルを把握したうえで、入社後の活躍を思わせる一文を加えましょう。

自己PRの例文【粘り強さを伝える自己PR】

私の強みは粘り強く目標を達成することです。
大学1年生の頃、私はある登山家が書いたエッセイに感動して山登りを始めたいと思いました。
それまで私は病気がちで人より体力がないくらいだったのですが、富士山登頂を目標に週3回はジムに通い、定期的に低い山に登って体づくりに取り組みました。
そして1年後、苦しいながらも富士山登頂に成功し、人並み以上の体力をつけることもできました。トレーニングは地道で辛いと感じる時もありますが、現在はさらに高い山に登ることを目標に、今まで以上に力を入れて取り組んでいます。
入社後はこの持ち前の粘り強さを活かし、課題にぶつかっても簡単には諦めず、着実に目標を達成したいと考えております。

エントリーシートの書き方と例/短所・弱み

エントリーシートでは、短所や弱みが問われることがあります。強みをアピールするべき応募書類で欠点に触れるのは抵抗がありますが、どのような回答を考えるのが良いのでしょうか?

短所や弱みが問われる理由

企業が応募者の欠点を尋ねるのには、以下のような理由があります。

自己分析できているか知りたい

企業は弱みの設問を通して、応募者が客観的に自分を見つめられる人物なのかを判断しています。仕事をするうえでは、自分の得意・不得意を把握することが大切。まずは自分の弱みを知らなければ、対策を考えられないからです。

致命的な欠点がないか知りたい

業務を遂行するのに明らかに欠けている要素があったり、自社との相性が疑われる性質があったりしないか見られています。
企業風土と合わない短所、仕事の適性に欠けると判断される短所があると、高評価を受けるのは難しいでしょう。

問題を改善する向上心があるか知りたい

短所に対して、それを克服しようとする向上心があるかもチェックされているポイント。ビジネスの場では日々課題が現れ、それを乗り越えていかなければなりません。自分の短所について分析し、前向きに乗り越える姿勢を持つ人は、仕事でも適切に課題を解決できると評価されます。

弱みとの向き合い方を述べる

短所を答えるときは、弱みとどう向き合い、改善のためにどんな努力をしているかを伝えることが大切です。短所との向き合い方を通して、課題に取り組む姿勢をアピールしましょう。

ネガティブな言葉を使わない

弱みを述べるからといって、あまりネガティブな言葉を使うのは考えもの。例えば、「心配性で行動できない」というよりは、「リスクを考えて行動に移すのに時間がかかる」と言った方が、前向きな印象を与えられます。

社会人として致命的な弱みはNG

「約束を守れない」「時間に遅れる」といった、社会人として致命的な弱みを挙げるのはやめましょう。「人とコミュニケーションをとるのが苦手」というような、仕事に支障が出るような短所も避けてください。

短所の例文

私の短所は、自分の意見を主張しすぎて周りとぶかってしまうことです。意見に自信があると
、自分の考えが正しいと思い込んで話すところがあります。
私はこの弱点を克服するため、相手の意見に耳を傾けること、自分と違う意見であっても、相手の考えを尊重して否定しないことを心がけています。

エントリーシートを郵送する封筒の書き方

最後に、エントリーシートを郵送する際の封筒の選び方、書き方をご紹介します。封筒の書き方でもマナーが見られているので、気を抜かずに郵送の準備をしてください。

封筒の選び方

エントリーシートや履歴書を送る封筒のサイズは、書類を折らずに入れられる角形2号(角2)を選びましょう。角形2号(角2)はA4用紙がそのまま入る大きさです。
また、封筒は茶色ではなく白色を使うと丁寧な印象になります。

表面の書き方

住所

あて先の住所は都道府県名から略さず記入します。ビル名や会社名にアルファベットが入っている場合は、アルファベットを縦に書きましょう。

宛名

宛名の会社名も、(株)のように略すことなく正式名称で書きましょう。宛名が個人名の場合は「様」、会社名や部署名の場合は「御中」を使います。

「エントリーシート在中」

封筒の左下に、赤字で「エントリーシート在中」と書き入れ、文字の周りを定規で四角く囲みましょう。これは、封筒の中身が応募書類だと知らせ、担当者の手元に確実に届くようにするためです。
送付する書類の種類によって、「履歴書在中」「応募書類在中」といった表記に変えて構いません。

裏面の書き方

住所

宛先より少し小さめの字で自分の住所を記入します。自分の住所も、都道府県名やマンション名は略さず記入してください。

日付

左上に縦書きで日付を入れましょう(令和〇年〇月〇日)。企業内で担当者の手元に書類が渡るのが遅れた場合も、日付があると締め切りに遅れていないと示せます。

封字を記入する

のりでしっかりと封をした後は、フラップの境目に「〆」などの封字を書き入れましょう。封字には、第三者が封筒を開封していないことを示す役割があります。

郵送するときの注意

クリアファイルに入れる

郵送中の水濡れや折れを防ぐため、応募書類はクリアファイルに入れたうえで封筒に入れましょう。封筒の表面から、「エントリーシート→履歴書→その他の書類」の順に並べます。

切手の種類に注意する

キャラクターや記念切手など、ビジネスの場にふさわしくないデザインの切手は避けましょう。

切手の料金に注意する

切手料金が不足していると、郵便物が自分の手元に返送されるか、相手に請求されてしまいます。料金は郵便局のWebサイトで確かめ、封筒の重さを測って正確な額を用意しましょう。心配な場合は、郵便局の窓口で出すのが確実です。


「効果的なESの書き方が知りたい」「書類選考に通らないので問題点が何か知りたい」
そんな方は、就活支援のハタラクティブまでご相談ください。
ハタラクティブでは経験豊富なアドバイザーがカウンセリングを行い、あなたの希望や条件をヒアリング。自己分析が不安な方には適切な指導をいたしますので、プロの視点を通して、エントリーシートをブラッシュアップしていきましょう。

また、適性を分析した上であなたに合った求人をご提案するので、効率的な仕事探しが可能です。当サービスでは詳しい仕事内容や職場の雰囲気といった情報を提供しているため、入社前のイメージと入社後の仕事にギャップが生じにくいというメリットがあります。さらに非公開求人も扱っているため、今まで見つけることができなかった企業と出会える可能性もあるでしょう!

ハタラクティブが提供するサービスは全て無料でご利用いただけます。書類対策のほかにも、応募した企業ごとの面接対策を行うので、1人での就活が不安という方も安心。チャットツールでいつでもやり取りできる環境を整えており、疑問や心配をすぐに解消できる点も好評です。
ハタラクティブはあなたが納得のいく内定先を決められるよう、全面的にバックアップしていきます。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION