エントリーシートの志望動機を書くコツまとめ

エントリーシートの志望動機を書くコツまとめの画像

この記事のまとめ

  • エントリーシートにかく前にまずは自己分析や企業研究をしよう
  • 印象に残る志望動機にするためには構成を考えることも大切
  • 留意しておきたいポイントもあるので知っておこう

エントリーシートの志望動機について、書き方を悩んでつい手が止まってしまう人もいるかと思います。そんなあなたのために、今回は有効な志望動機の書き方をご紹介します。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

◆エントリーシートの志望動機はどのように書けばいい?

エントリーシートで伝えたいこと、ポイントを理解してしっかりアピールしましょう。

・まずは企業側の意図を理解する
同業他社ではなく自社を選んだ理由(熱意)を知りたいと思っている担当者、企業側の気持ちを考えてみましょう。
志望動機次第では、人柄が見えてきたり、入社後どのように活躍しそうかを想定する材料になることもあります。
採用担当者にとっては大事な判断材料ということを念頭に置いておく必要がありそうです。

・企業研究と自己分析を徹底する
企業側の意図を汲み取るには、しっかり企業研究と自己分析をすることが大切です。事業内容のこと、今後のビジョンなどをより深く理解し、「自身はこの企業でなければならない理由がある」というポイントを見つけましょう。
そこで、自分のスキルや熱意を織り交ぜてアピールすることが必須といえます。

・伝えたいことを明確化する
志望企業に魅力を感じた部分をすべて書き出しましょう。漏れなく魅力を伝えて企業へアピールできるチャンスです。
自分の能力をどう活かしたいのか将来のビジョンもまとめられたらより効果的。
うまくまとめられるよう文章の構成は慎重に考えましょう。文章は敬語で記述します。尊敬語・謙譲語を正しく使用することを心がけましょう。


◆構成が志望動機の印象を左右する

では、伝えたいことが詰まった内容がある志望動機を書くにはどうしたらいいでしょうか。
有効な書き方の流れを見ていきましょう。

・結論(何をしたいのか)
まず伝えたいこと、結論を簡潔に書きます。この企業で働きたい理由や動機を簡潔に述べて相手の気を引きましょう。ここでのポイントは、長たらしくしないこと。率直に短文でまとめるほうが目を引きやすいです。

・理由、具体的な例(なぜそれをしたいと思ったのか:これまでの経緯)
はじめに書いた結論についての理由として納得できる文章を書きましょう。具体的な例を挙げて述べるとより効果的です。
ここでは志望動機、理由をより細かく書いて、あなた自身の考えを企業側が想像しやすいようにするのがポイントです。

・エピソード(志望企業でなら実現できる理由:現在について)
時には実体験を織り交ぜつつ、「ここで自分の力を発揮したい」という意欲をアピールしたいところです。
企業研究の成果をここで発揮しましょう。企業に感じた魅力をしっかり伝えるチャンスです。

・入社後の能力の活かし方(未来のこと:ビジョン)
入社したらどんなことをしたいかなど、未来を見据えて具体的な目標を伝えるといいでしょう。


◆エントリーシートへの記入時に気をつけたいこと

これは書いておいて損はない!と同時に「これは気をつけておいたほうが無難」ということもあります。
では、留意しておきたいポイントを見ていきましょう。

・指定文字数に沿って書こう
少なくとも8~9割は埋めることをおすすめします。
だからといって、文字数をオーバーすることは避けましょう。多過ぎるのは読みやすさから離れてしまうことがあります。また、文字数稼ぎで不要な助詞を入れるのは避けたほうがよさそうです。

・手書きの場合は文字を一つ一つ丁寧に
字の大きさや間隔を揃え、読みやすさを重視しましょう。
「字が汚いから自信がない」という人も、丁寧に書く意識を持つだけで見え方は変わります。意識して書くことを個々を心がけましょう。

・どこにでも通用しそうなことは書かない
「自己成長したい」「人に魅力を感じた」「世界を視野に入れて活躍したい」など、一見ポジティブな志望動機だと感じますが、実はこれ、どの企業にも通用することです。大事なのは、「この企業じゃないとダメ」という気持ちを伝えられるかどうかです。書き方によっては自分メインでしか考えていないと捉えられる場合も。企業の成長に必要な人材だと思わせるような志望動機が望ましいです。


◆志望動機の書き方で悩んだらご相談ください

「自分1人では上手く書けているか分からない」という方はハタラクティブへ!既に書き終えた方は添削依頼でも構いません。まだ書けていない方はスムーズに書けるお手伝いをします。
あなたの就活のサポートを行いますので、お気軽にご相談ください。