1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 未経験職種に応募する!志望動機の書き方と面接対策

未経験職種に応募する!志望動機の書き方と面接対策

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・面接でチェックされるのは、志望度の高さや仕事への理解度
    ・未経験職種の志自分のアピールポイントを明確にすることが大切
    ・他社ではなくなぜその企業なのか、を説明できるようにしよう

未経験の職種への転職を目指す場合、志望動機をどのように書いたら良いか悩む人が多いようです。

当コラムでは未経験職種にチャレンジする人のために、志望動機を書く際のポイントと例文、また面接でチェックされるポイントをまとめました。

◆面接でチェックされるポイントとは

未経験の職種や業界にチャレンジする場合、面接でチェックされるのは主に以下の点です。

・未経験の仕事に本気で取り組む姿勢があるか
・前職から活かせるスキルや経験はあるか
・職種や業界についてできる限りの研究と理解をしているか
・その職種を志望することになったきっかけや経緯は何か
・未経験の仕事をする上での課題と努力すべき点を理解しているか

面接では、履歴書に書いた内容と一貫性のある発言で、志望動機や自己PRに説得力を持たせましょう。深掘りする質問にも答えられるよう、自己分析や企業研究、業界研究をしっかり行うことが大切です。
未経験の職種でも志望動機がしっかりしていて、企業が求める人物像や仕事内容とマッチしていることが伝われば、採用される可能性は高いでしょう。 

未経験の就職・転職ではアピールできるスキルが経験者と比べて少なくなってしまうのは仕方がありません。

それを補う手段としは、入社後に積極的に学ぶ意欲や、就職に向けて現在勉強していることをアピールするのが効果的。取得を目指している資格があるなら、志望動機や自己PRにその旨を盛り込みましょう。

また、ビジネスマナーやコミュニケーション能力など、どんな仕事でも役立つ社会人としての基礎力は強みになります。

「未経験で不安はありますが…」といった自信のない表現は面接官を不安にさせるので、未経験でも活かせる能力や入社後の意欲をしっかりと伝えてください。

志望動機では、できれば「入社後どのように活躍したいのか、活躍できるのか」という部分まで言及すると、面接官があなたが活躍する姿をイメージしやすくなります。

◆未経験職種に応募する際の志望動機の書き方

転職活動の際、希望職種が未経験だとハードルが高く感じる方は多いのではないでしょうか。
未経験可の募集を見つけても、転職前の仕事内容と全く異なる分野だったり、フリーター期間が長く社会経験がなかったりすると、選考で不利になるのではないかと心配になるかもしれません。
未経験職種・業界への転職で書類選考や面接を通過するためには、希望する職種や業界で活かせる自分の強みを明確にすることが大切です。 

以下では、アピールしたいポイント別に、効果的な志望動機のつくり方をご紹介していきます。

【性格に合っている】

自分の性格に合う仕事を選べば即戦力となり、長く勤められる可能性が高いかもしれません。 
しかし、本当にその仕事が性格に合うかどうかは採用担当者にはわかりません。例えば未経験のIT業界に興味を持った場合、ただ「興味がある」だけでは印象に残りにくいでしょう。
興味を持ったきっかけや自分の性格でその仕事に合うと思う部分などを詳細に書いて、主な志望動機としてアピールすると効果的です。

悪い例、良い例を挙げたので、ご参考にしてください。

〈悪い例〉

「ITの仕事に興味があったので応募しました」 

〈良い例〉

「私は前職で○○という業務に携わり、目標である○%を毎月更新し続けました。目標を達成できたのは、メモを欠かさず、クライアントにこまめに連絡を取るなど、地道に努力してきた結果だと思っています。前職での取引がきっかけでIT業界に興味を持ち、調べるうちに、この業界であれば前職よりも一層、自分の粘り強さを活かせるのではないかと考え、今回応募いたしました」

【前職の経験が活かせる】

同じ職種でなくても、希望職種に活かせる経験を積んでいるのであれば、志望動機として積極的にアピールしましょう。 
例えば飲食のスタッフから介護スタッフに転向する場合、「もっと人と深く関わる仕事がしたい」と書くだけではやや希薄ですが、なぜそう思ったか、理由を採用担当者にわかりやすく伝えるために、具体的なエピソードを交えて書くと良いでしょう。

〈悪い例〉

「もっと人に深く関わる仕事がしたいと考え、志望しました」 

〈良い例〉

「前職では、“人が喜ぶ顔を見たい”とサービスを追及してきました。その結果、“接客がフレンドリー”“スタッフの笑顔で癒される”“店内が清潔で気持ち良い”など、飲食業界の強みである“美味しいものを食べる”という喜び以外でも、人を笑顔にすることができると気づき、もっと深く人々の生活に関わる仕事がしたいと考えるようになりました」

【時代に合った活躍ができる】

時代の移り変わりに伴い、社会のニーズも変化します。
近年では、パソコンやスマートフォン、アプリケーションやソーシャルメディアの普及などが挙げられるでしょう。
一例として紙媒体からWeb業界への転向を考えているのであれば、志望業界に対するポジティブな志望動機が好印象です。
第二新卒や大学中退などの場合、短期間でまた辞めるのではないかと思われてしまうリスクがあるため、就職したら長期雇用を望んでいるという意思もアピールする必要があります。

〈悪い例〉

「近年の紙媒体はニーズが減りつつあるので、出版業界からWeb業界に転向したいと思いました」 

〈良い例〉

「Web業界のニーズの高さや、数年前までは技術が及ばなかったことに対して積極的にチャレンジできる環境を考えた時、より幅広く挑戦を続けられるのではないかと思い志望しました。入社後は前職での経験を活かし、紙媒体の魅力である○○という部分を読者に伝えつつ、○○や○○のような新たな分野からのアプローチをし続けられるよう努めていきたいと考えています」

◆「なぜうちか?」の質問に答えられるようにする

応募者の意欲や能力がわかる志望動機は、履歴書や面接の質問の中でも最も重視される項目です。

そのため面接では深堀りされる場面も多く、面接官が納得できる内容に仕上げておく必要があります。

多くの企業が志望動機を通して知りたいのは、「競合他社ではなく、なぜうちなのか?」という理由。

他社でも使いませる志望動機では説得力が出ないので、その企業でなければならない説明を用意しましょう。

「業界と職種に興味があったけど、なぜその企業なのかまでは説明できない…」

そんな人は、企業研究をして企業への理解を深めるのが第一歩。事業内容や業界での位置づけ、理念や社風などを詳しく調べるうちに、自分が惹かれるポイントが見えてくるのではないでしょうか。


志望動機をどうしてもうまく書けないという時は、ハタラクティブにご相談ください。
若年層の就職・転職に特化したハタラクティブでは、書類の作成方法や面接での志望動機の伝え方などを、プロのアドバイザーがマンツーマンでサポート。

ご紹介できる求人には、未経験可の求人や、高卒や既卒、大学中退など様々な種類があります。まずはお気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    未経験者はどう書く?志望動機のポイントまとめ

  • image

    例文つき!未経験業種の志望動機作成のポイント

  • image

    未経験者必見!転職時の志望動機作成ポイント

  • image

    SEの志望動機はどう書いたらいい?

  • image

    正社員を目指すフリーター。志望動機の伝え方はどのように?

  • image

    転職のポイント!採用担当者の心に響く志望動機とは?

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?