未経験で医療事務を目指すためには?志望動機や面接対策も!例文あり

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 未経験で医療事務を目指すためには?志望動機や面接対策も!例文あり

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・医療事務とは、医療施設内の事務全般を担う仕事

    ・医療事務の主な業務は「来院対応」や「カルテ管理」「レセプト業務」など

    ・医療事務は仕事をしながら学ぶことができ、未経験や無資格でも挑戦できる

    ・未経験の場合、前職で培ったスキルや医療事務への熱意をアピールする必要がある

    ・未経験者は志望動機で「なぜ医療事務か」「なぜこの施設か」を明確に伝えよう


未経験で医療事務を目指すためには?志望動機や面接対策も!例文ありの画像

未経験で医療事務を目指している方も多いのではないでしょうか。医療事務はデスクワークが中心で、年齢問わず長く働ける仕事。施設によっては未経験や無資格でも働けるので、興味のある方はぜひ挑戦してみましょう。医療事務に就くためには、「なぜ医療事務か」「なぜその施設か」を明確にして選考に挑むことが大切。コラムでは、医療事務を目指すためのポイントや志望動機の書き方を詳しくご紹介しています。

医療事務とは

医療事務とは、医療施設内の事務全般を担う職種です。来院応対をするだけでなく、カルテの管理や医療費の計算、明細書の作成など、さまざまな業務を行います。患者さまに優しく丁寧に応対できる接遇スキルや、正確でスピーディーな計算処理能力などが求められるでしょう。ただし、基礎知識を学んでいれば、資格なし・未経験でも年齢問わず挑戦可能です。

医療事務の仕事内容

医療事務の仕事内容は、施設によって異なりますが、ここでは一般的な医療事務の業務内容を解説します。

来院対応
来院対応は、来院した患者さまの受付業務です。初診であれば、保険証を確認しカルテを作成します。再診の場合は、必要に応じて保険証に変更点がないか確認し、該当カルテを出します。患者さまに安心感を与える笑顔で、丁寧に対応しましょう。

会計業務
会計は、診察終了後、治療・診査内容や保険点数に応じて医療費を計算する業務です。計算後に患者さまをお呼びし、医療費などを請求します。施設によっては、会計と一緒に次の来院日予約を取ることもあります。

レセプト業務
レセプト業務とは主に「診療報酬明細書」を作成する業務で、患者さま1名につき1枚作成します。医療費は、患者さまが保険証を持っている場合、基本的に1割~3割は自己負担となります。自己負担分ではない医療費を受け取るためには、診療報酬明細書を作成する必要があることを覚えておきましょう。

カルテ管理
医師の診断内容は、カルテに記録されます。医療事務では、カルテの管理を任されることが多いです。カルテは患者さまの症状や治療内容、経過を詳細に載せている重要な資料なので、責任を持って管理しましょう。近年、電子カルテの導入が進んでいます。そのため、紙のカルテだけでなく、膨大な電子データも管理する業務へと変わりつつあるのが現状。時流に順応した対応が求められるでしょう。

医療事務で働く魅力

それでは、医療事務で働く魅力とはどんなものなのでしょうか。下記、詳しくみていきましょう。

一生働けるスキルが身につく
医療事務の業務はデスクワークが中心なので、比較的年齢を問わず働きやすい職種といえます。また、時代に流れに影響を受けず、常に需要があることも医療機関の魅力。そのため、環境に左右されず、一生続けていける仕事でもあります。一度身につけた医療事務のスキルを活かしキャリアを重ねれば、多くの施設で活躍できる点も大きなメリットです。

ワークライフバランスのとれた働き方ができる
医療事務は、一般的な企業と比較しても、個々のライフステージに合わせて働きやすい職種です。施設によっても変わりますが、長時間の残業が少ない場合が多いとされています。また、パートタイムで勤務している方も多いようです。育児中はパートで働き、余裕ができたらフルタイムで働く、などと自分のライフステージに合わせて働ける環境が期待できるでしょう。

未経験で医療事務は難しい?

医療知識がなかったり、医療資格を持っていなかったりする未経験の方は、「いきなり医療事務は難しいのでは…」と不安に思うでしょう。しかし、結論からいうと、未経験でも医療事務は始められます。その理由を、下記で見ていきましょう。

医療事務を未経験から挑戦できる!

医療事務の仕事は、先述のとおり受付や会計、カルテ管理など多岐にわたります。しかし、これらの医療事務に必要な知識は、仕事に携わりながら学んでいくことができ、経験が問われない場合も。実際に医療事務は未経験からの転職も多く、未経験OKの求人を出している施設も散見されます。

医療事務は病院だけじゃない!

また、医療事務は病院だけでなく調剤薬局や介護施設、クリニックなどさまざまな施設で活躍できる特徴があります。そのため、志望する施設を病院だけに絞らなければ、多くの施設で働けるチャンスがあるといえるでしょう。志望施設を選ぶ際は、身近な眼科や皮膚科などにも目を向けてみましょう。医療事務を目指す前に、まずは自分に合った医療施設を探すことをおすすめします。


未経験者要チェック!医療事務で役立つ3つのスキル

ここでは、医療事務をするにあたって役立つスキルを3つにまとめました。ぜひ、履歴書や面接で自己PRを考える際のヒントにしてください。

1.対人マナー・コミュニケーション能力

医療事務は、患者さまや医療従事者の方と接する機会の多い仕事でもあります。来院対応では、幅広い年齢層の患者さまと接しますし、施設内のスタッフと連携して業務することもあるでしょう。そのため、対人マナーやコミュニケーション能力が重視されることが多いです。

接遇対応で大切なのは「安心感」
医療事務が一般企業の事務職や接客業と違うのは、「患者さまへの接遇を伴う仕事」である点。来院する患者さまは、基本的に体の不調を感じています。そのため、機械的に対応するのではなく、患者さまに安心感を与えられるような、配慮の行き届いた丁寧な接遇を心がけましょう。

2.向上心

先述したように、医療事務の業務内容は幅広く、覚えることも多いです。特に報酬体系は定期的に改訂されるので、その都度学んでいく必要があります。また、医療現場で正確かつスピーディーに対応するには、病気や薬についての一般的な医療知識を頭に入れておかなくてはいけません。そのため、医療事務では、常に新しいことを学び成長しようとする向上心が大切といえるでしょう。

3.基本のPCスキル

診療報酬請求業務やカルテ管理などは、主にPCを用いて行います。そのため、一般事務同様、PCの使い方を知っていたり、オフィスソフトを扱えたりするほうが有利です。医療事務では、そこまで高度なPCスキルは必要ありませんが、基本のPCスキルを押さえておくに越したことはないでしょう。


未経験者向け!医療事務の志望動機のポイント5選

医療事務の選考では、志望動機が重要です。医療事務は、医療関係の職種のなかでも未経験者の募集が多い分、スキルだけでなく「なぜ医療事務なのか」「なぜこの施設なのか」といった熱意も採用基準の一つとなります。また、意欲だけでなく、施設の方針や理念とのマッチ度もチェック対象です。そのため、医療事務の選考に挑む際は、自分の熱意や応募施設との相性をアピールし、効果的な志望動機を作成しましょう。
以下、未経験者向けに志望動機のポイントをまとめました。ぜひ選考対策のご参考にしてください。

1.応募施設が持つ理念を理解しておく

適性や熱意をアピールする志望動機を作成するためには、施設の研究が必要不可欠でしょう。応募施設がどのような理念・方針を持っているのか知らないと、自分と施設の相性の良さを伝えられないからです。

2.応募施設の業務を把握しておく

応募施設の業務内容を把握しておくことで、自分の現在持っているスキルを関連付けてアピールできます。たとえばカルテ管理の仕事がある場合、前職で同じように書類の分類や管理をしていれば、その経験を強みにすることが可能です。医療業務が未経験だからこそ、今自分の持っている能力を効果的にアピールしましょう。

3.なぜ医療事務を志望したのか明示する

事務職には、一般事務や営業事務、人事事務など、さまざまな種類があります。そのなかでどうして「医療事務」を選んだのか。その理由を明確にして伝えることで、意欲や熱意だけでなく、自分の価値観や主体性をアピールできます。ほかの業務にない医療事務の特長や魅力について、自分なりに考えておきましょう。

4.なぜ応募先の施設を選んだのか明確に伝える

数ある医療施設の中からなぜその応募先施設を選んだのか、その理由も重要です。先述のとおり医療施設には、大学病院から小さな診療所、眼科やクリニックなど、さまざまな種類が存在します。志望動機を効果的に伝えるなら、ほかの施設にはないその施設ならではの特長を述べることが大切でしょう。

5.効果的に自分の経験やスキルをアピールする

志望動機を通じて、自分の経歴やスキルを効果的にアピールしましょう。以下、自分自身をアピールする方法をまとめました。

これまでの職務経歴を説明する
自分のこれまでの経歴を述べる際は、それがどのように医療事務の仕事に活きるのか伝えるのがポイント。自分が経験した仕事やプロジェクトをしっかり振り返り、医療事務と関連付けられそうな知識やスキルを掘り下げていくことが大切です。

自分の強みを述べる
過去の自分を振り返って自己分析を行い、自分の強みを伝えられるようにしましょう。その際、強みの根拠となるエピソードや成果を、医療事務に活かす方法と併せて述べられると効果的です。

取得している資格を伝える
医療事務は、基本的に必須資格が存在しません。しかし、医療事務における自分の適性をアピールできるような資格があれば、積極的にアピールしましょう。たとえば「医事コンピュータ技能検定試験」や「医療事務検定試験」など、医療事務に関連する資格を持っている場合、即戦力の証明になります。そのほか、MOS資格や簿記など、パソコンスキル・会計処理能力を示せる資格も効果的です。仮に資格を持っていなくても、現在医療関係の資格を勉強していることを伝えれば、それだけ熱意のアピールにもなるでしょう。

具体的なキャリアプランを明確にする
採用側は、応募者が就職後すぐに辞めてしまう可能性を危惧します。そのため、医療事務に就いて将来どうなりたいのかといった、長期的なキャリアプランを明示することで「長く働き続ける意思」をアピールでき、好印象を与えられるでしょう。

注意!こんな志望動機はマイナス評価

志望動機の伝え方を間違えれば、マイナス評価につながってしまうこともあります。以下、避けたほうが良い志望動機の例をお伝えします。自分の志望動機が当てはまっていないか、よく確認しておきましょう。

ありきたりな内容
採用担当者は、多くの応募者の志望動機を聞いています。ありきたりな志望動機では印象に残らず、プラスの評価を得られません。自身の人となりが分かるような、オリジナリティある志望動機を伝えましょう。そのためには、自分にしか語ることができないエピソードを、自分の言葉で組み立てることが大切です。

採用ニーズや経営理念と合っていない
先述のように、志望動機を伝える際は、自分と応募先施設の相性をアピールすることが大切です。そのため、施設の採用ニーズや理念と合っていない内容は避けましょう。ミスマッチを疑われるだけでなく、施設研究不足と見受けられ「志望意欲がない」と判断されてしまう危険性もあります。

待遇面の魅力ばかり
たとえば「給与の高さ」や「休暇の取りやすさ」など、待遇面の魅力ばかり伝えるのは控えましょう。もちろんこれらは働くうえで大切な基準ですが、そのまま伝えてしまうと施設側に「同じ条件なら他の施設でも良いのでは」「もっと良い条件の施設が見つかれば辞めてしまうのでは」と不信感を与えかねません。そのため、待遇面の魅力を伝えるのは最小限に抑え、その施設ならではの特長を述べるよう心がけましょう。


医療事務への熱意をアピールできる志望動機の例文

ここでは、先述した志望動機作成のポイントをふまえた例文を見ていきましょう。ただし、下記の例文はあくまで参考です。実際の志望動機は、自身の経験をふまえ、自分の言葉で組み立てるよう意識しましょう。

接客業務から医療事務を目指す場合の例文
前職では、家具店で接客業務を行っておりました。お客さまと接するなかで、理想にぴったりの家具を提供し、感謝の言葉をもらえるのは大きなやりがいでした。しかし、この仕事を続けていくなかで、さらに人の生活に寄り添った仕事をしたいと考え、医療事務への転職を決めました。◯◯病院を志望させていただいたのは、以前祖父が入院した際、院長先生をはじめすべてのスタッフさんの配慮に感銘を受けたことがきっかけです。
医療事務は、患者さまと接しながら、その人の健康な生活のために従事できる仕事であり、前職で培った対人マナーやコミュニケーション能力を活かせると考えました。医療事務として◯◯病院で働くことができたら、医療資格の取得を目指しキャリアアップをはかりながら、長く仕事を続けていきたいです。

営業事務から医療事務を目指す場合の例文
前職では、金融機関の営業事務として、資料作成や見積書の作成、営業担当者のスケジュール調整などを担当していました。事務の仕事は、地道な作業や細やかな配慮で周囲をサポートするのが好きな自分の性格に合っていて、やりがいを感じていました。しかし、今より専門的な知識と、コミュニケーションスキルなどの新たな能力を身につけたいと思い、△△医院を志望させていただきました。医療事務は、報酬請求の際の会計処理能力や、膨大なデータを分類するカルテ管理など、現在の業務を活かせる点が多いだけでなく、患者さまとの来院対応など、現職にはない仕事ができることに魅力を感じました。なかでも△△医院は、患者さまと院内スタッフのコミュニケーションを大切にしている施設だとお聞きし、自分が成長できる環境だと確信し志望させていただきました。現在は、自分の適性に合っていると感じた「診療報酬請求事務能力認定試験」を勉強中です。未経験ではありますが、この仕事を長く続けていきたいと思っています。

医療事務の面接で頻出する質問集

書類選考を突破したら、いよいよ面接本番です。ここでは、医療事務の面接で頻出する質問をまとめました。面接に挑む前に、ぜひ下記を参考にして回答を考えておきましょう。

志望動機に関する質問

面接で必ずといって良いほど聞かれるのが、「志望動機」です。効果的な志望動機のポイントについては、お伝えしたとおりです。先述の内容を以下で分かりやすくまとめたので、ぜひ押さえておきましょう。

・なぜ「医療事務」なのか明確に伝える
・どうしてその施設を選んだのか明示する
・前職での経験や培ったスキルを活用する
・長期的なキャリアビジョンを述べる
・自分の強みは根拠となるエピソードとともに
・ありきたりな内容や待遇面ばかり述べるのは避ける

先述のとおり、志望動機は未経験でも施設との相性や医療事務の適性をアピールできる大きなチャンスなので、効果的に伝えられるよう工夫しましょう。

医療事務への意識について

「医療事務に対してどの程度意識を持っているか」というのもよく聞かれる質問です。「なぜ医療事務を選んだのか」にも関連する内容でしょう。自分の実体験などをふまえ、医療事務の重要性や役割を述べます。医療事務に対し、どれだけ理解があるか伝えられると好印象につながります。もし医療資格を所持していれば、その資格を勉強するに至った理由を説明すると効果的です。

PCスキルについて

お伝えしたように、医療事務では算定やカルテ管理をPCで行うことがあります。そのため、面接でPCスキルについて質問されることは多いです。PCスキルについて聞かれたら、使えるソフトや前職で扱った経験などを具体的に述べましょう。「パワーポイントで資料作成ができる」「エクセルで計算式や数値の入力ができる」など、自分の能力を分かりやすく伝えることがポイントです。

前職について(転職の場合)

医療事務への転職を目指す場合、大抵は前職について聞かれます。退職理由や経歴について、志望動機につなげて答えられるよう、あらかじめ回答を用意しておきましょう。前職での経験が医療事務に活きる理由を明確に伝えられると、好評価につながります。

逆質問

面接では最後に「何か質問はありますか?」と逆質問されることがあります。この際、「特にありません」と答えてしまうと、入社意欲を疑われかねません。そのため、逆質問された場合、必ず質問するようにしましょう。ただし、Webサイトを見れば分かる内容や、給与や休暇など待遇面に関連することは、悪印象を与える恐れがあるので控えます。業務内容や、ほかの事務スタッフのキャリアについてなど、医療事務への向上心を伝えられる内容が効果的です。逆質問は自分の熱意を伝えられるチャンスなので、積極的に質問しましょう。

未経験で医療事務に就くには

以上、医療事務の業務内容や志望動機、面接のコツをお伝えしました。最後に、実際に医療事務で働くための方法を解説します。これから医療事務を目指す方は、ぜひご参考にし、前向きに挑戦してみてください!

医療事務の資格を取得する

医療事務では、基本的に資格が必要ないとお伝えしました。しかし、事前に医療事務の資格を取得してから転職活動を始める人もいます。医療資格を取ることにより、医療事務の基本を身につけられるので、現場に入った際スムーズに業務ができるからです。
また、資格を有しているということは、医療事務について一定の知識があるという証明にもなります。そのため、資格を持っていることで就活で有利に働く可能性は高いです。資格者を優遇している医療施設も存在するので、資格を取っておいて損はないでしょう。

どんな資格を取ればいいの?
では、どんな資格を取れば有利なのか…という点ですが、医療事務に必要な特定の資格は存在しません。「医事コンピュータ技能検定試験」や「医療事務検定試験」など、医療関係の資格を調べ、そのなかでも自分に合っているもの選びましょう。また、医療資格のなかでも難易度が高いとされる「診療報酬請求事務能力認定試験」は、特に医療事務に直結する内容なので、おすすめです。

無資格、未経験OKの求人を探す

資格を取らずに未経験で医療事務を目指す場合、「無資格・未経験OK」の求人を探すのが効率的です。未経験の方は、医療事務の実務経験がないことを不利に捉えがちですが、前施設での固有のやり方にとらわれていない未経験者を歓迎している施設もあるので、前向きに求人を探しましょう。自分ひとりでの就活に限界を感じる方は、エージェントを利用してみはいかがでしょう。

エージェントでは、個別ヒアリングを通し、自分の適性に合った求人を紹介してもらえます。
特に未経験者の場合、具体的に何をすれば良いかよく分からないという人も多いでしょう。その場合、未経験・フリーターの就活に特化したエージェントがおすすめです。
ハタラクティブでは、20代のフリーター・既卒・第二新卒を中心に就職サポート実施。就活アドバイザーがマンツーマンで対応し、あなたに合った施設を提案します。そのほか、志望動機の作成や面接対策もお手伝い。サービスはすべて無料なので、ぜひお気軽にご相談ください!



職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ