医療事務の志望動機の書き方とは?面接向けに経験者・未経験者の例文を解説

医療事務の志望動機の書き方とは?面接向けに経験者・未経験者の例文を解説の画像

この記事のまとめ

  • 医療事務の主な仕事は、受付会計業務やレセプト業務など医療施設内の事務全般
  • 医療事務の業務に必要な知識は仕事を通して学べるため、未経験からも転職できる
  • 医療事務の志望動機では経歴やスキルをアピールしキャリアプランを伝えるのがポイント
  • 医療事務の志望動機は病院や施設の経営理念に沿って作成すると良い
  • 医療事務の面接で志望動機を聞かれたら、履歴書の内容を詳しく説明しよう

「医療事務の志望動機が思いつかない…」と悩む方もいるでしょう。医療事務の志望動機を作成する際は、「なぜその病院を選んだのか」「自分のスキルをどのように活かせるか」といったことを考えるのがポイントです。このコラムでは、医療事務の志望動機の書き方について解説します。また、志望動機作成の際に注意することや例文もご紹介しているので、医療事務への転職を考えている方は参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

医療事務の志望動機の書き方!7つのポイント

医療事務の志望動機の書き方!7つのポイントの画像

医療事務の志望動機の書き方のポイントは、「応募先の理念や業務内容を把握する」「応募理由を明確にする」「具体的なキャリアプランを考える」などです。以下で詳しく解説するので、志望動機を構成する際の参考にしてください。

1.応募先の経営理念を知る

志望動機を作成する際は、応募先の経営理念や方針を把握する必要があります。理念や方針に共感できる部分があれば、「なぜこの病院を選んだのか」を明確にできるでしょう。実際に応募先の病院を利用したことがある場合は、印象に残った体験を関連付けて書くのもおすすめです。

2.応募先の診療科目を確認する

志望動機を考える前に、応募先の診療科目を確認しましょう。医療機関には、内科や外科、心療内科、小児科などさまざまな種類があります。いくつかの病院や施設に応募する場合は、応募先の診療科目に合わせて志望動機を考えることが大切です。その科目でなければならない理由を具体的に書くことで、志望度の高さをアピールできます。

3.病院や施設の規模を調べる

病院や施設によって業務量に違いがあるため、応募先の規模も必ず確認しましょう。たとえば、個人病院や地域密着型のクリニックはスタッフの数が少なく、一人ひとりの業務の幅が広くなる傾向にあります。一方、総合病院や大学病院といった規模の大きな病院では、ある程度業務の分担が決まっていることが多い傾向も。働き始めてから、「想像よりも大変だった…」とならないためにも、応募先の規模はしっかりと調べましょう。

4.業務内容を把握する

医療事務が未経験の場合も、今自分が持っている能力や前職で培ったスキルは効果的にアピールしましょう。業務内容を把握していれば、自分のスキルを関連付けてアピールできます。

5.応募理由を明確にする

志望動機を作成する際は、医療事務の特徴や魅力について考え「なぜ医療事務を選んだのか」を明確にしましょう。事務職には、一般事務や営業事務などさまざまな種類があります。そのなかで、なぜ「医療事務」を選んだのか理由を明確に伝えることがポイント。意欲や熱意だけでなく、自分の価値観や主体性もアピールできます。

6.具体的なキャリアプランを考える

医療事務の仕事に就き、どのようなキャリアを築きたいか明確にしましょう。今後のキャリアプランを明確にすると、将来のことを考えて就職活動をしているのが伝わり、好印象を与えられます。キャリアプランの考え方について詳しく知りたい方は、「明確なキャリアプランで転職成功へ!立て方・伝え方のポイントと回答例」のコラムをご一読ください。

7.自分の経験やスキルをアピールする

医療事務の経験者であれば、これまでの経験や培ったスキルを伝えましょう。志望動機では、自分の経験やスキルをアピールすることが大切です。また、未経験者の場合は他職種での経験や、今持っているスキルを医療事務の仕事でどのように活かせるのかアピールします。経験やスキルついて書くときは、つい文章量が多くなってしまいがちですが、250〜300字程度で短くまとめるのがポイントです。

医療事務の志望動機の例文

ここでは、医療事務経験者・未経験者それぞれの志望動機の例文をご紹介します。志望動機の書き方に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

経験者の例文

「前職の皮膚科クリニックでは、5年間医療事務に従事し、受付や会計、レセプト業務を担当してきました。来院される患者さまをお待たせしないために、迅速かつ正確に業務に取り組んで参りました。また、医療事務では患者さまの痛みを取り除くことはできませんが、少しでも苦痛が和らぐようなコミュニケーションを心掛けています。
貴院は、お子さまからご高齢の方まで幅広い年代の患者さまが来院される地域密着型の病院と伺っております。私は、地域の患者さまとの交流を大切にする貴院で前職の経験を活かし、より多くの患者さまの力になりたいと思い、志望いたしました。」

未経験者の例文

「前職では、4年間金融機関の営業事務として、資料作成や見積書の作成、営業担当者のスケジュール調整などを担当していました。事務の仕事は、地道な作業や細やかな配慮で周囲をサポートするのが好きな自分の性格に合っていて、やりがいを感じていました。しかし、今よりも専門的な知識やコミュニケーションスキルなど、新たな能力を身に付けたいと思うようになりました。
医療事務は、報酬請求の際の会計処理能力や、膨大なデータを分類するカルテ管理など、現在の業務を活かせる点が多いだけでなく、患者さまの来院対応など、現職にはない仕事ができることに魅力を感じました。なかでも貴院は、患者さまと院内スタッフのコミュニケーションを大切にしている施設だとお聞きし、自分が成長できる環境だと思い、志望いたしました。現在は、自分の適性に合っていると感じた『診療報酬請求事務能力認定試験』を勉強中です。未経験ではありますが、長く続ける仕事として頑張っていきたいと思っています。」

コミュニケーション能力をアピールする例文

「貴院は、『笑顔と優しさをもって患者さまやご家族に寄り添う』という経営理念を掲げており、私自身、貴院で受付の方に親切に接していただいた経験があります。
私は、もともと人とコミュニケーションをとることに自信があり、アパレルショップの販売員として5年間接客業務に携わってきました。現在は、医療事務に関する基礎知識を身につけるために「医療事務検定試験」の勉強をしています。貴院へ入職できた際には、勉強して身につけた知識と前職での接客経験を活かし、患者さまが声をかけやすい受付になれるよう努めてまいります。」

事務スキルをアピールする例文

「私はこれまで一般事務として4年間働いていました。しかし、一般事務の仕事は黙々と取り組むことが多いため、事務スキルを活かしながら人と関われる仕事をしたいと考えるようになりました。前職では、書類作成やデータ入力、伝票処理が主な業務だったため、事務スキルには特に自信があります。
私は、『患者さまの思いを尊重した安心・安全な医療』という経営理念を掲げる貴院で、事務スキルを活かして貢献したいと考えております。医療事務としての経験はありませんが、貴院へ入職できた際は、患者さまをあたたかく迎え、臨機応変な応対をできるように努めたいと考えています。」

病院受付の仕事内容や志望動機について知りたい方は、「病院受付の志望動機を紹介!パートや未経験など状況別のポイントも解説」のコラムもあわせてチェックしてみてください。

前職での実績をアピールしよう

先述したように、志望動機では前職で培ったスキルや実績を伝えることが大切です。また、そのスキルを医療事務でどのように活かせるかを関連付けて書くことで、説得力が増します。医療現場に復帰する際、過去の実績は具体的な数字を用いて書くと、採用担当者にイメージしてもらいやすくなるでしょう。

医療事務の仕事内容を知って志望動機を考えよう

医療事務の仕事内容を知って志望動機を考えようの画像

医療事務の仕事内容は、働く施設によって異なるものの、主に、受付・会計業務やレセプト業務といった医療施設内の事務全般を行います。ここでは、主な医療事務の仕事内容についてまとめました。

受付業務

医療事務の一つである受付業務は、来院した患者の対応を行います。具体的な仕事は、保険証や診察券の確認、問診票の記入依頼です。このほかに、初診の患者の場合は診察券の発行やカルテの作成、再診の患者の場合は該当カルテを出します。

正社員

コンシェルジュ(カウンセラー)職

  • 月給 379万円 ~ 433万円

会計業務

会計業務は、診察終了後に治療・診察内容や保険点数に応じて診療費を計算する業務です。計算後に会計を行い、患者に診療費の支払いをしてもらいます。施設によっては、次回来院日の予約を取ることもあるようです。

レセプト業務

レセプト業務は、保険者である健康保険組合や国民健康保険組合などに診療費用を請求するために、「診療報酬明細書(レセプト)」を患者1人につき1枚作成します。レセプトを作成し提出することで、患者の自己負担分ではない医療費の受け取りが可能です。レセプト作成はオンライン化されているため、パソコンでの作業が主流となっています。

正社員

一般職(受付事務・一般事務・営業事務)

  • 月給 302万円 ~ 346万円

クラーク業務

クラーク業務は、医師・看護師と患者の間に立ち、双方をサポートしたり、事務作業全般を行ったりする仕事です。外来では「外来クラーク」と呼ばれ、患者の呼び出しや、カルテや検査結果の準備などを実施。病棟では「病棟クラーク」と呼ばれ、患者の入退院の手続きや食事管理、手術・検査スケジュールの管理、面会者の対応などを行います。

正社員

医療事務/外来クラーク

  • 月給 229万円 ~ 262万円

カルテ管理

カルテの管理は、基本的に医療事務が行います。カルテには、医師の診断内容のほかに患者の症状や治療内容、経過が記録されるため、医療施設において重要な資料です。近年は電子カルテの導入が進み、膨大な電子データを管理する業務へと変化しています。しかし、施設によっては紙のカルテを扱っている場合もあるでしょう。

医療事務に向いているのは?3つの特徴

医療事務に就くためには、自分自身に適性があるかどうかを知っておくことも重要です。ここでは、医療事務に向いている特徴を3つご紹介します。

1.正確性のある作業ができる

レセプトや会計業務など金銭を扱うことが多い医療事務では、正確な作業を行う必要があります。また、患者さまの検査結果や調剤内容などを取り違えることがないよう、逐一確認を怠らず、確実に業務を進めることが重要です。

2.コミュニケーションスキルに長けている

医療事務は、多くの患者さまやスタッフと接するため、コミュニケーションスキルが求められます。現場では、患者さまの様子やスタッフのサポートなど、幅広い視野をもって周囲を見ることもあるでしょう。そのため、状況に合わせた臨機応変な対応ができることもポイントです。

3.電子機器の操作ができる

現場のIT化に対応できることも、医療事務で働く適性の一つです。紙カルテから電子カルテに移行している医療現場も多いため、抵抗なく操作できることが求められるでしょう。また、現代の仕事においてパソコンの使用は必要不可欠といえます。そのため、基本的なPCスキルを身につけておくのがおすすめです。

医療事務は未経験・無資格から目指せる?

医療事務は未経験・無資格から目指せる?の画像

医療事務は、新卒や未経験者、無資格の方も就職できます。新卒や未経験者のなかには、「スキルがないから医療事務の仕事に就くのは難しいかも…」と不安に思う方もいるでしょう。先述したように、医療事務の仕事は受付や会計、レセプト業務など多岐にわたりますが、業務に必要な知識は仕事を通して学ぶことが可能です。また、施設によっては経験を問わない場合もあります。フリーターから医療事務を目指したい方は、「フリーターから目指す正社員の医療事務」のコラムを参考にしてみてください。

勤務場所にこだわり過ぎなければチャンスは十分にある

医療事務の活躍の場は、病院やクリニック、調剤薬局などさまざまです。そのため、勤務先を絞らなければ、多くの施設で働けるチャンスがあるといえます。応募する前に、「興味のある医療事務の仕事内容」についてよく考え、自分に合った医療施設を探しましょう。やりたい仕事が明確になっていると、志望動機の作成がスムーズに進みます。

医療事務の資格を取得しているとなお良い

医療事務は、基本的に必須資格がありません。しかし、事前に医療事務の資格を取得してから就職活動を始める人もいます。資格を取得すれば、医療事務の基本を身に付けられるため、現場に入った際スムーズに業務を行えるでしょう。また、医療事務について一定の知識があるという証明にもなります。資格を持っていることで就活が有利に働く可能性は高いため、志望動機や自己PRでしっかりアピールしましょう。

医療事務の志望動機で注意する内容

医療事務の志望動機で注意する内容の画像

志望動機の伝え方によっては、マイナス評価につながる可能性もあります。ここでは、医療事務の志望動機を作成する際に注意すべきポイントをご紹介。志望動機を作成するときは、以下の点に気を付けましょう。

ありきたりな志望動機の内容

採用担当者は、多くの応募者の志望動機を聞いているため、ありきたりな内容だと印象に残りづらくなります。自身の人間性が伝わるような志望動機を作成することで、採用担当者の目に留まりやすくなるでしょう。医療事務の志望動機では、実際に体験したエピソードを自分の言葉で組み立てて伝えることが大切です。

採用ニーズや経営理念と合わない内容

採用ニーズや経営理念と合っていない内容は避けましょう。医療事務の志望動機を作成する際は、自分と応募先の相性の良さを伝えることが重要です。内容が合わない志望動機を作成してしまうと、ミスマッチを疑われるだけでなく、施設研究不足と捉えられ「志望意欲が低い」と判断される可能性があります。

待遇面の魅力ばかりの内容

志望動機を作成する際に、給料や休暇の取りやすさなど、待遇面の魅力ばかりを伝えるのは避けましょう。「長く働ける」「家から近い」といった場合も、伝え方には注意が必要です。待遇面は働くうえで重要ですが、そのまま伝えてしまうと「ほかの施設でも良いのでは」と不信感を与えかねません。待遇面の魅力を伝えるのは最小限にして、その応募先ならではの特長を述べるように心がけましょう。

医療事務の面接でよく聞かれる4つの質問

医療事務の面接でよく聞かれる4つの質問の画像

書類選考の次は面接です。ここでは、医療事務の面接で聞かれやすい質問と回答のコツをご紹介します。

1.志望動機は何ですか?

先述したように、志望動機は未経験者も施設との相性や医療事務の適性をアピールできる大きなチャンスなので、効果的に伝えられるよう工夫しましょう。また、「医療事務に対してどの程度意識を持っているか」というのもよく聞かれる質問です。「なぜ医療事務を選んだのか」にも関連するため、自分の実体験を踏まえて医療事務の重要性や役割を述べるのがポイント。医療事務に対し、どれだけ理解があるか伝えられると好印象につながるでしょう。もし資格を所持していれば、その資格を勉強するに至った理由を説明すると効果的です。

面接で話す志望動機はここを意識!

医療事務の転職面接で志望動機を話す際は、履歴書の内容と一貫性を持たせるようにしましょう。記載した内容をそのまま暗記して話すのではなく、履歴書に書ききれなかった情報を加えながら話すと効果的です。また、ハキハキした受け答えも重要。面接時は緊張して、いつもより声が小さくなってしまうことも。暗い印象を与えないためにも、入室時から笑顔を意識してみてください。面接中に聞き取れないことや分からないことがあれば、ごまかさずに「恐れ入りますが、聞き取れなかったのでもう一度おっしゃっていただけますでしょうか」と返しましょう。面接では、採用担当者に「この人と働いてみたい」と思ってもらえるような受け答えをすることがポイントです。

2.パソコンスキルはありますか?

先述したとおり、医療事務ではレセプトやカルテ管理を主にパソコンで行います。そのため、面接でパソコンスキルについて質問されることも多いようです。パソコンスキルについて聞かれたら、使えるソフトや前職で扱った経験などを具体的に述べましょう。たとえば、「パワーポイントで資料作成ができる」「エクセルで関数を用いた計算ができる」など、自分の能力を分かりやすく伝えることがポイントです。

3.前職について教えてください。(転職の場合)

医療事務への転職を目指す場合、前職について聞かれることも多いでしょう。退職理由や経歴を志望動機につなげて答えられるよう、あらかじめ回答を用意しておくのがおすすめです。前職での経験が医療事務に活きる理由を明確に伝えられると、好評価につながる可能性があります。

4.何か質問はありますか?

面接の最後に設けられる場合がある「逆質問」の時間は、自分の熱意を伝えるチャンス。積極的に質問しましょう。「特にありません」と答えると入社意欲を疑われかねません。ただし、Webサイトを見れば分かる内容や待遇面に関連することは、悪印象を与える恐れがあるので控えるのが無難。業務内容やほかの事務スタッフのキャリアについてなど、医療事務への向上心を伝えられる内容が効果的です。

転職面接に関しては、「面接の志望動機は履歴書と同じ内容で大丈夫?伝えるときの注意点はある?」や「就職面接を成功させる方法!基本的マナーやよく聞かれる質問例などを解説」のコラムでも詳しくご紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。

医療事務は、ポイントを押さえて転職活動をすることで、未経験・無資格の方も内定を獲得できます。しかし、転職活動が思うように進まず悩んでいる場合は、転職エージェントの利用も視野に入れてみましょう。転職エージェントのハタラクティブでは、20代のフリーターや既卒、第二新卒といった若年層を中心に就職サポートを行っています。仕事を紹介するだけでなく、志望動機の作成や面接練習も行うので、一人での転職活動に自信がない方におすすめです。登録・利用料は無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

医療事務に関するお悩みQ&A

ここでは、医療事務に関するお悩みにQ&A方式でお答えします。医療事務の面接や志望動機の書き方に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

医療事務に求められるスキルは?

レセプト業務やカルテ管理などの業務ではパソコンを使うことが多いため、基本的な操作やタイピングスキルがあると良いでしょう。また、医療事務は医療従事者や患者など、さまざまな人と接する機会が多いため、対人マナーやコミュニケーションスキルも必要です。パソコンの「基本」がイメージしづらい方は、「基本的なPCスキルとはどこまで?履歴書の記載方法とスキルアップのやり方」のコラムで確認してみてください。

医療事務の面接でよく聞かれる質問は?

「志望動機」「医療事務を選んだ理由」「前職の経験」などは医療事務の面接で聞かれやすい質問です。志望動機は、未経験の方も適性をアピールできるチャンスなので、効果的に伝えられるように工夫しましょう。また、前職に関する質問は、志望動機につなげて答えられると、好評価につながる可能性があります。医療事務の面接質問については、コラム内の「医療事務の面接でよく聞かれる4つの質問」をご参照ください。

医療事務の志望動機の例文が見たいです

志望動機を書く際は、アピールしたいスキルを明確にして、250〜300字程度で短くまとめましょう。例文を参考にしたい方は、コラム内の「医療事務の志望動機の例文」をチェックしてみてください。未経験や無資格の方は、医療事務で活かせる前職の経験をアピールしたり、資格の勉強中であることを書いたりすると、書類選考を通過しやすくなるでしょう。

医療事務は未経験から目指せるの?

未経験から目指せます。医療事務の業務内容は、働きながら覚えられるもの。未経験から医療事務を目指すなら、志望動機の伝え方を工夫しましょう。志望動機は「家から近い」「長く働ける」といった表面上の理由よりも、「この病院を選んだ理由」「医療事務で活かせるスキル」などをアピールすることが大切です。志望動機の書き方が分からない人は、ハタラクティブにお問い合わせください。専任アドバイザーが作成をお手伝いします。

この記事に関連するタグ