住み込みの仕事はきつい?メリット・デメリットや選ぶときのポイントを解説

住み込みの仕事はきつい?メリット・デメリットや選ぶときのポイントを解説の画像

この記事のまとめ

  • 住み込みの仕事とは、勤務先で寮や社宅などの住居を用意されている仕事のこと
  • 住み込みの仕事の住居には、「社員寮」「借り上げ社宅」「併設住居」がある
  • 住み込みの仕事のメリットは、家賃が安く済んだり通勤時間が短くなったりすること
  • 住み込みのデメリットは「家を自由に選べない」「オンオフを切り替えにくい」など
  • 住み込みの仕事を選ぶときは福利厚生や家賃(寮費)、施設環境なども重視しよう

「住み込みの仕事にはどんなものがある?」「住む場所はどんなところ?」など、住み込みの仕事に対する疑問や不安がある方もいるでしょう。住み込みの仕事には、ホテルや旅館のスタッフ、警備員などがあります。滞在先は、社員寮や借り上げ社宅などです。このコラムでは、住み込みの仕事のメリット・デメリットや仕事を探すときのポイントもまとめているので、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

住み込みの仕事とは

住み込みの仕事とはの画像

住み込みの仕事とは、勤務先で住居が用意されている仕事のことです。求人票には、「住み込み」「社員寮あり」などと表記されています。通勤時間を短縮しやすいのが住み込みの仕事の特徴です。また、家賃(寮費)が通常の半額だったり無料だったりすることもあるため、金銭的な負担も軽減できます。住み込みの仕事のメリットはこのコラムの「住み込みの仕事のメリット」でも解説しているので、あわせてご確認ください。

主な3つの滞在先

住み込みの仕事の主な滞在先は、「社員寮」「借り上げ社宅」「併設住居」です。住み込みの仕事に応募する前に、それぞれの滞在先について知っておきましょう。

1.社員寮

滞在先が社員寮の場合は、会社が保有する物件の中から指定された部屋に住み込みます。主な種類は「独身寮」「単身赴任寮」「社有社宅」の3つです。それぞれの定義は以下でご確認ください。

・独身寮:未婚者向けの寮
・単身赴任寮:単身赴任者向けの寮
・社有社宅:企業が保有する社宅

独身寮は基本的に年齢制限が設けられています。何歳まで入寮できるかは会社によって異なるので、入寮規定をよく確認しましょう。社有社宅は家族で入居することも可能です。

2.借り上げ社宅

借り上げ社宅の場合は、会社が賃貸借契約している物件に住み込みます。家賃が全額もしくは一部会社負担となるのが、借り上げ社宅の特徴です。借り上げ社宅について詳しく知りたい方は、「社員寮と借り上げ社宅との違い」もあわせてご覧ください。

3.併設住居

併設住居とは、勤務先のすぐ近くに用意されている住居スペースを指します。ホテルや旅館における住み込みの仕事の場合は、併設住居が滞在先になることが多いようです。勤務先と住居が近いため、通勤時間を短縮できるうえ、交通費がかからないのが利点といえます。

住み込みの仕事の給与形態は?

住み込みの仕事の給与は、時給制・日給制・月給制のいずれかの形態で支給されるのが一般的です。時給制は時間ごと、日給制は1日ごと、月給制は月ごとに給与額が決められています。給与形態について詳しく知りたい方は「給与形態とは?種類を知って自分に合った企業に就職しよう」もご参照ください。

住み込みの仕事が「きつい」といわれやすい3つの理由

住み込みの仕事が「きつい」といわれやすい3つの理由の画像

住み込みの仕事は、「滞在先の環境が悪い場合がある」「人間関係が固定化されやすい」「体力を消耗する仕事が多い」などの理由から「きつい」といわれやすいようです。住み込みの仕事を考えている方は、以下を参考に入社後のミスマッチを防ぎましょう。

1.滞在先の環境が悪いことがある

住み込みの仕事は、滞在先の環境が悪い場合があります。たとえば、想像よりも建物が老朽化していたり、騒音がひどかったりするなどです。仕事そのものはきつくなくても、施設環境が悪いと十分な休息が取れず、結果的に「仕事がきつい」という状態に陥る可能性があります。

2.人間関係が固定化されやすく逃げ場がない

住み込みの仕事がきついといわれる要因の一つとして、人間関係のトラブルがあったときに逃げ場がなくなりやすい点も挙げられます。住み込みの仕事は、同僚や上司も同じ場所に住むことが多く、人間関係が固定されがちです。仕事の人間関係をプライベートに持ち込みたくない方にとっては、大きなストレスとなるでしょう。

3.体力の消耗が激しい仕事が多い

体力勝負の仕事が多いのも、住み込みの仕事がきついといわれる理由の一つです。職場と滞在先が近いため、勤務時間外に呼び出される可能性もあります。体力に自信がない場合や、肉体労働未経験の場合は、特に「きつい」と感じやすいでしょう。

住み込みの仕事のメリット

住み込みの仕事のメリットの画像

住み込みの仕事の主なメリットは、以下の4つです。

・家賃を節約できる
・貯金しやすい
・自分で家を探さずに済む
・通勤時間が削減できる

住み込みの仕事の大きなメリットは、家賃が安く済むことです。会社によっては家賃が無料だったり引っ越し費用を負担してくれたりするところもあります。また、家賃が抑えられることで貯金がしやすくなったり、家を探す手間が省けたりするのもメリットです。さらに、会社で用意された住居は勤務先に近い場合が多いので、通勤時間を短縮できる利点もあります。

住み込みの仕事のデメリット

住み込みの仕事のデメリットの画像

住み込みの仕事の主なデメリットは、以下の2つです。

・住居を自由に選べない
・仕事のオンオフがはっきりしない

住み込みの仕事のデメリットは、基本的に自分で自由に住居を選べないことです。また、寮の場合は住居人が同僚や上司になるため、仕事のオンオフが切り替えにくいのもデメリットといえます。
住み込みの仕事のメリット・デメリットをよく知りたい方は、「ニートにとってメリットたくさん?住み込みのお仕事」もご参照ください。

住み込みの仕事を選ぶときに重視すべき4つのポイント

住み込みの仕事を選ぶときに重視すべき4つのポイントの画像

住み込みの仕事を選ぶときは、仕事の内容以外にも気を配る必要があります。この項では、住み込みの仕事を選ぶときのポイントを4つ紹介するので、要点を押さえて自分に合った仕事を選びましょう。

1.福利厚生

住み込みの仕事を選ぶ際は、福利厚生に注目しましょう。福利厚生は大きく分けて「法定福利厚生」と「法定外福利厚生」の2種類です。法定福利厚生は導入が義務付けられていますが、法定外福利厚生は企業が任意で導入します。それぞれの福利厚生で提供される施策は以下のとおりです。

・法定福利厚生:雇用保険、労災保険、介護保険、年金保険、健康保険など
・法定外福利厚生:通勤費、住宅手当、家族手当、育児支援、レクリエーション費用など

福利厚生の詳しい解説は「福利厚生には何がある?用意する目的と対象となる人の説明」でもまとめているので、ぜひ参考にしてください。

2.家賃(寮費)と光熱費

住み込みの仕事を探すときは、家賃(寮費)や光熱費の自己負担額もチェックしましょう。住み込みの家賃(寮費)や光熱費は、相場より割安もしくは無料の場合があります。また、職場への送迎をしてもらえたり、引っ越し費用を会社が負担してくれたりすることも。家賃(寮費)や光熱費は毎月支払うものなので、求人を比較しながらよく吟味しましょう。

3.部屋の広さや設備

住み込みの仕事を選ぶときは、部屋の広さや設備の確認も欠かせません。たとえば、部屋は個室か相部屋か、キッチン・トイレ・風呂などは共用か、布団・家具・冷蔵庫などの生活必需品が完備されているか、などです。そのほか、「インターネットを使用できるか」「駐車場を利用できるか」なども確認しておくと良いでしょう。きちんと調べておかないと、「他人と同じ空間にいるのが苦手なのに相部屋だった」「家具付きの部屋なのに家電を買ってしまった」などの問題が起こる可能性もあるので気をつけてください。

4.住む場所の立地

住み込みの仕事を探す際は、立地もチェックしましょう。「居住地は最寄り駅から徒歩何分か」「近くにスーパーやコンビニがあるか」などは、最低限確認しておくのがおすすめです。職場と家が近くても、交通の便が悪かったり、食材や日用品を買う店が近くになかったりすると、生活しにくくなってしまうので注意しましょう。

口コミを検索したり実際に訪問したりするのもおすすめ

住み込み場所のイメージがつかめない場合は、口コミを検索したり、実際に足を運んでみたりしましょう。立地や施設環境を事前に確認しておけば、入寮後にギャップを感じにくくなります。ただし、突然訪問しても施設内に入れない場合があるので、訪問前に企業に連絡しておくのがおすすめです。

男女ともにおすすめできる住み込みの仕事8選

男女ともにおすすめできる住み込みの仕事8選の画像

この項では、男性・女性ともにおすすめできる住み込みの仕事を紹介します。効率良く仕事を探したい方は、ぜひ参考にしてください。

1.ホテルや旅館のスタッフ

住み込みの仕事を探している方におすすめなのは、ホテルや旅館のスタッフです。ホテルや旅館などの施設は都市部から離れていることが多く、通勤に時間がかかるため、住み込みの求人が多いとされています。主な仕事内容は、ホテルや旅館の清掃、備品の補充などです。休日は観光を楽しむこともできるため、観光地が好きな方に向いているでしょう。ホテルや旅館のスタッフとして働きたい方は、「ホテル業界へ就職するためには?学歴は?仕事内容や給与事情なども解説!」のコラムも要チェックです。

2.レストランやカフェ店員

レストランやカフェといった飲食店のスタッフも、住み込みの仕事を探している方におすすめ。地方だけでなく、都市部の店舗でも募集があり、勤務地を選びやすいのが利点です。また、「食事付き」の条件がある求人が多いのも特徴といえます。調理師免許なしで応募できる求人もあるので、免許を持っていない方や接客未経験の方も挑戦しやすいでしょう。「飲食の仕事」のコラムでは、飲食店スタッフの業務内容や年収、将来性などを紹介しているので、あわせてご参照ください。

3.建物の管理人

住み込みの仕事を探している方は、建物の管理人も視野に入れてみると良いでしょう。単身者だけでなく、夫婦や家族で同居可能な求人もあります。家賃や光熱費を低額に抑えられるため、貯蓄を考えている方にもおすすめ。仕事内容は、企業の社宅や寮、保養所などの清掃や事務作業です。管理人の業務内容や向いている人の特徴などは、「マンション管理人の6つの仕事内容とは?勤務の実態や求人傾向も解説」のコラムで詳しく解説しているので、気になる方はチェックしてみてください。

4.農家

農家は、繁忙期に住み込みのアルバイトを募集します。農家の仕事内容は、種まきや田植え、収穫などです。家族経営の場合は、勤務先の家族と同じ家に住み込み、寝食をともにすることも。また、作業が早朝や深夜におよぶ場合もあるため、滞在場所や1日の勤務スケジュールなどの詳細は事前に確認しておくのが無難です。農家に興味がある方は、「農家へ転職するには?農業の現実や失敗しないために必要なことを解説」のコラムもぜひご一読ください。

5.介護職

高齢者向け施設や老人ホームなどで働く介護職にも、住み込みの求人があります。勤務先の施設に住み込むのではなく、会社が用意した社宅や寮に滞在する場合が多いようです。主な業務としては、施設入居者の食事や入浴、排泄のサポートなどが挙げられます。無資格・未経験の職員を募集している求人もあるので、介護未経験の方も検討してみてください。介護職が自分に向いているか知りたい方は、「就活アドバイザーが教える!社会福祉士・介護士・ホームヘルパーのお仕事」を要チェックです。

6.工場作業員(期間工)

工場作業員(期間工)も、住み込みの仕事を探している方におすすめです。工場作業員とは、工場内でライン作業・ピッキングなどを行う人のことを指します。期間工は、限られた期間だけ働く工場作業員のことで、その期間のみ滞在先に住み込む場合が多いようです。期間工は、繁忙期の助っ人として募集される場合が多いので、求人情報を定期的にチェックしましょう。期間工に興味を持った方は、「期間工とは?きついって本当?働くメリットとデメリット」のコラムもご覧ください。

7.警備員

住み込みの仕事に興味がある方は、警備員の仕事にも目を向けてみましょう。警備員は、事件や事故、犯罪などが起こらないように警戒したり、防止したりする仕事です。寮付きの警備会社を選べば、住み込みで仕事ができます。警備会社だけあって、滞在先のセキュリティ対策が万全である場合が多いようです。警備員の具体的な業務内容は「警備員の仕事内容とは」で紹介しているので、参考にしてみてください。

8.タクシードライバー

運転が好きな方には、タクシードライバーの仕事がおすすめ。タクシードライバーとは、人を目的地まで安全に送り届ける仕事です。給料は基本的に歩合制で、お客さまを目的地まで送る回数が多いほど給料が上がります。そのため、人口が多い都市部で住み込みの仕事をすれば、稼働率が上がって稼ぎやすくなるでしょう。タクシードライバーになりたい方は、「タクシードライバーの仕事ってどう?きつい?内容や実情を詳しく解説」のコラムで、向いている人の特徴をチェックしてみてください。

リゾートバイトや新聞配達といった選択肢も!

住み込みの仕事に就きたい方には、リゾートバイトや新聞配達といった選択肢もあります。リゾートバイトとは、日本各地の観光地にあるホテルや旅館などに住み込み、アルバイトをすることです。リゾートバイトは時給が高く設定されている場合が多いので、短期間で高収入を得たい方は検討してみてください。新聞配達は、新聞の購読契約をしている方に新聞を届ける仕事です。早朝勤務が多いため、住み込みの求人を出している会社が多くあります。

住み込みの仕事への就職・転職を成功させるコツ

この項では、住み込みの仕事への就職・転職を成功させるコツを紹介します。「できるだけスムーズに就職・転職したい」と考えている方は、以下のポイントをしっかりと押さえておきましょう。

希望条件に優先順位をつける

住み込みの仕事に限りませんが、仕事を選ぶときは希望条件に優先順位をつけましょう。希望条件に優先順位をつければ、妥協できる点も見えてくるので、仕事探しの視野が広がります。希望条件を増やし過ぎると希望に一致する求人が見つかりづらくなるので注意しましょう。

就職・転職エージェントに相談する

住み込みの仕事探しをスムーズに進めたい方は、就職・転職エージェントに相談するのもおすすめ。就職・転職エージェントとは、民間の就職支援サービスのことです。アドバイザーがマンツーマンで指導してくれる場合が多く、希望条件に合った求人を紹介してもらえます。

就職・転職エージェントの利用を検討している方は、ハタラクティブを活用してみましょう。ハタラクティブは、20代のフリーターや既卒に特化した就職・転職支援サービスです。専任のアドバイザーがカウンセリングを丁寧に行ったうえで、一人ひとりに合った求人を紹介します。求人紹介だけでなく、履歴書の添削や面接対策といったサポートを行っているのも特徴です。サービスはすべて無料なので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

住み込みの仕事に関する疑問Q&A

この項では、「住み込みの仕事にはどのような入寮先がある?」「住み込みの仕事に向いている人の特徴は?」といった、住み込みの仕事に関するお悩みをQ&A方式で解決します。

住み込みの仕事にはどんな入寮先がある?

寮の種類には、独身寮や単身赴任寮などがあります。独身寮は未婚者向けの寮、単身赴任寮は単身赴任者向けの寮です。寮は、勤務先の会社が保有している「社有社宅」の場合もあれば、会社が不動産業者から借りている「借り上げ社宅」の場合もあります。借り上げ社宅については、「借り上げ社宅とはどんな制度?メリットとデメリットは?家賃補助との違い」で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

金銭面に余裕がなくても住み込みの仕事に就ける?

十分可能です。金銭面に余裕がないときは、家賃(寮費)や光熱費が無料、もしくは会社の負担率が高い住み込みの仕事を選びましょう。なかには、家具付き・食事付きといった待遇を設けている会社もあるので、入寮規定をよく確認してみてください。金銭面に余裕がなくて不安な方は、家賃補助について解説している「家賃補助は会社からいくら支払われるの?支給条件やメリットを解説!」のコラムも要チェックです。

住み込みの仕事に向いている人の特徴は?

住み込みの仕事に向いているのは、「公私問わず職場の人と仲良くしたい」「体力に自信がある」などの特徴がある人です。住み込みの仕事は、同じ寮に同僚や上司が住む場合も多く、仕事後にも関わる機会があります。そのため、職場の人と仕事外でも交流を深めたいと考えている方には向いているでしょう。また、このコラムの「男女ともにおすすめできる住み込みの仕事8選」で紹介したとおり、住み込みの仕事は体力勝負の側面があるので、体力に自信がある人にも向いています。

住み込みの仕事に就いたらすぐに入寮できる?

会社によっては、すぐに入寮することも可能です。住み込みの仕事に就いたらすぐに入寮したいと考えている方は、「即入寮可」「即入寮OK」などと書かれた求人を選びましょう。ただし、「即入寮できるかどうか」だけを基準に求人を選んでしまうと、合わない仕事に就いてしまう可能性があるので、業務内容や施設環境もよく確認しましょう。求人の探し方に不安がある方は、ハタラクティブの利用も検討してみてください。

この記事に関連するタグ