仕事したいけど怖い!ニートが正社員就職を成功させる方法を紹介

仕事したいけど怖い!ニートが正社員就職を成功させる方法を紹介の画像

この記事のまとめ

  • 「仕事したい」という気持ちがあれば、ニートでも就職はできる
  • 仕事したいと思ったら、規則正しい生活を心掛けよう
  • 仕事したいニートにおすすめの職種は営業職や介護職、接客業など
  • 1人で就活を始めるよりも、就職を支援してくれる機関を利用するのがおすすめ

「仕事したい!」と思ったら、それはニート生活から脱出するチャンスです。しかし、長期に渡るニート生活に慣れてしまったことに加え、職歴に空白期間ができたことで「就活に不利なのでは?」と行動に移せない方も多いはず。このコラムでは、ニート生活を脱出する方法や挑戦しやすい仕事をご紹介します。ニート脱却を目指している方は、ぜひご一読ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

「仕事したい」という思いがあればニートも就職可能

「仕事したい」という思いがあれば、ニートでも就職は可能です。
高校や大学を卒業しても就職していなかったり、退職後に働いていない空白期間があったりすると、再就職が難しくなってしまいがち。しかし、社会人経験の少ない人や未経験者を受け入れている企業は多数あります。
就職は年齢が若いほど有利なので、「このままではいけない」とニート生活に不安や危機感を覚えたら、すぐに就職活動を始めましょう。
ニートが就職するには?現状から脱出する方法まとめ!」では、ニートが就職するための方法についてご紹介しています。

「仕事したい」と思ったら生活改善をしよう

「仕事したい」と思ったら生活改善をしようの画像

就職することを決意し、ニート生活からの脱出を目指すのなら、まずは生活習慣を改善しましょう。以下のポイントを参考にしてみてください。

規則正しく睡眠をとる

「仕事したい」と考えているニートは、まず生活を改善することをおすすめしますニート生活を送っている方は、何時まで寝てても良い、好きなときに寝て起きられる安心感があることから、日中は寝て過ごし、夜遅くまで起きていることが多いようです。
夜間勤務の仕事もありますが、長く働ける職場に就職するためには、より多くの選択肢が必要といえます。多くの企業の就業時間は日勤帯が基本。昼夜逆転した生活を続けていた方が突然日勤帯の仕事に就職したとしても、体がついていかないでしょう。

昼夜逆転した生活リズムを改善するには、毎日決まった時間に布団に入り、決まった時間に起きることから始めてみてください。人の体は太陽が昇っている間は活動的になり、太陽が沈んだら休息するという体内リズムを持っています。なので、毎朝カーテンを開け、朝日を浴びることで自然と活動的になれるでしょう。
また、昼寝をしてしまうと夜に眠れなくなってしまうので、昼寝は極力避けるのがポイントです。就職すると昼寝をする時間を確保することは難しいため、間違った生活習慣に慣れてしまわないように気をつけましょう。

就寝前にスマホやPCに触れるのは避けよう
さらに、就寝1時間前はスマホやPCなどに触れるのも控えてください。スマホやPCはブルーライトを発しているため、脳に刺激を与えてしまいます。
脳が興奮するとなかなか寝付くことができず、結果夜更かししてしまい、生活リズムが狂ってしまうでしょう。

規則正しく食事をとる

次に、規則正しい時間に食事を摂りましょう。
朝起きたときになかなか目が覚めないのは、寝ている間に脳に必要なブドウ糖を消費してしまっているからです。朝食をしっかりと摂ることで、勉強や仕事に集中できるようになるでしょう。
夜更かししてしまうと朝起きることができず、朝食を摂らない、中途半端な時間に食事をして昼食を抜く人もいるはず。不規則な生活に拍車をかけてしまわないよう注意が必要です。

また、就寝3時間前は食事を摂らないようにしましょう
寝る直前の体の中に食べ物が入っていると、消化するのにエネルギーを使ってしまうため、質の良い睡眠が取れなくなってしまいます。夜中にお腹が空いたからといって夜食を食べてしまうと、睡眠の質が下がり、寝ても疲れが取れず1日中眠くなってしまう原因にもなるので気をつけましょう。

眠れないなら適度な運動をしよう
夜に眠れないという方は、昼間にウォーキングやランニングをしたり、室内で筋力トレーニングをしたりするなど、適度に体を動かすことをおすすめします。引きこもりがちだった方は外出するきっかけになり、体力アップにも繋がるでしょう。

「仕事したい」ニートにおすすめの5つの仕事

「仕事したい」ニートにおすすめの5つの仕事の画像

この項目では、「仕事したい」と思っているニートにおすすめの仕事をご紹介します。働いた経験がない方や長期に渡ってニート生活を送ってきた方は、いざ働こうと思ってもどんな仕事に就けばいいのか分からないことが多いでしょう。そこで、ニート期間があっても比較的採用されやすい仕事をご紹介します。

1.営業職

営業職は電話やメール、訪問といった方法で顧客と直接コンタクトを取り、売り上げを伸ばすことへのプレッシャーやノルマに日々追われるというイメージがあるためか、人手不足になることが多く、求人が豊富です。
「ニートだった人には向いてないのでは?」と感じる方もいるかもしれませんが、営業職になるために必要な資格はなく、熱意と営業としての適性があれば、ニート生活を送っていた方でも就職できるでしょう営業職は結果を重視する会社が多いので、結果さえ出せればとんとん拍子で出世できることもあります。

2.接客業

ひと言で接客業といっても、スーパー・コンビニのレジ打ち、飲食店のホールスタッフ、ガソリンスタンドのスタッフ、ショップの店員、ホテルのフロントなどさまざまな種類があります。
業務内容はスーパーやコンビニなどの販売店であればレジ打ちや品出し、レストランやカフェなどの飲食店であれば案内、注文、配膳、会計、後片付けなどです。接遇マナーのように覚えることは多くありますが、基本的な仕事を覚えれば基本的には同じ作業を繰り返すだけ。専門的な資格や技術を必要としないため、ニート生活を送っていた方でもやる気さえアピールできれば正社員として採用されやすいでしょう。

3.介護職

長寿大国である日本では超高齢化社会が進んでいるため、介護職は需要の絶えない仕事です。
慢性的に人手不足の業界なので、研修制度を充実させ、資格や経験がない未経験者でも雇用を行っている施設は多いようです
業務内容は主に身体介護、生活援助、介護に関する相談・助言などで、高齢者や身体にハンデを抱えている方など、1人では日常生活を送ることが困難な方の援助をしています。

4.プログラマー

プログラマーは、プログラム言語を使用してシステムやソフトウェアを組むのが仕事です。
プログラム言語の知識や技術が必要ですが、プログラマーになるために資格や学歴は特に求められません。実務経験が重視されることが多いですが、研修制度や教育制度を充実させ、未経験でも応募できる求人は年々増え続けています。
PCが得意であれば研修にもついていけるでしょう。採用されるか不安な方は、事前にプログラミングを勉強しておくのがおすすめです。

5.工場勤務

始めてすぐ正社員として働くのは難しいですが、短期のアルバイトや派遣社員として働くなら量産工場はおすすめの職場です
工場での仕事は検品や検査、調整、仕分け、梱包、ピッキングなどの軽作業、フォークリフトやクレーンなどの機械を操作する仕事などさまざま。しかし、一度覚えてしまえば、あとは同じ作業の繰り返しなので、ブランクがある方でも働きやすいでしょう。そのうえ、短期アルバイトや派遣社員であれば、忙しいときの人材を確保するために、給料が高めに設定されているのが特徴です。

まずはゆっくり・のんびりできる仕事を探すのも手
「仕事したい」と考えているものの、不安を抱いているニートの方は、まずはゆっくり・のんびりできる仕事を探すのも一つの手です。
自分のペースで無理なくできる仕事からスタートし、労働のある生活に徐々に慣れていきましょう。たとえば、事務職のようなノルマのない仕事や、施設警備員のような人と接する機会が少ない仕事などがおすすめです。また、場所や時間を自分で選択でき、特技を活かしやすいフリーランスで働いてみるのも良いでしょう。
仕事がしたいと考えているニートの方は、「ニートの仕事探しを後押し!おすすめの職種や就活のコツを解説」もあわせて参考にしてください。

「仕事したい」ニートの就活のポイント

「仕事したい」ニートの就活のポイントの画像

「仕事したい」と考えているニートが就活をする際は、空白期間を説明できるようにすることと、焦って仕事を選ばないことが大切です。以下で詳しく解説していきます。

未経験者歓迎の求人を選択する

ニートを脱出して仕事をしたい方は、未経験者歓迎の求人から探すのも有効です。
未経験歓迎の求人を出している企業は、学歴や経験よりも人柄を重視している傾向があります
ただし、一口に「未経験歓迎」といっても、意味合いが違う場合があるので注意が必要です。「職種未経験者歓迎」「業界未経験者歓迎」という表記がある求人だと、今までと異なる業界や職種にチャレンジしたい転職者がターゲットとなります。
企業がどのような層をターゲットにしているかをよく確認し、自分に合った求人に応募するようにしましょう。

空白期間を説明できるようにする

ニートは空白期間についてしっかりと説明できるようにしておきましょう。仕事をしていないニート期間があると、職歴にブランクができてしまい、選考の際に不利になってしまいます。しかし、空白期間をごまかすために「アルバイトをしていた」と経歴を詐称するのは避けましょう。
空白期間は正直に答えることが大事です。毎日だらだらと過ごしていたとしても、伝え方を工夫することで印象を良くすることができます。
たとえば、毎日PCを見ていたのなら「情報検索が得意」「タイピングが早い」と表現できたり、本ばかり読んでいたのなら読書量や好きな本の分野に関する知識をアピールしたりすることができるでしょう。

ニートは人柄やポテンシャルをアピールしよう
ニートの場合、新卒ではなく中途採用になるので、人柄やポテンシャルが重視されます。そのため、「働きたい」という意欲をアピールすることが大切です。
なぜ仕事に就けなくなったのか、なぜ働きたいと思ったのか、どんな仕事がしたいのかなどをしっかり伝えられるようにしておきましょう。

資格を取得する

ニートの方が仕事をしたい場合、資格を取得するのもおすすめです。
ただし、闇雲に資格を取るのではなく、就職に有利になりやすい資格や、自分のやりたいことに合った資格を選択しましょう。たとえば、MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)は、取得しておけばWordやExcel、PowerPointなどのスキルをアピールできます。パソコンを使う仕事や事務職を希望する方は、検討してみると良いでしょう。
また、ビジネスマナーが身についていることを証明できる秘書検定や、経理に役立つ日商簿記、英語のスキルを証明できるTOEICなどの取得もおすすめです。どのような仕事をしたいのか明確にしたうえで、有効活用できる資格を選択して取得しましょう

焦って仕事を選ばない

なかなか就職が決まらないからといって、焦って採用された企業に就職してしまい、入社後にミスマッチを起こさないように注意が必要です。就職先を妥協することで、自分に合わない企業を選んでしまう可能性も。入社後にミスマッチが起こると、早期退職に繋がる恐れもあります。
また、焦って仕事を探すことで、ブラック企業に就職してしまうことも考えられるでしょう。ブラック企業は、人の入れ替わりが激しく離職率が高い、労働時間が長いわりに給与が少ないといった特徴があります。このようなブラック企業に就職してしまうと、過酷な労働環境の中で働くことになってしまうでしょう。

募集要項をよく確認してブラック企業を見極めよう

ブラック企業を見極めるには、企業の募集要項に書いてある就業規則や雇用形態などをよく確認するのがおすすめ。また、求人が募集されている頻度もチェックしてください。求人を募集している頻度の多い企業は、人の入れ替わりが激しいことを表しています。人の入れ替わりが激しい=離職率が高いともいえるので、ブラック企業の可能性があるでしょう。
ブラック企業の見極め方については、「ブラック企業の特徴は?見極めて回避するのは可能?」でもご紹介しています。

やりたいことが分からない人は自己分析をしよう

「仕事したいけど何がしたいか分からない」という人は、自己分析を行いましょう。自己分析を行うことで、得意不得意が把握できるので、自分に合った仕事を探すのに役立ちます。
自分がどんな仕事をしたいか知りたい人は「仕事で何がしたいか分からない20代へ!やりたいことの探し方を解説」でも詳しくご紹介しているので、参考にしてみてください。

仕事したいけど怖いニートは就職支援機関に相談しよう

仕事したいけど怖いニートは就職支援機関に相談しようの画像

就職活動は1人で始めるより、就職支援機関にサポートしてもらうのがおすすめです。求人紹介や書類添削、面接対策などを行ってもらえるので、スムーズに就職活動を進められます。ニートの方に利用してほしい就職支援機関は、ハローワークやサポステ、就職エージェントの3つ。それぞれのサービス内容を比較したり、自宅から通いやすい場所を探したりして、自分に合った就職支援機関を選んでみてください。

就職支援機関のハタラクティブは、第二新卒や既卒、一度も就職したことがない方の就職活動を支援しています。20代の就活支援に特化しており、プロのアドバイザーによるカウンセリングを始め、就職に関する相談や応募書類の添削、面接対策など、総合的なサポートサービスを提供。「仕事したい」と考えているニートの方も働ける求人情報を豊富に取り揃えているので、お気軽にご相談ください。

仕事したいニートに関するQ&A

ニートとして生活し続けることに不安を覚え、「仕事したい」と考えている方も多いでしょう。ここでは、仕事をしたいニートの方が抱える不安や悩みに関する疑問をQ&A方式で解決していきます。

ニートとフリーターの違いは何ですか?

ニートは無職のことを表し、フリーターはバイトとして仕事をしている人のことです。しかし、世間では「ニートとフリーターは同じ」という印象を抱かれることもあります。「ニートとフリーターの違いは何?定義や世間からの見え方を知ろう」で詳しく解説しているので、ご一読ください。

ニートを脱出するきっかけがありません。

ニートを脱出した人には「将来への焦り」「親の病気」「結婚したい相手ができた」など、さまざまなきっかけがあります。「ニートを脱出するきっかけには何がある?」には、ニート脱出のきっかけやニートを脱出する方法を掲載しているので、参考にしてみてください。

長年ニートをしていますが、就職できますか?

ニートである期間が長ければ長いほど、就職しづらいといわれています。特に35歳を超えると、若年層の就職支援サービスからも外れてしまうので、より厳しいものとなるでしょう。本当に就職を望むのであれば、少しでも若いうちに行動する方が賢明です。詳しくは「35歳以上のニートは就職できない?呼び方や定義をご紹介!」に掲載しています。

ニートが正社員就職を成功させるコツは?

「正社員として仕事をしたい」と考えているニートの方は、未経験者歓迎の求人を中心に応募するのが就職成功のコツの一つです。ただし、焦って仕事を選んでしまうとミスマッチの可能性があるため、自分に合った企業かどうかをよく吟味しましょう。詳しくは、このコラムの「『仕事したい』ニートの就活のポイント」をご覧ください。

ニート向けの就職支援サービスにはどんなものがある?

ニートを対象に就活支援を行うサービスには、ハローワーク・ジョブカフェ・若者サポートステーション・民間の就職エージェントがあります。ハタラクティブは若年層に特化した就職・転職エージェントです。職歴のないニートの方でも働ける求人情報を豊富に取り揃えているので、まずはお気軽ご相談ください。

関連タグ