ビル管理士とはどんな仕事?業務内容と必要な資格を確認しよう

ビル管理士とはどんな仕事?業務内容と必要な資格を確認しようの画像

この記事のまとめ

  • ビル管理士とは、国家資格「建築物環境衛生管理技術者」のこと
  • 特定建築物には、ビル管理士を設置する義務がある
  • ビル管理士の資格を取得すると、収入やキャリアアップにつながる可能性がある
  • ビル管理士の試験対策には、過去問や参考テキストを活用しよう

ビル管理士に興味があっても、どのような資格なのか分からず受験に迷っていませんか?ビル管理士とは、「建築物環境衛生管理技術者」という国家資格のことです。商業施設やホテルといった特定建築物ではビル管理士を設置する義務があるため、一定の需要があります。このコラムでは、ビル管理士について、資格の概要や取得するメリットをご紹介。試験に向けた勉強方法も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

ビル管理士とは?

ビル管理士とは、国家資格「建築物環境衛生管理技術者」の通称です。商業施設やオフィスビル、病院、百貨店、ホテルといった面積が3000平方メートル(学校施設は8000平方メートル)を超える特定建築物には、ビル管理士を設置する義務があります。

ビル管理士の仕事内容

ビル管理士の主な業務は、建築物の維持管理業計画の立案および実施、測定・検査の実施と評価、問題点の改善案作成や意見申請などを行うことです。特定建築物は、一般住宅よりも構造や設備が大規模であり、不特定多数の人が利用します。ビル管理士は、定期的な点検を業者に依頼し、業者の仕事を監督。その他に改善点があればビルのオーナーに申請しなくてはなりません。ビルの最高責任者となるので、建築物の構造や設備、衛生面、環境面など、幅広い知識が求められます

ビル管理士を取得するメリット

ビル管理士の資格を取得することで、収入アップが期待できます。また、知識やスキルの証明になるため転職が有利になる可能性も。ビル管理士の資格取得を検討している方は、メリットをよく確認しましょう。

収入アップが期待できる

ビル管理士の資格を取得すると、資格手当がつく場合があります。また、ビル管理士の資格があると責任者という立場に就けるため、キャリアアップが叶う場合も。昇給や昇進も含めて、収入アップが期待できるでしょう。

ビル管理業界への転職が有利になる

ビル管理士の資格があれば、転職の際に即戦力となる経験や専門的な知識を保有していることを証明できます。今の給与や待遇に不満がある、勤めている会社ではキャリアアップが見込めないといった場合は、ビル管理士の資格を取得したうえで転職を検討するのも方法の一つです。

「資格が転職に有利になる?」と疑問に思った方は、「転職で有利になる?資格があることのメリットとは」をご覧ください。また、年収アップの方法が知りたい場合は、「年収を上げる方法を紹介!収入が増えやすい人の特徴を解説」のコラムが参考になります。

ビル管理士を取得するには?

ビル管理士の資格を取得する方法は、建築物環境衛生管理技術者試験に合格する方法と、建築物環境衛生管理技術者講習会を修了する方法があります。

建築物環境衛生管理技術者試験に合格する

ビル管理士の資格を取得するには、建築物環境衛生管理技術者試験に合格するのが近道です。ただし、厚生労働省が定めた建築物において、維持管理の実務に2年以上従事するといった受験資格があるため、誰でも受験できるわけではありません。

建築物環境衛生管理技術者講習会を修了する

ビル管理士は、建築物環境衛生管理技術者講習会を修了することで資格を取得できます。建築物環境衛生管理技術者講習会では、ビル管理士試験の試験内容と同じ全7科目、101時間に及ぶ講習を受ける必要があります。なお、建築物環境衛生管理技術者講習会は、受講資格に当てはまらなければ受講できません。詳しい受講資格については、公式Webサイトを確認しましょう。

ビル管理士を目指すなら取得しておきたい資格

ビル管理士は、ビルメンテナンス系の資格の中でも取得が難しい部類に入ります。そのため、ビル管理士を取得する前に、別の資格取得も視野に入れておくと良いでしょう。

第2種電気工事士

まず、第2種電気工事士が挙げられます。第2種電気工事士は、500kw未満の電気工作物や自家用工作物の電気工事を行うために必要な資格です。特に受験資格が無いため、ビルメンテナンスに従事する方であれば取得して損はないでしょう。第2種電気工事士はビル内のブレーカーや分電盤など低圧の電気設備を取り扱う際に求められます。

危険物取扱者乙種4類

ガソリンや灯油が該当する危険物取扱者乙種4類です。ビルメンテナンスでは重油を取り扱うことも多いため、該当危険物取扱者乙種4類があると重宝します。特に、非常用発電機の燃料には重油が使われることが一般的なので、ビルメンテナンスには必須の資格といえるでしょう。

2級ボイラー技士

2級ボイラー技士は、その名の通りボイラーの構造に関する知識や、ボイラーの取り扱いに関する知識が求められる資格です。こちらもビルメンテナンスに必須といわれる資格。しかし、近年はボイラーを設置していないビルも増加しているので、資格取得の優先度はそこまで高くないといえます。

第三種冷凍機械責任者

第三種冷凍機械責任者は、空調や冷蔵庫などに使用されている冷凍機械設備を管理するための資格です。しかし、2級ボイラー技士同様、近年ではこの資格を必要としないビルも増えているので、資格取得の優先度はそこまで高くありません。

ビル管理士試験におすすめの3つの勉強方法

ビル管理士試験に合格するのは簡単ではありません。より確実に合格するためにも、以下のような方法でしっかりと勉強することが大切です。

1.過去問や参考テキストを活用する

ビル管理士試験の過去問や参考テキストを活用して、試験問題に慣れておきましょう。公式Webサイトでは、過去の試験問題やその答えが掲載されています。ぶっつけ本番で試験に臨むより、あらかじめ試験問題のイメージを掴んでいたほうが、緊張せず試験を受けられるでしょう。

2.勉強時間はしっかり取る

ビル管理士試験対策の勉強時間は長めに取りましょう。建築物環境衛生管理技術者講習会の講習時間は101時間あります。試験のみでビル管理士の資格を取得する場合も、同等の勉強時間は必要でしょう。独学で勉強するのが難しいと感じる人は、通信講座などで効率よく学習するのも方法の一つです。自分に合った勉強方法で、資格取得を目指しましょう。

3.働きながら勉強する

ビル管理業務に従事している人は、受験資格を得る間にビル管理士試験対策も行いましょう。先述のとおり、ビル管理業務で収入アップやステップアップをするためには、資格取得が有効です。先を見据えてしっかりと勉強をしておけば、試験直前に慌てることはないでしょう。

ビル管理に携わる仕事がしたい、資格を活かしてスキルアップを目指したいという方は、就職・転職サポートサービスのハタラクティブへご相談ください。ハタラクティブでは、若年層の求職活動をトータルサポート。希望や適性に沿った求人紹介をはじめ、応募書類の書き方や面接対策のアドバイス、面接日や入社日の調整、入社後のアフターフォローまで丁寧に行います。サービスはすべて無料なので、ぜひお気軽にご登録ください。

この記事に関連するタグ