ルート配送とはどんな仕事?きついのは本当?向いている人の特徴をご紹介

ルート配送とはどんな仕事?きついのは本当?向いている人の特徴をご紹介の画像

この記事のまとめ

  • ルート配送の仕事は、契約している店舗に指定の荷物を届けること
  • ルート配送の仕事は「決まった日に休みを取れる」「適度に人と関われる」のがメリット
  • 配送会社は資格取得支援制度のある場合が多く、中型や大型の免許がなくても就職できる
  • 道を覚えるのが得意で時間を守れる人はルート配送の仕事に向いている
  • ルート配送に転職するなら、興味を持った理由や無事故無違反などをアピールしよう

ルート配送はどのような仕事をするのか興味はあるものの、向き不向きや働き方の実態が分からない人は多いでしょう。ルート配送とは荷物を決まった店舗やコンビニなどに届ける仕事。運転だけでなく、積み込み業務も行うのが特徴です。ルート配送の仕事は、長時間労働になりにくく、自分の裁量で働けるといったメリットがあります。このコラムでは、ルート配送の仕事について詳しく紹介。ルート配送に興味がある方は、ご覧ください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • どの求人に応募すればいい?
  • 受かりそうな求人はどれ?
  • 希望に合う求人の探し方がわからない・・
どんな仕事が合うかからお伝えします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

ルート配送とは

ルート配送とは、指定された商品を倉庫から車に積み込み、契約している店舗に届ける仕事です。車の運転業務だけでなく、荷物の積みこみや空になったコンテナの回収も併せて行っているという特徴があります。商品が届かないと仕事が成り立たない配達先が多いため、配達時間は正確性が求められるでしょう。

ルート配送の仕事内容

ルート配送の具体的な仕事には、以下のような例があります。

・コンビニやスーパーへの配送
・飲食店への食材の配送
・メーカーから工場や量販店へ商品を配送
・クリーニング店の巡回
・店舗における制服やタオルなどの定期交換

配送する荷物は部品・資材や食料品、日用品や衣料品などさまざまです。冷蔵・冷凍の食料品を扱う場合は、トラック内の温度管理も行います。

ルート配送ドライバーの1日の流れ

ルート配送の仕事は、契約している店舗に指定の荷物を届けることです。大まかな業務の流れは、以下のとおりです。

・出社後に配送車の点検や朝礼、アルコールチェックを実施
・配送物の積み込み
・指定された場所に荷物を配送
・適宜休憩をとり、配送作業が終わったら帰社
・車の清掃と終業点呼

事故防止のために、配送を始める前にはアルコールチェックや車の点検を行います。次に、いつものルートに事故や工事がないか確認するのも大事な仕事です。

その日最初の配送を終えたら配送センターに戻り、第2便の準備をします。最終便の配送後、日報や業務報告を行い、翌日の確認をして業務完了です。

ルート配送のやりがい

ルート配送の仕事では、取引先の担当者と信頼関係を築けたり、感謝を伝えられたりするのをやりがいと感じる方が多いようです。一般的に配送ドライバーは1人の時間が長く、人とのコミュニケーションは少ない傾向にあります。しかし、ルート配送ドライバーは配送先が決まっているので、担当者とコミュニケーションを取れるのがポイント。

また、生活必需品を届けるのが仕事のため、「人々の生活を支えている」と実感することもできます。責任を持って商品を決められた時間に届けられたときは、大きなやりがいを感じるでしょう。
配送全般の仕事内容を詳しく知りたい方は「配送の仕事」にて解説しているので、ぜひ参考にしてください。

ルート配送は未経験でも就職できる?

ルート配送の仕事は運転が業務に含まれるため、乗車する車に合わせた運転免許が必要となります。それ以外の資格や免許は必要ないので、未経験から挑戦しやすい仕事です。また、企業によっては普通自動車運転免許があれば応募可能としており、「未経験歓迎」「経歴不問」の求人が多い職種といえるでしょう。
未経験OK多数!求人を見てみる

ルート配送の平均年収

職業情報提供サイト(日本版O-NET)の「ルート配送ドライバー」によると、「運輸業、郵便業」のルート配送員の年収は384万4,000円です。東京都では419万5,000円、大阪府では386万2,000円、沖縄県では330万500円と地域によって差があります。

厚生労働省の「令和4年賃金構造基本統計調査の概況(12p)」によれば、正社員の平均賃金は32万8,000円なので、年収に換算すると393万6,000です。したがって、ルート配送ドライバーは平均的な収入に期待できるといえるでしょう。

なお、上記金額には各種手当が含まれていませんが、配送ドライバーに「深夜手当」「資格手当」「役職手当」などを支給する企業もあります。中型・大型の運転免許を取得したり、管理職を目指したりすることで、平均よりも高い年収を狙うことも可能でしょう。

参照元
職業情報提供サイト(日本版O-NET)
トップページ
厚生労働省
賃金構造基本統計調査

ルート配送の仕事をする5つのメリット

ルート配送の仕事をする5つのメリットの画像

ルート配送の仕事をするメリットとして「長時間労働になりにくい」「自分の裁量で仕事ができる」などが挙げられます。「配送ドライバーの仕事はきついのでは…」といったイメージを持つ人もいるようですが、ルート配送にはほかのドライバー職とは異なるメリットも。ここでは、ルート配送の仕事をするメリットについて紹介します。

1.長時間労働になりにくい

ルート配送の仕事は、一般的なトラックドライバーに比べて長時間労働になりにくいという点がメリットです。ルート配送の場合、積み込み場所は配送センターと決まっており、さらに配送先も配送時間も決まっているので業務の終了時間がある程度固定されます。

また、配送先の会社の営業日は決まっているため、休日もしっかり取得できるのがポイント。ルート配送では「土日休み」と明記されている求人もあるので、私生活との両立もしやすいでしょう。プライベートな時間もしっかり取れる点は、ルート配送の大きなメリットといえます。

2.適度に人との関わりがある

ルート配送のドライバーは複数の配送先を担当するため、毎日多くの人と関わり合いながら仕事ができます。ただし、営業職や販売職のような接客対応を求められることは基本的にありません。適度な距離感を保ちつつ、コミュニケーションを取りながら仕事ができるというメリットがあります。

また、長距離ドライバーと違って毎日帰宅できるため、家族とすれ違いの生活が続く恐れも基本的にありません。「今日は人と会話していない」「ずっと1人で孤独…」といったストレスを感じることは少ないでしょう。

3.ほかのドライバーと協力できる

ルート配送に対してノルマを課す企業は少ないため、ドライバー同士が競争することはないようです。むしろ、ドライバー同士で情報交換をしたり、仕事のコツを教え合ったりしながら働く傾向にあります。

一般的な長距離トラックでは、ほかのドライバーとコミュニケーションを取る機会は少ないため協力体制が取りにくい場合もあるでしょう。しかし、ルート配送であれば仲間意識を持って良い環境で仕事ができます。

4.商品を選べば力仕事が少ない

ルート配送は運ぶ荷物によって軽トラックを使用することもあれば、4tトラックを使用する場合も。荷物によってはきつい力仕事になりますが、商品を選べばそこまで力は必要にはならず、支障なくルート配送の仕事ができる場合もあります。

5.自分の裁量で仕事ができる

ルート配送の仕事は正社員だけでなくフリーランスやアルバイト、パートなどさまざまな雇用形態を選べます。そのため、空いている時間だけルート配送の仕事をするといった働き方も可能です。

自分の裁量で短時間のみ働いたり、反対に長時間働いてしっかり稼ぐといったこともできます。また、フリーランスであれば会社に縛られず、自分で仕事を選ぶこともできるでしょう。

ルート配送の仕事をするデメリット

ルート配送の仕事にはデメリットもいくつかあります。ここではルート配送の仕事をするデメリットを紹介するので、仕事を選ぶための参考にしてみてください。

日勤の場合は朝が早い

コンビニのルート配送のように、担当する配送先によっては日勤の勤務時間が早朝からスタートする場合があります。ルート配送は配達する商品や配送先によって働き方が変わり、日勤なら朝7時から業務を始めることもあるでしょう。

また、水産物や生鮮食品を扱う場合、早朝までにスーパーや配送センターに届ける必要があるため夜勤が多いです。担当する仕事によって昼夜逆転になるのが、デメリットと感じる人もいるでしょう。

事故のリスクがある

ルート配送に限らず、ドライバーの仕事には事故のリスクがあります。特に、交通量の多い都会や、道の狭い住宅街がルートだと、事故のリスクが高いでしょう。

また、ルート配送では「時間を守らなければ」という焦りや、「いつもの道だから大丈夫」といった気のゆるみがリスクを高めてしまう場合も。配送中に事故を起こしてしまうと、職場だけでなく契約先との信頼関係に支障をきたしてしまうので注意が必要です。

単調な仕事になりがち

ルート配送の仕事は、毎日同じ仕事の繰り返しで単調な仕事になりがちというデメリットもあります。ルート配送は、毎日決まった場所・決まった荷物・決まったルート・決まった荷主であるため、原則的に変化がありません。

また、仕事内容も車を運転して荷物の運搬をするというシンプルなもの。毎日決まった業務を繰り返すため、日々新しい発見や変化を好むような方には向かない可能性があるでしょう。

ルート配送はきつい?やめとけって本当?

ルート配送は仕事が単調になったり、荷物の積み込みのため体力勝負だったりするなど、人によってはきついと感じる場面もあります。そのため「ルート配送はやめとけ」と聞いたことがある人もいるでしょう。
しかし、どんな仕事にもきつい側面はあります。大切なのは自分の適性を理解し、マッチ度の高い仕事を見つけること。ルート配送の仕事に興味がある方はネガティブな意見に惑わされず、まずは自分の適性に合っているか確かめてみましょう。

ルート配送の仕事に向いている人

ルート配送の仕事は、向き不向きが分かれる仕事です。ルート配送の仕事に向いている人の特徴として、「道を覚えるのが得意」「長時間の運転が苦ではない」などが挙げられます。ここでは、ルート配送の仕事に向いている方の特徴をご紹介。自分に当てはまる特徴があるかチェックしてみましょう。

1.道を覚えるのが得意

ルート配送の仕事は決められたルートを回って荷物を届けるため、道を覚えるのが得意な方には向いているでしょう。毎日繰り返し同じルートを回るにしても、早めに道を覚えればスムーズに仕事ができます。

臨機応変な対応ができる人もおすすめ

配送する物品や配送先の都合によっては、通常とは異なる順番で配送することもあります。急な変更があっても即時に判断ができ、状況に応じた臨機応変な対応ができる人も、ルート配送に向いているでしょう。

2.時間管理が得意

ルート配送は決められた時間通りに荷物を届けることが仕事なので、きっちりと時間を守れる方に向いています。そのため、作業の優先順位をつけたり、隙間時間を活用したりするなど、時間を守るための行動を取ることが大切です。多少時間が遅れても問題ないと考えるような時間にルーズな方には向いていません。

3.毎日の運転が苦ではない

ルート配送は「車が好き」「毎日の運転も苦ではない」という方が向いています。ルート配送の場合、長距離ドライバーに比べれば運転時間は短いものの、毎日数時間も運転するため車が好きではない人には向いていないでしょう。

また、配送内容ごとに車の種類が変わる場合もあるため、トラックの大きさが変わっても問題なく運転できることや、万が一のトラブルに対応できる知識がある人も適性があります。

自分に向いている仕事について知りたい人は「自分に向いている仕事が分からないときに使える!無料適職診断の活用術」のコラムをご覧ください。

ルート配送に求められる資格

ルート配送の仕事には車の運転免許が必須。しかし、お客さまを乗せて運転するというわけではないため、二種免許は不要です。また、近年は免許取得支援制度を設けている企業が多く、普通自動車免許があれば応募可能な求人も増えています。

免許取得にかかる費用を企業が負担してくれる場合もあるので、「免許を取得するまで転職できない」と決めつける必要はありません。ルート配送の仕事に興味があるなら、まずは転職活動を始めてみるのがおすすめです。

この項では、ルート配送の仕事に役立つ資格を紹介するので、将来的にどのような免許が必要になるのかを把握するための参考にしてみてください。

普通自動車免許

普通自動車第一種運転免許はルート配送ドライバーには必須です。ルート配送では2tトラックを始めとした車を使用することになるため、最大積載量2トン未満の車が運転できる普通自動車免許を取得する必要があります。
近距離でのルート配送では、普通自動車免許を取得していれば問題ない場合が多いようです。

準中型自動車免許

準中型自動車免許を取得していれば、最大積載量4.5トン未満の自動車を運転できるため、近距離のルート配送で利用されているトラックを運転できます。準中型自動車免許とは、2017年3月12日の法改正以降に従来の普通自動車免許と中型自動車免許の中間の資格として新しく設けられた運転免許区分です。

5t限定準中型自動車免許

2017年3月12日の法改正によって新しく準中型自動車免許が新設されたことにより生まれた区分です。法改正以前に普通自動車免許を取得していた場合は「5t限定準中型免許」となり、普通自動車と車両総重量5t未満・最大積載量3t未満の準中型自動車の運転が可能です。

準中型免許では、運転できる対象が車両総重量が7.5トン未満・最大積載量が4.5トン未満なので、5t限定免許だと運転できないトラックもあるでしょう。より大きなトラックを運転するには、中型以上の免許を取得するか「5t限定」を解除する方法があります。

中型自動車免許

中型自動車免許を取得していると、車両総重量11トン未満・最大積載量6.5トン未満の中距離輸送向けのトラックを運転可能です。2022年5月に受験資格が見直され、「19歳以上」「普通免許などを受けていた期間が1年以上」「36時間以上の特例教習を修了」の条件を満たせば取得できるようになりました。

企業側が採用後に免許取得をサポートしてくれるなら、中型自動車免許を取って仕事の幅を広げるのも良いでしょう。
そのほか、仕事で活かせる資格は「就職に役立つ汎用性の高い資格とは?企業が求めるスキルを解説します!」にて、詳しく解説しています。こちらも、ぜひ参考にしてください。

ルート配送の仕事に転職するためのアピールのコツ

ルート配送の仕事に転職するためのアピールポイントとして、明確な志望動機は重要です。配送ドライバーは人材不足のため、運転免許があればルート配送の仕事に転職することは難しくありません。

しかし、誰でも採用されるというわけではないため、ルート配送の仕事に興味を持った具体的な理由を述べ、プラスの評価を得られるアピールを行いましょう。
ここでは、ルート配送の仕事に転職するためのコツを紹介します。

なぜルート配送の仕事に興味を持ったのか述べる

自分がルート配送の仕事に興味を持った理由をアピールしましょう。数あるドライバー職のなかでもなぜルート配送が良いのか、自分に合っているのはどのような点かを考えてみてください。

また、職種を選んだ理由を説明するのが難しい場合は、その会社に興味を持った理由から考えてみましょう。ルート配送は会社によって運ぶ商品や配送先も異なるため、その点をポイントに思いを伝えるのもおすすめです。

ルート配送の志望動機の例文

『私は現在、メーカーの営業職を担当しております。営業職の経験では、お客さまとの円滑なコミュニケーションや問題解決のスキルを身につけました。ただし、営業職は個人ノルマがあり、単独プレーで仕事をすることが多く、チームワークが得意な私としては物足りない側面もあります。

御社では「チーム一丸となることで、より大きな仕事ができる」というモットーを掲げており、その点に強く共感いたしました。営業職で身につけた顧客との信頼関係の築き方や臨機応変な対応力、スケジュール管理のスキルはルート配送の仕事でも役立つと自負しております。

物流のプロフェッショナルとして、お客さまとの信頼を築き上げるために力を尽くし、御社の更なる発展に貢献したいと考え志望いたしました。』

無事故・無違反の実績があれば伝える

過去に引越し業務や宅配の仕事に携わった経験がある人は、無事故・無違反の実績をアピールするのも効果的です。その際、無事故・無違反だった期間は何年間か、そのために工夫したことは何か、といった点を伝えると安全面を徹底できるというアピールになります。

面接で「入社後も規則正しい生活を守り、無事故・無違反に努めます」などと述べることで、安全面を重視して仕事ができると評価されるでしょう。

転職時の効果的なアピール方法は「転職時の自己PR!企業へのアピールポイントと注意点」で詳しくご紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

ルート配送の仕事にチャレンジしてみよう

ルート配送の仕事は未経験から転職しやすいため、興味があるならチャレンジしてみるのがおすすめです。求人を探す際は、ホワイト企業に注目してみましょう。

ルート配送でホワイト企業の求人を探すには?

ホワイト企業に明確な定義はありませんが、残業時間や離職率、福利厚生などからある程度は判断できます。ホワイト企業といわれる会社の主な特徴は以下の通りです。

・過度な残業がない
・有給休暇の取得率が高い
・社員の離職率が低い
・福利厚生が充実している

また、厚生労働省の「安全衛生優良企業公表制度」の認定を受けているかどうかもホワイト企業を見分ける方法の一つ。この制度の認定を受けている企業は、社員のメンタルヘルス対策や職場の安全管理がなされていると判断できます。

特に、配送ドライバーの転職活動では、トラックの性能が古過ぎていないか、安全装置が備わっているかなども判断基準になるでしょう。ホワイト企業を見極めるには求人情報の条件面をしっかりと確認し、懸念点があれば面接で確認しておくのが大切です。

機会があれば、実際に働いている人に話を聞いたり、職場見学をしたりするのもおすすめ。また、転職エージェントを利用すれば、職場の実態を把握したうえで求人を紹介してくれるため、ホワイト企業に出会える可能性が高いでしょう。

参照元
厚生労働省
安全・衛生

ルート配送の仕事は、車の運転が好きで安全運転ができる方であれば転職することも難しくないといわれています。しかし「自分に合う仕事が分からない」、「転職活動を一人で行うのが不安」という方もいるでしょう。そのような場合は、ハタラクティブの利用がおすすめ。ハタラクティブは既卒やフリーター、第二新卒などの若年層を対象に、就職・転職支援を行うエージェントです。

経験豊富なアドバイザーが、応募書類のアドバイスや面接対策のほか、面接日の調整といったサポートをマンツーマン体制で実施します。サービスはすべて無料なので、ぜひお気軽にご相談ください。

ルート配送に関してよくあるQ&A

最後に、ルート配送に関して抱かれがちな疑問や質問をまとめました。ルート配送の仕事内容が気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

ルート配送がやめとけといわれる理由は?

ルート配送がやめとけといわれる理由は、仕事内容や給与面が影響していると考えられます。
まず、仕事内容はルーティンワークが中心になるので比較的単調です。また、時間通りに取引先に商品を届けなければいけないので、渋滞の多い都市部などでは十分な休憩が取れないことも。こういった理由から「やめとけ」といわれるのでしょう。

ルート配送の仕事内容がきついって本当?

ルート配送はルーティンワークが中心になるため、単調な仕事にやりがいを感じられない方にとってはきついと感じることもあるでしょう。また、荷物の積み込みも伴うため、力仕事という側面も持っています。そのため、一部の方にとってはルート配送がきついと感じることもあるようです。

ルート配送の志望動機はどう考えれば良い?

ルート配送の求人に応募する際の志望動機は、自分がなぜルート配送の仕事に応募しようと思ったのかを考えることが大切です。
人によっては「物流を担う人材になりたい」という方や「運転をするのが好きで、毎日車に乗りたいから」という方もいるでしょう。具体的な志望動機の考え方は「志望動機の作り方を解説!好印象な回答をするポイントとは」にて、良い志望動機の考え方を解説しています。こちらの記事もぜひ参考にしてください。

ホワイト企業に転職するには?

しっかりと企業研究を行うのが大切です。
求人の雇用条件だけでは分からない側面もあるため、面接で質問したり、OB・OG訪問を行ったりするのが良いでしょう。「自分で見極める自信がない」という方は、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントはあらかじめブラック企業を排除しているうえ、不安な点はアドバイザーから企業側へ質問してもらうこともできます。「ホワイト企業に転職したい!未経験でも大丈夫?優良企業の見分け方とは」のコラムでもホワイト企業の条件を解説していますので、参考にしてみてください。ハタラクティブでは、独自の取材で職場の実態を把握しています。自分に合ったホワイト企業に出会いたい方は、ぜひご相談ください。

この記事に関連するタグ