志望動機の作り方を解説!好印象な回答をするポイントとは

志望動機の作り方が分かりません。「給料が高いから」「休みが多いから」といった本音しか思いつきません…。

志望動機として、給与や待遇など労働条件のことを挙げる方は多いですが、それはあくまで「転職のきっかけ」に過ぎません。まずは、志望動機の意味と企業側の捉え方を理解すると、考えやすくなりますよ。

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

志望動機の作り方を解説!好印象な回答をするポイントとは

就活中でも、志望動機の作り方にお悩みの方は多いのではないでしょうか。給与や休暇など条件面に惹かれて志望した場合、志望動機が分からないという方も少なくありません。志望動機を作るには、自己分析と企業研究、構成が大切です。このコラムでは、好印象な志望動機の作り方について、就活アドバイザーに聞いてみました。

志望動機を聞かれるのはなぜ?

企業は志望動機を通じて、「入社意欲の高さ」と「企業とのマッチ度」を知りたがっています。入社後に長く活躍できる人かどうかを見極めるためです。どれほど優秀な人材でも、意欲が低い人や企業の雰囲気や価値観と合わない人は、短期間で離職してしまう可能性が高いでしょう。
企業が志望動機を聞く理由をもっと詳しく知りたい人は、企業が志望動機を聞く理由や、志望動機の書き方のポイントをまとめたコラム「志望動機はなぜ聞くの?会社側の意図と書き方を知ろう」を参考にしてください。

入社意欲の高さを確認するため

入社意欲の高さは、志望度の高さともいえます。具体的には、その企業で働きたいというやる気や熱意、意欲などです。「その企業でなくてはならない理由」「入社したら活躍できる理由」などを志望動機に加えると、「ほかの企業ではなくこの企業で働きたがっている」という熱意を感じてもらえるでしょう。

企業とのマッチ度を確認するため

志望動機は、企業の価値観や雰囲気、方向性と合致しているかを確かめるものでもあります。高いスキルや立派な志望動機を持っていても、企業の社風や目指すものと異なれば、会社とミスマッチが生じてしまうでしょう。せっかく持っている能力を発揮できなかったり、早期離職につながったりする可能性も否めません。
マッチ度を伝えるためには「自分の強みを業務で発揮できる理由」や「自分と企業の価値観が一致している根拠」などを述べると効果的です。

「志望動機」と「転職のきっかけ」は別物

志望動機として、「もっとプライベートを充実させたい」「結婚を考えられるような収入が欲しい」といったことを考える人も多いでしょう。給与や休日といった条件面で就職や転職を考えることは悪いことではありません。就職・転職する目的が具体的な分、モチベーションを維持しやすいでしょう。しかし、これらは「就職や転職を考えるきっかけ」であり、「志望動機」ではありません。どちらも「応募したきっかけ」という意味では似ていますが、全く異なるものなので、区別して認識しましょう。

就職や転職のきっかけは、自分の夢や理想、叶えたいことをストレートに表現したものです。これらは、「年収400万円」「年間休日120日以上」といった条件に反映されることが多いでしょう。それを志望企業に伝えたところで、「その条件を満たせれば自社でなくても良いのでは?」という印象を与えてしまいます。
一方、志望動機とは「その企業ではなくてはならない理由」のことです。年収や休日日数などの条件を満たす企業の中でも、その企業に入社したい理由が志望動機といえます。
両者の違いを認識し、混同しないようにすることで、志望動機の作り方が見えてくるでしょう。

志望動機の作り方

それでは、実際に志望動機の作り方を4ステップで紹介していきます。志望動機を作るときの注意点も紹介するので、頭に入れておいてください。

ステップ1:自己分析を行う

志望動機の作り方の第一歩は、自己分析を通して自分の価値観を明らかにすることです。
自己分析とは、これまでの経験と得たスキルを振り返って、自分について詳しく知ることを指します。分析結果から、自分が持つ特徴や強み、価値観が分かるでしょう。これらは、先述の「入社意欲の高さ」や「企業とのマッチ度」の根拠になります。

自己分析の方法

自己分析のやり方に決まりはありませんが、代表的な方法を紹介します。

1.自分史(過去の経験を時系列にまとめたもの)を作成する
2.自分史の中から印象に残るエピソードをピックアップする
3.エピソードごとに取り組んだことや経緯、学んだことなどを掘り下げる
4.複数のエピソードに共通する部分を分析する

大切なのは、4の分析です。さまざまなエピソードから共通するポイントを紐解いていくと、自分の特徴や強み、価値観が分かってくるでしょう。これらは、志望動機を作るうえで重要なポイントになります。
自己分析については、「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」で詳しく説明しています。

ステップ2:企業研究も行う

企業の価値観を知るためには、企業研究が欠かせません。企業研究とは、志望企業の特徴を明らかにして自分との「マッチ度」を確認することです。ただし、企業研究は調べたりまとめたりして終わりではありません。企業の方針や考え方が分かったら、それについて自分なりの感想や意見を明らかにしておくことが大切です。

たとえば、「チームワークを大切にする社風に惹かれた」と言うよりも、「チームワークを大切にする社風は、長年サッカーを経験しチームプレイを大切にしてきた自分と重なる部分があり魅力を感じた」と言ったほうが志望動機に説得力があり、企業とマッチしていることをアピールできます。

企業研究の進め方は、「企業研究によって転職を成功させる方法を解説!情報の集め方も詳しく紹介」のコラムもご確認ください。

ステップ3:「この企業でなくてはならない」理由を探す

志望動機の作り方では、「この会社でなくてはならない理由」がポイントとなります。就職や転職のきっかけが「今より高い給料が欲しい」というものでも構わないというのは、先程述べたとおりです。しかし、それをストレートに伝えては「給与が高い会社ならどこでも良いのでは?」という印象を与えてしまいます。採用担当者や上司になるかもしれない人たちが「一緒に働きたい」とは思いづらいでしょう。
その企業にしかない魅力を伝えることで、「この会社に入社したい」という熱意を伝えられます。事業内容や経営理念、商品やサービスなど、その企業独自のものであれば何でも構いません。企業研究と自己分析を照らし合わせ、自分が魅力に感じるポイントをピックアップしてみましょう。

さらに、「入社後どのように会社に貢献するか」を具体的に述べるとより好印象になります。「新規事業に積極的にチャレンジしている社風に魅力を感じ、自分も失敗を恐れずに新しいことにどんどん挑戦していきたい」というように、志望動機に絡めて伝えられるとベターです。

ステップ4:入社後の意欲やキャリアプランを考える

志望動機では、入社後に活躍できそうなイメージを与えることも大切です。入社後の目標やイメージを伝えると、「責任を持って仕事に取り組んでくれそう」「成長意欲が高い」「長期的に活躍しそう」といった好印象を与えられます。
「御社は海外事業に力を入れているので、自分の留学経験や語学スキルを活かして現地の事業の発展に貢献できます。将来的には経営のスキルも身につけて、海外支社の経営や運営に携わりたいと考えます」と、将来についても前向きに述べましょう。

「学びたい」という姿勢は要注意

「御社で学びたい」「御社の教育制度に惹かれて」といった学ぶ姿勢を志望動機にするのはおすすめできません。「学びたい」は一見すると前向きな姿勢ですが、「受け身」「自ら動く意志が感じられない」と捉える企業もあるようです。
スキルアップに対する意欲を示すことは大切ですが、企業は学校のような学びの場ではありません。働くことに対する意欲を示し、業務の中でスキルアップを目指すことを伝えましょう。

志望動機を作るときの注意点

上記のステップを踏むことで、志望動機の内容がはっきりしてくるでしょう。最後に、履歴書に書いたり面接で述べたりするときの注意点を3つ紹介します。上記の作り方で集めた材料を活かせるよう、精査しておきましょう。

抽象的な表現は避ける

志望動機では、「経営理念に共感した」「社風が自分に合うと感じた」「活躍できると思う」など抽象的な表現を避けましょう。
抽象的で曖昧な表現は「なぜその企業を志望したのか」「なぜ競合他社ではいけないのか」の説明にならず、面接官を納得させることが難しくなります。
自己分析や企業研究の結果をもとに、「自分は人と打ち解けるのが得意だから、御社の新規開拓営業で活躍できる」「自分のものづくりを通して困っている人を助けたいという考え方が、御社の『技術で社会に貢献する』という経営理念と一致する」など、具体的に伝えることが大切です。

熱意を伝える

どれほど立派な言葉を並べても、熱意が伝わらなければ採用担当者の目には魅力的に映らないでしょう。良い印象になりそうな言葉を並べて心にもない志望動機を述べたところで、採用担当者は嘘であること、本気でないことを見抜いてしまいます。
履歴書や職務経歴書に記入する際は丁寧な字で書くこと、面接で話すときは面接官の目を見てはっきり堂々と話すことなど、志望動機の内容と矛盾しない姿勢を見せることも大切です。

話に一貫性がある

志望動機はもちろん、自己PRや長所・短所など履歴書や面接で披露するエピソードには一貫性が求められます。
嘘や適当に作った志望動機では、どこかで食い違うポイントが出てきてしまうでしょう。志望動機では「自分は主体性があるので若手も責任ある立場を担える御社に共感した」といっても、短所が「自己主張ができないこと」では、志望動機の説得力がなくなってしまいます。志望動機だけでなく、就職活動全体を通して一貫性のある言動を心掛けましょう。

志望動機の構成

ここでは、志望動機の構成を紹介します。上記で集めた材料も、伝わりやすい順序で説明しなければ、説得力がなくなってしまうもの。下記で2つの作り方を紹介するので、参考にしてください。

仕事の軸と企業の強みをアピールする

志望動機の作り方の1つは、「仕事の軸」と「企業の強み」を中心に構成する方法です。「仕事の軸」は自分の特徴、「企業の強み」は応募先企業の特徴のことなので、両者がマッチすることをアピールするのに効果的といえます。

1.「仕事の軸」

自己分析の結果から、自分が仕事に求めるものや重視するポイントを洗い出しましょう。「自分は仕事を通してどうなりたいのか」「自分の目的を達成できる仕事はなにか」「仕事を通じてどんなことを成し遂げたいのか」といった点に注目すると決めやすくなります。

2.「企業の強み」

企業研究の結果から、その企業ならではの強みを明らかにしてください。同じ業界でも「売上トップ」「海外シェア1位」「新規事業の開拓に積極的」など特徴は異なるものです。業績だけでなく社風や経営理念なども企業の強みとなります。さまざまな視点から、企業の強みを探してみてください。

#3.「仕事の軸」と「企業の強み」の合致点を考える

自分の仕事の軸と企業の強みが明らかになったら、それらが合致する内容を考えましょう。自分の特徴と企業と特徴が重なった部分が、志望動機となります。
たとえば、仕事の軸が「業務を通じて世界的に活躍する」なら、海外進出に積極的な企業や、海外に多くの拠点を持つ企業がマッチしているといえるでしょう。
「35歳までに責任者になる」という軸なら、「若手にチャンスを与える」「新規事業に積極的」といった企業が合致します。

自分の特徴と企業の特徴が合致することをアピールできるので、長く活躍できること、高いモチベーションをもって仕事に取り組むことなどを印象付けられるでしょう。

PREP法

Point(結論)、Reason(理由)、Example(例)、Point(結論)の頭文字を取った文章構成の方法を、PREP法といいます。これは、志望動機の作り方としても主張を分かりやすく伝えるために効果的です。

1.【結論】志望理由

最初に結論を述べて、面接官に確実に志望動機を伝えましょう。結論が分からない状態で話をしても、相手の理解を得ることは難しいもの。「子どもに夢を与える事業内容に共感したため志望しました」といった具合に述べます。最初に結論から伝えることでインパクトを与え、論理的思考ができるというアピールにもなるでしょう。

2.【理由】結論の根拠となるエピソード

次に、結論に対する理由付けとして根拠となるエピソードを述べます。最初の結論で自分の価値観とマッチしたことを述べているので、「なぜマッチしていると判断したのか」を説明しましょう。
また、エピソードを述べるときは相手が理解しやすいよう数字を用いることがおすすめです。「売上を前年比▲%アップさせた」「顧客数を▲人増やした」など、具体的な例を取り入れてみてください。

3.【例】自分の強みを会社でどう活用できるか

志望動機と根拠を述べたら、「自分の強みを活用できるポイント」について説明しましょう。内容は結論の根拠となるエピソードからつなげます。「売上を前年比▲%アップさせた」というエピソードなら、「前職の経験を活かし、御社でも顧客の特徴に適したマーケティングを行って売上げアップに貢献します」というように、強みの活用方法を述べましょう。

4.【結論】まとめ

最後のまとめとして、改めて入社意欲を伝えるのが効果的です。多くの企業はスキルだけでなく「仕事に対する熱意」「入社意欲」も重視しています。入社できたら何をしたいのか、どのようなキャリアを目指すのかを具体的に述べ、志望動機をまとめましょう。

面接で志望動機に関する質問をされたら

面接では志望動機を述べるだけでなく、さらに深堀りする質問をされることも考えられます。ここでは、よく聞かれる質問と回答のポイントを紹介するので、面接対策に役立ててください。

業界を志望した理由は?

企業だけでなく、業界への志望動機を問われることも多いようです。この質問は、業界への理解度や仕事への本気度を確認する意図があります。
回答例としては、「その業界でしかできないこと」「自分のスキルや特徴を業界で活かせること」「会社単位ではなく、業界単位で成し遂げたいこと」などを盛り込むのが有効です。競合他社や業界全体への理解も大切になるので、業界研究を行うのも効果的でしょう。

将来のキャリアプランを教えてください

将来について聞かれたら、志望先の企業で働く自分をイメージして回答しましょう。企業研究で得た情報をもとに、その企業のキャリア制度を例に出すのも好印象です。志望動機と関連した内容を答えるようにしましょう。
「前職では若手育成に関わり、コーチングのスキルを身につけました。今後はコーチングスキルを活かして人材開発にチャレンジしたいです。また、将来的には人材採用や新人教育にも携わりたいと考えています。」というように、これまでに得たスキルを述べたうえでキャリア展望を述べると、説得力が増します。

ほかに受けている企業はありますか?

この質問の意図は、内定を出すタイミングをはかったり、志望度を確認したりすることです。ほかに受けている企業がなければ「御社だけです」と回答すれば問題ありません。
ほかにも受けている企業があるなら、「御社と同じ飲食業を行っている企業を2社受けています」のように、志望先に一貫性があることを伝えるのがポイントです。
「御社と同じ飲食業を中心に、人材やIT系も受けています」といった回答では、企業選びに一貫性を感じられず、イメージダウンにつながる可能性があります。
業種は異なっても共通点がある場合は、「業種はさまざまですが、いずれも若手にチャンスがあるベンチャー企業を4社受けています」など、共通点があることを伝えましょう。

志望動機の例文を紹介

ここからは、志望動機の例文を紹介します。ポイントを踏まえつつ紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

営業職の志望動機例文

私はお客さまの生活には欠かせない貴社の商品を広めたく、貴社を志望いたしました。

私はこれまで一般事務として3年間従事してきました。毎日のデスクワークの中でひどい腰痛に悩まされていたのですが、そんなときに出会ったのが貴社の腰痛改善枕です。こちらの商品を試してから、それまでひどかった腰痛が嘘のように消え、非常に快適なデスクワークができました。デスクワークならではの疲労を解決してくれる貴社の商品を、より多くの人に知ってもらい、多くの人の体の不調を改善できる手助けをできればと考えております。

また、私は事務職を通じてロジカルに物事を考えるスキルが身につきました。たとえば、書類やシステム上で何かトラブルが起きた場合、順序立てて解決することで早期的な解決に近づきます。これは営業職でもお客さまのニーズを把握し、論理的に商品を訴求することで、契約数を増やすのに活かせると考えております。

貴社に入社したからには、貴社の商品を一人でも多くの人に知ってもらえるよう、尽力していきたいと思っております。

この例文では、先程紹介したPREP法を採用しています。
志望動機の例文をもっと知りたい人は、志望動機の書き方と例文を解説した「履歴書の志望動機欄!書き方のポイント」のコラムも参考にしてください。

「志望動機の作り方が分からない」「志望動機を誰かにチェックしてほしい」という人は、ぜひ就職エージェントのハタラクティブまでご相談ください。
ハタラクティブでは、採用担当者の目線を持った就職アドバイザーが、就活を全面的に支援しています。求人を紹介するだけでなく、書類の書き方を指導し、添削も行っています。さらに、企業の特徴に合わせて面接対策も実施しているので、一人で就活をするよりスムーズに進めることが可能です。
自己分析や企業研究など、企業選びの基本もしっかりとアドバイス。無料で利用できるサービスなので、就職活動にお悩みならぜひ1度お問い合わせください。

面接の志望動機に関するお悩みQ&A

最後に、志望動機に関してよくある疑問をQ&A方式でまとめました。

志望動機を聞かれなかったのですが…

企業によって面接の設問は異なるので、時間不足を理由に聞かれないことも。雑談スタイルの面接や、書類で確認するだけ、対策しやすい一般的な質問を避け応募者の本音を聞き出す企業も。志望動機を聞かれなくても不採用ではありません。しかし、志望動機を準備しておいて損はないので「志望動機が合否を決める!効果的な面接対策の方法とは?」のコラムも参考に用意しておきましょう。

面接と履歴書で同じ志望動機を答えても良いの?

伝える内容は同じで問題ありません。むしろ違うことを述べてしまうと、「内容を覚えていない」「一貫性がない」などマイナスイメージになる可能性があります。ただし、全く同じ内容を述べれば「暗記しているだけ」「意欲が見られない」と判断されることも。同じ内容を自分の言葉で意欲を持って答えるのが理想です。面接では、履歴書の枠では説明しきれなかったことや、一歩踏み込んだ内容を補足するよう意識してください。

未経験の仕事はどうアピールしますか?

仕事に対する理解度と志望のきっかけを伝えましょう。未経験者の採用では「仕事に取り組む姿勢」「業務の理解度」「興味を持ったきっかけ」が重視されます。一方「未経験だから理想との違いから早期離職しないか」という懸念もあるもの。意欲をアピールして不安を払拭しましょう。未経験の仕事の志望動機については、「志望動機の作り方!未経験の仕事に応募する際の書き方や例文もご紹介」のコラムで確認できます。

志望度合いを聞かれたら、「第一志望」と答えるべきですか?

第一志望企業であれば、素直に伝えましょう。そうでない企業の場合は「ほかの企業と迷っているが第一志望郡ではある」といった回答をするのが無難。ただし、最終選考に近づくほど志望度は重視される傾向があります。同レベルの応募者がいた場合、より志望意欲の高い人を採用するためです。選考の後半で志望度合いを問われたら、志望度が高いことはアピールしておきましょう。

志望動機の内容に不安があります。

作成した志望動機に不安がある場合は、第三者にチェックしてもらうのがおすすめ。家族や友人に読んでもらい、内容の分かりやすさや誤字脱字を確認してもらいましょう。「知り合いに見せるのに抵抗がある」「プロに添削してほしい」という場合は、ハタラクティブにご相談ください。経験豊富な就活アドバイザーが、丁寧に添削いたします。
 

関連タグ

  • arrow