1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 本音を言うのはマナー違反?転職理由の伝え方を教えます

本音を言うのはマナー違反?転職理由の伝え方を教えます

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・本音の転職理由に挙げられるものの多くは人間関係や職場環境、待遇などへの不満であることが多いが、それをそのまま伝える人は少ない
    ・辞める会社に不満と捉えられる退職理由を伝えてしまうと、辞めるまでの期間働きづらくなったり、待遇改善を提案されて辞めづらくなったりすることがある
    ・転職を希望する企業の面接で退職理由を聞かれるのは、応募者の仕事に対する考え方や、すぐに辞めてしまう人でないかを知りたいから
    ・ネガティブな理由を伝えてしまうと、組織への適応能力がない人という印象を持たれる可能性がある
    ・伝え方を工夫し、前職への不満ではなく、今後の働き方に期待されるような転職理由にしよう

会社を辞めるとき、転職活動をするとき、必ず聞かれるのがその理由。
ポジティブなものばかりではなく、ネガティブな理由で転職を考える人も少なくないようです。職場への不満などが転職のきっかけだった場合、本当の理由を伝えてもいいのか、迷う人もいるのではないでしょうか。
このコラムでは、転職理由の本音と、その伝え方についてまとめています。転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

◆本音の転職理由はこれ!

転職を考える人が胸に秘める本音の辞めたい理由は、以下のようなネガティブなものが多いようです。

・上司と合わない
・残業が多い
・給与、待遇に不満がある
・職場の雰囲気が嫌だ

上司が気分屋で働きにくい。毎日のように残業をしないといけないほどの業務量で疲れやストレスが解消できない。
給与が低く、残業をしないと生活できない。業績を上げている自分よりも、上司と仲がいい同僚の方が評価されている。
常に誰かの陰口が聞こえる。派閥がある。

どこで働いていてもある程度の不満はあるのかもしれませんが、それが自分にとって耐えられないものであれば、会社を辞めて違う環境で働きたいと考えても不思議ではありません。
しかし、会社を辞める際や転職活動でその不満をそのまま伝えてしまうのはリスクが高い行為です。
事実と異なる理由を考える必要はありませんが、「本音とタテマエ」という言葉があるように、伝え方を工夫したり前向きな理由を強調する方が、結果的に自分にとって良い結果となるのではないでしょうか。


◆会社を辞める時は何と言う?

会社を辞めるには、まずは直属の上司に辞めたいという意思を伝えなければなりません。しかし、前項でお伝えしたように、ネガティブな理由をそのまま伝えるのは自分にとっても良い結果とならないでしょう。
一般的には、辞めると伝えてからも少なくとも2週間~1ヶ月はその職場で働くことになるため、ネガティブな理由によって上司を不快にさせてしまうと、辞めるまでの期間に居心地の悪い思いをするかもしれません。
また、伝えた理由によっては「改善するから」と引き止めに合い、退職しにくくなる可能性もあります。

円満退職を目指すのであれば、会社への批判と捉えられるような理由は避けるべきです。
「どうしてもチャレンジしたい仕事がある」「違う業界で自分のスキルを活かしたい」など、会社の不満ではなく、今の会社では実現できない前向きな理由を伝えるのがスムーズに転職をするポイントとなります。


◆面接での退職理由の答え方

転職を希望する会社の面接でも、ほとんどの場合退職理由を聞かれることになりますが、その際もネガティブな退職理由を伝えてしまうと良い印象を与えられないでしょう。

企業は応募者の退職理由を通して、その人が仕事をする上でなにを大切にしているか、業務に支障をきたすような問題を抱えていないか、すぐに辞めてしまわないかなどを知りたいと考えています。

応募者が退職理由として「職場の人間関係が悪い」「残業が多くて休みが取れない」などネガティブな理由を伝えたとします。実際に、上司や同僚に問題があったり、業務が多すぎて残業をせざるを得なかったりという事実があったとしても、事情を知らない企業には、それがどれほどのものなのかを知ることはできません。
逆に、応募者に組織に適応する能力がないのではないか、採用してもすぐに退職してしまうかもしれないといった印象を持たれてしまう可能性があります。

このときに大切なのが、ネガティブな理由をポジティブに変換すること。
もしも退職理由が「前職は派遣社員で給与が低かったから」であったならば「今後は正社員となって主体的に仕事に取り組みたいと考えたから」といったポジティブな理由に言い換えて、前職への不満ではなく、これから実現したいこととして伝えましょう。
同じ理由でも伝え方を工夫するだけで採用する企業の不安を払拭し、「辞めてしまうかもしれない人」ではなく「今後活躍してくれそうな人」という印象を残すことができます。

今回は、転職理由の伝え方をまとめましたが、いかがでしたか?
「転職したい」と思う理由には、スキルアップなどのポジティブなものだけではなく、不満などのネガティブなものがあるのは不思議なことではありません。
しかし、今の職場を辞めたいという気持ちだけで行う転職活動では、次の会社でも同じような状況になってしまう可能性があります。
新しい会社でどんな仕事をしたいか、どんな環境で働きたいかといったポジティブな面を考え、失敗しない転職を目指しましょう。

自分にどんな会社や仕事が合っているのか分からないという方や、一人で行う転職に不安があるという方は、ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは20代を中心とした若年層の就職、転職を支援する転職エージェントです。
マンツーマンのカウンセリングで現在の職場を辞めたい理由やどんな職場で働きたいかなどを伺い、一人ひとりに合った求人をご提案。書類作成や面接対策はもちろん、内定後のフォローまで完全サポートで理想の転職を実現するお手伝いをします。
転職するべきか迷っているという方も、ハタラクティブにお気軽にお問い合わせください。

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

正社員経験がなくても大丈夫!

未経験OKの求人も多くあるため、あなたにぴったりな仕事が見つかります!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    仕事を辞める理由は本音で伝えるべき?退職理由の伝え方

  • image

    スキルアップを転職理由にするときの注意点やコツ

  • image

    転職理由はポジティブに!相手が好感を抱く伝え方

  • image

    退職理由を面接で聞かれたときのおすすめ返答集

  • image

    人間関係が原因で退職…転職理由はどう伝える?

  • image

    波風の立たない転職を…退職理由はどう伝えるべき?

  • image

    転職理由の例文をケース別にご紹介!伝え方のコツを押さえよう

  • image

    退職理由の伝え方は?退職願の書き方サンプルや転職時の面接の答え方も紹介

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?