仕事をする上で大切なことを見つけよう!面接で聞かれる理由と回答例を紹介

仕事をする上で大切なことを見つけよう!面接で聞かれる理由と回答例を紹介の画像

この記事のまとめ

  • 仕事をする上で大切なことには「良好な人間関係の構築」と「社会への寄与」がある
  • 企業が「仕事をする上で大切なこと」を聞く意図は、応募者の思考や適性を知るため
  • 仕事をする上で大切なことは、自分の強みや過去の経験から掘り下げると良い
  • 仕事をする上で大切なことは、「結論→裏付け→展望」の構成で伝えるのがおすすめ
  • 仕事をする上で大切なことは、ポジティブな言葉を使って回答しよう

面接で「仕事をする上で大切なこと」を聞かれた際の回答にお悩みの方もいるのではないでしょうか。「仕事をする上で大切なこと」は、応募先で活かせる自分の強みや過去の経験から掘り下げるのがおすすめです。また、面接官への伝え方も工夫したほうが良いでしょう。
このコラムでは、面接で「仕事をする上で大切なこと」を聞かれる理由や回答のコツなどを解説します。おすすめの回答例も紹介しているので、ぜひご一読ください。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

仕事をする上で大切なこととは?

仕事をする上で特に大切なこととは、「良好な人間関係の構築」と「社会への寄与」といえるでしょう。仕事に対する考え方は人それぞれで、一つには括れません。しかし、会社という組織に属して仕事をする上では、周囲と信頼関係を結び、社会に貢献できるよう努力する姿勢が求められます。
仕事に対する考え方については、「「仕事観」とは?自分と向き合って価値観を見つめ直そう」もあわせてご参照ください。

面接で「仕事をする上で大切なこと」を聞く意図は?

面接で企業が「仕事をする上で大切なこと」を聞く意図は、応募者の「仕事に対する姿勢」や「自社との相性度」を知るためと考えられます。それぞれの詳細を以下で確認しておきましょう。

仕事に対する姿勢を知るため

企業は「仕事をする上で大切なこと」への回答を通して、応募者の仕事に対する意欲や決意を確認しようとしています。仕事へのモチベーションが高い応募者なら、積極的に業務をこなして入社後の活躍を期待できるからです。

自社との相性を見極めるため

企業が「仕事をする上で大切なこと」を聞くのには、応募者が自社の社風や業務方針に合っているかどうかを見極める意図もあります。企業側は、これまで自社で活躍してきた社員の仕事に対する姿勢や考え方の傾向を、ある程度把握しているものです。それらのデータと応募者の回答を照合し、自社と応募者との相性を見極める材料の一つにしていると考えられるでしょう。

「コミュニケーション力」と「責任感」があるかどうか
面接では、円滑な人間関係を構築し、仕事における自分の責任を果たす能力があることを面接官にアピールすることが大切です。企業は職場に適応して企業利益に貢献できる人材を求めています。そのため、就活では「コミュニケーション力」と「責任感」があるかどうかが重要視されるといえるでしょう。
企業が仕事に対する考え方を聞く意図を知りたい方は、「面接で「仕事とは何か」を聞く意図とは?上手な回答法を紹介」もあわせてご参照ください。

仕事をする上で大切なことを掘り下げよう

ここでは、仕事をする上で大切なことを掘り下げる方法をご紹介します。面接官が納得する回答ができるよう、自分の仕事に対する考え方をクリアにしておきましょう。

応募先で活かせる強みから掘り下げる

「仕事をする上で大切なこと」は、応募先で活かせる自分の強みから掘り下げるのがおすすめです。
企業の事業や特色をしっかりと把握し、その中で自分がどのように貢献できるかを考えてみましょう。また、応募先企業の今後の展開にも目を向けることが大切です。将来を見据えた上で仕事における自分の在り方を明確にすれば、より深みのある回答を導き出せます。
自分の強みを見つける方法については、「自分の強みを見つける方法と面接時の伝え方を探ろう!」をぜひ参考にしてください。

過去の経験から洗い出す

過去の経験から洗い出すのも、仕事をする上で大切なことを掘り下げる方法の一つです。
バイトや部活、課外活動といった組織での経験を振り返り、その中で自分が「大切にしてきたこと」や「大切にすべきだと思ったこと」を言語化しましょう。具体的な経験に基づく姿勢や気づきから考えていけば、「仕事をする上での大切なこと」が見えやすくなるはずです。過去の挫折や成功体験を思い返し、自分がどのように課題を克服してきたか、どうやって目的を達成してきたかを深堀りしてください。

仕事をする上で大切なことをうまく伝えるコツ

「仕事をする上で大切なこと」をうまく伝えるには、構成の組み方と言葉の使い方を工夫する必要があります。下記で伝え方のコツを掴み、面接官の心に響く回答を目指しましょう。

「結論→裏付け→展望」で構成する

面接で「仕事をする上で大切なこと」を聞かれたら、まずは結論から述べましょう。続けて、結論を裏付ける根拠を示し、最後は将来的なビジョンで締める構成がおすすめです。
最初に結論を持ってくることで、面接官が話の要点を理解しやすくなります。回答に説得力を持たせられるよう、具体的なエピソードとともに根拠を掲示してください。さらに、仕事における自身の展望を伝えれば、仕事への前向きな意欲や姿勢が伝わりやすくなるでしょう。

エピソードは些細な内容でOK
回答を裏付けるために用いるエピソードは、些細な内容で問題ありません。企業は応募者の人柄を知りたいと考えているため、一見地味で些細な経験に思えても、自分の実体験に基づいて導き出した答えを伝えることが大切です。

ポジティブな言葉を使う

「仕事をする上で大切なこと」を答える際は、ポジティブな言葉を使うよう意識しましょう。自信のなさやネガティブな思考は、表情や振る舞いを通して面接官に伝わるものです。そうなれば、印象を下げる恐れがあります。前述したように、企業は応募者の人柄や自社への適性を見極めるために「仕事をする上での大切なこと」を質問するのであり、華麗な経歴や立派な考え方を聞きたい訳ではありません。前向きな言葉を使い、自信を持って回答するようにしましょう。
仕事に対する考え方を回答するコツや注意点については、「どんな仕事をしたいか面接で聞かれたら?回答の仕方とポイント」もあわせてご覧ください。

仕事をする上で大切なことのおすすめ回答例6選

ここでは、「仕事をする上で大切なこと」を聞かれた際の回答例をまとめました。以下の例文を参考にしながら、自分の人柄や意欲が伝わる回答を作成しましょう。

1.チームワーク

私にとって仕事をする上で大切なことは、チームワークです。
私が大学で所属していたバスケットボール部では、大会成績が伸び悩んでいたときがありました。そこで、私は練習後に数名ずつでグループになり、お互いのプレーに対する意見交換を行うことを提案。また、その中で課題が見つかれば全体ミーティングで共有し、全員が当事者になって改善点を探るチーム作りを目指しました。その結果、各部員のスキルが上がり、試合中の掛け声も増え、関東大会では準優勝の成績を収められました。
私はこのような経験から、チームワークは仕事をする上で大切であると考えます。御社においても、周囲とこまめに意思疎通を図って協力し合える関係性を築き、より高い成果を上げたい所存です。

2.信頼関係

私は仕事をする上で大切なことは、信頼関係であると思っています。
学生時代にデイサービスでボランティアをしていた際も、社員や利用者の方たちと信頼関係を築けるよう努めました。利用者さまの気持ちを少しでも汲むために会話では傾聴を意識し、現場で気付いたことや分からないことがあったときには、すぐ社員の方に報告することを心掛けました。また、4年間週に4日のペースで通っていましたが、遅刻や欠席もしたことがありません。結果的に、社員や利用者の方に頼ってもらえる場面が増え、ボランティアを辞める折りには、管理職の方から就職の打診も頂けて感謝しております。
この経験から、周囲と信頼関係を築くことは、良質な仕事や業務の円滑化に繋がるとともに、会社や社会全体への寄与にも結び付くと感じました。御社においても、周囲との信頼関係構築に努め、会社の発展に貢献したいです。

3.臨機応変な対応力

私にとって仕事をする上で大切なことは、臨機応変な対応力です。
前職ではコールセンターの仕事をしていましたが、お客さまとのやり取りはマニュアルどおりにいかないことが多々あります。私は会話の展開がマニュアルから逸れてしまうときは、マニュアルに固執せず、お客さまの声に耳を傾けるよう心掛けていました。そうすることで、お客さまの気持ちやニーズをより把握できるようになり、サービス向上やアポイントの成功率上昇に繋がったと思います。結果として、お客さまの満足度ランキングで3ヶ月間連続トップの成績を残せました。
御社におきましても、柔軟な対応力を活かして顧客のニーズを満たし、売上に貢献したいと考えております。

4.向上心・モチベーションの維持

私にとって仕事をする上で大切なこととは、向上心やモチベーションの維持です。
向上心やモチベーションの喪失は、自己の成長を止めることに繋がり、ひいては仕事の質を下げる可能性があると考えております。
前職の販売員では、お客さまの笑顔や感謝の言葉をやりがいに、ブランドや売り物、接客スキルについて勉強しました。より豊富な知識や適切なスキルを身につけることで、お客さまのニーズに沿ったご提案ができると、仕事をする中で気づいたからです。結果的に、指名して来店してくださるお客さまが増え、お店の売り上げアップに貢献できました。
御社におきましても、仕事への向上心とモチベーションを維持しながら、より良いサービスの追求に努めて会社の成長に寄与したいです。

5.貢献意欲

私は仕事をする上で大切なこととは、貢献意欲であると考えております。
学生時代にアルバイトをしていたレストランは、客の入りが悪く経営状態が芳しくありませんでした。私は店長や他スタッフの役に立ちたいと思い、集客のきっかけにするべく、レストランで小規模な演奏会を企画する旨の了承を取りました。通常業務と並行しながら、演奏者の手配やステージ作り、案内のチラシ配りなどを担当。演奏会は大盛況に終わり、演奏会に参加したお客さまの口コミを通じて来店する方も増え、店長に大変喜ばれました。
「誰かの役に立ちたい、期待に応えたい」といった貢献意欲は、仕事をする上での原動力になり得ます。御社においても、仕事で成果を上げられるよう、顧客や会社への貢献意欲を活力にして頑張りたいです。

6.思いやり

私は仕事をする上で大切なことは、思いやりだと考えています。
私がそのことを実感したのは、大学時代のアルバイト先で、お客さまから直接クレームを受けたスタッフがとても落ち込んでいたときです。私がそのスタッフに声を掛けて話を聞いたところ、「話を聞いてもらえて元気が出た」と感謝され、その後はお互いに何かあれば仕事でサポートし合える関係になれました。信頼できる仲間がいることで、仕事に対してもモチベーション高く取り組めたと思っています。
私はこの経験から、他者の気持ちに寄り添って行動することは、チームの絆を強めたり、やる気を高めたりする効果があると感じました。御社におきましても、思いやりの気持ちを忘れず、周囲と協力し合って成果を出していきたいです。

「仕事をする上で大切なこと」で自分をアピールしよう

企業は「仕事をする上で大切なこと」を質問することで、応募者の思考や自社への適性を確認しています。そのため、回答次第では面接官に自分をアピールできるでしょう。あらかじめ回答を準備しておけば、本番で聞かれた際に焦らなくて済むはずです。面接官に伝わりやすい回答を作成して、内定獲得を目指しましょう。

「仕事をする上で大切なことが見つからない」「面接での受け答えが不安で仕方ない」という方は、ハタラクティブを利用してみませんか?
ハタラクティブは、20代を中心とした既卒・第二新卒・フリーターなどの就職活動を支援する就職・転職エージェントです。
ハタラクティブでは、一人ひとりの悩みや適性に合った仕事をご紹介しています。経験豊富な就活アドバイザーがマンツーマンでサポートするため、1人での就職活動に不安がある方におすすめです。「仕事をする上で大切なこと」を見つけるコツや、面接での効果的な答え方もアドバイスいたします。サービスはすべて無料のため、ぜひ一度ハタラクティブへご相談ください。

「仕事をする上で大切なこと」を聞かれた際のお悩みQ&A

ここでは、就活の面接で「仕事をする上で大切なこと」を質問された場合のお悩みをQ&A方式で解決していきます。

仕事をする上で大切なことは?

仕事をする上で大切なこととしては、「良好な人間関係の構築」や「社会への寄与」などが挙げられます。人と関わりを持ち、社会や勤め先企業への貢献を意識しながら働くことは、仕事をする上で欠かせないでしょう。仕事に対する考え方については、「働く意義って何だろう?働きがいのある会社を見つけるには」もぜひ参考にしてみてください。

 

面接で「仕事をする上で大切なこと」を聞くのはなぜ?

面接で企業が「仕事をする上で大切なこと」を聞くのには、応募者の仕事に対する姿勢や自社とのマッチ度を確認する意図があると考えられます。自分の人柄や強み、仕事への意欲が伝わる回答を意識すると良いでしょう。詳細は、このコラムの「面接で「仕事をする上で大切なこと」を聞く意図は?」をご覧ください。

 

仕事をする上で大切なことが見つかりません…

仕事をする上で大切なことが見つからないときは、応募先企業で活かせる自分の強みやこれまでに経験した挫折・成功体験から導き出す方法がおすすめです。そのためには、まず自分自身について理解を深める必要があるでしょう。「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」では、自己分析のやり方を詳しく紹介しているので、ご参照ください。

 

仕事をする上で大切なことを上手にアピールしたい!

仕事をする上で大切なことを答える際は、面接官に伝わりやすい構成にすることが重要です。結論を最初に述べ、その後に具体的な根拠や将来の展望を示してください。また、仕事への意欲をアピールするためにも、ポジティブな言葉を意識して使うようにしましょう。

ハタラクティブでは、経験豊富な就活アドバイザーがマンツーマンで面接対策を行っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

関連タグ

  • arrow