1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 「仕事観」とは?自分の価値観を見つめ直してみよう

「仕事観」とは?自分の価値観を見つめ直してみよう

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・「仕事観」とは、仕事の意義や価値付け、目的など、仕事に対する考え方を指す
    ・会社とのミスマッチを防ぐため、面接で「あなたにとって仕事とはなんですか?」などと聞かれる
    ・会社としては、その人がどんな人物なのか、どんな考えを持っているのかを知ろうとしている
    ・仕事に対してプラス面を見いだせているかどうか、仕事に対する現実的な部分を理解しているかどうかがポイント

「仕事観」という言葉を聞いたことはありますか?
就職活動の中、面接で質問されたことがあるという人も多いのではないでしょうか。
ここでは、仕事観について考えていきたいと思います。

◆就活における「仕事観」とは

そもそも仕事観とは何でしょうか?

仕事観とは、仕事の意義や価値付け、目的など、仕事に対する考え方です。
経験などによって仕事観は変化していく傾向があり、目標やキャリアパスによっても考え方は変わっていくといわれています。

主に面接で仕事観を尋ねられることが多く、「あなたにとって仕事とはなんですか」といった質問が投げかけられます。
仕事観は「働く上で何を軸としているのか」ということなので、十分に自己分析を行って対策しておくことをおすすめします。

では、なぜ面接で仕事観を聞かれることが多いのでしょうか。
企業側としての意図を考えてみましょう。

・仕事における価値観を知りたい

その人物の人柄を知りたい、考えを聞きたいという意図があるようです。
まず「仕事とは何なのか」を考えたとき、その仕事を行うのは自分自身だという自覚があるかどうかが重要になってきます。
決して「会社に使われている」などの考えではなく、自分の意志で「◯◯のために働いている」と思う気持ちが必要です。
それは、この仕事観があいまいだと、長く働くうちに「自分は一体なんのために働いているのだろう」という思うようになり、仕事に対して意欲を失ってしまうと考えられているからです。

・その価値観が社風と一致するかどうか

会社によって社風や企業理念、求めるスキル、理想の人物像などは異なります。
そのため、会社側ではミスマッチを防ぐための質問としてこの「仕事観」を聞くことが多いようです。
例えば、保守的なインフラ企業などに応募した際に「仕事においてチャレンジが大事」と言ってしまうと、価値観そのものは間違っていないとしてもその企業ではミスマッチだと判断されてしまうでしょう。
その会社ではどのような人物が活躍していいるのかを、企業研究の際に調べておくといいかもしれません。

価値観は人によって様々であるため、正解などはありません。
しかし、就職したいからといって本心ではないことを言ってしまうと、後でその企業と合わない点が出てくる可能性があります。
面接の質問に答えるためだけに自分の価値観を考えるだけでなく、しっかり自分の心と向き合って考えることが後々重要になってくるでしょう。

次は、自分の心と向き合って仕事観を考えてみましょう。

◆就活時の仕事観の例

趣味のため、お金のため…という価値観はもちろん誰にでもあるでしょう。
しかし企業側は、向上心や将来性が感じられる意見を聞きたいというのがほとんど。
そのため「趣味のため」「お金のため」といった理由だけはあまりいい印象は持たれないようです。

<回答例>

・「生活するための収入を得ながら、さらに能力を活かして社会に貢献したいです」
・「社会貢献をしながら、他者を幸せにしたいです」
・「仕事では、単に収入を得るためだけでなく、自己成長にも繋げたいです」
・「お客さまに笑顔になってもらうことが私の幸せでもあります」
・「新しい知識や技術、経験、出会いなど、自分の財産になるものばかりです」

「生活するための収入を得ながら、さらに能力を活かして社会に貢献したい」という例は、「生活するため」などの現実的な部分を入れつつも、働くことを前向きに捉えていることを伝えられています。このように仕事に対してプラスの姿勢を持っていることをアピールするといいでしょう。
「回答例」はあくまで一例です。ありがちな回答を言うよりも、自分の気持ちとしっかり向き合って考えて回答したほうが企業とのミスマッチを防げるのではないでしょうか。

<回答のポイント>

・仕事に対するプラス面を見いだせているかどうか
・仕事の厳しさや現実的な部分を理解しているかどうか

面接官から「この人は仕事に対してしっかり理解しているな」と思ってもらえるかどうかがポイントになるようです。

◆十分な自己分析が面接成功のポイント

面接で良く尋ねられる質問にしっかり答えるには、仕事観や自己PRなどの十分な自己分析が肝心となってきます。
とはいっても、いきなり一人では十分に行おうとしても難しい部分があります。
そんなときは、転職エージェントなどのプロに相談してみましょう。
ハタラクティブでは、カウンセリングサービスが無料で利用可能です。自己分析などのサポートも行っています。
就職・転職活動で不安な点や分からないことがあれば、ぜひお気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    あなたにとって仕事とは?と聞かれた時の対処法

  • image

    面接で「あなたにとって仕事とは?」と聞く意図とは?

  • image

    仕事は楽が一番?適職を見つける仕事観

  • image

    仕事におけるやりがいとは?自分の価値観を見つけよう

  • image

    社会ではプロ意識を持つことが大切?

  • image

    適職ってどんな仕事?自分に向いている仕事の見つけ方

  • image

    「仕事とは何か」と聞かれたらどう答える?面接や作文で印象アップするコツ

  • image

    20代は仕事についてどう考えているのか?

  • image

    アン ミカの仕事哲学−人生に「失敗」という文字はない、「失敗」は学びと発見−

  • image

    「楽しい仕事」とは?男性と女性それぞれの人気職種を紹介!

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?