「あなたにとって仕事とは」と面接で聞かれたら?回答の注意点や例文をご紹介

「あなたにとって仕事とは」と面接で聞かれたら?回答の注意点や例文をご紹介の画像

この記事のまとめ

  • あなたにとって仕事とは?と聞く企業の意図は応募者の価値観を知るため
  • あなたにとって仕事とは?の回答では「お金のため」といったネガティブな表現を避ける
  • 企業に好印象を与える答え方のポイントは、最初に結論から述べること
  • あなたにとって仕事とは?の回答が、企業の経営理念や戦略に合っていることが大事
  • 仕事観を語る際は、実体験を交えて根拠を説明すると説得力が増す

「あなたにとって仕事とは?」と面接で質問された際に、どのように答えるのが適切なのか悩んでいる方は多いのではないでしょうか。好印象を持ってもらう回答をするためには、仕事に対する自分なりの価値観を明確にしたうえで、結論から述べることが大切です。このコラムでは、面接官が「あなたにとって仕事とは」と聞く意図や回答を作るときのコツを解説。例文も紹介しているので、回答を考える際の参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

面接官が「あなたにとって仕事とは?」と聞く意図

面接官が「あなたにとって仕事とは?」と聞く意図は、応募者の「仕事観」「会社とのマッチング」「仕事への意欲」を見極めるためです。質問の意図にそぐわない回答をしてしまうと、悪い評価に繋がる恐れがあります。
ここでは、面接官が「あなたにとって仕事とは?」と聞く意図について詳しく解説していますので、回答を作成するにあたって以下の内容を把握しておきましょう。

応募者の仕事に対する価値観を知るため

企業は「あなたにとって仕事とは?」と聞くことで、応募者の仕事に対する向き合い方や働くうえで重視していることを知ろうとしています。応募者が仕事に求めるものは「プライベートを大切にしながら働きたい」「自分の成長を実感したい」「能力を活かした仕事がしたい」など、人によって異なります。
面接官は「あなたにとって仕事とは?」という質問の回答から応募者が「仕事に対してどのような価値観を持っているか」を知り、その人が入社後にどのように仕事に取り組んでくれるのか、周囲と良い関係を築いていけそうかとなどの本質を探ろうとしています。

公務員試験では公務員への適性をチェックされる

公務員試験の面接で「あなたにとって仕事とは」と面接官が聞く意図は、公務員への適性をチェックするためと考えられます。「地域に貢献したい」「住民の役に立ちたい」といった回答なら、公務員に向いていると評価されるでしょう。公務員に向いている人の特徴については「公務員に転職したい!応募条件や成功のポイントを解説」をご覧ください。

応募者の仕事観が社風とマッチするか確認するため

面接官は「あなたにとって仕事とは?」という質問の回答で、応募者の仕事に対する価値観が、企業が掲げる理念や社風といった価値観にマッチするかを見極めようとしています。前述のとおり、仕事観は人によって異なるため、応募者がどのようなバックグラウンドを持っているか、どのような考えで就活に臨んでいるかなどを把握するのは重要です。
「自分の思い描いていたキャリアプランと方向性が異なる」「社風が合わない」といったミスマッチが起こると、入社後に早期離職につながりかねません。企業はそうしたリスクを面接段階で避けるため、応募者とのマッチ度を見極めたうえで採用したいと考えています。仕事観については『「仕事観」とは?自分と向き合って価値観を見つめ直そう』で詳しく解説していますので、こちらもあわせてご覧ください。

仕事に対しての意欲をチェックするため

働く姿勢や入社意欲も、企業にとって重要なチェックポイントです。「あなたにとって仕事とは」の質問で応募者の仕事の捉え方を知ることで、その人の仕事への意欲の高さをチェックすることができます。
仕事への意欲をアピールするには、自分がその企業で何を実現したいのか、これまでの経験をどのように活かしたいのか、具体的に述べる必要があります。能力よりもまず意欲を見られるということを念頭に置き、面接官にポテンシャルが伝わるような回答を心がけましょう。

あなたにとって仕事とは?に答えるの際の4つの注意点

ここでは、回答の際に気をつけておきたいポイントを解説します。先述のように「企業が何を知りたくて質問をしているのか」を念頭に入れ、ネガティブな表現は避けつつ、一貫性のある回答を意識して答えましょう。

1.「生活の糧」といった直接的な表現は避ける

仕事をするのは「生活に必要なため」と割り切って働いている人もいるでしょう。それが「あなたにとって仕事とは?」に対する率直な回答だったとしても、面接の場では「仕事へのモチベーションが低い」とマイナスに捉えられる恐れがあるため、避けたほうが賢明です。就業への意欲や向上心など前向きな志を積極的にアピールするようにしましょう。

2.ネガティブな答え方は控える

「あなたにとって仕事とは?」の質問に対して、「できることなら働きたくないもののお金のために仕方なく」「暇つぶしのために」といったネガティブな印象を与える回答は避けたほうが良いでしょう。ネガティブな回答をすることで、仕事に対するモチベーションが低く「働く気がないのではないか」という印象を企業に与えてしまいます。

3.「分からない」などの答えは避ける

「働いたことがないから分かりません」「考えたことがありません」などの回答は避けましょう。正社員として働いたことがなくても、アルバイトやインターンの経験から、あなたなりの仕事観を考えてみてください。もし、一度も働いたことがなくて「あなたにとって仕事とは?」の回答イメージがわかない場合は、家族や周りの人の働く姿を見て感じた思いをもとに考えてみましょう。

4.矛盾がないよう自分軸をしっかり持って答える

「あなたにとって仕事とは」の回答が、ほかの質問で答えた自分の主張やエピソードなどと矛盾していると、「信念がないのではないか」と思われてしまい、面接官の心証が悪くなる恐れがあります。その場しのぎの発言は避け、一貫性を意識した回答を心がけましょう。相手が納得する回答には、就活の軸が重要になります。「就活の軸とは?決め方と効果的な伝え方」も参考にしてください。

あなたにとって仕事とは?への4つの対策ポイント

面接で「あなたにとって仕事とは?」と質問された際の答え方には、企業に好印象を与えるためのポイントがあります。答え方でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

1.最初に結論から述べる

「私にとって仕事とは、自分自身を成長させるものです」のように、冒頭で結論を伝えましょう。ここでは、「あなたにとって仕事とは?」という質問に対する価値観の部分が結論に該当します。
「あなたにとって仕事とは?」だけでなく、面接で質問に回答する際は、まず結論を述べることを意識するのが大切です。結論の後に根拠となる理由を述べることで、相手に伝わりやすくなり、印象深いアピールになる効果があります。

2.仕事に対する価値観が生まれた背景を具体的に述べる

次に、前述した仕事に対する価値観を持つように至ったきっかけや出来事などを伝えます。このとき話す内容は、先に述べた「あなたにとって仕事とは」の結論に真実味を持たせるためにも、具体的なエピソードとなるよう心がけましょう
説得力のあるエピソードにするためには、「何のために、どういった仕事がしたいか」という軸をはっきりさせておくことが肝心です。なぜその軸が生まれたのか?という部分を掘り下げ、挫折した経験や性格などを交えて、自分の信念を具体的に述べましょう。

3.応募先の企業で成し遂げたいことや意気込みを伝える

結論とその理由を述べたあとに、その企業でやりたいことや実現したいことを盛り込むのもポイントです。たとえば、「私にとって仕事とは、社会貢献です」と答える場合は、「インフラエンジニアとして災害に強いインフラ対策を実現し、非常時の通信手段確保に貢献したい」のように入社後どのように仕事に取り組んで行きたいと考えているのかを伝えます。

4.回答が経営理念や企業戦略に沿っていることをアピール

最後は、「あなたにとって仕事とは?」の回答が経営理念や企業戦略に沿っていることをアピールしましょう。先述のように、企業は質問を通して応募者が自社にマッチしているかどうかをチェックしている可能性が高いからです。
企業の価値観と自身が合っていることをアピールするためには、企業理念や方向性を理解しておくことが大切。たとえば、質実剛健を理念とする保守的な社風の企業に対し「私にとって仕事とは、挑戦や変化をし続けることです」と述べてしまうと、「うちの会社に合っていない」「企業研究をしていないのでは」と思われてしまいます。あらかじめ企業研究をしっかり行い、あなたの回答が即しているかを確認しましょう。企業研究については「企業研究ってどうやるの?基本的なやり方と目的を解説」で説明しています。

あなたにとって仕事とは?の回答を作るときのコツ

「あなたにとって仕事とは?」という質問に対する回答を考えてみようとしても、答えやエピソードが浮かばないという方も多いでしょう。ここでは回答作成のコツを紹介しますので、「価値観が分からない」「うまく伝えられない」と行き詰まっている方はぜひ参考にしてください。

自分の価値観を明確にする

「あなたにとって仕事とは何か」の回答を考えるにあたっては、働くうえで自分が軸にする価値観や判断基準に基づき、どのような働き方を実現したいかをイメージすることが重要です。この項では、自分の価値観を明確にする方法を紹介します。

過去を振り返り自己分析する

過去を振り返り、今まで失敗や挫折を糧に成長できた経験や、メンバーと意見交換をしながら問題解決に取り組んだ経験、自信を持って最後まで何かをやり遂げた経験などをピックアップしましょう。そのとき自分がどのような立場で、どのような環境だったのか、その経験から何を学び、どう結果につなげたかを振り返ります。これにより、自分の適性やモチベーションの原点が明らかになり、「あなたにとって仕事とは」の回答が作りやすくなるでしょう。
この際、家族や友人、先生など、身近な人から自分の印象深いエピソードを聞き出すのも一つの手。自分では気づけなかった、隠れた一面を発見できる可能性があります。自己分析のやり方については「効果的な自己分析のやり方とは?」を参考にしてください。

働くうえで大切にしているものを明確にする

仕事におけるあなたの価値観を明確にするためには、「働くうえで大切なもの」を考えるのが重要です。仕事に何を求めるのかは人によって異なります。キャリアや仕事内容を大事にしているという人もいれば、人間関係やワークライフバランスをより大切にしたいという人もいるでしょう。ここでのポイントは優先順位を決めることです。キャリアもワークライフバランスも大事と考えてしまうと、「あなたにとって仕事とは?」に対する結論が分かりにくくなります。大事にしたいものが複数あったとしても、「これだけは譲れない」というものを明確にしてみてください
自分自身が仕事に何を求めるのかを理解し、明確にしておくとモチベーションを保ちながら楽しく働けます。自分の価値観に合った企業に就職することで、達成感・充実感が得られ、仕事のやりがいにもつながるでしょう。企業とのマッチ度合いを確認するためにも、働くうえで大切にしているものは事前に明確にしておくのが重要です。

自分がその応募先の企業で働くイメージをして考える

「あなたにとって仕事とは?」という質問に対する回答を考える際は、自分が応募先の企業で働くことをイメージしながら考えるのが望ましいです。
働いたことがなくイメージができないという人は、企業のWebサイトや広報誌などで実際の事業や部署など、社員の仕事に関する情報を調べましょう。企業によっては、先輩社員のインタビューや1日のスケジュールが載っていることもあるので、自分に置き換えてイメージを膨らませて考えることをおすすめします。

社会人の先輩から話を聞くのもおすすめ

社会人経験がなく働くイメージがしにくい方は、社会人の先輩に話を聞くのがおすすめです。仕事の楽しさや大変さ、やりがいなどを聞くことで、自身が働く姿をイメージしやすくなります。先輩が働くうえで何を大事にしているのかを知ることで、自分にとって大事なものが明らかになることもあるでしょう。

あなたにとって仕事とは?と質問された際の回答例文

ここでは「あなたにとって仕事とは?」という質問に対する回答の例文を紹介します。学生時代のアルバイトやインターン、ゼミでの活動経験など、実際の体験を交えて根拠を語れば回答の説得力が格段にアップします。以下の例文をもとに自分らしい答えを作成し、面接に臨みましょう。

「自己実現・自己成長」の回答例

『私にとって仕事とは、自己成長や自己実現をするための手段であると考えています。自分が成長することで組織に貢献できると考えているので、どのような仕事でも「問題を解決するための挑戦と努力」を忘れず、向上心を持って仕事に取り組む所存です。
こう考えるようになったのは、家電量販店でのアルバイト経験がきっかけです。知識不足でお客さまに適切な提案ができていないと実感し、棚卸しの作業の合間を縫って自分なりに商品について猛勉強しました。同僚にも助けてもらいながら各商品の長所と短所、モデルチェンジの時期を正確に把握するようにした結果、商品入れ替え時の集客力が目に見えてアップし、自信につながりました。
御社でも、「どのように組織に貢献できるか」という視点を常に持って成長を続け、チームの要となるエンジニアになりたいと考えています。』

この例では、現状に満足せず、創意工夫しながら高みを目指して挑戦し続ける人材であることをアピールしています。そのような人物は、どの職場においても大きな期待を寄せられます。ただ自分が成長したいだけの印象にならないよう、なぜ成長したいのか、その結果どのように会社に貢献できるのかも併せて述べると良いでしょう。

「生きがい」の回答例

『仕事とは、人生を豊かにするものだと思っています。なぜなら、働く必要がないほど経済的に豊かだとしても、打ち込める仕事を持たなければ本当に豊かな人生を送ることはできないと考えているからです。このような考えに至ったきっかけは、父が定年退職を迎えた際の言葉にあります。父は「仕事を蔑ろにすることは、自分の人生を蔑ろにするということだ。どんな仕事でも良い。胸を張ってしっかりやり遂げろ」と私に話してくれました。父は長年アフリカで発電プラントの建設に携わってきたため、家を留守にすることが多かったのですが、発展途上国の人々の暮らしを豊かにしようとやりがいを持って働いていた姿が目に焼きついています。私も父のように自分の仕事に責任と誇りを持ち、御社に貢献できる人材になるべく尽力いたします。』

上の例のように、身近な人の影響を受けて仕事観が形成された話をするのもおすすめです。ただし、「人に○○と言われたから」といった伝え方をすると、「自分の考えはないのか」と思われてしまいます。人から影響を受けたとしても、自分がどう考えたかを伝えるように心がけましょう。

「社会貢献」の回答例

『私が考える仕事とは、自分の能力を活かして社会に貢献することです。仕事を通じて、社会とどう関わっていくのか、社会のために何ができるのか、常に考えて実行することが大切だと思っています。そう考えるようになったきっかけは、学生時代に4年間続けた塾講師のアルバイトです。教え子達が目指す進路に向かって歩んでいく姿を見て、自分の教えやアドバイスが教え子の将来に役立つと感じ、常にやりがいを感じながら働くことができました。御社でも目の前の業務に専念し、自分の役割を全うすることで社会貢献がしたいと考えています。』

このように、実際のアルバイト経験をもとに述べると説得力が増します。どのような仕事でも、どこかで社会貢献につながっているもの。エピソードを交えて、採用担当者に伝わるようなアピールを心がけましょう。

面接に不安がある方は、就職・転職エージェントのハタラクティブに相談してみませんか。ハタラクティブは正社員経験の少ない若年層やフリーター向けの就職・転職エージェントです。ハタラクティブでは、応募先企業の選び方や提出書類の作り方など、正社員就職に向けた幅広い支援を実施。面接対策も行いますので、「あなたにとって仕事とは?」の回答も就活アドバイザーと一緒に考えることが可能です。就活がうまくいかない、いつも面接で失敗してしまうなど、就職に関するお悩みがあるなら、ぜひハタラクティブにお任せください。

関連タグ

  • arrow