新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. どうして転職したいの?面接で理由を聞かれた時の答え方

どうして転職したいの?面接で理由を聞かれた時の答え方

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・転職理由や志望動機が明確でないと、イメージが悪くなったりミスマッチが起こったりする可能性がある
    ・別の理由がある、待遇だけで選んでいると思われてしまう恐れがあるため、転職理由と志望動機には一貫性を持たせよう
    ・ネガティブな理由に思えても、ポジティブな理由に変えられる可能性がある
    ・マイナスなことをあえて言う必要はないが、なるべく正直に伝える姿勢も大切

転職の面接で必ずと言っていいほど聞かれるのが「どうして転職したいの?」「なぜ今の会社を辞めるの?」「当社に入社したい理由は?」などの、転職(退職)理由と志望動機です。

答えにくいと感じる人がいるかもしれませんが、採用する企業としては知っておきたい部分でしょう。
当コラムでは、転職したい理由をどのように伝えればいいのか解説します。

◆「なぜ転職したいの?」はよく聞かれる!

転職理由や志望動機は、転職時の面接でよく聞かれる質問です。
これらの質問にはどう答えれば良いのでしょうか。

現職の会社を辞めたい理由や、応募先の企業を選んだ志望動機が明確でない場合、転職活動をスムーズに進めるのは難しいかもしれません。
何となくで転職活動をしていると、面接などで曖昧な回答になってしまい、採用担当者に良い印象を与えられないでしょう。また、動機が明確でないと、入社後のミスマッチを引き起こす恐れがあります。そうなった場合、転職者と企業の双方にとって不利益でしょう。

転職理由と志望動機には、一貫性を持たせることが大切です。
前職を人間関係や待遇に不満があり辞めた場合、実際の退職理由を伝えたくないという人が多いでしょう。しかし、抽象的な表現や誰にでも使えるような「模範解答」を答えてしまうと、応募企業に対する志望動機と矛盾が生じたり繋がりが薄くなったりしてしまいます。
そのような場合、採用担当者に「本当は別の理由があるのでは?」「当社でなくても良いのではないか」「条件や待遇だけで応募している」と思われてしまう恐れがあるでしょう。


◆転職理由は前向きな表現に

自分ではネガティブな退職理由のように思えていても、考え方によってはポジティブな表現に変えられる可能性もあります。無理やりポジティブに変換する必要はありませんが、以下の例を参考に表現を工夫してみましょう。

・人間関係が悪い→チームワークを大切にして仕事に取り組みたい
・給与が安い→自分の業務や能力を正当に評価されたい
・仕事が忙しい→スキルアップや家族との時間を持てる環境で働きたい
・社長がワンマン、意見が聞き入れられない→自分の意見やアイデアを発揮したい
・やりたい仕事ではない→本当にやりたい仕事をしたい

もし「すぐにでも会社を辞めたい」と思っていたとしても、一時的な感情から退職するのはやめましょう。
転職の動機が曖昧なままでは面接で転職理由をうまく伝えられず、マイナス印象を与える恐れがあります。まずは自分が今後どのように働きたいのかを、冷静になって考えましょう。


◆なるべく正直に伝えることも大切

ネガティブな理由ばかり並べ立てるのはマイナスイメージを与えてしまいますが、転職理由はなるべく正直に述べることで、相手に伝わりやすくなるメリットがあります。

特に、家庭の事情や会社都合で転職する際は、正直に話すべきでしょう。転職せざるを得なくなった理由として、少なくともマイナスの評価はされにくいと言えます。
また、転職理由は以下の2つに大きく分けられるので、それぞれ伝える際のポイントを確認しましょう。

・チャレンジしたい仕事をやるため

やりたい仕事をするために転職するというのは、とてもポジティブな転職と言えるでしょう。
ただし、「前職ではやりたいことを実現できなかった理由」を説明する必要があります。「前職ではこのように努力したが実現できず転職を決意。御社でならこのような理由から実現ができると考えた」と、一貫性のある理由を説明できると説得力が増すでしょう。

・ビジョンを実現するため

職種や企業に関係なく、自分の理想とするビジョンやキャリアを実現するための転職もあるでしょう。この理由も正直に話して問題ありません。
「前職のポジションでは理想のキャリアは築けないと思った。なぜなら会社規模や年功序列の社風があり難しかった」など、論理的な説明と、応募先の企業でなら実現できると考える理由が必要です。


「転職したいけれど初めてなので不安」「効率的に転職活動を進めたい」という方は、エージェントに相談してみてはいかがでしょうか?
ハタラクティブは、既卒や第二新卒、フリーターなど若年層を対象とした転職エージェントです。
面接対策や書類の添削はもちろん、企業への連絡代行や面接日程の調整などのサービスも実施。ハタラクティブなら、在職中の方でもスムーズに転職活動を進められます。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ