面接での印象を良くする!志望動機の作成の仕方

面接での印象を良くする!志望動機の作成の仕方の画像

【このページのまとめ】

  • ・経歴やスキルが素晴らしくても、志望動機が弱ければ評価ダウンに繋がる恐れがある
    ・志望動機は明確に、根拠となる具体的なエピソードを交えて伝える
    ・どのような形で企業に貢献できるのか、また将来はどうなっていたいかを加えると好印象になる
    ・待遇メインの内容や、勉強したいといった受身的な表現はマイナスイメージになるので避ける
    ・参考書やサイトの例文は、どんな流れや言い回しがあるのかなどの参考程度に留める

志望動機は、採用の可否に大きく影響することが多い対策必須の項目です。
しかし、重要なものとは分かっていても、どういった志望動機が採用担当者から好印象を持たれるのかわからない方も多いはず。
そこで、当コラムでは、志望動機にどんな内容を盛り込めば高い評価がもらえるのか、どこに気を付けて作成すればいいかをご紹介します。

◆志望動機が果たす役割は大きい

入社意欲の本気度を確かめる志望動機は、選考過程で重要視される質問の1つです。
いくら経歴が素晴らしく、スキルを持っていても、肝心の志望動機がしっかりしていなければ評価は下がる可能性が高いと言えます。
なぜなら、企業への熱意が低ければ、何かあったときにすぐに諦めたり辞めたりしてしまう恐れがあるからです。
また、採用担当者は「何がしたいのか」「何ができるのか」「なぜ当社なのか」という3点をポイントに、自社とマッチする人物かチェックしているため、まずは企業の方針と応募者のスキルが合っていることが前提となります。


◆志望動機に盛り込む内容と例文

では、どういった内容の志望動機なら効果的にアピールできるのか解説します。

【企業を選んだ理由を明確にする】

「社風に魅力を感じた」「会社の理念に感動した」などの志望動機では、漠然とし過ぎているため採用担当者の印象に残りません。
社風にしても、その会社独自の事業の進め方やその会社ならではの特徴を取り上げるなど、もっと深掘りしましょう。
なぜ他社ではなくその会社なのか、という点を意識して作ることが大切です。

【根拠となる具体的なエピソードを加える】

その会社の商品やサービスを利用したことがあるなら、それのどこに興味を持ったのか?その企業で働く人と話しをしたことがあったなら、そのときにどう感じたか?など、実際にあったエピソードを付けることで、志望動機に説得力と具体性をもたせることができます。

【どのような形で貢献できるかを伝える】

会社のこの部分に惹かれたというだけでなく、会社の役に立ちたいという意思を表明することも重要です。
会社が求める人物像に沿う形で、自分の持つ資質やスキルが業務に活かせることを織り交ぜ、どう貢献したいと考えているのかを伝えましょう。

【将来的にどのようなキャリアを築きたいか】

5年後10年後にどのような働き方をしていたいかを伝えることで「長く働いていく意思がある」という印象を与えることができます。
また、「こういったビジョンを持っているから、それを実現するためにはこの会社しかない」と志望動機の根拠に繋げられると、より志望度の高さが伝わる内容になるでしょう。

では、以上を踏まえた志望動機の例文を見てみましょう。

【志望動機の例文】

私は元々人と接することが好きなので、人の役に立つ仕事をしたいと考え、これまで接客業に従事してきました。
そしてこの度、以前から興味のあった介護職に就くため、介護職員初任者研修の資格を取得し、御社に応募させていただきました。
たくさんの施設がある中で、御社の◯◯老人ホームを志望した理由は、2つあります。
1つめは、ボランティアとして訪問した際、施設の明るさ、清潔さ、職員の方々の親切な対応に好感が持てたこと。もう1つは、実績に応じてきちんと評価してもらえる企業独自のキャリアアップ制度を魅力に感じたことです。
私は将来、ケアマネージャーとして入所者様の生活を支えられるようになりたいと思っています。それと同時に、御社が積極的に取り組んでいる「介護サービスの向上」に尽力しつつ、さらなる事業拡大に貢献していきたいです。
未経験からのスタートですが、これまで培った細やかな気配りを活かして、御社や入所者様のお役に立てるよう邁進しますので、宜しくお願いいたします。


◆こんな表現は良くない印象に

最後に、志望動機を作成する上で気をつけたいポイントをご紹介します。
現在志望動機を作成している方は、以下のような内容になっていないか確認してみてください。

【志望理由に具体性がない】

前項でも触れましたが、会社を志望した理由は明確にしましょう。
志望した理由がどこでも通用するような内容だと「うちじゃなくても良いのでは」と思われてしまい、評価ダウンに繋がります。

【待遇がメインの内容】

待遇面に惹かれたとしても、志望理由が「給料が高いから」「残業が少ないから」では、マイナスイメージを与えてしまいます。
待遇ばかり気にしている、または働く意志がないと思われないように、志望動機は事業や業務内容をメインに作成しましょう。

【「勉強したい」をアピール】

向上心を見せる事ができそうですが、受身的と捉えられてしまう可能性が高いです。
これらの表現を使いたい場合は、「仕事を通じて多くのことを勉強し、貴社の成長に貢献したい」など、あくまで「貢献」するために学びたいという姿勢を見せましょう。

【参考書などに載っている内容をそのまま使う】

参考書やサイトにはさまざまな志望動機の例文が載っていますが、その内容をそのまま使うことは避けた方が良いです。志望動機について深掘りされたとき、面接官にすぐに見破られます。
例文は、どんな流れや言い回しがあるのかなどの参考程度に留めましょう。


【就職・転職活動でお悩みの方は...】

もし、「書類で落とされてしまう」「面接がうまくいかない」とお悩みなら、転職エージェント、ハタラクティブをご活用してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブは、一人ひとりの希望条件に合った求人のご提案から、志望動機や自己PRの添削、面接練習まで、就職・転職活動を幅広くサポートしているサービスです。
同サービスでは、既卒や第二新卒、高卒、フリーターといった若年層の方を対象としているので、スキルや経験、学歴に不安な方でも安心してご利用いただけます。
まずはお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION