面接で志望動機はどう答える?聞かれないのは普通?長さや例文も確認しよう

面接で志望動機はどう答える?聞かれないのは普通?長さや例文も確認しようの画像

テストパターン

この記事のまとめ

  • 企業が面接で志望動機を聞く理由の1つは、志望動機の強さを確認するため
  • 面接での志望動機は、入社後自分がどのように貢献できるか伝えることが大事
  • 面接の志望動機を伝えるときには、入社したいことを強くアピールしよう
  • 面接の志望動機で給料などの待遇面を優先させることは避けよう

「面接で志望動機を聞かれたらどう答えるべき?」「面接で志望動機を聞く意図は?」などの不安を抱えて、なかなか転職に踏み切れないという方も少なくないでしょう。
企業が面接で志望動機を聞くのは、志望動機の強さやすぐに辞めないかなどを確認するためです。
このコラムでは、面接をパスするための志望動機の正しい答え方について詳しく解説。避けるべき志望動機についてもまとめました。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

面接で志望動機を聞かれる3つの理由

面接で志望動機を聞かれるのは、「志望度の高さ」「企業とのマッチ度」「仕事に対する意欲」の確認が目的といわれています。入社意欲の本気度を確かめる志望動機は、選考過程で重要視される質問の1つ。いくら経歴が素晴らしく、スキルを持っていても、肝心の志望動機がしっかりしていなければ評価は下がる可能性が高いでしょう。なぜなら、企業への熱意が低ければ、何かあったときにすぐに諦めたり辞めたりしてしまう恐れがあるからです。

1.志望動機の強さの確認

多くの企業には競合他社が存在します。多くの企業から、なぜ自社を選んだのか、なぜ志望するのかを聞いて、志望度の強さを確認。明確な理由がなければ、「うちの会社じゃなくても良いのでは」「採用してもすぐに競合他社に転職するのでは」とマイナスイメージを抱かれやすいでしょう。

2.社風とマッチするかの確認

スキルや経歴に申し分なく、志望動機もしっかりしていても、社風や既存社員とマッチしないと判断されれば内定は難しいもの。会社と目指す方向性や考え方が異なれば早期離職につながるため、志望動機から社風と合うかも確認する企業が多いようです。

3.長く働いてくれるかの確認

人材を採用する以上、できる限り長く働いてほしいと企業は思うもの。採用活動には膨大なコストがかかります。せっかく採用してもすぐに退職とならないよう、志望動機から判断しています。
企業が志望動機を聞く理由についてもっと詳しく知りたいという方は、このコラムをご覧ください。「志望動機はなぜ聞くの?会社側の意図と書き方を知ろう」企業側の意図が良く分かるでしょう。

面接の志望動機の構成と盛り込む内容

志望動機は端的に相手に伝わるよう、結論から伝えるのが基本です。また、志望動機に説得力をもたせるため「志望した理由の裏付け」となる具体的なエピソードも盛り込みましょう。
内容は、前項で説明した「企業が志望動機を聞く理由」を踏まえ、企業とマッチするポイントや将来の展望、仕事に対するモチベーションを意識して作成してみてください。

志望動機の基本構成

志望動機は、「結論→根拠→強みのアピール→まとめ」の構成が基本です。
最初に結論を述べることで、志望理由を確実かつ強く相手に伝わるでしょう。また、志望理由を裏付ける根拠となるエピソードを述べることで、志望動機に具体性が生まれます。
強く入社を希望していることを伝えたら、自分を採用するメリットや強みをアピール。入社後の展望や将来のビジョンを述べると、仕事に対する熱意の裏付けにもなるでしょう。
なお、志望動機のフォーマットについては「志望動機書とは?フォーマットはあるの?書き方を解説」のコラムでご確認いただけます。

志望動機に盛り込む3つの内容

志望動機に盛り込むのは、「応募した理由」「仕事へのモチベーション」「将来の展望」です。上記の基本構成にうまく盛り込み、オリジナルの志望動機を作成してみましょう。

応募した理由

「社風に魅力を感じた」「会社の理念に感動した」などの志望動機では、漠然とし過ぎているため採用担当者の印象に残りません。社風にしても、その会社独自の事業の進め方やその会社ならではの特徴を取り上げるなど、もっと深掘りしましょう。
なぜ他社ではなくその会社なのか、という点を意識して作ることが大切です。また、その会社の商品やサービスなどを利用して感じた具体的な体験談なども付け加えられれば、良いアピールになるでしょう。

仕事へのモチベーションと貢献

入社後に、企業にどのような貢献ができるかを伝えることも大事なポイントです。
会社の役に立ちたいということをアピールするのも良い方法ですが、企業は利益をもたらしてくれる人材を求めています。
会社のこの部分に惹かれたというだけでなく、会社の役に立ちたいという意思を表明することも重要。会社が求める人物像に沿う形で、自分の持つ資質やスキルが業務に活かせることを織り交ぜ、どう貢献したいと考えているのかを伝えましょう。自分がこれまでどのような経験をしてきて、どんな資格やスキルを身につけていて、それをどうやって利益につなげられるかを意識し、ただ頑張ることだけを伝えるのは避けましょう。

将来の展望

前記したように、企業はすぐに辞めない長く働いてくれる人材を求めているため、5年後10年後にどのような働き方をしていたいかを伝えることで「長く働く意思がある」という印象を与えることができます。
また、「こういったビジョンを持っているから、それを実現するためにはこの会社しかない」と志望動機の根拠に繋げられると、より志望度の高さが伝わる内容になるでしょう。将来のキャリアや展望を、相手が納得する内容で作成するには企業研究をしっかり行い、企業理念や企業が掲げる将来的な目的を知る必要があります。企業研究も十分に行っておきましょう。

面接で志望動機を伝えるときに避けたい表現や伝え方

面接で志望動機を伝えるときに、「勉強したい」「学びたい」といった受け身の表現は避けるべき。また、どの企業にも当てはまる薄い内容の志望動機や待遇面だけを重視した内容も、マイナスイメージにつながるので注意が必要です。

1.「勉強したい」「学ばせていただく」

入社して一生懸命勉強したいと伝えることは、企業の採用面接では避けましょう。
入学試験の面接では勉強熱心さをアピールするのは効果的な方法ですが、採用試験の面接ではNG。受け身で主体性がない印象を与えてしまいます。
企業側は利益をもたらしてくれる人材を求めていますし、会社は勉強する場所ではありません。
勉強したいことを伝える場合は、勉強して身につけた知識や技術をどのように使って会社に貢献するかを伝えてください。

2.どの企業にも当てはまる内容

「企業理念に共感して~」「◯◯業界で働きたいと思い~」など、どんな企業にも当てはまる志望動機は志望度の低さにつながります。企業研究を十分に行い、具体性のある志望動機を作成しましょう。

3.志望理由が待遇面

就職するにあたり、収入面や休みの多さやどのくらいの残業があるかなどの待遇面や働き方はとても大きなポイントですが、待遇面などを優先させないように気をつけてください。
志望動機はあくまでも事業に関することを中心にして、仕事内容に照らし合わせて答えましょう。待遇面を優先し過ぎると、働く意欲がないと捉われてしまいます。

4.ネガティブな退職理由

転職の場合は、志望動機で前職の愚痴や嫌だったところを伝えることは避けましょう。
転職理由がネガティブだと、「採用しても文句ばかり言うのでは」「向上心がない」「状況や周囲に応じて変化できない」といった印象を与えます。面接では、仕事に対して前向きな姿勢を示すことが大切。「面接対策の1つ!面接で言ってはいけないNGワード集」のコラムも参考にして、ポジティブなアピールを心がけましょう。

面接で役立つ志望動機の例文

面接で志望動機を聞かれた際に役立つ志望動機を紹介します。
例文をそのまま使用することは避けて、実体験などを加えてオリジナルの志望動機を作成してください。

例文

私は元々人と接することが好きなので、人の役に立つ仕事をしたいと考え、これまで接客業に従事してきました。そしてこの度、以前から興味のあった介護職に就くため、介護職員初任者研修の資格を取得し、御社に応募させていただきました。
たくさんの施設がある中で、御社の◯◯老人ホームを志望した理由は、2つあります。
1つめは、ボランティアとして訪問した際、施設の明るさ、清潔さ、職員の方々の親切な対応に好感が持てたこと。もう1つは、実績に応じてきちんと評価してもらえる企業独自のキャリアアップ制度を魅力に感じたことです。
私は将来、ケアマネージャーとして入所者様の生活を支えられるようになりたいと思っています。それと同時に、御社が積極的に取り組んでいる「介護サービスの向上」に尽力しつつ、さらなる事業拡大に貢献していきたいです。
未経験からのスタートですが、これまで培った細やかな気配りを活かして、御社や入所者様のお役に立てるよう邁進しますので、宜しくお願いいたします。

面接の志望動機対策で困ったときは

面接の志望動機で悩む方は多いもの。特に、「これといって希望する理由がない」「条件が良いから応募する」といった場合は、企業にアピールできる志望動機を作成するのは難しいでしょう。
志望動機の作成で困ったら、改めて「なぜ志望するのか」「なぜ同業他社ではないのか」を考えてみてください。そのうえで、企業研究や自己分析を再度行い、その企業だけに当てはまる要素・企業と自分の共通点などを追加してみましょう。

それでも志望動機の作成で悩むなら、就職・転職エージェントのハタラクティブに相談するのがおすすめです。ハタラクティブは、就職や転職を希望する方を内定までサポートする就職・転職支援サービス。担当のアドバイザーが企業の採用担当者の目線から、志望動機や面接の受け答えを評価します。なかなか書類選考が通らない、面接が苦手など、就活に関する悩みに合わせた支援を提供。ハタラクティブが保有する求人への応募なら、企業ごとの特徴や求める人材をお伝えすることが可能です。効率よく就活を行いたい、最低限の選考で正社員になりたいなど、ご希望に合わせてサポートいたします。ぜひ一度お問い合わせください。

関連タグ

  • arrow