「なぜ就職するのか」と面接で聞かれたときは?例文と理由の見つけ方を紹介

「なぜ就職するのか」と面接で聞かれたときは?例文と理由の見つけ方を紹介の画像

この記事のまとめ

  • なぜ就職するのかを聞かれたときは、これから何をしたいかを素直に伝えよう
  • なぜ就職するのかを面接で聞く理由は、あなたの価値観や自社の社風に合うかを見るため
  • なぜ就職するのかという問いに回答するポイントは、自分なりの仕事の意義を伝えること
  • 就職する理由を見つけるヒントは、自分のやりがいや人から感謝された経験などにある
  • なぜ就職するのかについて回答が浮かばない場合、自己分析や例文を参考にしてみよう

「なぜ就職するのか」と面接で質問され、戸惑う方も多いでしょう。志望動機や自己PRも違うように、なぜ就職するのかは人それぞれです。回答のコツは、まず面接官の質問の意図を把握すること。このコラムでは、「なぜ就職するのか」という質問に対する例文をご紹介します。また、面接官が質問する意味や答えを探すヒントも解説しますので、自分が就職する理由を掘り下げていきましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 面接でどう答えたらいいの?
  • 履歴書の時点で落とされそう・・・
  • 仕事探したいけど、経歴が不安・・
履歴書も面接も、成功するまでサポートします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

「なぜ就職するのか」を面接で答えるときに意識すること

「なぜ就職するのか」を面接で答えるときに意識することの画像

面接で「なぜ就職するのか」と聞かれたときに意識することは、「今までどのような経験をしたのか」「これから仕事で何をしたいのか」です。自分の働く目的を、志望動機や自己PRと一貫した内容にして伝えられると良いでしょう。

就活する前に働く理由がない、思いつかないと困惑している方は「仕事をする意味は?働く際に知っておきたい仕事との向き合い方を紹介」や「働く意義とは何?面接での回答例文や働きがいのある会社の見つけ方を解説!」をチェックしてみてください。

未経験OK多数!求人を見てみる

「なぜ就職するのか」と面接官が質問する意味は?

  • 価値観を知るため
  • 社風に合う人物であるかを知るため
  • 働く熱意や意欲があるかを確認するため
  • 仕事選びの軸があるのか探るため
  • 想定外の質問をされたときの冷静さを見るため

面接官が「なぜ就職するのか」と質問する理由は、あなたの価値観を知る、働く熱意や意欲があるかを確認するなどの目的があります。以下で解説するので、面接官の質問の意図を押さえておきましょう。

価値観を知るため

「なぜ就職するのか」と面接官が質問する理由は、応募者の価値観を知るのが一つの目的です。「どのような目的で就職するのか」「なぜ正社員として働こうと思ったのか」などを知り、あなたが働くうえで大事にしていることと自社の企業理念がマッチするかどうかを見ています。

社風に合う人物であるかを知るため

「なぜ就職するのか」という質問には、応募者が自社の社風に合う人物であるか確認する意味もあります。企業により、保守的であったり革新的であったり社風はさまざまです。
あなたが企業の価値観やニーズに合わなければ、入職しても周囲と足並みが揃わなかったり周囲とのギャップに悩んだりと、仕事を続けていくうえでの障害となるでしょう。「なぜ就職するのか」の質問で面接官は事前にあなたの特徴をつかみ、できるだけ企業とのミスマッチを防ぐのが目的です。

働く熱意や意欲があるかを確認するため

選考の際、「なぜ就職するのか」と質問する理由には、働く熱意や意欲を知る目的もあるようです。働くうえでは、あなたの興味がある分野や情熱を注げるものがないと、仕事を続けるのは難しいでしょう。そのため、面接官はあなたがどのようなことに熱意や意欲をもっていて、長く働いてくれる人材かどうかを判断しようとしています。

仕事選びの軸があるのか探るため

企業側はあなたの仕事選びの軸を知り、「仕事で重要視すること」を把握したいといった意図もあります。仕事選びの基準が定まっていないと、入社後のミスマッチにより早期退職の可能性が高まるでしょう。
たとえば、あなたが「チームで和気あいあいと働ける環境」を重視しているのに対し、1人で黙々と作業をする業務を選んだ場合、「仕事選びの軸がぶれている」と判断される恐れも。採用担当者は、「なぜ就職するのか」に対する答えが自社の特徴とマッチするかを確認し、長期就労を期待できる人材を採用したいと考えるでしょう。

想定外の質問をされたときの冷静さを見るため

「なぜ就職するのか」という想定外の質問に対し、どのような回答をするかを見て、あなたの対応力を判断している可能性もあります。
応募者は、面接官に対して志望動機や長所・短所などのよくある質問を想定しがちです。「なぜ就職するのか」の質問は想定外で困惑する方も多いため、自分の言葉で冷静に回答できるかを面接官は見ていると考えられます。

「なぜ就職するのか」と聞かれたときの回答のポイント

「なぜ就職するのか」と聞かれたときの回答のポイントの画像

「なぜ就職するのか」の質問に回答するポイントは、自分自身の言葉で伝えることや仕事のやりがいを伝えることです。以下で、回答内容のポイントを解説します。

あなた自身の言葉で伝える

「なぜ就職するのか」の回答は、自分なりの言葉で伝えることが大事です。人から聞いたり教えてもらったりした言葉で面接官に伝えるより、自分の経験や体験に基づいた言葉のほうが説得力があると考えられるからです。また、志望動機や自己PRとも整合性がつき、より伝わりやすくなるでしょう。「「なぜ就職するのか」理由が見つけられないときのヒント」で詳しく後述する自己分析を行い、自分の価値観を棚卸ししてみることをおすすめします。

やりがいになることを伝える

「なぜ就職するのか」に直結する「仕事に対するやりがい」を伝えるのもポイントです。「なぜ就職するのか」の答えには、あなたの考え方や価値観が少なからず影響します。そのため、仕事のやりがいを通してあなたがどのような人物なのかを、面接官に伝えることができるでしょう。
たとえば、あなたの価値観が「人の役に立ちたい」という場合、仕事で人に感謝されたり喜んでもらえたりしたときにやりがいを感じるはずです。働くことは「誰のためにするのか」そして、「自分はどう感じるか」「どのような業務で自分は満足感を得られるか」などイメージを明確にしたうえで、何が仕事のやりがいになるかを伝えると、就職する理由が見つけやすくなるでしょう。

「なぜ就職するのか」に対する例文

ここでは、「なぜ就職するのか」や「あなたにとって働くとは」という質問に対する回答の例文を3つ紹介します。

例文1

「私にとって就職して働くことは、自己成長や自己啓発のために欠かせないものです。仕事を通してコミュニケーション能力や時間の有効な使い方、業務の進め方、物事の考え方などが身に付くことで、自分自身が成長できると思っております。
また、働くことでキャリアを積んだりスキルアップしたりして、自分の自信につなげることも働く理由です」

例文2

「私にとって仕事は、自分の人生を輝かせる手段の一つだと考えています。企業で働くことで得られる経験や知識、技術、人との出会い、キャリアのすべてが人生の財産になります。就職して時には壁にぶつかることもあると思いますが、それも良い経験ととらえ、次のチャンスへとつなげていくことができます」

例文3

「私が進学ではなく就職を選んだ理由の一つは、仕事を通していち早く社会に貢献したいと考えているからです。企業に就職し働くことで、自社やクライアントに利益を生み出したり自然環境の保全もできたりすることを知り、よりいっそう社会人のために今の自分ができることをしたいと思っております。仕事を通して多くの人が幸せに暮らせる社会を作るのが、私の目標です」
「なぜ就職するのか」の質問に回答する際は「社会に貢献したいから」「キャリア形成をしたいから」などの結論から提示し、その後に理由を詳しく説明しましょう。理由を説明するときには、要点を簡潔にまとめることを心掛けてください。
仕事や働き方に関する質問はバリエーションが多いので、「『あなたにとって仕事とは』と面接で聞かれたら?回答の例文と注意点」のコラムもチェックすると良いでしょう。

「なぜ就職するのか」理由が見つけられないときのヒント

「なぜ就職するのか」の理由がなかなか見つからないときは、自己分析や人生で重視するものを考えると良いでしょう。以下で解説しますので、回答を考える際の参考にしてみてください。

自己分析をする

自己分析をする具体的な方法の一つは、自分の得意不得意や好き嫌いを書き出すことです。「あなた自身の言葉で伝える」の項で触れましたが、仕事をする意味を考えるうえで、自分の考え方や価値観を明確につかむのが重要なポイント。自己分析をすると自分の価値観を客観的に理解できるため、志望動機や自己PR作成時にも役立ちます。

自分の得意不得意を書き出す

自己分析の際は、あなたが得意なことと苦手なことを書き出してみましょう。自分の考え方を知ることが目的なので、他者から評価を受けたものでなくて構いません。あなた自身が得意なことをあげてみてください。得意なことに着目すると、「自分にできる仕事」を見つけるヒントが得られます
一方、苦手なことは「自分には難しそうな仕事」「仕事の苦手な作業や業務」の理解に役立つため、同時に企業とのミスマッチを防ぐこともできるしょう。
就職活動における自己分析が重要な理由は、「自己分析が大事!『やりたいこと探し』の方法とは」のコラムでご紹介しています。

自分の好き嫌いを書き出す

自己分析を行うときは、自分の好き嫌いについても考えてみましょう。好き嫌いを明確にすると自分の「やりたい仕事」や「やりたくない仕事」が定かになり、仕事選びの軸が分かります
ポイントは「△△が好き」だけでなく、「●●が好きなので△△がしたい」「●●になりたいから△△をする」のように、自分の好き嫌いをできるだけ具体的な行動に結び付けて考えること。好き嫌いを何となく把握しているだけでは、自分の価値観や考え方が明確にできない可能性もあります。就職したい企業や、やりたい仕事を把握するためには、具体的な理由を掘り下げて考えてみることが効果的です。

人生において何を重視するか考える

自己分析をする際は、自分が人生において何を重視するのかを考えてみてください。「家族との時間」や「金銭的余裕」など生活に関するものでも構いません。それ以外にも、「キャリア」「世に認められたい」などの自分の考え方を追加すると、「なぜ就職するのか」の回答につながりやすくなるでしょう。

他人の意見を聞いてみる

「なぜ就職するのか」の理由が思い浮かばない場合、他人の意見を聞くのもおすすめ。他人の意見を聞くと、自分では気づかなかった視点が持てたり、思わず共感するような内容を得られたりするためです。第三者からの意見から、自分なりの仕事のやりがいを見出せる可能性があります。「自分ならではの仕事のやりがい」が明確になると、働く理由を答えやすくなるでしょう。
働く意味について客観的な考え方が知りたい方は、「働くとは何か?意味や面接で使える例文・満足度を上げる仕事の探し方を解説」も合わせてご覧ください。

人から感謝された経験を振り返るのもおすすめ

「なぜ就職するのか」がなかなか思いつかない方は、「今までに人から感謝されたこと」を考えてみましょう。人は他者から感謝されると、自分の行動に対して満足感を覚えるものです。「感謝されたかったわけではないが、なぜか自分の行動が喜んでもらえた」という経験がある方もいるでしょう。
自分では価値のある行動ではないと思うことも、相手から見ると価値のあるものだったり、誰にでもできるものではなかったりする場合も。他者の反応を掘り下げると、自分では気づかない良い点が見えてくる可能性があります。

「なぜ就職するのか」の質問に対する回答に自信が持てない方は、転職エージェントのハタラクティブに相談するのもおすすめです。ハタラクティブは、20代・30代で就職や転職を考えている方のお仕事探しを全面的にサポートしています。
求人紹介をはじめ、志望動機や自己PRの書き方アドバイスも実施。応募企業に合った面接対策を行っているため、「なぜ就職するのか」の質問にもしっかりとプロ目線でのアドバイスが可能です。企業への応募や面接日程のスケジュール調整などをキャリアアドバイザーが代行するため、選考対策に集中できます。ご利用はすべて無料なので、お気軽にお問い合わせください。

「なぜ就職するのか」に関するQ&A

面接で「なぜ就職するのか」という質問をされてお困りの方もいるでしょう。ここでは、「なぜ就職するのか」の質問に関する疑問やお悩みをまとめました。

「なぜ就職するのか」と面接官が質問する意図は何ですか?

応募者の仕事に対する価値観や意欲、社風との相性などを見るためと考えられます。就職意欲が低かったり会社の価値観や社風と相性が悪いと、応募先企業で働き続けるのは難しいでしょう。また、価値観に関する質問のため、志望動機など一般的な質問を予想していた応募者は戸惑うことも。その際に応募者がどう対応するのかを見て判断する、面接官の意図も考えられるでしょう。詳しくはこのコラムの、「『なぜ就職するのか』と面接官が質問する意味は?」をご覧ください。

「なぜ就職するのか」と聞かれたときに「お金のため」と答えてもいいですか?

「お金のため」のような現実的な回答は避けるのが無難です。面接官は「お金のため」「生活のため」といった現実的な理由を聞きたいわけではありません。現実的な内容だけでは、面接官へ「お金のためなら自社でなくても良いのでは?」という印象を与えてしまう可能性も。応募先企業で「キャリアを積みたい」「社会貢献のため」など、あなたの価値観が伝わるような回答を心がけましょう。

回答に困った場合、嘘で誤魔化してもいいですか?

嘘で誤魔化すのは避けましょう。嘘をつくと志望動機や自己PRの内容と辻褄があわなくなり、印象を悪くしてしまう可能性があります。回答が思いつかない場合は、このコラムの「『なぜ就職するのか』に対する例文」でご紹介した方法を試してみてください。また、転職エージェントのハタラクティブでも、専任のキャリアアドバイザーが面接対策をお手伝いします。

「なぜ就職するのか」以外に対策するべき質問はありますか?

「働く意味は何だと思いますか?」「働くうえで大事にしていることは何ですか」「仕事でモチベーションが上がるときは?」などの質問が考えられるでしょう。これらの質問では、「あなたがどのようなことにやりがいを見出すのか」「やりがいが自社での業務に活きるか」の2点が面接官の判断ポイントです。面接官の役割は、自社と応募者がマッチするかを判断すること。企業が求める人物像を把握したうえで、自分の価値観と合う内容を答えましょう。

この記事に関連するタグ