働くとは何か?意味や面接で使える例文・満足度を上げる仕事の探し方を解説

働くとは何か?意味や面接で使える例文・満足度を上げる仕事の探し方を解説の画像

この記事のまとめ

  • 「働くとは」の答えは、人によって解釈が異なり正解はない
  • 「働くとは何か」の質問対策には、自己分析で自分のもつ価値観の理解をしておく
  • 企業は応募者の「働くとは」の回答から、価値観・相性・ポテンシャルを確認している
  • 働く意味を見出すためには、先入観や固定概念を捨て自分に合う社風の企業を見つける
  • エージェントを活用して、適性の合った企業で働く意味を見出そう

仕事をするにあたって「働くとはどういうことか」と考える人もいるでしょう。面接時の返答にも悩む概念です。
このコラムでは働くとは何か、意味や目的・面接やESで活用できる回答例について解説します。向上心のために働く人もいる一方で、生活のために働く人もいます。やりがいのない仕事では働く意味を見出せず、苦痛に感じやすくなるでしょう。満足度を上げる仕事の探し方も、ぜひ参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

「働く」とは?意味を考えてみよう

「働くとは」の質問に対して、自分のもつ仕事への意味をすぐに答えられない人も多くいます。就職活動での面接やESで「あなたにとって仕事とは何か」と問われるケースもあります。一貫性をもってスムーズに答えるために、自分の働く意味をあらためてとらえなおしましょう。

代表的な「働く意味」

働く意味は状況や立場によって異なり、質問に対する正解はありません。しかし、面接では明確に芯のある回答をすると好印象を残せます。以下の働く意味や目的の代表例から、自分の価値観に合うものを見つけましょう。

・収入を得るため
・自分を成長させるため
・目標を成し遂げるため
・社会に貢献するため
・社会的ステータスを得るため
・理想の生活を実現するため
・将来の安定を得るため
・人や社会との関係を保つため

自分なりの働く意味や目的が分からない方は「人はなぜ働くのかという根本的な疑問と向き合おう」をご覧ください。

意味を理解すると仕事の選び方や取り組み方が変わる

「働くとは何か」に対して働く意味や目的が明らかになると、仕事の選び方や業務の取り組み方に変化をもたらします。また、芯ができることで失敗や挫折を経験しても、立ち直りやすく進むべき道が明確になるでしょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

企業が働く意味を質問する3つの理由

企業は求職者の価値観・相性・ポテンシャルを確認するために、以下3つの視点で働く意味を質問します。

1.求職者の価値観をチェックするため

働く意味は人により異なり、企業は求職者がもつ価値観を見極めるために質問します。価値観を知ることで仕事に対する姿勢のほか、人との関わり方や組織での立ち位置などが見えてきます。

2.会社と求職者の相性を見るため

「働くとは」に関する考え方から、求職者との相性をチェックする企業もあります。たとえば、ワークライフバランスを重視する求職者と、成果を第一に考える企業では価値観にズレが生じます。働く目的を明確にしておくことで、価値観の違いによる会社とのミスマッチを防ぐことも可能です。

3.求職者の成長性やポテンシャルを確認するため

企業が「働くとは」と問うときは、求職者の成長意欲やポテンシャルを確認する狙いもあります。求職者のスキルが会社の求める能力と合っているかを見極めている可能性は高いでしょう。また、企業は人材の高い成長性を望むため、求職者の価値観と社風や環境がマッチしているかも判断します。

「働くとは」の回答には自己分析が大切

前項で紹介したように、面接で「あなたにとって働くとは何か」の質問に答えるには、企業の質問意図を正しく把握したうえで回答することが重要になるため、自己分析を十分に行うことが大切です。

自己分析とは、自分の経験や思考から長所や短所・得手不得手・価値観などを客観的に分析し、自分自身を深く把握するための作業。詳しくは「自己分析とは?実施のメリットと就活・転職活動での必要性を解説」のコラムも参考にしてください。

より具体的な働く意味を述べられる

代表的な働く意味や目的はあくまで一例であり、どれかに当てはめる必要はありません。まずは周りの評価は気にせず自己分析を重ね、自分を深く理解して働く意味を明らかにしましょう。

自分なりの働く意味が分かると「働くとは何か」の質問に、具体的かつスムーズに答えられます。自己分析で整理した過去の経験から裏付けるエピソードを盛り込むと、より説得力のある回答ができます。

会社で何をしたいのかを考えるきっかけになる

働く意味が分からない方は、会社で「何を実現したいのか」「どのような経験を積みたいのか」を考えることが大切です。これらを考えるにあたって、自分の思考や仕事に対する考え方を明らかにする自己分析は有効。

ただし、その目的が他社でできる場合は注意が必要です。「志望企業でなければ達成できない」「志望企業だからこそ経験できる」など、志望先を選んだ理由を明確に伝えてください。

面接やESで活用できる「働く意味」の考え方

自分なりの働く目的を明らかにしたとはいえ、面接で「自己実現のため」「将来のため」と回答するのでは採用担当者は納得できません。働く意味の考え方をパターン別で紹介するので、面接やESの参考にしてください。

働く目的が「収入を得る」の場合

働く目的が収入である場合は「いつまでに・どのくらい・どのように」収入を得るのか具体化しましょう。また、高い収入を得るために、どのようなキャリアを目指すのかを明確にしておくと、スムーズに返答できます。

働く目的が「社会貢献」の場合

誰かの役に立ったときや人から感謝されたときなど、社会への貢献に働く喜びを感じる方も多いでしょう。社会貢献を目的とする場合、企業の地域への貢献度に紐づけると面接やESに活用できます。

働く目的が「自己成長」の場合

仕事での成長は業務に関する知識やスキルのほか、独学で資格を取得したり人との関わり方を学んだりできます。面接やESでは何かを成し遂げた経験や自分の能力をアピールし、スキルアップしたい内容につなげると良いでしょう。

面接やESで使える「働くとは」の回答例

「働くとは」と問われたときは、企業が質問した意味を把握して回答することが大切です。以下では、回答する際のポイントとなる結論→裏付け→まとめの構成をふまえた例文を紹介しています。

例文1

私にとって働くとは、社会や人とのつながりを感じるために行うことです。高校時代に飲食店でアルバイトをはじめたときは単なる「お金稼ぎ」の認識でしたが、実際に働きはじめると労働への対価をもらう以上に人とのつながりを感じられると気づきました。

同僚や先輩とは仕事の効率化や改善方法・業務のコツなどを話し合い、シフトの交代やサポートなども快くできる関係性を築きました。接客では常連さんの好みを把握して、相手が求める一歩先のサービスを提供することで、懇意にしてくださる方を増やした経験があります。

ただ労働への対価を得るのではなく、人とのつながりを意識して働くことで、大きな結果が生まれると知りました。顧客とのつながりが強い御社なら、この経験や考え方を活かせると考えています。

例文2

私は、働くことは豊かな人生を送るうえで欠かせないと考えています。仕事を通して得る知識やスキルは幅広いうえ、人とのつながりから得られるものも人生を豊かにすると感じています。

働かなければ得られる知識や人脈は限られ、狭い世界になるでしょう。仕事を通して新たな世界を知り、常に目標や目的を持つことが、私にとっての「働く意味」です。

そのほかの働く目的別の例文や回答するときのポイントを知りたい方は「「なぜ就職するのか」と面接で聞かれたら?例文と理由の見つけ方をご紹介」のコラムをご覧ください。

好きなことを仕事にするのは良くない?

働くうえで、自分のやりたいことや好きなことを仕事にする方法もあります。しかし、好きなことを仕事にするには注意点もあります。

好きなこと・やりたいことのみで完結しないのが仕事

仕事は好きなことや、やりたいことのみでは完結しません。たとえば、接客が好きで販売職に就いても、実際は在庫管理や店内清掃・事務処理などの業務も発生します。

「△△が好きなため△△のみを仕事にする」という考えで就職しても、「やりたいことと違う」「思っていた仕事ではない」とミスマッチを起こす可能性があり注意が必要です。
 

取り組んではじめて適性が分かることもある

まずは、やりたいことや好きなことに固執せず「できる仕事」に取り組んでみましょう。実際に業務を行ううちに、自分の新たな適性に気づいたり仕事にやりがいを感じたりする可能性もあります。

「適性がよく分からない」という方は、「自分の適性に合った仕事の探し方」のコラムを参考にしてください。

先入観や固定概念から離れてみよう

「消極的」「体力がない」「向いていないと言われた」など、業種や職種に対して、先入観や固定概念で自分を評価するのはやめましょう。先入観や固定概念は将来の可能性をつぶしてしまいます。仕事の選択肢も狭くなり、業務の進め方や仕事への考え方も凝り固まる可能性があります。

やってみて初めて楽しく感じたり興味が湧いたりすることもあるため、自分の可能性を狭めないためにも先入観や固定概念から離れて考えるのがおすすめです。

好きなことを仕事にしようと検討中の方は「好きなことを仕事にするのは楽しい?辛い?メリットとデメリットを知ろう」のコラムを参考にしてください。

仕事の満足度を上げる4つの方法

仕事の満足度が高いと、働く意味や目的を見出しやすくなります。仕事の満足度を上げるには、以下の4つの方法を試してみてください。

1.自分の得意なことを仕事にする

仕事にはやりたいことや好きなことではなく、自分の得意なことを選択するのがおすすめです。成果が求められる仕事で自分の得意なことや強みを活かせると、達成感も感じやすくなるでしょう。

ほかにも、周囲に認められる・モチベーションを保てる・自己肯定につながるメリットがあります。自分の強みを発揮できる仕事を探してみてください。

2.会社の人間関係を良好に保つ

業務内容に満足していても、勤務先の人間関係に問題があるとモチベーションを保ちづらくなるでしょう。価値観が違っても、お互いの考え方を理解して尊重できる関係性は大切です。業務に関する相談がしやすいと、ストレスが軽減されたり助け合えたりするため、居心地よく働けます。

3.快適さを感じる勤務環境の会社を探す

仕事の満足度を上げるには、働く環境も大切です。従業員の多い企業が心地良いと感じる方がいる一方で、少人数で働きたい方もいるでしょう。また、上司の指示にしたがって業務を行いたい方や自分で仕事を見つけて進めたい方もいます。

人によって快適さを感じる勤務条件はさまざまです。企業規模や社風に限らず、勤務形態や給与形態なども含めて、自分に合う職場を見つけてください。

4.自分に合う社風や方向性の会社を見つける

人間関係や勤務環境がよくても、会社の社風や方向性が自分の考えと一致しなければ、仕事にやりがいを見出せずモチベーションが下がります。働くうえで、社風やビジョンに同調できるかは大切なポイントです。自己分析や企業研究を深め、自分に合った企業か判断しましょう。

適性に合った求人を探すならエージェントを利用しよう

「自己分析や企業研究の重要性を理解しているが、やり方が分からない」とお悩みの方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは専任のアドバイザーが強みや特性・向いている職業などの判断を手伝わせていただき、就職・転職活動をサポートします。

気になる求人を見つけたあとも、提出書類の書き方や面接の受け方もアドバイスいたします。無料でご利用できますので「働く意味が分からない、働く目標を見つけたい、満足度の高い仕事をしたい」とお悩みの方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

「働くとは」に関するお悩みQ&A

働く意味について、よくある質問をまとめました。

自分なりの働く意味を見つける方法は何ですか?

自分なりの働く意味を探すには、自己分析を活用しましょう。
自己分析で過去の経験を振り返ることで、仕事への考え方や達成したい目標を明確にできます。また、人が働く理由や自分なりの意味を見つけるヒントを紹介した「なんのために働くのか…分からなくなったときのヒントや面接の対策法を解説」のコラムも参考にしてください。

面接で働く意味を聞かれた場合、何と答えるのが理想ですか?

働く意味は人それぞれであるため、明確に自分の意見を伝えましょう。
働く意味に加えて裏付けとなる具体的なエピソードを伝えると、説得力があります。面接対策したい方は「面接で「仕事とは何か」を聞く意図とは?上手な回答法を紹介」のコラムもおすすめです。面接官が質問する理由や自分なりの働く意味を伝えるポイントを紹介しています。

働く意味を見出すには、どのような仕事を選ぶと良いですか?

仕事の満足度が高いと、働く意味を見出しやすくなります。
得意なことを仕事に活かしたり、人間関係や働く環境を考慮したりすると、満足度の高い仕事ができるでしょう。詳しく解説している「働く意義とは何?面接での回答例文や働きがいのある会社の見つけ方を解説!」のコラムも参考にしてください。

この記事に関連するタグ