1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 自己PRで「チャレンジ精神」をアピールするには?

自己PRで「チャレンジ精神」をアピールするには?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・新しいことにチャレンジしてくれる人材を求めている企業は多い
    ・ただ、企業側はあくまでも企業に貢献し利益を上げてくれる人材を求めている
    ・チャレンジ精神があるからといって成果に繋がるわけではないためそれだけでは不十分
    ・まずは自分の強みを結論として述べ、それを裏付けるエピソードを説明する
    ・最後にその強みを応募企業でどう活かせるのかを具体的に述べる

就職活動をしていると、面接などで自己PRを求められることは少なくありません。
その中で「チャレンジ精神」をテーマにしようとしている人は多いのではないでしょうか。
しかし、ただ単にチャレンジ精神をアピールしようとしても、採用担当者にうまく伝わらない可能性があります。
こちらのコラムでは、自己PRでチャレンジ精神をテーマにするときの注意点と書き方の流れについてご紹介しています。

◆チャレンジ精神は効果的な自己PRになる?

新しいことに積極的に取り組んでくれる人、つまりチャレンジ精神のある人を求める企業は多い傾向にあります。
しかしチャレンジ精神があるからといって、必ずしも成果に結びつくとはいえないため、それだけでは企業側にアピールすることができません。
企業側が人材を採用するのは、あくまでも企業に貢献してもらい利益を伸ばしてもらうことが目的。
そのため、チャレンジ精神があることよりも、それによってもたらす成果が得られるかどうかを重視する傾向にあります。
チャレンジ精神を効果的にアピールするには、そのチャレンジ精神によってどのような成果が得られ、何を学んだのか、そしてその強みを応募企業でどう活かせるのかまでセットで伝えるようにするのが大切です。

また、チャレンジ精神をテーマにする就活生は多いため、埋もれやすい可能性があります。
「チャレンジ精神があります」というように、そのままの表現では具体性に欠けるので、自分なりの表現に変えることがポイントとなります。

次は、チャレンジ精神をテーマにするときの注意点について詳しくご紹介していきます。


◆チャレンジ精神をテーマにするときの注意点

チャレンジ精神をアピールする際には、企業の考えているチャレンジ精神がどんなものなのか理解しておく必要があります。
企業の社風によってはチャレンジ精神があまり評価されない場合もあるので、事前に企業研究をしっかり行っておきましょう。
自己PRでチャレンジ精神をアピールする人は多いですが、「挑戦しただけ」で成果を伝えなければ企業からの評価に繋がりません。
採用担当者は、企業に利益をもたらす「取り組み方」「成果」が期待できるかを重視しています。
リスクを把握しつつ、責任をもって取り組んでいることがわかるように伝えましょう。
また気をつけておきたいのは、しっかり期限を決めて取り組んでいるかどうか。無期限のチャレンジは社会に出れば挑戦のうちに入らないこともあるので注意しておきましょう。
さらに、なぜそのアクションを起こそうと思ったのかも伝え、そのチャレンジから何を学んだのか、その強みを応募企業でどう活かしたいのかまで具体的に説明できることが大切です。
採用担当者は、そのチャレンジから人柄だけでなくその人にポテンシャルがあるかを見極めようとしています。
また、「チャレンジ精神がある」という熱意だけでなく「冷静に判断できる力」も持ち併せていることを伝えると、よりアピールになる可能性があります。
ただ単に「チャレンジ精神」という言葉を使うのではなく、「探究心」や「ハングリー精神」といった類語を使って自分らしさをアピールするといいでしょう。


◆自己PRの手順

自己PRでは、しっかり構成に沿って書いていくことがポイントです。
ただ自分の思いつくままに書いていっても、相手に伝わらない可能性があります。
以下の自己PRの流れをヒントに書いていきましょう。

【自己PRの流れ】

・結論
・概要
・課題
・行動
・結果
・企業への貢献の仕方

まずは、「私の強みは◯◯です。」と分かりやすく簡潔に結論を述べます。
そしてその強みが最も発揮された経験を説明していきます。
そのエピソードでどんな課題を発見し、その課題を解決するためにどのような行動を取ったのかを説明していきます。その結果を具体的に述べ、どのような成果に繋がったのかを説明するようにしましょう。
そして最後にその強みを活かして応募企業にどう貢献したいのかを伝わりやすいように説明します。
1番初めに自分が最も言いたいことを述べることで、採用担当者に伝わりやすくなります。
そしてそれを裏付けるエピソードを具体的に述べることが重要です。伝わりやすい文章になっているかどうかは、採用担当者の立場になって考えることがポイント。
そのためには、自分だけで読み返すのでなく、第三者から読んでもらって客観的な意見をもらうことがおすすめです。
ハタラクティブでは応募書類の書き方の指導や添削を行っています。書き方に不安がある方や誰かに読んでもらいたいという方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    自己PRで「努力家」をアピールするには?

  • image

    上昇志向が強い人の特徴とは?

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる