新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 「ゼミで学んだこと」欄はどう書く?ESでの例文とNG例も紹介

「ゼミで学んだこと」欄はどう書く?ESでの例文とNG例も紹介

公開日:

最終更新日:

「ゼミで学んだこと」欄はどう書く?ESでの例文とNG例も紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・「ゼミで学んだこと」で採用担当者が知りたいのは、経験を仕事にどう活かすのか
  • ・ゼミで学んだこと欄に書くのはゼミを選んだ理由や内容、身につけた知識など
  • ・ゼミで学んだことの書き方のポイントは結論から書き、分かりやすい言葉で説明すること
  • ・ゼミに入っていなかった場合には、正直に書いてほかの項目でアピールする

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

既卒の方や職歴の浅い第二新卒の方だと、ゼミで学んだことについて企業から問われる場合もあるでしょう。その際には、ゼミに取り組んだ姿勢や内容を元に、応募先企業のどんな業務に活かせるのかを明確にするのが大事です。このコラムでは、採用担当者はゼミで学んだことから応募者の何を知りたいのか、説得力を持つ内容を書くにはどのような点に気をつけたらよいのかなど包括的に解説します。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

「ゼミで学んだこと」欄で採用担当者が知りたいことは?

採用担当者がゼミで学んだことで知りたいのは、「応募者がゼミ活動に取り組んだか姿勢」と、「ゼミでの経験を入社後どう活かすのか」など。以下、詳しく見ていきましょう。

ゼミで入社後も活かせる経験をしているかどうか

ゼミで発表や論文を仕上げるためにした経験が、入社後にも活きるものかを見ています。たとえば、調査のため一般の人にアンケートを行ったり、施設などに取材に行ったりするといった体験は、営業活動やマーケティングなどに役立つでしょう。
専攻テーマは直接関係なくとも、経験によってはビジネスに役立つ場合もあります。応募先企業の業務にどう活かせそうか考えてみてください。

ゼミ活動への取り組み方や姿勢

採用担当者は、ゼミへの取り組み方や姿勢も見ています。ビジネスで重宝されるのは、自分で考え、動ける人材です。担当教授に示された本を読んでまとめただけというのではなく、自主的にテーマを見つけ、分析を深めていく姿勢が見られているといえるでしょう。
具体的にどのような点を見ているかについては、以下にご紹介します。

困難をどう乗り越えたか

まず、研究するにあたって難しい問題に直面した場合に、どのように対処したかについて見ています。自分でいろいろな情報を集めて対処する、ほかの人と一緒に対処するなど、自分で何らかの解決策を導けるかどうかがポイントです。

頑張りが効くかどうか

大変なことに対して頑張りが効くかどうかも評価の1つ。ゼミでの発表や論文を仕上げるには、忙しいなか文献を調べたり、作業や分析を行ったりと多くのことに取り組む必要があります。このような体験を通じて、仕事の業務が忙しくなって大変な状況になったとしても、応募者が業務に取り組めるかを見ているといえるでしょう。

次の項で、具体的に「ゼミで学んだこと」欄にはどんなことを書けば良いのかについてご説明します。

ESの「ゼミで学んだこと」欄に書くこと

ゼミで学んだことの欄に書くのは、選んだ理由や取り組んだ内容、身につけた知識などです。
以下、詳しくご説明します。

そのゼミを選んだ理由

ゼミを選んだ理由から、応募者がどんな分野に興味があるのかが採用担当者に伝わります。また、内容のほかに、選んだゼミにどんな特色があるのかについても説明すると選ぶ際の基準も分かり、より応募者の人となりが伝わりやすくなるでしょう。

ゼミで取り組んだ内容

ゼミで取り組んだ内容を書く際の注意点は、専門外である採用担当者が読んでも分かるように書くことです。書く際には、できるだけ専門用語を使わず、どんな意義のある研究分野なのかを分かりやすく説明しましょう。どうしても使用しなくては説明できないなら軽く注釈をつけるなど、工夫することが大切です。

ゼミで身につけた知識

学生時代のゼミでどのような専門知識を身に着けたかを説明しましょう。
ゼミで身につけた知識は、応募先企業の業務内容に関わるものだとベスト。しかし、業務内容とまったく関係なくても、その知識を得ることが仕事にどう活かせるのかについて添えると良いでしょう。

その知識をどうやって深めたか

ゼミで得た知識が、研究を進めるに従ってどのように深まっていったのかについて説明します。
主に研究手法を紹介しつつ、どのような姿勢で研究に臨んだのかという内容になるでしょう。研究への姿勢は、応募者が入社後の業務にどのように取り組むのかを採用担当者に想像させます。
自分が特に力を入れたことは何か、どのような点に気をつけて取り組んだのかなど、自分ならではの研究に対する姿勢をアピールしましょう。

ゼミの経験を入社後どう活かせるか

上記で触れたように、ゼミ活動への姿勢は入社後の業務への取り組み方に通じるものがあります。
ゼミへの取り組みを通じて得た、業務でも活かせるようなスキルをアピールしましょう。また、実際にどう研究活動を行ったのかという内容は、具体的であればあるほど説得力が増すので、研究手法を分かりやすく説明したり、数字を使ったりするのもおすすめです。

書き方のポイント

ゼミで学んだことを書く際には、まず結論から書く、分かりやすい言葉で説明するなどのポイントがあります。ここでは、書き方のポイントについて詳述します。

まずは結論を書く

物事を説明する際には、結論から書くのが基本です。話の結論から書くと、これからどんな話が展開されるのかを最初に読み手に示せるうえ、分かりやすい印象を与えるからです。
自己PRや志望動機など、ほかの項目でも基本となる書き方なので、覚えておくと良いでしょう。

専門用語は避けて、分かりやすい言葉で説明する

前項でも触れましたが、採用担当者は専門分野に対する知識を持っているとは限りません。専門用語はできるだけ避け、簡単な言葉に言い換えるなど工夫しましょう。また、難しいことを簡単な言葉で説明できるのは、理解力やプレゼン能力が高いという評価にも繋がるので、アピールポイントとしても使えます。

その学問の意義に触れる

自分の興味だけでなく、テーマにどのような意義があるのかを分かりやすく説明してください。
たとえビジネスと直接関係のない内容だったとしても、「その研究を通じて何が分かるのか」「どんなことに貢献するものなのか」が相手に伝われば、ゼミを通じて応募者が何を得ようとしたのかが分かるからです。自分の研究目的を深く掘り下げて考えてみると良いでしょう。

自己PRにつなげる

ゼミの内容や取り組み方を一通り説明したあと、最後は自分のPRへつなげます。
ゼミ活動を通じて得た体験やスキル、考え方などが、応募先企業のどんな業務での活躍に繋がるのか、客観的に説明しましょう。自分の希望する業務にどう役立つと考えたのか、思考の道のりをできるだけ具体的に示すのがポイントです。

次の項目では、「ゼミで学んだこと」の例文をそれぞれご紹介します。
良い例と悪い例に分けて解説しますので、ポイントを押さえる際の参考にしてください。

「ゼミで学んだこと」の例文

ここでは、ゼミで学んだことの項目について、例文をご紹介します。書く際のポイントは、「ゼミでどんな活動をして、何を得られたのか」「その活動は応募先企業でどのように役立つのか」について説明することです。研究結果よりも、どのように研究を進めたのかについて説明するのが主な内容になるでしょう。

例文1

私は、ゼミで社会学を専攻しました。テーマは『働き方の改革を進めるためには』です。労働者が仕事をする環境の現状を調べて分析し、「ワークライフバランスの取れた働き方を目指すためにはどのような観点が必要か」について考察するのが目的です。企業などに1件ずつメールでアポイントメントを取ってアンケートを実施したり、ほかのゼミ生にも協力してもらって分析し、一緒に議論を行ったりしました。ゼミ活動を通じて日本の労働に関する知見を深められたうえ、自分で工夫しながら調査を行い、結果を共有し皆で分析するという経験から、周りと協力して1つの目標を達成するということを学びました。私は、皆で協力してデータを分析し、議論を深めながら大きな目標を達成しようとする姿勢は、貴社でのマーケティング業務で活かされると考えています。ゆくゆくは貴社のマーケターとして、顧客に満足してもらえるような商品の企画に携わりたいと思っています。

例文2

私は、ゼミで西洋史学を専攻しました。テーマは『説教師がどのように説教を民衆に広めていったのか』です。当時、限られた人しか本を読めず情報を普及させるのが難しかった時代に、説教がどのようにマスメディア的な役割を担っていたのかについて研究しました。説教の内容だけでなく、当時の社会状況や人口の様子、どのような社会階級の人が聞き手だったのかなど、幅広く検討しなくてはなりませんでしたが、大学院のゼミに参加させてもらい、同じ研究テーマの先輩に論文を紹介してもらったり、研究についてのアドバイスをもらったりした結果、論文の方向性を明確にして深い考察が可能になり、担当教授からも高評価を頂くことができました。また、古い言語が対象なので語学は難しいものでしたが、毎日コツコツと机に向かい勉強を続けた結果、文献が読めるようになるまでに上達しました。これらの経験を通じて、自分で積極的に物事に取り組む姿勢と、何事にもコツコツ頑張る姿勢が身についたと感じています。私は、ゼミを通じて身につけたこれらの姿勢をもとに、貴社の事務職としてお役に立ちたいと考えています。

「ゼミで学んだこと」のNG例文

研究手法と研究結果しか書いていない書類は選考落ちしやすくなります。
冒頭でお伝えしたように、採用担当者は、「ゼミでどのように考え、何を得ようと取り組んだのか」という点に注目しています。データをどうやって分析したのか、どう行動したのかなど、実際に取り組んだやり方を具体的に説明すると良いでしょう。
ゼミでの経験を入社後の業務にどう活かせるのかという自己PRも、研究結果より主に行動をアピールするほうが、エピソードに説得力が持たせられます。
以下は、いずれも「取り組み方」と「結果」しか記載しておらず、内容が伝わりづらい例文です。

NG例文1

私は、ゼミで教育心理学を専攻しました。テーマは『児童を褒めることによってどのような良い効果が得られるか』です。ゼミでは、実際に小学校の児童にアンケートを行い、誰に、どんなことで褒められて嬉しかったか、どう感じたかというデータを集め、分析しました。そうすると、子どもたちは主に自分がしたことが人に喜ばれると嬉しいと感じることが分かりました。さらにいろいろなことにチャレンジしてみようという意欲も同時に出て、積極的に物事に取り組むようになる傾向が見られることも判明。私は、ゼミの研究で得たこのような結果をもとに、貴社の幼児向け教育事業で、幼児の自主性を伸ばすような教材の開発に携わりたいと思っています。

NG例文2

私は、ゼミで地方財政について専攻しました。研究テーマは『交通の発達が物や人の流通にどうか関わっていくか』ということです。私は、自分の住んでいる地域のおよそ50年前から今までの地域史や交通手段が充実していく過程と、人口や店舗数の増加傾向とを照らし合わせて、両者にどのような相関関係があるのかについて調べました。その際に、地域の人にアンケートを配ったり、鉄道会社や市役所に取材を行ったりしましたが、実際の住民の声を直接聞くことがその地域の経済発展に繋がるのだと感じました。私は、この経験を、貴社の沿線価値を高めるための営業活動に役立て、貢献していきたいと思っています。

ゼミに入っていなかった場合はどう対処する?

ゼミに入っていなかった場合には、入らなかった理由を明確にすれば問題ありません。他の内容でアピールしましょう。

「なぜゼミに入らなかったのか」正直に書く

ゼミに入らなかった理由は、正直に書きましょう。大学3年になるとゼミに入る人が多数なので、入らなかった理由は面接官も気になるところ。「留学していたから」「語学学校や課外活動を優先させたかったから」など、第三者にも納得できるような説明をするのが大事です。
特にはっきりした理由がなく何となくゼミに入らなかったという場合には、「当時はゼミの重要性を理解しておらず、ほかのことに興味があったためそちらに注力していた」というように、ゼミの代わりに取り組んでいたことについて説明すると良いでしょう。

ほかの項目でアピールする

前項で少し触れたように、ゼミの経験が書けないときには、代わりに注力して取り組んでいたことについて書いたり、ほかの項目でアピールしたりすると良いでしょう。
ほかに自己アピールできる項目は志望動機や自己PRなので、こちらの内容を充実させるのが重要です。特にこの2つはより選考に深く関わってくる箇所なので、説得力のある内容であれば、ゼミでの経験が書けなくともその分をカバーできます。

嘘を書くのはNG

ESや履歴書に嘘を書くのは避けてください。嘘を書くとほかと辻褄が合わなくなったり、採用担当者からの質問に答えられなかったりします。嘘を書いたのがバレた場合、すぐに不採用になるので、リスクの高い行為です。素直に「ゼミには入っていなかった」と説明すると良いでしょう。

「ゼミで学んだことなどの自己PRがうまく書けない」「書類選考が通過しない」などでお悩みの方は、20代・30代向けエージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは、ご自分の経歴に自信がなく自己PRの内容が思いつかないというご相談者様に対し、専属のキャリアアドバイザーが一緒に企業にアピールできるポイントをお探しします。そのうえで、ご相談者様に合ったお仕事を厳選してご紹介。ハタラクティブの求人は、個人のポテンシャルを高く評価する企業ばかりなので、経歴に自信のない方でも安心してご利用いただけます。
すべて無料のサービスですので、お気軽にお問い合わせください。ご登録をお待ちしております。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ