ゼミで学んだことのESへの書き方と例文!学業の成果を自己PRに繋げよう

ゼミで学んだことのESへの書き方と例文!学業の成果を自己PRに繋げようの画像

この記事のまとめ

  • ESのゼミで学んだことから採用担当者が知りたいことの一つは経験が業務に活かせるか
  • ESに書くゼミ活動の内容は、ゼミを選んだ理由や取り組んだテーマ、得たスキルなど
  • ESのゼミで学んだことの書き方のポイントの一つは分かりやすい言葉で説明すること
  • ゼミに入っていなかった場合には正直に書き、ESのほかの項目でアピールする

ESのゼミで学んだことの書き方に悩む既卒や第2新卒の方も多いはず。ESにゼミ活動について書く際はゼミで取り組んだテーマの概要や成果を簡潔に伝え、ゼミ活動から得たスキルを強みとして自己PRに繋げることが重要です。また、ゼミ活動を通して会社に何を見られているのかを意識した書き方を心掛けてください。このコラムを参考に、ゼミで学んだことを活かして志望する会社に貢献できることをアピールしましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

ESの「ゼミで学んだこと」から見られていることは?

会社側の採用担当者は、応募者のESに書かれたゼミ活動への取り組み方や姿勢から、自主性や問題を解決する力、業務に活かせる経験をしているかなどを見ています。以下で内容について詳しく見ていきましょう。

ゼミ活動における「自主性」や「問題解決力」

採用担当者は、ESに書かれたゼミへの取り組み方や姿勢から自主性や問題に対処する力があるかなどを見極めています。仕事をこなす上で重宝されるのは、自分で考え、動ける人材です。担当教授に示された本を読んでまとめただけというのではなく、自主的にテーマを見つけ、問題を解決したり分析を深めたりしていく姿勢は有効なアピールポイントといえるでしょう。

ゼミ活動での経験は入社後の業務に活かせるか

ESに書かれたゼミでの発表や論文を仕上げるためにした経験が、入社後の業務に活かすことができるかを見ています。たとえば、「ゼミで研究成果をプレゼン発表した」「調査のため一般の人にアンケートを行った」「施設に取材に行った」などのゼミ活動を通し体験したことは、営業活動やマーケティングなどにの分野で役立つでしょう。ゼミでの研究テーマが直接関係なくても、経験によっては入社後の業務に役立つ可能性があります。ゼミ活動をESに書くときは、自分のゼミでの経験が応募先企業の業務にどう活かせるか考えておくと良いでしょう。

頑張りが効くかどうか

ESのゼミで学んだことの内容から読み取れる、「大変なことに対して頑張りが効くかどうか」といった点も評価対象の一つでしょう。ゼミの論文を完成させるためには、文献を調べたり、分析を行ったりする作業を、学業やアルバイトなどに忙しいなか並行して取り組む必要があります。すべてを同時期に成し遂げたという実績は、「入社後、業務が立て込んだ状況になっても適切に対処していけるだろう」という評価に繋がるでしょう。

ESの「ゼミで学んだこと」では自分の人間性や業務に活かせる経験のアピールを!
ESにゼミで学んだことを書くときは、努力ができるという人間性や、入社後の業務に自分の経験がどんな風に活かせるかを採用担当者にアピールできるよう心掛けましょう。

ESのゼミで学んだことの書き方「5つの内容」

ESに書くゼミで学んだことは、選んだ理由や取り組んだ内容、そこから身につけた知識などが挙げられます。以下で内容を詳しくみていきましょう。

1.そのゼミを選んだ理由

ESに書いたゼミを選んだ理由から、「応募者がどんな分野に興味があるのか」が分かります。また、ゼミを選んだ理由のほかに、選んだゼミにどんな特色があるのかについても説明すると良いでしょう。どんなことを基準にゼミを選んだのかが分かり、興味や思考について、より深く採用担当者に伝わります。

2.ゼミで取り組んだテーマ

ゼミを選んだ理由に続き、ゼミで取り組んだテーマについてを書きます。ゼミで取り組んだ内容をESに書く際は、専門外である採用担当者が読んでも分かるように書きましょう。ゼミ活動はできるだけ専門用語を使わず、どんな意義のある研究分野なのかを分かりやすく説明することが大切です。どうしても使用しないと説明できない場合は意味が分かるよう注釈をつけるなど、工夫しましょう。

3.ゼミで身につけた知識とその深め方

ESでは、ゼミで身につけた専門知識はどんなものか、また、その知識をどう深めたかについて説明するようにしましょう。ゼミで身につけた知識は、応募する会社の業務内容に関わるものがベスト。もしゼミで得た知識が業務内容と全く関係ない場合は、その知識を得ることが仕事にどう活かせるのかについて考え、説明できるようにすると良いでしょう。
続けて、ゼミで得た知識が研究を進めるに従ってどのように深まっていったのかについて説明します。知識を深めるためにどのような研究手法用いたかや起こした行動などを具体的に述べるようにしてください。ESを見た採用担当者が、ゼミでの知識を深めるための真摯な姿勢から、「入社後も誠実に業務に取り組んでくれそう」と想像できるようアピールをしましょう。

4.発生した問題をどう解決したか

ESにゼミで学んだことを書く際は、研究を進めていく過程で直面した困難な問題と、その問題についてどのように対処したかを書くようにしましょう。「自分で情報を集めて対処する」「先輩にアドバイスをもらう」「ほかの人と一緒に対処する」などトラブルの乗り越え方から、困難に直面した時に発揮された対応能力やコミュニケーション能力などをアピールできます。

5.ゼミの経験で得たものを入社後どう活かせるか

ESのゼミで学んだことでは「ゼミへの取り組みを通じて得たスキルは業務にこう活かせる」という点をアピールしましょう。ゼミ活動への取り組み方は、入社後の業務への取り組み方に通じるものがあります。ゼミと同様、入社後の業務も目標と意欲を持って取り組めるという姿勢を示しましょう。

ゼミ活動の内容は具体的に書く!
ゼミ活動の説明は、具体的なほど説得力が増すため、「研究手法(アンケートを行った・取材をした等)」を分かりやすく説明したり「数字」を用いたりすると、研究を進めるためにさまざまなアクションを起こすなど意欲的に行動していたことを効果的に伝えることができます。
ゼミで学んだことの書き方については「『学業で力を入れたこと』がない?ゼミなしの場合は?例文と履歴書の書き方」でも詳しく説明していますので、チェックしてみてください。

ESのゼミで学んだことの書き方「4つのポイント」

ESにゼミで学んだことを書く際には、「結論から書く」「専門用語は避けて、分かりやすい言葉で説明する」「学んだテーマの意義を伝える」「自己PRに繋げる」という4つのポイントを意識しましょう。以下で4つのポイントの内容を詳しく解説します。

1.結論から書く

ESにゼミで学んだことを書く際は、結論から書きましょう。結論から書くと、読み手に話の展開を最初に示すことができるうえ、簡潔に分かりやすく伝えられます。結論を先に述べる方法は、ESや履歴書のなかの自己PRや志望動機といった、ほかの項目でも基本となる書き方なので、覚えておくと良いでしょう。

2.専門用語は避けて、分かりやすい言葉で説明する

ゼミ活動の内容では文系・理系に関わらず、専門用語はできるだけ避け、簡単な言葉に言い換えるなど工夫しましょう。ESを見る採用担当者は専門分野に対する知識を持っているとは限りません。また、難しいことを簡単な言葉で説明できるのは、「本質が理解できている」「理解力やプレゼン能力が高い」という評価にも繋がるので、アピールポイントになります。

3.学んだテーマの意義を伝える

ESでは、ゼミで取り組んだテーマにどのような意義があるかについても説明しましょう。取り組むテーマにどのような意義を見出したのかという点から、ゼミ活動で何を得ようとしていたかを採用担当者に伝えることができます。研究テーマが応募する会社の業務に直接関係のない内容だったとしても、自分の研究目的を掘り下げ、「その研究を通じて何が分かるのか」「どんなことに貢献するものなのか」を分かりやすく伝えられるようにしましょう。

4.自己PRに繋げる

ESにゼミ活動について一通り書き終わった後は、自己PRに繋げましょう。ゼミ活動を通じて得た経験やスキル、考え方などが、応募先の会社で業務に取り組むに当たり、どんな強みになるのかを説明します。「ゼミで学んだことから培った自分の強みは仕事にこのように役立てられる」と考えた過程をできるだけ具体的に示すのがポイントです。

ESのゼミで学んだことの書き方「例文」

ESのゼミで学んだことを書く際のポイントは、「ゼミでどんな活動をして、何を得られたのか」「その活動は応募先の会社でどのように役立つのか」に重点を置くことです。
以下の例文を参考に見てみましょう。

例文1

私は、ゼミで社会学を専攻しました。テーマは『働き方の改革を進めるためには』です。労働者が仕事をする環境の現状を調べて分析し、「ワークライフバランスの取れた働き方を目指すためにはどのような観点が必要か」について考察するのが目的です。企業などに1件ずつメールでアポイントメントを取ってアンケートを実施したり、ほかのゼミ生にも協力してもらって分析し、一緒に議論を行ったりしました。ゼミ活動を通じて日本の労働に関する知見を深められたうえ、自分で工夫しながら調査を行い、結果を共有し皆で分析するという経験から、周りと協力して1つの目標を達成するということを学びました。私は、皆で協力してデータを分析し、議論を深めながら大きな目標を達成しようとする姿勢は、貴社でのマーケティング業務で活かされると考えています。ゆくゆくは貴社のマーケターとして、顧客に満足してもらえるような商品の企画に携わりたいと思っています。

例文2

私は、ゼミで西洋史学を専攻しました。テーマは『説教師がどのように説教を民衆に広めていったのか』です。当時、限られた人しか本を読めず情報を普及させるのが難しかった時代に、説教がどのようにマスメディア的な役割を担っていたのかについて研究しました。説教の内容だけでなく、当時の社会状況や人口の様子、どのような社会階級の人が聞き手だったのかなど、幅広く検討しなくてはなりませんでしたが、大学院のゼミに参加させてもらい、同じ研究テーマの先輩に論文を紹介してもらったり、研究についてのアドバイスをもらったりした結果、論文の方向性を明確にして深い考察が可能になり、担当教授からも高評価をいただくことができました。また、古い言語が対象なので語学は難しいものでしたが、毎日コツコツと机に向かい勉強を続けた結果、文献が読めるようになるまでに上達しました。これらの経験を通じて、自分で積極的に物事に取り組む姿勢と、何事にもコツコツ頑張る姿勢が身についたと感じています。私は、ゼミを通じて身につけたこれらの姿勢をもとに、貴社の事務職としてお役に立ちたいと考えています。

ESにゼミで学んだことを書く時の参考例文は「『ガクチカ』の面接での話し方!印象付けるコツやタイプ別の例文も紹介」でも紹介しているのでご覧ください。

ESのゼミで学んだことの書き方「NG例文」

ゼミで学んだことについてを書く際は、自分が勉強した内容だけに留まらないようにしましょう。採用担当者は、ESから「ゼミ活動に取り組む姿勢」や、「得たスキルが入社後に活かせるか」という点を読み取ろうとしています。そのため、研究手法や研究結果しか書いていない書類は、採用担当者が知りたいと考えていることが伝わらないため、選考落ちしやすくなる可能性があるので注意してください。
以下はゼミでの研究テーマの概要と結果のみが書かれたNG例文です。

NG例文1

私は、ゼミで教育心理学を専攻しました。テーマは『児童を褒めることによってどのような良い効果が得られるか』です。ゼミでは、実際に小学校の児童にアンケートを行い、誰に、どんなことで褒められて嬉しかったか、どう感じたかというデータを集め、分析しました。そうすると、子どもたちは主に自分がしたことが人に喜ばれると嬉しいと感じることが分かりました。さらにいろいろなことにチャレンジしてみようという意欲も同時に出て、積極的に物事に取り組むようになる傾向が見られることも判明。私は、ゼミの研究で得たこのような結果をもとに、貴社の幼児向け教育事業で、幼児の自主性を伸ばすような教材の開発に携わりたいと思っています。

NG例文2

私は、ゼミで地方財政について専攻しました。研究テーマは『交通の発達が物や人の流通にどうか関わっていくか』ということです。私は、自分の住んでいる地域のおよそ50年前から今までの地域史や交通手段が充実していく過程と、人口や店舗数の増加傾向とを照らし合わせて、両者にどのような相関関係があるのかについて調べました。その際に、地域の人にアンケートを配ったり、鉄道会社や市役所に取材を行ったりしましたが、実際の住民の声を直接聞くことがその地域の経済発展に繋がるのだと感じました。私は、この経験を、貴社の沿線価値を高めるための営業活動に役立て、貢献していきたいと思っています。

ESのゼミで学んだことは、「研究テーマの概要」と「結果」だけの文章にしない!
ゼミで学んだこととして研究テーマの概要や結果だけを書いたものは、最後にいくら「この経験を活かして貴社に貢献したい」などと結んでも説得力がありません。「ゼミ活動に取り組む姿勢」や、「得たスキルが入社後に活かせるか」が伝わる具体的なエピソードを盛り込みましょう。

ゼミに入っていなかった場合のESの書き方と注意点

大学でゼミに所属していなかった場合は、入らなかった理由が明確であれば問題ありません。ESにはゼミ活動以外のエピソードを用いて、会社に貢献できるというアピールしましょう。

ゼミに入らなかった理由を正直に書く

ゼミに所属しなかった理由は、正直に書くようにしてください。大学3年生からゼミに所属する学生が大多数のなか、なぜ所属しなかったのかという点は採用担当者も疑問に思うでしょう。「留学していたから」「語学学校や課外活動を優先させたかったから」といった第三者が納得できるような理由を説明することが大切です。もし、特にはっきりした理由がなく何となくゼミに入らなかったという場合は、「当時はゼミの重要性を理解していなかった」と説明した上で、ゼミの代わりに注力し取り組んでいたことについてSEの書くと良いでしょう。

ほかの項目でアピールする

ゼミに所属していなかった場合、ES内のゼミ関連以外で自分をアピールできる項目である「志望動機」や「自己PR」の、内容を充実させましょう。特にこの2つはより選考に深く関わってくる箇所なので、説得力のある内容であれば、ゼミでの経験が書けなくともその分をカバーできます。

ゼミ活動と同じく、ESの志望動機や自己PRは具体的なエピソードを盛り込もう!
ESの志望動機や自己PRで、志望するにあたった経緯や自分の強みを説明する際は説得力を増すために、ゼミで学んだことと同様に具体的なエピソードを盛り込むよう心掛けましょう。

ESに嘘は書かない

ESや履歴書に嘘は書かないようにしましょう。そもそもマナー違反なうえ、嘘を書くとほかと辻褄が合わなくなったり、採用担当者からの質問に答えられなかったりします。また、嘘を書いたのが知れた場合、すぐに不採用になるので、リスクの高い行為です。嘘はつかず正直に「ゼミには入っていなかった」と説明するようにしましょう。

履歴書の「学生時代に力を注いだこと」の例文をご紹介!書き方のコツも解説」ではゼミ以外のことに注力した場合の例文が紹介されているので、参考にしてみてください。

「ESのゼミで学んだことをうまく自己PRに繋げられない」「ゼミに所属していなかったけど、何を書けば良い?」などお悩みの方は、20代・30代向け就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは、ご自分の経歴に自信がなく自己PRの内容が思いつかないというご相談者様に対し、専属のキャリアアドバイザーが一緒に企業にアピールできるポイントをお探しします。そのうえで、ご相談者様に合ったお仕事を厳選してご紹介。ハタラクティブの求人は、個人のポテンシャルを高く評価する企業ばかりなので、経歴に自信のない方でも安心してご利用いただけます。
すべて無料のサービスですので、お気軽にお問い合わせください。

関連タグ