新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 大学中退就職TOP
  4. >
  5. 大学中退者向けの就職支援とは?おすすめのサービスをご紹介!

大学中退者向けの就職支援とは?おすすめのサービスをご紹介!

【このページのまとめ】

  • ・大学中退者の就活では、就職サイトより就職支援サービスの利用がおすすめ
  • ・大学中退者に就職支援がおすすめの理由は、就活を全面的にサポートしてもらえるから
  • ・就職支援では求人の絞り込みや選考対策をしてもらえるので、就活を成功させやすい
  • ・大学中退者向けの就職支援にはハローワークやジョブカフェ、就職エージェントがある
  • ・大学中退からの就職を成功させるには、できるだけ早く動き出すのが大事

大学中退者向けの就職支援とは?おすすめのサービスをご紹介!の画像

大学中退からの就職活動は、新卒者に比べて不利な点を感じ、「本当に就職できる?」「条件に合った仕事は見つかる?」と不安を抱く方もいるのではないでしょうか。そんなときは一人で悩まずに、就職支援サービスの活用をおすすめします。大学中退者向けの求人の豊富さと、就活アドバイザーの手厚いサポートがハタラクティブの魅力です

  • 大学中退などの若年層に特化

    「大学中退者でも採用してくれる企業はある?」「就職活動の方法が分からない」とお悩みの方は、就職エージェントのハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブでは大学中退者などの若年層に特化した求人を多数ご用意。多彩な求人の中からあなたの条件や適性に合ったものをご紹介します。

  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応

    大学中退でも大丈夫!就職活動での不安や悩みは、最初のカウンセリングでご相談ください。ハタラクティブでは、数多くの就職支援を行ってきたプロの就活アドバイザーが、マンツーマンで就職活動をサポート。カウンセリングをもとに、豊富な求人の中からあなたにマッチしたお仕事をご紹介します。応募書類の書き方や面接練習など、対策までしっかり対応するので安心です。

  • 求人サイトにはない非公開求人多数

    ハタラクティブは、正社員就職を目指す大学中退者の方に最適な就職支援サービスです。求人サイトには載っていない非公開求人を多数ご用意し、最新の求人情報の中から希望条件や適性に合ったお仕事を厳選してご紹介します。ハタラクティブで、あなたに合う仕事を見つけてみませんか?

  • サービスはすべて無料!

    ハタラクティブの就職支援サービスはすべて無料です。お仕事探しから書類添削、面接対策まで無料でご利用いただけます。一人での就活に不安のある方は、気軽にお問い合わせください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

大学中退者は就職支援と就職サイトどちらがおすすめ?

まず最初に、大学中退者にとって、就職サイトと就職支援サービスのどちらの利用が適しているかについて解説します。

就職支援サービスのほうがおすすめ

大学中退の人には、自分で就職サイトで求人を探すよりも、就職支援サービスの利用がおすすめ。就活経験がないうえ、新卒のように大学のキャリアセンターなどからサポートを受けられる機会が少ないからです。初めての就活では、第三者のサポートを受けるのが就職成功への近道といえるでしょう。

大学中退者は就職?転職どっち?

大学中退の人が就活をする際には、転職活動でなく就職活動になります。正社員未経験のため、未就職者として扱われるためです。また、大学卒業資格がないので、新卒や大学既卒扱いにもなりません。そのため、受ける求人は中途採用か、高卒の求人となるでしょう。

就職支援サービスを利用するメリットとデメリット

就職支援サービスには、就活相談ができるというメリットの一方で、いくつも同時に応募できないというデメリットもあります。
以下で、就職支援サービスのメリットとデメリットをそれぞれご紹介します。

就職支援サービス3つのメリット

就職支援サービスの主なメリットは、受けられるサービスにあります。
自分一人では分からなかったり、自信がなかったりすることについて、プロのアドバイスを受けられるのが大きなポイントです。以下、具体的なメリットをそれぞれ解説します。

1. 対面で就職相談をするので、初対面の人と話す練習になる
就職面接を受ける以前に、大学中退してから初対面の人と改まって話す機会がほとんどないという方も多いでしょう。そのような場合には、いきなり本番の面接に臨んでも、思うように力を発揮できないことがあります。あらかじめ就職支援サービスの職員の面談を何度か受けているうちに、だんだん人と話すのに慣れていくでしょう。そのため、面接での緊張や不安が少し減る可能性があります。

2. キャリア相談ができる
大学中退後にいざ就活をしようとしても「どんな求人を受けたら良いのか分からない」「自分に合う仕事が分からない」など、さまざまな悩みから思うように動けない人もいるでしょう。そんなときに、就職支援サービスで相談できると、自分の思考の整理につながったり、就活の方向性が明らかになったりする可能性があります。一人で悩むより、スムーズな悩みの解決につながるでしょう。
また、就職支援サービスの職員は、扱う求人の業界の現状や、業界でどんな人材が求められているのかなどに詳しい傾向があります。業界研究をする際には、適切な助言をくれるでしょう。また、自分にはどんな業界が合っているのかのアドバイスももらえます。

3. 選考対策を受けられる
選考対策を受けられるのも、就職支援サービスを利用する大きなメリットの1つ。大学中退後、自分一人で選考対策をしていても、どこに問題があるのか分からなかったり、不安になったりすることも。プロの選考対策を受けると、自分の選考対策の不備に気づいたり、練習を重ねることで自信を持って選考を受けられたりするでしょう。

就職支援サービス3つのデメリット

一方、就職支援サービスのデメリットとしては、一度にいくつも選考を受けられないといったものがあります。以下、それぞれ解説します。

1. 一度に応募できる求人数に限りがある
就職支援サービスでは、一度に応募できる求人数に限りがあるところがほとんど。なぜなら、一つひとつの求人に担当者の紹介が必要なうえ、あまりたくさん応募しても面接日程を調整しきれないためです。そのため、一度に大量の応募をするのは断られてしまう可能性があります。

2. 就職支援サービスの紹介がないと求人に応募できない
就職支援サービスでは、求人に応募する際に紹介が必要です。自分が気になる求人があったとしても、支援サービス側で「紹介できない」と判断された場合、その求人には応募できません。

3. すべての求人を見られない場合がある
就職エージェントのように、求人を探すのが就活アドバイザーの場合、自分では保有求人を見ることができません。アドバイザーに提供された求人しか見られないので、限られたものにしか応募できない場合があります。

就職サイトを利用するメリット・デメリット

就職サイトで求人を探す場合には、転職者向けや新卒向けは避け、既卒向けの求人サイトを見ると良いでしょう。就職サイトの利用には、自分で就活スケジュールを決めて取り組めるといったメリットの一方、応募求人が絞りこめないといったデメリットもあります。以下、詳しくご紹介します。

就職サイト3つのメリット

就職サイトは、一度に応募できる数に制限がないなどが良い点として挙げられるでしょう。

1.大量の求人が見られる
就職サイトでは、たくさんの求人情報が頻繁に追加されます。そのため、大量の求人が閲覧できるのが大きなポイント。閲覧しているうちに、自分の知らなかった仕事や、思いつかなかった条件にたどり着くこともあり、仕事選びの視野が広がるでしょう。

2.一度にたくさん応募できる
求人の応募制限がないので、気になる求人に対し、一度にたくさん応募できます。複数良い求人があって迷っている場合や、面接対策として経験を積みたいと考えている場合に適しているでしょう。自分でスケジュール管理する必要はありますが、応募のチャンスを逃すことなく就活に取り組めるといえます。

3.いつでも自分の都合の良い時間に使える
深夜や早朝など、いつでも自分の都合の良い時間に利用できるのもメリットです。営業時間を気にする必要がないので、アルバイトで忙しいなど、日中なかなか時間が取れないという人に適しています。

就職サイト3つのデメリット

一方、デメリットとしては、求人が大量にあるので絞り込むのが大変、自分で就活スケジュールを組まなければならないといった点が挙げられるでしょう。以下、詳しくご紹介します。

1. 応募求人をなかなか絞り込めない
就活サイトの大量の求人は、選べる選択肢が多いというメリットがある反面、希望求人を絞り込みづらいといったデメリットがあります。毎回追加される多くの求人から、自分に最適な求人を探すのは大変な作業です。時間がかかった割にはあまり求人を見つけられなかったという場合もあるでしょう。

2. 就活スケジュールを自己管理する必要がある
応募書類作成や応募先企業との面接日程の調整など、忙しい合間を縫って就活スケジュールを管理する必要があります。特に、何社も一度に応募していたり、1社につき何度も面接があったりする場合には、スケジュール調整が難しく大変と感じることもあるでしょう。

3. すべての企業とのやり取りを自分でしなくてはならない
自分自身で企業とやり取りしなくてはならないので、いくつもの会社に応募している場合には、採用担当者とのやり取りに大変さを感じる可能性があります。また、面接が多い場合には、並行して何回も電話やメールのやり取りをしなくてはならず、アルバイト等で忙しくしている人には負担が大きいといえるでしょう。

この項目では、就職サイトと就職支援サービス両方のメリットとデメリットをご紹介しました。どちらが利用しやすいかは人それぞれですが、大学中退から就職活動をする人には、就職支援サービスの利用がおすすめです。
次の項目では、なぜ大学中退者に就職支援サービスが適しているのか、その理由を解説します。

大学中退者に就職支援をおすすめする3つの理由

大学中退の人に就職支援サービスをおすすめする理由は、その面倒見の良さにあります。ここでは、就職支援サービスで受けられる内容を元に説明します。

1. 自分の状況に合ったアドバイスがもらえる

就職支援サービスでは、職員が面談やカウンセリングを行ってくれることが多く、その場で直接悩みの相談にのってくれます。そのため、就活を始める前に、悩みを解決するとともに就活の方向性をあらかじめ決めておくことができるでしょう。
大学中退者のなかには「新卒と違う自分は就活市場でどのような評価なのか分からない」「経歴が気になって就活に踏みだす勇気がない」といった人も多いでしょう。これらの悩みを抱えたまま就活を始めても、迷いや自信のなさから、選考がうまくいかない危険性があります。就活を始める前に、まず自分の悩みを解決しておくことで、よりスムーズな就職活動ができるでしょう。

2. 求人の見方を教えてもらえる

就職支援サービスでは、就活に不慣れな人向けに、求人の見方を丁寧に教えてくれます。また、自分がどこの項目を気にすべきかというところのアドバイスもしてくれるのが嬉しいポイントです。

3. 選考対策をしてもらえる

自己流の選考対策では、どのような点に気をつけたら良いのか分からず、選考のチャンスを棒に振ってしまうことも。就職支援サービスでは選考対策をしてくれるので、同じようなミスを繰り返すことなく、選考のチャンスを最大限活かせます。本番の面接が終わったあと、振り返りもしてくれるので、選考に落ちたとしても次につなげられるでしょう。

4. おすすめの求人を教えてくれる

就職支援サービスを利用する一番のメリットは、おすすめの求人を紹介してくれること。自分で選ぶもののほかに、プロの目で選んだ受かる可能性の高い求人と出会えるので、就職成功率が上がりやすいでしょう。また、あらかじめ希望条件で絞ってくれているので、ミスマッチの可能性が低いのも良い点です。

この項目では、大学中退者に就職支援サービスをおすすめする理由をご紹介しました。しかし、必ずしも、就職支援を使わなくてはいけないわけではありません。次の項目では、大学中退者には就職支援が必要かどうかについて解説します。

大学中退者に就職支援は必要?

結論からいうと、就職支援を受けなくても就職することはできます。しかし、受けたほうがより就職成功への近道となるといえるでしょう。

就職は十分可能だが就職支援を受けると決まりやすい

就職支援を受けずに自分ひとりで就活をしたとしても、もちろん就職を叶えることは可能でしょう。しかし、最初からうまくいくとは限りません。新卒が利用する大学のキャリアセンターのように、いつでも相談できるわけではないので、どうして落とされるのか分からず悩んだり、自信を失ったりと、紆余曲折を経てようやく就職が決まるという場合も。
就職支援を受けると、就活のプロによるサポートが受けられます。選考でうまくいかないポイントを教えてもらえたり、応募する求人を絞り込んでもらえたりと、就職成功までの道のりを最短にできるのが特徴です。そのため、就職支援を受けたほうが、就職が早く決まりやすいといえるでしょう。

大学中退から就職を叶えるためのコツ

大学中退からの就活を成功させるためには、就活の進め方を押さえたり、就職支援を受けたりするのがおすすめです。以下、それぞれ詳しく説明します。

大学中退者の就活の進め方をおさえる

大学中退者の就活の進め方のポイントは大きく分けて2つ。1つ目は、空白期間をできるだけ作らないようすぐに活動を始めること。年単位での空白になってしまうと年齢が上がり、それだけスキルや経験を求められる傾向があるからです。2つ目は学歴、経験不問の求人を探すことが挙げられます。
学歴や経験を問わない求人は大学中退の経歴が不利に働きにくいため、採用可能性が高まるといえるるでしょう。

自分に合った就職支援を受ける

就職支援サービスと一口にいっても、施設や企業によって特色があります。対象となる人や扱う業界や職種などがそれぞれ違うため、事前に調べておくのがポイントです。自分の状況や志望業界などに合った就職支援を受けると、就職成功に大きく近づけるでしょう。

それでは、大学中退者はどのような就職支援サービスを選べば良いのでしょうか。次項では大学中退者に適したサービスを3つご紹介します。

大学中退者におすすめ!3つの就職支援サービス

大学中退者におすすめなのは、主にハローワークやジョブカフェ、就職エージェントの3つです。以下、それぞれ詳しくご説明します。

1. ハローワーク

ハローワークの特徴は、全国各地に所在し管轄地域の求人を多く持っていることです。そのため、地元で就職したいという人に適しています。保有する求人は新卒向けから既卒、中途、学歴不問のものまでさまざま。また、若く正社員経験のない人に向けたトライアル雇用という制度の利用もおすすめです。
また、わかものハローワークという、若年層向けでポテンシャル採用の求人を多く取り扱っているところもあります。新卒のみならず、職歴がなく正社員採用を目指す若年層に対するセミナーやキャリア相談、選考対策などを行ってくれるのがメリットです。

2. ジョブカフェ

ジョブカフェは、市区町村管轄の就職支援機関です。ハローワークに併設されているところも多いですが、大都市だとジョブカフェ単体で、求人を多く持っているところもあります。

3. 就職エージェント

就職エージェントは、民間企業が運営する就職支援サービスです。企業ごとに、サービスの規模や保有する求人、対象者に違いがあるので、自分に合ったエージェントを選ぶのが大切。
就職エージェントのメリットは、キャリアアドバイザーがマンツーマンで就職活動をサポートしてくれるところです。また、本人の希望や条件を聞いたうえで、条件に合った仕事を紹介してくれます。就活のスケジューリングや企業とのやり取りなどはアドバイザーがしてくれるので、忙しい人でも安心して利用でき、手厚いサービスが受けられるのが特徴です。

この項目では、大学中退者向けの就職支援サービスをご紹介しました。就活の一歩を踏み出すにあたって、就活のポイントを押さえておくと良いでしょう。
次項では、大学中退者が押さえておくと良い就活のポイントについて解説します。

大学中退者は資格を取ったほうが良い?

大学中退者のなかには、少しでも就職に有利に働くよう、資格を取るのを検討する人もいます。しかし、どちらかといえば早く就活を始めてしまったほうが良いでしょう。以下、詳しく説明します。

できれば資格を取るよりも就活を始めたほうがベター

資格を取るより就活を始めたほうが良い理由は、2つ挙げられます。
1つ目は、大学中退者にとっては空白期間をできるだけ作らないのが最優先であること、2つ目は、資格を取っても採用の決め手となるほどの効果は得られない場合が多いことです。
資格を取るには、ある程度の勉強期間が必要。その期間に就活が滞ってしまっては、時間がもったいないうえ、採用のチャンスをそれだけ逃してしまう可能性があります。
また、業務にどうしても必要なものでない限り、資格が合否に影響する可能性は低い傾向です。かかった労力に対して思ったような効果は期待できないため、就活を始めるのを優先すべきでしょう。

大学中退者が押さえておくと良い就活のポイント

就活で押さえておくべきポイントとしては、業界、企業研究の徹底と履歴書の書き方、面接で中退理由をどう伝えるかといったものがあります。

業界、企業研究の徹底

就活がうまくいかない主な理由の一つとして、「企業に対する志望理由が弱い」というものが挙げられます。これには、業界や企業についての知識が足りていないのが一つの原因として考えられるでしょう。まずは、自分の応募したい業界や企業の基本的なプロフィールを把握したうえで、どんな人物が求められているのかを自分なりに考えるのが大事です。

しかし、「どんな仕事が良いか分からない」「何の職種にチャレンジしやすいのか知りたい」という方もいるのではないでしょうか。そこで、大学中退者におすすめの3つの職種をご紹介します。

大学中退者におすすめの3つの職種

1. ITエンジニア
IT企業では、業務量に対する人材不足から、未経験でも1から育てるといった方針で採用をしているところが多いです。プログラミングに興味があれば、学歴や文系理系を問わないのもポイント。また、ITエンジニアは多くの職場で歓迎されるので、転職にも有利に働きます。業務を通じて身につけたスキルを活かしてキャリアを積んでいき、より難易度の高い仕事にも関われるようになるでしょう。転職のみならず、フリーランスになって多く稼ぐことも現実的なので、チャレンジするのにおすすめの職種です。

2. 営業職
営業職のポイントは、完全な実力主義である場合が多いことです。営業成績を上げれば報奨金として手当がつき、給料が上がるところも。個人の学歴や持っているスキルよりも、いかに契約を取り、クライアントと良好な関係を築けるかというのが重要です。未経験で社会人歴がなくても採用される傾向があるので、人とのコミュニケーションが好きな人、周囲に気を配れる人におすすめです。また、営業職で得られるコミュニケーション力やプレゼン能力などは、転職の際に大きな武器になります。転職にも強く、個人のキャリア形成に非常に役立つ職種といえるでしょう。

3. 介護職
社会の高齢化により、介護職も現在ニーズの高まっている職業です。介護職は、未経験から始められるうえ、働きながら資格を取りキャリアアップできるのが特徴。施設によっていろいろな働き方があるので、自分の適性に合ったものを選べるのも魅力です。ライフスタイルの変化で、違う働き方の施設に転職も可能。経験を積みながら、ずっと働き続けられる仕事です。

次のポイントは、悩む大学中退者も多い、履歴書の学歴欄の書き方について説明します。

履歴書の学歴欄の書き方

学歴欄を書く際のポイントは、以下の3つです。

1. 中学校卒業から書き始める
2. 「〇〇大学 △△学部 中途退学」という書き方にする
3. 書ける中退理由は、「〇〇大学 △△学部 中途退学」の隣に書く

中退理由は、ネガティブなものであれば無理に書く必要はありません。しかし、家庭の事情や経済的理由などやむを得ない事情であれば、書いたほうが印象が良いといえます。「経済的事情により退学」のように端的に書きますが、「一身上の都合により退学」など内容が分からない書き方は不審に思われるので避けましょう。書きにくい中退理由の場合は、履歴書に書かないほうが無難です。

面接での大学中退理由の伝え方

面接での中退の伝え方は、履歴書のときとは逆に、エピソードを交えて具体的に伝えます。
たとえば、学業不振であれば「大学の授業内容に興味が持てず退学したが、入学の際によく進路を検討しなかったのを反省している。今は〇〇の仕事に興味があり、経験を積みながら御社に貢献したいと思っている。」となど、ネガティブな面を反省し、就職を通じて前向きに働いていきたいという思いを伝えると効果的です。必ずポジティブな内容とともに伝えるのを意識しましょう。
また、やむを得ない事情であっても、「経済的理由で退学しました。」など端的すぎる伝え方は避けましょう。採用担当者に内容が伝わりづらいうえ、「何か言えないようなことがあり、ぼやかしているのではないか」と、かえってあらぬ疑いがかかる可能性があるからです。
どのような内容であっても、「中退のエピソード」と「前向きな志望理由」をセットにするのが、極力印象を悪くするのを防ぐコツです。

この項目では、大学中退者向けの就活のコツについて解説しました。大学中退者の就活のやり方でお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。
大学中退者の就活は、新卒のように学校のサポートが必ずしもあるわけではないので、1人で進めなくてはならず、孤独を抱えている方もいるのではないでしょうか。自分1人での就活では、思うように進まないときに頼れる人がいなかったり、不安があってもなかなか解消できなかったりすることも。
そんなときには、先述した就職支援サービスを積極的に利用するのがおすすめです。就職支援サービスでは、応募書類の添削や面接練習が受けられるので、自信を持って選考に臨めるでしょう。なかでも就職エージェントは、同じ就職支援サービスでもハローワークやジョブカフェなどの公的機関に比べ、より利用対象者が企業によって細かく分けられているのが特徴です。そのため、自分に合ったエージェントを探せば、よりマッチした求人情報を多く得られる可能性があります。また、就職エージェントを通じてのみ募集を受け付けている求人も。このような「非公開求人」に出会えるのも就職エージェントの大きな特徴です。

若年層向け就職エージェントのハタラクティブでは、大学中退後、どのように就活を進めたら良いのか分からないと不安な方に向け、就職まで全面的にサポートしています。ハタラクティブの保有求人には、経験やスキルより若くポテンシャルのある人材を求める企業が多いので、経歴に自信がないという方も安心。専属の就活アドバイザーがカウンセリングでお悩みに丁寧に寄り添い、多数の求人からあなたに合ったものを厳選してご紹介します。サービスはすべて無料でご利用いただけるので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

ご利用の流れ

ハタラクティブは、大学を中退した方の就職活動をサポートする無料の就職支援サービスです。まずは気軽にご登録ください。担当の就活アドバイザーがカウンセリングを行い、豊富な求人の中からあなたにぴったりのお仕事をご紹介します。書類の書き方や事前の面接対策、日程の調整などもすべてハタラクティブにお任せください。自信を持って面接に臨めるよう就職活動をしっかりサポート、就職後まで長期的にフォローさせていただきます。

大学中退者のための就活悩み相談

大学を中退した方の状況や抱えている悩みは人それぞれでしょう。ここでは、想定される大学中退者のお悩みを、Q&A方式で解決していきます。

大学中退後フリーターから就職するのは転職?

場合によりますが、大学中退者を「中途採用」もしくは「転職」と同等に扱う企業が多いようです。その点は企業によって異なるので、事前に確認しておきましょう。職をお探しの方は、「大学中退で目指せる就職先」を参考にしてみてください。

大学中退後に公務員は目指せる?

大学中退の場合、学士の学位はありません。そのため、高卒として地方公務員の試験を受けるのが一般的でしょう。 大卒程度での受験を考えている場合は、受験を希望する機関に大卒程度の試験は受験可能かを確認してみることをおすすめします。 大学中退から公務員になる方法については、「大学中退から公務員に就職する方法とは?メリットとデメリットも解説」をご覧ください。

大学中退は履歴書に書くべき?どう書く?

大学を中退した場合、その事実は必ず履歴書に記載しましょう。履歴書に記載しないと、中退の事実を隠していたとして「経歴詐称」になってしまいます。また、家庭の事情などやむを得ない事情であった場合は理由も書いたほうが良いでしょう。海外留学や資格取得などポジティブな理由であれば、プラス要素に働くこともあります。 大学中退者の履歴書の書き方については、「大学中退者が履歴書を書く時のコツ」をご参照ください。

大学の就職課は中退者の就職支援もしてる?

例えば、「学費が払えないので働きたい」など、何らかの事情があって大学をやめる場合、就職課で相談できることもあります。大学によって支援内容や対応は異なるので、一度確認してみてください。ただし、就職課は大学卒業後に就職する新卒のためのものなので、支援を受けられない可能性も高いことを認識しておきましょう。ハタラクティブでは、フリーターや大学中退者の方の就職支援を積極的に実施しているので、ぜひご相談ください。

 

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

まずは情報収集から始めませんか

今のお気持ちはどちらに近いですか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?