新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 大学中退就職TOP
  4. >
  5. 大学中退者向けの就職支援とは?おすすめのサービスをご紹介!

大学中退者向けの就職支援とは?おすすめのサービスをご紹介!

大学中退者向けの就職支援とは?おすすめのサービスをご紹介!の画像

 

【このページのまとめ】

  • ・大学中退者の就活では、就職サイトより就職支援サービスの利用がおすすめ
  • ・就職支援を利用すると、大学中退からの就活を全面的にサポートしてもらえる
  • ・就職支援では求人の絞り込みや選考対策をしてもらえるので、就活を成功させやすい
  • ・大学中退者向けの就職支援にはハローワークやジョブカフェ、就職エージェントがある
  • ・大学中退からの就職を成功させるには、できるだけ早く動き出すことが大切

監修者:吉田早江

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

大学中退からの就職活動は新卒者に比べて不利な点を感じやすく、「本当に就職できる?」「条件に合った仕事は見つかる?」と不安を抱く方もいるのではないでしょうか。そんなときは一人で悩まずに、就職支援サービスを活用するのがおすすめです。このコラムでは大学中退からの就活を職業紹介、就職相談、選考スケジュールの調整といったさまざまな面から手厚くフォローする就職支援サービスについてまとめました。

  • 大学中退などの若年層に特化

    「大学中退者でも採用してくれる企業はある?」「就職活動の方法が分からない」とお悩みの方は、就職エージェントのハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブでは大学中退者などの若年層に特化した求人を多数ご用意。多彩な求人の中からあなたの条件や適性に合ったものをご紹介します。

  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応

    大学中退でも大丈夫!就職活動での不安や悩みは、最初のカウンセリングでご相談ください。ハタラクティブでは、数多くの就職支援を行ってきたプロの就活アドバイザーが、マンツーマンで就職活動をサポート。カウンセリングをもとに、豊富な求人の中からあなたにマッチしたお仕事をご紹介します。応募書類の書き方や面接練習など、対策までしっかり対応するので安心です。

  • 求人サイトにはない非公開求人多数

    ハタラクティブは、正社員就職を目指す大学中退者の方に最適な就職支援サービスです。求人サイトには載っていない非公開求人を多数ご用意し、最新の求人情報の中から希望条件や適性に合ったお仕事を厳選してご紹介します。ハタラクティブで、あなたに合う仕事を見つけてみませんか?

  • サービスはすべて無料!

    ハタラクティブの就職支援サービスはすべて無料です。お仕事探しから書類添削、面接対策まで無料でご利用いただけます。一人での就活に不安のある方は、気軽にお問い合わせください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

大学中退者は就職支援と就職サイトどちらがおすすめ?

大学中退からの就職活動は、大学新卒者と同じようにとはいきません。ここでは、大学中退者にとって、就職サイトと就職支援サービスのどちらの利用が適しているかについて解説します。

大学中退者は就職支援と就職サイトどちらがおすすめ?の文中画像

 

大学中退者には就職支援サービスがおすすめ!

大学中退から正社員就職を目指す場合、自分で求人を探す就職サイトよりも、プロのサポートを受けられる就職支援サービスの利用がおすすめです。大学中退者には就活経験がないうえ、新卒のように大学のキャリアセンターや就活課などのサポートを受けるのは難しいため、大学中退者ならではの就職支援を受けるのが就職成功への近道といえるでしょう。

大学中退者は就職?転職どっち?
大学中退者が正社員になるために行うのは、転職活動ではなく就職活動となります。厳密にいえば、社会人経験のない未就職者が行うのが就職活動、社会人経験者が行うのが転職活動です。そのため、大学中退者が利用すべきなのは「就職支援サービス」。転職支援サービスを使っても、思うような就職活動ができない可能性があります。

大学中退者は新卒?高卒どっち?
大学中退者は大学を卒業していないため、新卒ではなく高卒扱いになります。なお、新卒とは大学卒業見込みの就活生を指す言葉です。大学卒業資格がないので「大学既卒」扱いにもなりません。

大学中退者が応募すべき求人は新卒求人ではなく、中途採用向けの求人です。大学中退者向けの求人の探し方は、「大学中退で求人を探すには?おすすめ職種と就職サイト・エージェント活用術」をご覧ください。

大学中退者が就職支援サービスを利用するメリット

大学中退者が就職支援サービスを利用するメリットの文中画像

大学中退者が就職支援サービスを利用するメリットは、主に4つ挙げられます。

1.対面で就職相談をするため初対面の人と話す練習になる

大学中退者のなかには、初対面の人と改まって話す機会がほとんどないという方も多いでしょう。就職活動の雰囲気に慣れないままいきなり本番の面接に臨んでも、思うように力を発揮できないことがあります。就職支援サービスでは、職員との面談を複数回実施。そのため、徐々に人と話すのに慣れ、面接での緊張や不安が軽減する可能性があります。

2.就職のプロにキャリア相談ができる

大学中退後にいざ就活をしようとしても「どんな求人を受けたら良いのか分からない」「自分に合う仕事が分からない」など、さまざまな悩みから思うように動けない人もいるようです。そんなときに、就職支援サービスで就活のプロに相談すると、自分の思考が整理できたり就活の方向性が定まったりするため、一人で就職活動をするよりスムーズに悩みが解決できるでしょう。

3.業界や企業についての詳しい情報を提供してもらえる

就職支援サービスでは、扱う求人の業界の現状や企業がどんな人材を求めているかといった内容に詳しい傾向があります。大学中退者の就職活動に役立つ情報が得られるうえ、業界研究をする際には適切な助言をもらえるでしょう。また、自分にはどんな業界が合っているのかといったアドバイスを受けられます。

4.応募書類作成や面接対策のノウハウを教えてもらえる

応募書類作成や面接対策のノウハウを教えてもらえるのも、就職支援サービスを利用するメリットの一つ。大学中退から一人で就職活動をする場合、どこに問題があるのか分からず不安になることも。就職活動の基本となる応募書類の作成方法や面接対策のやり方を教えてもらうことで、自分の選考対策の不備に気づいたり自信を持って選考を受けられたりするでしょう。

就職支援サービスの一つである就職エージェントのハタラクティブでは、サービスを利用するメリットについてまとめています。詳しくは、「ご利用のメリット」をご覧ください。

大学中退者が就職支援サービスを利用するデメリット

就職支援サービスには魅力的な利用メリットがある一方、デメリットもあります。これから就職支援サービスを利用しようとお考えの大学中退者は、以下もチェックしておきましょう。

1.一度に応募できる求人数に限りがある

就職支援サービスでは、一度に応募できる求人数に限りがある場合があります。なぜなら、一つひとつの求人に担当者の紹介が必要なうえ、短期間のうちに大量に応募するのは、面接日程を調整しきれない可能性があるためです。一度に大量の応募をしたい大学中退者には、就職支援サービスは向いていません。

2.就職支援サービスの紹介がなければ求人に応募できない

就職支援サービスを利用する場合、求人に応募するには紹介してもらう必要があります。そのため、興味のある企業があったとしても、支援サービス側で扱っていなければ紹介できないことも。志望企業がある大学中退者は、あらかじめ利用する就職支援サービスで応募できるかどうかを問い合わせると良いでしょう。

3.取り扱っているすべての求人を見られない場合がある

就職支援サービスのうち就職・転職エージェントでは、求人を探すのは就活アドバイザーです。そのため、就職エージェントが取り扱う求人すべてのなかから、大学中退者自らが応募する求人を探すことはできません。アドバイザーに紹介された求人から応募することになるため、「多くの求人から自分で選びたい」という大学中退者には向かないでしょう。

このように、就職支援サービスには「自分で就職活動を進めたい」という強い気持ちのある大学中退者には不向きな場合もあります。自分が就職支援サービスを利用すべきか迷う人は、「転職エージェントは使うべき?メリット・デメリットとは」を参考にしてみましょう。

大学中退者が就職支援以外を利用するメリット

大学中退者が就職支援以外を利用するメリットの文中画像

大学中退者のなかには、就職支援サービスを使わない、または就職支援と併用して就職サイトを利用する人もいるでしょう。ここでは、就職サイトを利用するメリットをご紹介します。

1.たくさんの求人をチェックできる

就職サイトでは、たくさんの求人情報が頻繁に追加されます。そのため、就職支援サービスを利用するよりも、大量の求人を閲覧できるのがポイントです。求人を検索しているうちに、興味のある仕事以外も目にするようになるため、仕事選びの視野が広がるでしょう。

2.一度に多くの企業に応募できる

就職サイトから自分で就活を進める場合、一度に多くの求人に応募できます。先述したように、就職支援では紹介が必要なので、一度に多くの求人に応募するのは難しいのが実情です。就職サイトは、興味のある企業へ片っ端から応募したい人や、応募のチャンスを逃したくない大学中退者に向いているといえるでしょう。

3.いつでも自分の都合の良い時間に使える

就職サイトは、深夜や早朝など、自分の都合の良い時間にいつでも利用できるのもメリットの一つです。就職支援サービスのように営業時間を気にする必要がないので、アルバイトで忙しく日中なかなか時間が取れない大学中退者に適しています。

就職エージェントを使わなかったり就職サイトと併用したりするのは個人の自由です。とはいえ、就職支援と就職サイトでは就活方法が少々異なるので、あらかじめそれぞれの特徴は理解しておくと良いでしょう。就職・転職エージェントを使わない就活方法については、「メリットはある?転職エージェントを使わない就活方法」を参考にしてみてください。

大学中退者が就職支援以外を利用するデメリット

ここでは、大学中退者が就職支援サービスを利用せず、就職サイトのみで就職活動を行うデメリットをまとめました。

1. 応募求人を絞り込むのが難しい

就職サイトは、大量の求人を検索でき選択肢が広いメリットがある反面、応募求人を絞り込む難しさがあります。まして、大学中退からの初めての就職活動で、自分に最適な求人を探すのは大変な作業です。慣れないうちは、就職支援サービスを利用して、プロのアドバイスをもらったほうがスムーズな場合もあるでしょう。

2. 就活スケジュールは自ら管理しなければならない

就職活動中は、履歴書の作成や面接対策など、実際の選考以外にもやることは多くあります。就活初心者の大学中退者には、何にどのくらいの時間を使うべきか分からず、スケジュール管理に一定の難しさや不安を感じることも。後先考えずに多くの企業へ応募した結果、十分な面接対策ができなかったという失敗もあるようです。

3. 応募先企業とのやり取りは自分で行う必要がある

就職支援サービスでは選考の日程を調整してもらえますが、就職サイトでは自らスケジュールを調整しなければなりません。いくつもの会社に応募している場合には、採用担当者とのやり取りに大変さを感じる可能性があります。特に、大学中退後にフリーターとして忙しくしている人には、スケジュール調整の負担は大きいといえるでしょう。

そもそも大学中退者に就職支援は必要?

そもそも大学中退者に就職支援は必要?の文中画像

結論から述べると、大学中退者は就職支援を受けなくても就職することは可能です。とはいえ、先述したように、就職サイトのみで就活を進めるのは一定の大変さがあります。

大学中退者は就職支援を受けると採用が決まりやすい

大学中退者で就職活動が初めての場合、就職支援を利用してプロのサポートを受けたほうが採用が決まりやすいといえます。一人での就活は、最初からうまくいくとは限りません。新卒のように大学のキャリアセンターや就活課に相談できる環境が身近にない大学中退者は、間違った就活のやり方に気づけなかったり不採用の理由が分からず悩んだりすることもあるでしょう。

就職支援を利用すると、プロによるサポートやアドバイスが受けられます。就活に慣れないうちは、選考でうまくいかないポイントを教えてもらったり、応募する求人を絞り込んでもらったりといったサポートを受けたほうが、効率よく就職活動を進められるはずです。こうした事情から、大学中退者は就職支援サービスを利用すべきといえるでしょう。

大学中退者に就職支援をおすすめする4つの理由

大学中退者に就職支援をおすすめする4つの理由の文中画像

大学中退者に就職支援サービスをおすすめする理由は、相談から内定まで手厚いサポートが受けられることにあります。ここでは、就職支援サービスで受けられるサポートをまとめました。

1. 自分の状況に合ったアドバイスがもらえる

就職支援サービスでは、就職のプロによる面談やカウンセリングを実施するため、自分の状況に合ったアドバイスがもらえます。大学中退者のなかには「新卒と違う自分は就活市場でどのような評価なのか分からない」「経歴が気になって就活に踏みだす勇気がない」といった人も多いです。しかし、悩みを抱えたまま就活を始めても、迷いや自信のなさから選考がうまくいかない可能性があります。就活を進める際は、まず自分の悩みを解決しておくことで、よりスムーズな就職活動ができるでしょう。

2. 求人の見方を教えてもらえる

就活に不慣れな大学中退者は、就職支援サービスを利用すれば、求人の見方を丁寧に教えてもらえます。企業探しをする際に、自分がどのようなポイントに注目すべきかをアドバイスしてくれるので、納得したうえで求人に応募できるでしょう。

3. 選考対策をしてもらえる

大学中退者が自己流の選考対策をしても、どのような点に気をつけたら良いのか分からず、選考のチャンスを棒に振ってしまうことも。就職支援サービスでは選考対策をしてくれるので、同じようなミスを繰り返すことなく、選考のチャンスを最大限活かせます。本番の面接が終わったあと、振り返りもしてくれるので、選考に落ちたとしても次につなげられるでしょう。

4. おすすめの求人を紹介してもらえる

大学中退者が就職支援サービスを利用する一番のメリットは、おすすめの求人を紹介してくれることです。自分で選ぶのとは違い、プロの目で選んだ受かる可能性の高い求人と出会えるので、就職成功率が上がりやすいでしょう。また、あらかじめ適性や希望条件で絞ってくれているので、入社後のミスマッチの可能性が低いのも良い点です。

大学中退者が利用すべき3つの就職支援サービス

大学中退者におすすめなのは、わかものハローワークやジョブカフェ、若年層向けの就職エージェントの3つです。

1.わかものハローワーク

ハローワークとは、厚生労働省が運営する公共職業安定所のことです。全国各地に所在し、管轄地域の求人を多く取り扱っていることから、地元で就職したい大学中退者におすすめの就職支援といえます。そのなかでも、「わかものハローワーク(わかもの支援コーナー、わかもの支援窓口)」という、35歳未満の若年層向けの就職支援を行うハローワークを利用するのがおすすめです。わかものハローワークでは、マンツーマンでの個別支援や就職プランの作成、セミナー・グループワークの実施、就職後の定着支援も行っています。

2.ジョブカフェ

ジョブカフェは、市区町村が運営する就職支援機関のことで、正式には「若年者のためのワンストップサービスセンター」といいます。ジョブカフェの主なサービスは、地域の特徴を活かした職場体験や就職セミナーの実施、就職相談、職業紹介など。大学中退者を含む若者がカフェのように立ち寄れるようにというコンセプトがあるようです。詳しくは、厚生労働省の「ジョブカフェにおける支援」をご覧ください。

3.若年層向けの就職エージェント

就職エージェントは、民間企業が運営する就職支援サービスです。就職エージェントでは、就活アドバイザーがマンツーマンで就職活動をサポートしてくれるうえ、本人の希望や条件を聞いたうえで、条件に合った求人を紹介してくれます。さらに、就活のスケジューリングや企業とのやり取りなどは就職エージェントが代行してくれるので、アルバイトで忙しい大学中退者でも安心して利用できるでしょう。企業ごとに、サービスの規模や保有する求人、対象者に違いがあるので、自分に合った就職エージェントを選ぶことが大切です。

大学中退から就職支援を活用して内定を得るポイント

大学中退からの就活を成功させるためには、就活の進め方を確認したり就職支援を受けたりするのがポイントです。以下、それぞれ詳しく解説します。

大学中退者ならではの就活の進め方を確認する

大学中退からの就職活動は、新卒と同じやり方では効果的とはいえません。大学卒業後にフリーターになった場合は、空白期間をできるだけ作らないように就職活動を始めることが大切。ブランクとともに年齢が上がれば、それだけ採用でスキルや経験を求められる傾向があるためです。また、学歴や経験不問の求人を探すのもポイントの一つ。学歴や経験を問わない求人は、大学中退の経歴が不利になりにくいため、採用の可能性が高まるでしょう。

大学中退者向けの就職支援サービスを利用する

一口に就職支援サービスといっても、運営する機関や企業によって特色があります。対象となる人や扱う業界・職種などがそれぞれ違うため、事前に大学中退者向けのサービスであるか調べておくのがポイントです。就職支援サービスを検討する際は、大学中退者を含めた若者向けのサービスであることや、志望業界に合った就職支援であるかを確認したうえで利用しましょう。

大学中退者が利用すべきでない就職支援サービスの特徴

先述したように、大学中退者が就職支援サービスを利用する際は、大学中退者向けか、自分の志望する業界に合ったものであるか確認することが大切です。以下のようなサービスは大学中退者向きではないため注意しましょう。

1.大学新卒向けの就職支援サービス

大学新卒者向けの就職支援サービスは、大学中退者は利用しないほうが良いでしょう。大学新卒者向けの就職支援サービスを通して採用する企業は、新卒、つまり大学卒業見込みの人を想定して募集しているためです。応募できないわけではありませんが、採用につながりにくい可能性があります。

2.社会人経験者向けの転職支援サービス

就職経験のある人向けの転職支援サービスは、大学中退者向きではありません。大学中退者は高卒扱いになり、中途採用を受けるのが一般的な流れです。しかし、転職支援サービスには社会人経験者を想定して募集をしている企業が多いため、社会人未経験の大学中退者の就職活動には不向きといえます。

3.専門スキルに特化した転職エージェント

専門スキルに特化した転職エージェントは、言うまでもなく大学中退者に適していません。専門スキルに特化した転職エージェントは、前職で培った経験やスキルを採用で評価する傾向があります。社会人未経験の場合は、応募できてもほかの候補者に比べてスキル不足になる可能性があるため、大学中退者の就活ツールとして現実的ではないといえます。

就職支援で紹介してもらおう!大学中退者向けの職種3選

就職支援で紹介してもらおう!大学中退者向けの職種3選の文中画像

1.ITエンジニア職

つねに進歩し続けているIT企業では、IT人材不足の傾向があります。学歴を問わず未経験でも一から育てるといった方針で採用する会社が多いので、大学中退者にも就職のチャンスがあるでしょう。ITエンジニアの職種には、インフラエンジニアやネットワークエンジニアなどさまざまありますが、業務未経験者の場合はプログラマーがおすすめ。将来的には、プログラマーからシステムエンジニアへになったり、フリーランスとして独立したりするキャリアパスもあります。なお、ITエンジニアは多くの職場で歓迎されるので、求人を取り扱う就職支援サービスは多め。就職してスキルを身につければ転職にも有利です。業務を通じてスキルやキャリアを積むことで、より難易度の高い仕事にも関われるようになるでしょう。

2.営業職

営業職は、実力や成果を重視する傾向があるため、学歴や経験はあまり問われないようです。学歴よりも、契約を取り、クライアントと良好な関係を築いていけそうな人材かどうかを見られるので、コミュニケーションが好きな人や向上心の高い大学中退者に向いています。就職支援サービスで営業成績に応じた手当やインセンティブがつく会社を紹介してもらえば、高収入が叶う可能性もあるでしょう。また、営業職で得られるコミュニケーション力やプレゼン能力は、将来転職する際に大きな武器になります。大学中退の学歴にコンプレックスを感じている方は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

3.介護職

日本の高齢化により、介護職の需要は高まっています。そのため、大学中退者のような若くて将来性のある人材を求める事業所は非常に多いでしょう。介護職は、無資格・未経験から始めても、働きながら資格を取りキャリアアップできるのが特徴です。施設によって日勤や夜勤といったさまざまな働き方があるので、自分の希望に合ったものを選べるのも魅力でしょう。ライフスタイルの変化があっても、長く働き続けられる仕事です。就職支援サービスでも取り扱う求人は多いので、興味のある方は相談してみると良いでしょう。

就職支援を使う前に!大学中退者向け3つの就活準備

就職支援を使う前に!大学中退者向け3つの就活準備の文中画像

就職支援を利用する前に、大学中退者が自分でできる就活準備があります。就職活動の雰囲気を掴むためにも、以下の内容を確認しておくと良いでしょう。

1.業界・企業研究を自分なりに進めてみる

就職活動がうまくいかない人の多くが、業界・企業研究を徹底していません。業界・企業研究をしっかり行わないと、志望動機や自己PRに説得力をもたせられなかったり、入社後のミスマッチをおこしたりする場合があります。業界や企業について、十分に理解するためにも、まずは、自分の興味のある業界や企業の基本的な情報を把握したうえで、どんな人物が求められているのかを自分なりに考えてください。企業研究のやり方については、「企業研究ってどうやるの?基本的なやり方と目的を解説」を参考にしてみください。それでも分からない場合は、就職支援サービスに相談してみましょう。

2.履歴書の準備・「大学中退」の書き方の確認

大学中退者が履歴書の学歴欄を書くときは、以下の3つポイントに気をつけてください。

1.学歴は正式名称で中学校卒業から書く
2.「中退」ではなく「〇〇大学 △△学部 中途退学」
3.中退理由は「〇〇大学 △△学部 中途退学」に続けて書く


中退理由は、無理に書く必要はありません。とはいえ、家庭の事情や経済的理由などやむを得ない事情であれば、書いたほうが印象が良いといえます。「一身上の都合により退学」とするのは事情が分からないため、「経済的事情により退学」のように具体的に書きましょう。書きにくい中退理由の場合は、履歴書には書かないほうが無難です。

3.面接対策・大学中退理由の伝え方の確認

採用面接では、大学中退の理由を聞かれる場合があります。履歴書に書いていない場合も、空白期間があれば聞かれる可能性があるので、きちんと答えられるようにしておきましょう。大学中退理由を伝える際は、エピソードを交えて具体的に伝えます。

大学中退理由が「学業不振」の場合の例

「大学の授業内容に興味が持てずに退学いたしました。入学の際に、よく進路を検討しなかったのを反省しています。今は〇〇の仕事に興味があり、経験を積みながら御社に貢献したいと思っています」

例のように、ネガティブな面を反省しつつも、就職して前向きに働いていきたい気持ちを伝えると効果的です。大学中退理由は、必ずポジティブな内容へと変換することを意識しましょう。

大学中退理由のNG例

「一身上の都合で中途退学しました」

大学中退の理由がやむを得ない事情であっても、例のように端的過ぎる伝え方は避けましょう。採用担当者に事情が伝わりづらいうえ、「何か言えないようなことがあり、ぼやかしているのではないか」と、不信感を与える恐れがあります。どのような内容であっても、「中退のエピソード」と「前向きな志望理由」をセットにすのが、好印象を与えるコツです。

大学中退者は資格を取ったほうが良い?
大学中退者のなかには、少しでも就職を有利にするために資格の取得を検討する人もいるでしょう。資格があればスキルを保有している証明になり、就職に有利になる場合もありますが、大学中退者は資格を取るよりもできるだけ早く就活を始めるのがおすすめです。
大学中退者にとっては、空白期間をできるだけ作らないのが最優先であり、資格を取っても業務に必須でない限り、資格が合否に影響する可能性は低いといえます。資格を取るにはある程度の勉強期間が必要です。その期間に就活が滞ってしまっては、採用のチャンスを逃しかねません。どうしても欲しい資格がある場合は、就職後に取得を目指す方法もあるので、優先順位を間違えないようにしてください。

大学中退者が就職支援サービスを利用する際の流れ

就職支援サービスを利用する際の流れを知り、これからの就職活動をイメージしてみましょう。以下は就職支援サービスを提供するハタラクティブを利用する際の流れです。

就職支援サービスを利用する際の流れの画像


1.登録
登録フォーム」に必要事項を入力して登録する

2.相談
就職アドバイザーとのカウンセリングを実施。希望条件や適性を考慮したぴったりの求人を紹介してもらう

3.面接対策
大学中退の就職活動に合った面接対策を実施。応募書類の添削や模擬面接も行える

4.面接
専任のアドバイザーが、面接の日程調節や面接前後のフォローをするので、スムーズに面接当日を迎えられる

5.内定獲得
内定獲得から初出勤の準備・フォローをしてもらえる

ハタラクティブは、大学中退者を含む若年層向けの就職エージェントです。ご利用は無料なので、まずは気軽にご登録ください。担当の就活アドバイザーがカウンセリングを行い、豊富な求人のなかからあなたにぴったりのお仕事をご紹介します。履歴書の書き方や面接対策、選考の日程調整などもすべてハタラクティブにお任せください。自信を持って面接に臨めるよう長期的にフォローさせていただきます。

大学中退者の就職支援サービス体験談!

最後に、大学中退者の就職支援サービスの利用体験談をご紹介します。「自分には就職支援サービスが向いているだろうか」と疑問に感じている方は、ぜひチェックしてみてください。

大学中退でコンビニのバイトをしていたC・Kさん

大学中退でコンビニのバイトをしていたC・Kさんの画像


大学中退からコンビニやファミレスのアルバイトをしていたC・Kさん。アルバイトから契約社員になりコンビニ店員を続けていましたが、周りの友人が大学4年生で就活する姿を見て、「自分は何をやっているんだろう」という気持ちになったのが就職活動を始めるきっかけになったそうです。就職支援サービスのハタラクティブに登録後は、5~6社の紹介を受け、実際に応募したのは3社。活動期間1ヶ月で大手保険会社のフォロー営業へ内定を決めました(C・Kさんの詳しい体験談はこちら)。

大学中退後はフリーターをしていたT・Mさん

大学中退後はフリーターをしていたT・Mさんの画像


大学中退後は、フリーターとしてコーヒーショップの店員やスポーツジムのフロントスタッフのアルバイトをしていたT・Mさん。将来を考えず何となく大学に入学してしまい、アルバイトを続けるうちに徐々に学生生活から遠のくようになったそうです。フリーターから正社員就職するきっかけは、「周囲との格差」に劣等感を抱いたこと。就職活動中は、複数の就職支援サービスを利用していたそうですが、ハタラクティブで相性の良いアドバイザーと出会い、スキルアップセミナーへ積極的に参加したことで、3ヶ月で住宅機器等の製造・販売会社の営業職への内定を決めました(T・Mさんの詳しい体験談はこちら)。

大学中退者の就活は、新卒のように学校のサポートがあるわけではないので、「頼れる存在」がなく不安に感じている人もいるのではないでしょうか。一人での就活に不安を感じている大学中退者は、就職支援サービスを提供する就職エージェントを積極的に利用するのがおすすめです。

就職エージェントは、ハローワークやジョブカフェなどの公的機関に比べてサポートが手厚いのが特徴です。応募書類の添削や模擬面接が受けられるので、大学中退者も自信を持って選考に臨めます。求人数は公的機関の就職支援のほうが多い傾向にありますが、自分に合った就職エージェントを探せば、相性の良い求人の情報を得られるでしょう。「非公開求人」を取り扱っている場合、ほかの就職支援サービスでは見つからない求人へ応募できるのも魅力です。

若年層に特化した就職エージェントのハタラクティブでは、大学中退後、どのように就活を進めたら良いのか分からないと不安な方に向け、就職まで全面的にサポートしています。ハタラクティブの保有求人には、経験やスキルより若くポテンシャルのある人材を求める企業が多いので、経歴に自信がないという方も安心。専属の就活アドバイザーがカウンセリングでお悩みに丁寧に寄り添い、多数の求人からあなたに合ったものを厳選してご紹介します。サービスはすべて無料でご利用いただけるので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

大学中退者の就職支援サービスに関するお悩みQ&A

大学を中退した方の状況や抱えている悩みは人それぞれでしょう。ここでは、想定される大学中退者のお悩みを、Q&A方式で解決していきます。

大学中者の就職は難しいですか?

大学中退者は最終学歴が高卒になることから就職が厳しいイメージがありますが、決して難しいわけではありません。年齢が若いうちは、ポテンシャルを評価して採用する会社は多いので、できるだけ早く行動に移せばスムーズに就職できるでしょう。大学中退者の就活事情については、「大学中退者の就職は厳しい?おすすめの求人検索方法や支援サービスも紹介」を参考にしてみてください。
 

大学中退後に公務員は目指せる?


大学中退の場合、学士の学位はありません。そのため、高卒として地方公務員の試験を受けるのが一般的でしょう。 大卒程度での受験を考えている場合は、受験を希望する機関に大卒程度の試験は受験可能かを確認してみることをおすすめします。 大学中退から公務員になる方法については、「大学中退から公務員は目指せる?民間企業との給料比較も!」をご覧ください。
 

大学中退は履歴書に書くべき?

大学を中退した場合、その事実は必ず履歴書に記載しましょう。履歴書に記載しないと、中退の事実を隠していたとして「経歴詐称」を疑われてしまいます。また、家庭の事情といったやむを得ない事情で中退した場合、理由も書いておくのが無難です。海外留学や資格取得などポジティブな理由の場合、書いておくとプラスになることもあります。 大学中退者の履歴書の書き方については、「大学中退者が履歴書を書く時のコツ」をご参照ください。
 

大学の就職課は中退者の就職支援もしてくれる?

大学の就職課では、「学費が払えないので働きたい」のように、何らかの事情で大学を辞める際に相談できる場合もあるようです。大学によって大学中退者に対する支援内容や対応は異なるので、直接確認してみると良いでしょう。ただし、就職課は基本的に新卒向けなので、支援を受けられない可能性も高いことを念頭に置きましょう。ハタラクティブでは、フリーターや大学中退者の就職支援を積極的に実施しているので、ぜひご相談ください。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ