大学中退者が履歴書を書く時のコツ

大学中退者が正社員就職を目指して就職活動をする場合、履歴書の書き方にもコツがあることをご存知ですか?

用紙の扱い方や添付写真などの見落としがちな基本的なことから、大学を中退した理由の書き方、フリーターのための職務経歴書の活用方法、マイナスをプラスに変える自己PR方法まで、大学中退者の履歴書の書き方のコツをまとめました。

書類選考を通過して就活を成功させ、社員の採用内定を勝ち取りましょう。

【このページのまとめ】
・中退理由は、やむをえない事情でない場合は、先を見据えた内容を記載する
・自己PRは、大学中退後に得たことをどのように活かせるかを伝える
・職務経歴書にバイト経験を記載し、中退後に得た経験をアピールする
・履歴書は丁寧に扱い、誤字脱字や不備がないか最終確認をする
・面接時には、履歴書の内容と話す内容に矛盾が生じないようにする
・履歴書には、中退した理由も添える

中退理由の書き方

正社員就職を目指して就職活動をする大学中退者の皆さんにとって最初の難関は、「履歴書の学歴欄に中退理由をどう書くか?」ということではないでしょうか。

どんな理由にせよ「大学中退」という文字は、残念ながら企業の採用担当者に良い印象を与えることはありません。
もし就職しても何らかの理由が生じた場合に「会社もすぐに辞めてしまうのではないか?」という懸念が多分にあるからです。

かといって、それを恐れて大学中退の旨を書かないということは、後々の仕事で支障が出ることもあるのでおすすめしません。
履歴書を書く時は単に「○○大学中退」と書くのではなく、中退理由を簡潔に書き添えましょう。

中退理由としては「体調不良により」「家庭の事情により」など、書ける範囲で結構です。
やむを得ない事情がある場合は、企業側も理解を示してくれることが多いようです。

逆に「学校に行くのが面倒くさくなったから」「カリキュラムに興味が持てなかった」など、自分の都合で中退した方は要注意です。
最低限「他に勉強したいことができたので」「新たな目標を見つけたので」「進路志望の変更により」といった内容で伝えることを心がけましょう。

求人を出す企業の人事担当者が履歴書を見たときに、社員として採用することに不足が無い人材だと思えなければ、書類選考は通過しないからです。
大学中退者ならではの就活のコツを掴んで、採用内定を勝ち取りたいですね。

プラスに転換させる自己PR

大学中退者が正社員就職を目指して就職活動をする場合、履歴書の中でどうしてもマイナスポイントとなってしまう「大学中退」という学歴をプラスに転換させるような自己アピール方法をマスターする必要があります。具体的にはどういうことでしょうか?

例えば、大学を中退してからのブランクを単にそのまま数字の情報のみで記載すると、マイナスの要素しかありませんが、「ブランクを利用して仕事で即戦力となりそうな資格を取った」「ボランティア活動をして培ったものがある」「フリーター期間に身に着けたスキルがある」などの内容をアピールできると、プラスに転換できることがあります。
わかりやすく簡潔な文章で、ブランク期間に得たものを、就職後どのように仕事で生かしたいと思っているかということを伝えてください。

社員を募集する企業の採用担当者が見ているのは、あなたの将来性です。
消極的な大学中退者というイメージを払拭するような前向きな姿勢をしっかり見せてください。

職務経歴書を充実させる

大学中退後、フリーターとしてアルバイトを続けてきた方は、就職活動の際にその経歴をどのように生かすことができるでしょうか?

まず履歴書を作成する際は、職務経歴を添付できるタイプの用紙を選びましょう。
アルバイト経験でも仕事内容の詳細や、自分のポジション、どのような姿勢で仕事に取り組んできたのかといった情報を伝えることで、応募先の企業の採用担当者に好印象を与えることができます。さらにそこで得たものを今後、社員としてその企業に就職した後、どのように仕事に生かしていきたいと思っているかということや、求人内容に応じて即戦力になりそうなスキルについての情報を加えることで、その企業にとってプラスとなる人材であることをアピールできます。中退フリーターの方は「バイトだから」と消極的にならず、ブランクが自分を成長させる充実した期間であったという考え方で就活に臨むことが大切です。正社員採用を勝ち取るためのコツは「ネガティブな過去をポジティブな将来に繋げてアピールする」ことなのです。

基本的な履歴書作成のポイント

正社員就職を目指して就職活動をする大学中退の皆さんが気をつけたい履歴書のコツ。
最後に履歴書を作成する際の基本的なポイントをおさらいしたいと思います。

履歴書は就活での自分の第一印象を決める重要な書類です。
まずは用紙を丁寧に扱いましょう。
用紙の角は折れていないか、しわはないか、筆跡ににじみはないか、誤字脱字をしっかりチェックしたか、印鑑はズレたり薄かったりしないかなど、身だしなみ同様「だらしない」印象を決して与えないように気をつける必要があります。

履歴書を見る企業の採用担当者に、清潔感ときちんとした印象を持ってもらえるような書類作りを心がけてください。
いきなり清書するのが不安な場合は、面倒くさがらずに一度下書きをして見本を作ることをおすすめします。

何事も丁寧にきちんとこなす姿勢は、就職して仕事が始まってからも、社会人として問われる部分であることをお忘れなく。
社員を募集する企業の人事担当者は、応募者のこういった部分も見ています。
基本をきっちり押さえて採用内定を勝ち取りましょう。

面接時の履歴書の扱い方

面接時に履歴書を持参する場合には、いくつかポイントがあります。
まずは、持参する際に封筒に入れる場合は、封筒の口に糊づけなどを行わないこと。
面接担当者はその場で履歴書を確認しながら面接を行なうので、取り出せる状態にしておかなくてはなりません。
または、最初から机の上に出しておき、それを渡すようにしてもOKです。
渡す際は、履歴書を両手で持ち、「こちらが履歴書になります。よろしくお願いいたします」と一言添えると良いでしょう。

面接では、履歴書に書いてあること、例えば志望動機などを、口頭で説明するよう質問されることもあります。
その際には「履歴書に書いてあるじゃないか」とは思わずに、改めて説明する気持ちで答えると良いです。
自分で書いたことをあらかじめ確認しておき、矛盾が発生しないようにすることは基本です。
また、質問では中退の理由なども質問されることもあるでしょう。
前述の自己PRに書いた内容に沿って、ポジティブなメッセージを発信できると採用へ結びつく確率は高まっていくはずです。

履歴書の具体的な書き方

大学中退者が就職活動をしている最中に悩むのは、履歴書の書き方ではないでしょうか。大学中退者の履歴書の具体的な書き方をこれから見ていきましょう。
まず、履歴書の学歴欄には、「高校入学」から書き始めます。その次に「高校卒業」を書き、そして「AA大学BB学部入学」を記載します。ここで終わりではなく、大学中退者は次の行に、はっきりと「AA大学BB学部 中途退学」と書くようにしましょう。大学を中退した場合は、3通りの書き方があります。1つ目は、「中途退学」という文言の前に中退理由を書き添えるものです。例としては、「家庭的な事情により中途退学」「経済的な事情により中途退学」「一身上の都合により中途退学」などが挙げられます。2つ目は、「中途退学」と書いた行の次に中退理由を書くものです。次の行に記載する場合は「家庭的な事情による」「経済的な事情による」などと簡潔に書き記すようにしましょう。3つ目は、中退理由を書かないで、「中途退学」とだけ書き記すものです。ただ、中退理由はできるだけ書いたほうが良いので、3つ目の方法はあまりおすすめしません。大学中退者は以上3つの書き方を用いて履歴書の学歴欄を埋めましょう。

大学中退から正社員就職を目指す場合、「履歴書に中退理由をどのように書いたらよいかわからない」「マイナスイメージを払拭する方法がわからない」などのお悩みがあると思います。

そんな時はハタラクティブにご相談ください。
就職のプロが仕事探しから履歴書の書き方、面接対策まで就職活動をしっかりサポート。
社員採用の可能性をぐっと高めます。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

大学中退から正社員就職を目指すみなさんにとって、就職活動での最初の難関は「履歴書に中退理由を書くこと」ではないでしょうか。

ここでは中退理由の書き方やマイナスイメージを払拭する自己PRの方法、フリーターの経験を就活や今後の仕事に生かす方法、見落としがちな基本的なポイントなどについて紹介しています。

ハタラクティブでは豊富な求人の中からあなたにぴったりのお仕事をご紹介すると共に、大学中退ならではのお悩みを解決して就活をサポートし、社員採用へと導きます。
ぜひご相談ください。 

また、履歴書の一通りの書き方は見てきたとおりですが、履歴書に関する補足情報をいくつか載せていきます。まず、どの履歴書を使えば良いのか迷っている人は、コンビニやスーパーで売っているものを買いましょう。コンビニやスーパー、書店などでは、一般的な履歴書を扱っており、アルバイトの面接時だけではなく、就職活動の際も利用できます。もちろん、大学の生協で大学指定の履歴書を買うのも良いでしょう。いずれにせよ、お店で売られている自己PRの欄や志望動機を記載する欄がある一般的な履歴書を使用してください。また、履歴書を書く時は、手書きが良いのか、パソコンが良いのかわからない方もいると思いますが、どちらでも問題ありません。ただし、提出先の企業によっては手書きが好まれる場合もあります。老舗ブランド企業や昔ながらの社風が特徴の企業は、手書きで提出することをおすすめします。一方でIT系やベンチャー企業では、パソコンで作成した履歴書を提出すると良いでしょう。たまに求人の募集要項に、履歴書は直筆で記入することなどと書かれていることがあるので、その場合は指示に従うようにしてください。履歴書を書く際に使う道具は、ボールペンでも万年筆でもどちらでも構いません。言うまでもなく、シャープペンシルではNGです。万年筆は慣れてないと上手く書けないので、ボールペンを使うのが無難でしょう。ボールペンや万年筆は1度間違うと修正できないので、気をつけてください。間違えた際には修正液を用いるのではなく、新しい履歴書を準備して書き直しましょう。修正液で修正した履歴書を提出すると、心証が悪くなり、書類選考で落とされる可能性が高くなります。慎重に書き進めると良いでしょう。印鑑についてですが、印鑑は実印と認印どちらでも大丈夫です。身近にある印鑑を使いましょう。履歴書に載せる証明写真は、サイズが合ってさえいればどこで撮ったものでも問題ありません。ただ、コンビニやスーパーなどお店にあるスピード写真で済ますよりかは、写真屋さんで撮ることを推奨します。確かに、写真屋さんで撮る証明写真よりも、自分で操作するスピード写真の方が安いですが、証明写真で良い印象を与えることは大事なので、より上手く撮影できる方法を採用するのがベターです。
履歴書は書く内容も大切ですが、証明写真などの細部も大切にしましょう。細かいところまで妥協せず、しっかりと履歴書を作成できれば書類選考も通りやすくなり、採用・内定に近づいていくでしょう。

ページトップへ