大学中退者が履歴書を書く時のコツ

大学中退者が正社員を目指して就職活動をする場合、履歴書の書き方にコツがあることをご存知ですか?
これまでの経験を効果的にアピールできるよう、参考にしてください。

【このページのまとめ】
・大学中退の事実を履歴書に書かないと、経歴詐称になる
・海外留学や進路変更など意欲的な理由で中退した人は、理由も併せて書こう
・ブランク期間にバイトや資格取得をした場合は、アピール材料になる
・履歴書が完成したら、誤字脱字やシワがないか確認しよう
・履歴書に記載した志望動機や自己PRなどはしっかり覚えておこう

大学中退の書き方

正社員就職を目指す大学中退者の方にとって、「履歴書の学歴欄に中退の事実をどう書くか」ということは悩みの種となるかもしれません。

「大学中退」という学歴は、「会社もすぐに辞めてしまうのではないか?」という不安要素を与える可能性がありますが、悪印象を恐れてその旨を書かないと、経歴詐称になってしまいます。
次の項目で経歴詐称の事例についてご紹介しますが、発覚した際は解雇される可能性があるためやめましょう。

履歴書の学歴欄は、まず「◯◯高等学校入学」から書き始めます。
次に「◯◯高校卒業」と書き、続いて◯◯大学□□学部入学」を記載します。
「中途退学」という文言の前に中退理由を書き添えたいときは、「家庭的な事情により中途退学」「経済的な事情により中途退学」などと記入しましょう。

中退理由を書くべきか迷う方がいるかもしれませんが、上記のようにやむを得ない事情があって中退した場合は、記載した方が良いでしょう。また、海外留学や進路変更など意欲的な理由で中退した際も、企業へのアピールとなるため書くのがおすすめです。

ただし、「学校に行くのが面倒臭くなったから」「カリキュラムに興味が持てなかったから」など、消極的な理由で中退した方は要注意です。
転学した際は「進路志望の変更により」などと言い換えて表記するほか、面接時に聞かれたときは「他に勉強したいことができたので」「新たな目標を見つけたので」といった内容で伝えることを心がけましょう。
否定的な中退理由はそのまま記載するのではなく、前向きな表現にするのがポイントです。

また、「単位を落としたから」「大学の雰囲気に馴染めなかったから」という理由で辞めた場合は、あえて理由を書く必要はありません。理由を書かないことを不安に思う場合は、「一身上の都合により」と記載するのも1つの方法です。

学歴を詐称したらどうなる?

大学3、4年次に中退した人の場合、「1〜2年分だし卒業したことにしても大丈夫だろう」と考える人がいるようです。

しかし、これは経歴詐称であり、軽犯罪法違反となる可能性があります。中退したにも関わらず「◯◯大学卒業」と書くことや、大学入学の旨を記載せず高校卒業までしか書かないことなどが経歴詐称に該当します。

経歴詐称がバレずに採用されたとしても、後で発覚すると減給、降格、停職のみならず「懲戒解雇」となることも。
懲戒解雇は通常の解雇よりも転職活動や失業保険の受給において多大な影響を与えますから、将来のキャリア形成や生活が困難になると考えられるでしょう。

新卒は卒業証書など最終学歴がわかる文書の提出を求められることもあり、学歴を詐称すると内定後〜入社までの間にバレることもあります。


大学中退はプラスに転換できる

「大学中退だと大卒者に比べて不利になりそう」と不安に思う方が多いかもしれませんが、プラスに転換する方法があります。
たとえば、自己PRで「ブランクを利用して仕事に活かせる◯◯の資格を取った」「アルバイトを通して□□のスキルを磨いた」といった内容を伝えられると、プラスのアピールが可能です。
大学中退後の経験をアピールする際は、得たことや学んだことを簡潔に述べ、どのように活かせるか伝えましょう。会社への貢献の仕方を端的に表現することで、「相手にわかりやすく伝える能力がある」と良い評価をもらえる可能性があります。

もし「ほかに学びたい内容ができた」「大学生活が理想と違った」という理由で中退したのであれば、「事前にしっかり調べればミスマッチが起きなかったのでは」と思われる可能性が高いため、反省点を述べるとともに、それを今後にどのように活かすか伝えましょう。

企業の採用担当者が見ているのは、あなたの将来性です。
若ければ吸収力や柔軟性を期待してもらえるため、学ぶ姿勢や仕事への意欲をアピールし、前向きな姿勢で就活に臨みましょう。


アルバイト経験もアピール材料

基本的には、アルバイト経験は履歴書・職務経歴書に記載する必要はありません。
ただし、大学中退後にフリーターを続けてきた方は、就職活動の際にその経歴を活かせることもあるので、書くときのポイントをご紹介します。

履歴書や職務経歴書に記載する内容は、仕事内容の詳細、自分のポジション、どのような姿勢で仕事に取り組んできたのかといった情報です。
さらに職務経歴書では、そこで得たものを就職後どのように仕事に活かせるのか、即戦力になりそうなスキルは何かといった情報を加えることで、会社にとってプラスになる人材だとアピールできます。

フリーター生活が長かった方は、「バイトだから」と消極的にならず、自分を成長させるために必要な期間だったという考え方で就活に臨むことが大切です。
先述したように、ネガティブに捉えられがちな内容は、ポジティブな表現に変えることが大切。事実と異なる内容に変えるのは禁物ですが、違った視点で物事を捉え、表現することを心がけましょう。

内容以外の基本的な履歴書作成のポイント

履歴書が完成したら、すぐに封筒にしまうのではなく、不備なく作成できているかチェックしてください。
用紙の角は折れていないか、シワはないか、筆跡ににじみはないか、誤字脱字がないか、印鑑はズレたり薄かったりしないかなどを確認します。

誤字脱字があると雑な印象を与えてしまい、「仕事もミスが多いのでは」と否定的な印象を与えてしまうため、注意が必要です。
万が一書き間違えてしまったときは、修正液や修正ペンなどで消すことはせず、初めから書き直しましょう。履歴書は公的な文書のため、修正液などで消して書いてしまうと、誰が修正したのかがわからず情報の信憑性が低くなってしまいます。

ミスをして余計な時間をとることがないよう、下書きをしてからペンで書いたり、見本を作ってそれを見ながら記入したりするのがおすすめです。

何事も丁寧にきちんとこなす姿勢は、就職して仕事が始まってからも大切になります。
基本をきっちり押さえ、内定を勝ち取りましょう。

面接時の履歴書の扱い方

面接時に履歴書を持参する場合にも、いくつかポイントがあります。
まず、持参する際は、封筒の糊づけをしないよう注意しましょう。
採用担当者はその場で履歴書を確認しながら面接を行うので、取り出せる状態にしておかなければなりません。

渡すときは、履歴書を両手で持ち、「こちらが履歴書になります。よろしくお願いいたします」と一言添えると良いでしょう。

面接時は、履歴書に書いてある志望動機などを口頭で説明するよう指示されることがあります。
履歴書では文字数の関係で伝えきれなかった部分もあるはずですから、面接で補足するといいでしょう。
履歴書に記載した志望動機や自己PRなどはしっかり頭の中に入れておき、面接時に伝える内容と矛盾が発生しないように気をつけてください。


大学中退から正社員就職を目指す場合、「中退理由をどのように書いたら良いかわからない」「マイナスイメージを払拭したいけれど不安」といったお悩みがあると思います。
そんな時はハタラクティブにご相談ください。
就職のプロが仕事探しから履歴書の書き方、面接対策まで就職活動をしっかりサポート。
サービスはすべて無料のため、ぜひご利用ください。

おすすめ記事

▼ご相談はこちらから▼

  • 現在の状況とご希望条件をご選択ください
    • ステップ1
    • ステップ2
    • ステップ3
    現在のご状況必須

    離職中・フリーター
    (契約・派遣含む)

    正社員

    在学中
    (卒業予定)

    在学中
    (中退予定)

    在学中
    (中退を検討中)

    就職開始可能時期必須

    できるだけ早く

    1~2ヶ月先

    3ヶ月以上先

    まだ本当に活動するか決めていない

    最終学歴の卒業年必須

    ←戻る
    次へ

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ