高卒認定試験とは?高卒とは違う?就活で活用できるか解説

高卒認定試験とは?高卒とは違う?就活で活用できるか解説の画像

この記事のまとめ

  • 高卒認定は、高校中退などの方が高校卒業と同程度の学力を持つことを証明する試験
  • 高卒認定を取得することで、大学など高等教育機関を受験する資格を得られる
  • 高卒認定は高校卒業資格とは異なるため、取得後に進学しなければ最終学歴は中卒
  • 高卒認定は国家資格なので履歴書に記載できる
  • 高卒認定を就職で活用するなら、高等教育機関への進学を視野に入れるのがおすすめ

「高卒認定」という言葉は知っていても、詳しい資格の内容については知らない方は多いことでしょう。高卒認定は、正社員として働くために役立つ資格の一つで、取得することで多くのメリットが期待できることも。どのような資格なのか知りたい方のために、高卒認定の概要やメリット、取得方法について解説します。中卒で就職を検討している方におすすめのコラムです。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

高卒認定とは?

高卒認定は、正式には「高等学校卒業程度認定試験」と呼ばれ、文部科学省が実施する国家試験。高校を卒業していない方が高校卒業と同等以上の学力があることを証明するものです。
高卒認定は毎年8月と11月の2回行われ、合格すると高校を卒業した方と同じように大学や専門学校に進学したり、高卒以上が受験資格となっている資格にも挑戦したりできます。
高校を中退したり、何らかの理由で高校に進学できなかったりした方だけでなく、外国籍の方も受験が可能です。

参照元
文部科学省
高等学校卒業程度認定試験

高卒認定と高卒資格の違い

高卒認定と高卒資格の違いは、高校を卒業したかどうかです。
高卒資格は高校を卒業したことを表しており、高卒認定は高校を卒業してはいないものの同程度の学力を有することを示しています。どちらも大学などを受験したり、高卒が条件となっている仕事に応募したりすることができるでしょう。
一方で、大学や短大、専門学校などに進学しなかった場合は、高卒認定を持っていても最終学歴は中卒。高卒認定は、あくまでも「高卒と同等の学力がある」ことを示すもの。高校を卒業したことを証明するものではないので、注意しましょう。
高卒認定の概要や高卒資格との違いについてさらに知りたい方は、詳しく書かれたコラム「高卒認定は就職に有利?高卒資格との違いや就活の注意点を解説!」もご覧ください。

高卒認定は履歴書に書ける?
高卒認定は国家資格のため、履歴書に記載できます。高卒認定を経て高等教育機関に進学したことをアピールしたければ学歴欄に、就職に活用することをアピールしたければ資格欄に記載しましょう。

高卒認定は就職に有利?中卒・高卒・大卒の違い

高卒認定だけを持っていても、就職に有利にはなりません。高卒認定を経て、大学や専門学校に進学して最終学歴が変わることで、はじめて就職に有利になると考えましょう。
中卒だと、応募できる求人に限りがあるのが実情。特に正社員求人にいえることですが、多くの企業で「高卒以上」「大卒以上」など学歴制限を設けています。最終学歴が中卒だと、そもそも応募できる求人数が少なくなってしまい、なかなか希望する条件に合う仕事が見つからないことも珍しくないでしょう。

中卒の生涯年収

高校に入学したとしても、卒業していなければ最終学歴は中卒になります。同じような内容の仕事をしていたとしても、中卒は大卒者に比べて給料が低い傾向があり、待遇や生涯賃金に格差が出てしまいます。
独立行政法人労働政策研究・研修機構が実施している調査によると、中卒者の生涯賃金が男性で約2億円、女性で約1.5億円。大卒になると男性が約2.7億円、女性が約2.2億円と大きく差があることが分かります(学校卒業後すぐに就職し、フルタイムで60歳退職を想定)。

中卒の生涯年収の画像

引用:独立行政法人労働政策研究・研修機構「ユースフル労働統計2020

高卒認定を取得して大学に入学し大卒として就職するのと、高卒認定の取得有無に関わらず中卒として就職するのでは、就職のしやすさだけでなく生涯に渡る賃金にも大きな差がでることが分かるでしょう。

参照元
独立行政法人労働政策研究・研修機構
ユースフル労働統計2020

高卒認定の必要性

高卒認定を受けると、正社員として働ける道が開く場合が少なくありません。厚生労働省が発表している「平成30年若年者雇用実態調査の概況」によれば、最終学校卒業から1年間で正社員として勤務した人は、高卒が61.9%だったのに対し中卒は11.7%でした。卒業後の1年間でまったく働かなった人の割合も、高卒が6.2%だったのに対し、中卒では16.1%と非常に多くなっています。
正社員以外で働いていた人は、中卒者が66.5%、高卒者が30.7%。正社員以外の労働者として働いた理由のうち、「正社員求人が希望条件と合わなかった」「応募したが採用されなかった」「家庭の事情」などが目立ちます(正社員を希望する人に限る)。
以上のことから、高校を卒業していない方の場合、正社員として働くのが難しい状況にあるのです。今後、正社員として就職や転職をしたいと考えているのであれば、高卒認定を受けておくと就活や転職活動を有利に進めていくことができるでしょう。
中卒者の就職率については、「中卒の就職率は?高卒や大卒などの学歴に比べて高い?低い?」のコラムでも解説しています。

参照元
厚生労働省
平成30年若年者雇用実態調査の概況

高卒認定を取得するメリット

高校を卒業していない方が高卒認定を取得する最大のメリットは、これまで解説してきたように大学や専門学校などの高等教育機関に挑戦できること。もちろん中卒でも学び、就職することは可能ですが、高等教育を受けていると就職に有利になるのは事実です。
さらに、その先の昇給や昇格、キャリアの選択肢といった点にも影響を及ぼすでしょう。

高卒認定を受けるメリットについてさらに知りたい方は、詳しく書かれたコラム「中卒の人は高卒認定試験を受けた方がいいの?」もご覧ください。

高卒認定の受験概要

高卒認定は、16歳以上で高校を卒業していない人が受験できます。また、高卒認定の必須科目は国語、数学、英語、世界史の4教科(世界史はAとBどちらか)。
必須科目以外にも選択科目があり、科目の選び方によっては最大で10科目の受験となります。出題範囲は中学生から高校1年生修了程度。学年に対して修了範囲の定めがない日本史・世界史・現代社会については、高校の教科書すべてが出題範囲となるので注意しましょう。

合格の効力は18歳以上
高卒認定は16歳から受験できますが、合格の効力が出るのは合格者が18歳以上になってから。国内の大学をはじめとする高等教育機関は18歳以上が受験資格になるため、大学受験までは留学などもできます。

高卒認定の合格率と合格するポイント

高卒認定の合格率はおよそ45%前後です。文部科学省が発表している「令和2年度第2回高等学校卒業程度認定試験実施結果について」によれば、令和2年度の高卒認定の受験者は16,654人、そのうち合格したのは7,681人で約46%でした。その前年の令和元年度の受験者は19,853人で合格者は8,931人、合格率は約45%だったので、そのあたりが合格ラインとみてよいでしょう。

参照元
文部科学省
令和2年度第2回高等学校卒業程度認定試験実施結果について

高卒認定合格のポイント

高卒認定の合格率は45%ほどですが、「1科目以上合格した人」に限定するとその合格率は90%ほどまで高まります。このことから、高卒認定に合格するには「科目の多さ」に注目し、効率的に対策を行うのがポイントになるでしょう。
なお、高卒認定で1度でも合格した科目については、有効期限がないため次回の受験で免除となります。さらに、高校で修得した単位がある科目についても、受験対象外としてOK。どの単位を修得しているかは、高校に「単位修得証明書」を依頼することで確認できます。
高卒認定に合格した後、履歴書にどのように記入すべきかといった疑問に興味がある方は、詳しく書かれたコラム「高卒認定を履歴書に記入するときの書き方とは?」もご覧ください。

満足できる就職を希望するなら

中卒でも正社員として就職することは可能ですが、応募できる求人が少なかったり、勤務条件が希望とは異なったりすることもあります。
少しでも自分が希望する条件に近い働き方を望むなら、高卒認定を取得して高等教育に進学するのがおすすめ。中卒より高卒、高卒より大卒と、学歴に比例して応募できる求人の幅が広がります。

高卒認定を取るか悩んでいる、高校は卒業しているけど就職先で困っているなど、学歴に関する就職相談ならハタラクティブにお任せください。
ハタラクティブは、学歴や経歴に不安がある方を中心に就職支援を行っているエージェントサービスです。学歴や経歴を問わない求人の紹介が可能ですので、ぜひ一度ご相談ください。
お問い合わせいただきましたら、専任アドバイザーによる就職カウンセリングからスタート。仕事に対する考え方や希望の働き方、適性に合った仕事のご紹介などを行います。
応募先が決まったら、一緒に応募書類を作成しましょう。アピールポイントや自己PRについてもお手伝いいたします。さらに、面接は日程調整から専任アドバイザーが対応。服装や基本的なマナーの確認も行い、初めての就職でも安心して臨めるようお手伝いいたします。
ご利用に際して料金は一切いただきません。お気軽にお問い合わせください。

関連タグ