高卒認定を履歴書に記入するときの書き方とは?

高卒認定を履歴書に記入するときの書き方とは?の画像

この記事のまとめ

  • 《高認》とは高校卒業程度の学力を認証する試験のことで、大学受験の足がかりになる
  • 高等学校卒業程度認定を得ても、短大や大学へ行かないと学歴は中卒のまま
  • 履歴書で損をしないよう、努力の証《高認》のことをしっかりと明記すること

最終学歴が中学校卒業、という方は通常、短大や大学の試験は受けられません。しかし、向上心が旺盛な方や、もう一度勉強したい方、自身のために知識を習得したい方のために《高等学校卒業程度認定試験》というものがあります。この認定試験は一体どういうものなのか、また、履歴書上はどういう扱いなのか、ということを詳しく見ていきましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

高認とは?

正式名称は《高等学校卒業程度認定試験》といい、高等学校卒業と同等の学力があることを認定する試験です。この試験を通して認定された人は、中卒でも短大や大学を受験できます。

年間2回行われており、教科は国語・外国語・数学・地歴公民・理科。さまざまな理由で高校を卒業しなかった方々へ、門戸を開いてくれる認定試験です。

 

注意したい点は、高認の方の最終学歴はあくまでも中学卒業、ということです。《認定=高卒資格》ではなく、高校卒業と同じくらいの学力を習得している、ということが重要。しかし、地方自治体や民間企業の一部では、就職の際に高卒者と同等に扱うところもあるようです。

未経験OK多数!求人を見てみる

高認は履歴書にどう書けば良い?

最終学歴適は中卒ではあるものの、高認のことは履歴書へ絶対に記入しておきたいところです。幾つか例を見ていきましょう。

  • 「高等学校卒業程度認定試験合格」と記入する

(学歴欄への記入例)

平成〇年〇月 〇〇中学校卒業

平成〇年〇月 〇〇高等学校中途退学

平成〇年〇月 高等学校卒業程度認定試験合格

平成〇年〇月 〇〇大学〇〇学部〇〇学科入学

  • 資格欄に書いても良い

平成〇年〇月 高等学校卒業程度認定 取得

 

面接時に予想されること

高校を卒業しなかった理由を問われるかもしません。面接官が納得できる理由を言えるよう準備しておきしょう。

また、理由は正直に答えて良いでしょうが、これからの前向きな姿勢も示すようにしましょう。

中には、高認を知らない面接官がいるかもしれません。どんな試験なのか、ということを説明できるようにしておくと良いでしょう。

高認は、あなた自身が努力して得たものです。不安はあるでしょうが、卑屈になることはありません。

高卒以上の求人に応募できる?

上記でも述べましたが、高卒認定を受けても最終学歴はあくまでも中卒です。その箇所を重視するならば、おそらく応募できません。しかしながら、高認を高卒として扱う企業があるのも事実。自分が希望する会社の基準については、直接問い合わせたほうがいでしょう。

大学を卒業した場合は、最終学歴が大卒になるので高卒以上求人に応募可。認定を受けたことも含めてあなた自身です。他の方よりも経験値が高い分、面接官の心へ響く受け答えができるでしょう。

高等学校卒業程度認定試験に関するQ&A

高認を持っていても、履歴書にどう書くべきか分からないという人は多いでしょう。ここでは、高認で想定されるお悩みについて、Q&A形式で解説します。

 

高認は履歴書のどこに書くの?

このコラムの「高認は履歴書にどう書けば良い?」のとおり、学歴欄・資格欄どちらに書いてもOKです。高認を取って進学した場合は、学歴欄に書くと良いでしょう。仕事に役立つ資格や向上心をアピールしたいときは、資格欄に書くのがおすすめです。

面接で進学しなかった理由を聞かれたら?

「どうして高校を卒業しなかったのか」と聞かれたときは、正直に答えて誠実な印象を与えましょう。
ただし、「つまらなかったから」などネガティブな言葉にするのはNGです。「高校で勉強するよりも、社会人経験を積みたいと思い働くことを選びました」と答えるなど、ポジティブな表現に言い換えるのがポイント。面接対策については、「高卒認定試験に合格後の就職を考える」をご参考ください。

高卒と嘘をついてもバレない?

実際は中卒なのに高卒と履歴書に書くのは、経歴詐称になるためNGです。
過去を調べられる可能性は低いですが、卒業証明書の提出を求められた場合、間違いなく嘘はバレます。入社後に経歴詐称が発覚した場合、懲戒解雇になる恐れも。余計なリスクを避けるためにも、自分の経歴に自信を持って正直に書きましょう。

高校中退は履歴書にどう書く?

学歴欄には卒業や入学といった区分を書くので、中退も正直に書きましょう。書き方はこのコラムの「高認は履歴書にどう書けば良い?」のとおりです。
やむを得ない理由で中退した場合は、学歴の真下に「家庭の事情により退学」など理由を書いても構いません。ただし、「学校に馴染まなかったため」などネガティブな理由は不安を与えるので、書かないほうが無難です。

高認でも働ける企業を探すには?

高認でも働ける企業を探すには、情報収集が重要です。求人広告やハローワークを使って、学歴不問の求人を探しましょう。
効率的に探すには、就職エージェントを利用するのもおすすめ。就職エージェントは非公開の求人を豊富に持っているため、学歴不問の企業を紹介してもらえます。
正社員の仕事を探す方法は、詳しくは「中卒から正社員になるためには」をご参考ください。

ハタラクティブは中卒、高卒の方の就活をサポート!

高認を得た方、頑張っているけどなかなか認定を得られない方。あなたの努力ややる気を無駄にしないため、プロの就職アドバイザーへ相談してみませんか。ハタラクティブでは、学歴に自信がない方、学歴が原因で就活がうまくいかないと感じている方をしっかりとサポート。あなたらしさを活かしながら、就職成功のお手伝いをさせていただきます。

この記事に関連するタグ