高校中退を履歴書に書かないことは許される?マナーを守って就活を!

高校中退を履歴書に書かないことは許される?マナーを守って就活を!の画像

【このページのまとめ】

  • ・高校中退の事実を履歴書に書かないのは学歴詐称に該当する
  • ・高校中退を履歴書に書かないのはNGだが、中退が必ず採用に不利に働くわけではない
  • ・高校中退を履歴書に書かないことよりも、ポジティブに就活に臨むことが大事
  • ・履歴書には嘘を書かないで、誤字脱字に注意して読みやすいように工夫しよう

「高校中退と履歴書に書かなくても良い?」「履歴書に高校中退と書くと採用されないのでは?」などの疑問や不安を抱えて就活に踏み出せない方も少なくないでしょう。けれど、高校中退の事実を履歴書に書かないのはやってはいけないことです。
このコラムではその理由を含め、履歴書への高校中退の書き方や、就活で必要になるナマーなどを詳しく解説。高校中退した方で正社員を目指している方は、ぜひ参考にしてください。

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

高校中退の事実を履歴書に書かないのはダメ?

履歴書は企業に提出する正式な書類のため、高校中退の事実を書かないと「学歴詐称」になってしまいます。高校中退だと選考に落ちてしまうのではないかという不安から、履歴書にその事実を書かないようにしたいと考える方もいるようですが、学歴詐称が判明した場合、採用から遠のいてしまうでしょう。
たとえ内定をもらえて就職できたとしても、判明した際には解雇されてしまうかもしれません。解雇まではいかなくても、減給や降格などの懲戒処分が下り、信用を失う可能性が高いです。
高校中退の事実を偽ることにはかなり大きなリスクがあるため、履歴書には高校を中退した事実を正直に記載しましょう。

高校を中退したことよりも、転職では職歴が重視されるので、高校中退した後に働いた経験がある方は、その中で身につけた知識やスキルをアピールしてみてください。中卒の方で履歴書の作成に困っている方には、「中卒の履歴書はこう書く!学歴欄や志望動機の書き方の基本を押さえよう」こちらのコラムも参考になるでしょう。
また、大学中退の事実を履歴書に書くべきかどうか悩んでいる方は、大学中退が就職に不利にならない理由なども書かれているコラム「大学中退は履歴書に書くべき?不利にならない理由の書き方とは?」をチェックしてみてください。

履歴書への高校中退の書き方

高校中退が最終学歴の場合に、履歴書の学歴欄に記入する正しい方法は以下の通りです。

平成○年○月 ○○中学校 卒業
平成○年○月 ○○高等学校 普通科 入学
平成○年○月 ○○高等学校 普通科 中途退学

履歴書には、中退した年月を記載して「中途退学」と記入するのが基本です。「中退」と略して書かないように気をつけましょう。
もし高校を中退後に大検(大学入学資格検定)や高等学校卒業程度認定試験に合格した場合は、学歴欄と資格欄の両方に記入して大丈夫です。。履歴書の書き方は以下を参考にしてください。

高等学校卒業程度認定試験に合格した場合

平成○年○月 ○○中学校 卒業
平成○年○月 ○○高等学校 普通科 入学
平成○年○月 ○○高等学校 普通科 中途退学
平成○年○月 高等学校卒業程度認定試験合格

中退後専門学校に進んだ場合

平成○年○月 ○○中学校 卒業
平成○年○月 ○○高等学校 普通科 入学
平成○年○月 ○○高等学校 普通科 中途退学
平成○年○月 学校法人○○専門学校○○コース 入学

履歴書の学歴欄には高校を中退した理由までを明記する必要はありませんが、面接で中退理由を聞かれる可能性は高いので、しっかり回答できるように準備しておきましょう。
履歴書へ記載する学歴をどこから書いて良いか分からない方には、履歴書に学歴を記載するときのポイントなども紹介しているコラム「履歴書の学歴は中学校から書くべき?ポイントやパターン別の書き方をご紹介」をおすすめします。

面接で高校中退の理由を聞かれたときの対処法

進路の変更やモチベーションの低下など、高校中退の理由は人それぞれ異なりますが、いずれの場合もポジティブに説明するのがポイントです。高校在学中に本当にやりたいことが見つかったり、語学留学などをしたりするために中退した場合あ、「進路志望変更のため」「社会人として就業したいため」「海外で英語を学ぶため」など、向上心が伝わる形で伝えましょう。
「家庭の経済状況のため」「親の介護のため」など、卒業に至らなかった背景にやむを得ない事情があった場合は事実を正直に伝えれば問題ありません

特に目的もなく高校を中退してしまった場合でも「学校がつまらなかった」「なんとなく」など、理由を伴わない中退は印象を下げてしまう可能性が高いので避けましょう。高卒の方で就活を成功させたいと本気で思っている方は、学歴や経歴に自信がない場合の対処法も書かれているコラム「履歴書には中退の理由も書く?就活成功の秘訣とは」をご覧になってみてください。ほか、高校を中退したから就職できないのは?と悩んでいる方のために、「高校中退したら就職できない?おすすめの仕事や資格をご紹介!」のコラムを紹介します。高校中退者におすすめの職業も紹介しているので参考にしてみてください。

高校中退で履歴書を作成するときの3つのマナー

高校中退者が履歴書を作成するときに、気をつけるべきマナーを3つ紹介します。

1.嘘は書かない

嘘を書かないのは履歴書を書くうえでの前提です。先述したとおり、履歴書は企業に提出する公式な書類のため、事実を記入します。学歴だけでなく、職歴や資格、自己PRなどに嘘を書くのは厳禁。面接で深掘りされて事実が明らかになったり、運良く内定しても入社後に発覚したりする恐れがあります。履歴書は公式な書類であることを十分に理解して、真実だけを記載してください。

2.誤字脱字をしない

採用担当は履歴書を見て書類選考の通過を決定するため、誤字や脱字があると「適当」「入社意欲が低い」と思われることもあるようです。提出前に必ず読み返し、誤字脱字がないかを確認しましょう
履歴書に修正液や修正テープ、消えるボールペンを使用するのもNG。書き間違えたり汚れてしまったりしたときは、訂正印で対応するか、最初から書き直しましょう。訂正印の基本については「履歴書を修正する最後の手段!訂正印の使い方」のコラムで詳しく解説していますので、気になる方はあわせてご覧ください。

3.相手に読みやすい工夫をする

採用担当者が応募者の情報として最初に目にするのが履歴書。読みやすい履歴書を作成することは、読み手に対する配慮です。文字の大きさにばらつきがあったり、小さな字でぎっしり書かないように気をつけましょう。
そのほか、文字の頭を揃える(学歴欄や資格欄)、適度に改行する(志望動機や自己PR欄)など、相手にとって読みやすい工夫を心がけてください。

中退の理由をどうしてもポジティブにできない…とお悩みの方もいると思います。そんな方はにはハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブはフリーターやニートを中心とした20代若年層向けの就職エージェント。カウンセリングを通してあなたの強みを見つけ、プロならではのノウハウで「受かる書類」の作成をサポートします。書類添削や面接対策も行っているため、中退を理由に就職に前向きになれない方でも安心です。「高校中退したから学歴や職歴に自信がない…」といった悩みを抱えている方は、ぜひ一度ハタラクティブまでご連絡ください。

後藤祐介

監修者:後藤祐介

就活アドバイザー

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A